AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

 教えて下さい。 離婚するのですが 新居の敷金礼金、また 新居契約までにかかった交通費など 夫に請求できますか? お金がないので少しでも頂きたい。 よいアドバイスをお願いします。

A 回答 (3件)

離婚の原因が相手方にある場合ならば慰謝料という形で


もらえると思います。
もし、そうではないとしても話し合いをして相手の方が多少でも
負担をしてくれるのなら一筆書いてもらい請求できるということも。
とにかく話をしてみることです。
本当に困っていることなどを伝えて情に訴えるというのもひとつの
手段かと思います。

頑張ってくださいね、そのお気持ちはよくわかりますから。
    • good
    • 1

なぜ離婚するのかをできるだけ詳しく教えて頂けますか?

この回答への補足

申し訳ありません。
補足します。
夫の酒癖が悪く 仕事も行ったり行かなかったり。酒に酔うと気持ちが大きくなり気に入らない事があると「役立たず」「お前なんて離婚だ」っなどと怒鳴り物を壊します。
 やっと離婚できそうです。 実家の近くのアパートを借りて子供と引越したいと考えています。
宜しくお願いします。

補足日時:2007/06/19 21:17
    • good
    • 0

離婚の理由、原因にもよると思います。



夫方に問題があり、離婚であれば請求も可能でしょう。

この回答への補足

申し訳ありません。
補足します。
夫の酒癖が悪く 仕事も行ったり行かなかったり。酒に酔うと気持ちが大きくなり気に入らない事があると「役立たず」「お前なんて離婚だ」っなどと怒鳴り物を壊します。
 やっと離婚できそうです。 実家の近くのアパートを借りて子供と引越したいと考えています。
宜しくお願いします。
 

補足日時:2007/06/19 21:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚後の金銭トラブルについて(敷金・礼金返還など)

離婚して4ヶ月になります。元妻の両親から金銭の返還請求について困ってます。
詳細を時系列で説明すると。
・婚約中(約4年前)、元嫁の両親から住居を借りる為の敷、礼金など約50万円を援助してもらいました。私が頼んだのではなく元嫁が両親に頼んだのだと思います。お金の授受は元妻名義の口座へ送金されたと思われます。借家の契約名義人は私です。
・婚姻中、元妻及びその両親から、援助されたお金に関して一切返還請求はありませんでした。もちろん覚書、念書なども存在しません。
・結婚から約3年後、家庭裁判所で離婚調停(申立人は元妻、離婚理由は性格の不一致)を開き、元妻から賃貸借契約時に払ったお金を返還するよう要求されました。
・私は敷金のみを返還すれば良いものと勝手に解釈し、その事を元妻に確認をせずに「返します。」と返事をしました。それ以後は詳細な取り決めはありませんでした。
・離婚後、家庭裁判所から離婚調書が届きましたが、調書には敷金・礼金返還のことは一切記載されていません。
・引越後、電話で元妻の両親から貸した契約金等を全額返還するように要求されました。そのとき私は不動産屋からもうすぐ返還されますとだけ述べました。
・引越後、敷金から掃除費を差し引いた金額が私の口座へ返還されました。
私の個人的な見解としては、夫婦共同で住んでいたので財産分与の範囲と考え、不動産屋、貸主(大家)から返還されない礼金、仲介手数料、前家賃などに関しては折半した金額。返還された敷金に関しては、差し引いた掃除費を折半して上乗せした金額を返還すれば良いと思っているのですが。
それとも、結婚前に元妻の両親からの援助は贈与になるので、その負担については財産分与の対象から外れる為全額返還する必要はないのでしょうか?
もしくは、敷金のみを返還すればよろしいのでしょうか?
上記の点を考慮しまして一般的な法律の見解はどうなのでしょうか?

離婚して4ヶ月になります。元妻の両親から金銭の返還請求について困ってます。
詳細を時系列で説明すると。
・婚約中(約4年前)、元嫁の両親から住居を借りる為の敷、礼金など約50万円を援助してもらいました。私が頼んだのではなく元嫁が両親に頼んだのだと思います。お金の授受は元妻名義の口座へ送金されたと思われます。借家の契約名義人は私です。
・婚姻中、元妻及びその両親から、援助されたお金に関して一切返還請求はありませんでした。もちろん覚書、念書なども存在しません。
・結婚から約3年後、家...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の場合には、法律上は援助はその時点で贈与なので全額返還義務を直ちに負っているわけではないものの、相手からの返還要求に対して同意したので返還義務を負っているという構図です。

この時では返還された敷金だけなのかそれとも当時贈与された金額全部なのかというのは返還の約束をしたのがどの範囲なのかということにつきます。

ご質問者は敷金返還分のみと認識し、相手がそうではないというのであれば、その返還に関する契約について相互に錯誤があったということなので、改めて互いにどうするのかを決めればよいというはなしになります。

もしそれが決まらなかった場合にどうなるのかということですが、もともと特に法的に返還義務を負っているものではありませんので、ご質問者が認識していた敷金返還分のみ返還するという以上の話にはならないでしょう。

ただ一つだけ言うと、親から妻が贈与を受けたという形であり、妻の特有財産であるという見方をすれば、敷金の返還金については全額妻のものであるべきという見方も出来ます。しかしながら妻がその財産を婚姻生活の為に拠出して消費してしまった分については、ご質問者がそれを補填する理由はないので、やはりこの論理でも敷金返還分のみの返済で事足りるといえます。

ただこの見方をする場合には全体の財産分与などとの検討が必要なので断言は出来ません。とはいえ、離婚調停での調停調書にも記載がない話のようなので、それからいうと敷金返還分すら義務はないという見方も出来るのですけど。

ご質問の場合には、法律上は援助はその時点で贈与なので全額返還義務を直ちに負っているわけではないものの、相手からの返還要求に対して同意したので返還義務を負っているという構図です。

この時では返還された敷金だけなのかそれとも当時贈与された金額全部なのかというのは返還の約束をしたのがどの範囲なのかということにつきます。

ご質問者は敷金返還分のみと認識し、相手がそうではないというのであれば、その返還に関する契約について相互に錯誤があったということなので、改めて互いにどうするの...続きを読む


人気Q&Aランキング