AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

代不定詞では、反復を避けるためにtoを用いますが、
動詞がbe動詞の場合にはtoだけでなく、to beを残すのはどうしてですか?
お願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、不定詞以外の代動詞を整理します。


考え方として、be 動詞の代動詞は be 、それ以外の一般動詞
が do といった方がいいでしょう。
・ She runs faster than I (do).
・ She is younger than I (am).
疑問文や否定文で助動詞 do を使うものは、本動詞を省略して
代動詞として使えるのです。be 動詞は、否定命令以外 do を
使いませんよね。
Does she run ~ ? / She doesn't run ~ .
Is she ~ ?   /  She isn't ~ .

で、不定詞の代動詞ですが、to のあとの代動詞の do の省略か
さらには元の本動詞を省略ですが、do 自体は、元々代動詞です
から省略可能、元の本動詞も繰り返すにはくどいので省略です。
be だけは 意味が弱いのでくどさがなく、文法的主張が強く省略し
にくいのです。むしろ、省略すると (to) do を補う感覚があって、
異質さが出てしまうのです。
    • good
    • 0

アメリカに38年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

そう言うのだから仕方ないと言うことになってしまうのですが、学校文法では説明できない社会文法があり、be動詞の場合、どうしてもto beと口から出てしまいます。

社会文法とは、簡単に言うと、生まれてきてから読んだり聞いているうちに言葉の表現を方法を受け取りながら自分のもののしていく(自己文法)わけで、一般人が共通して持っているものを言います。 単語の意味合い、フィーリングの表現方法、文章を構成する文法(学校文ではなく)、状況に応じた表現方法の選択、そしてそれに伴ったジェスチャーや顔つきの意味合い、コミュニケーションに関するすべての「暗黙の了解」などのことを言います。

to beと口から自然に出てくるのは結局は自分が属する社会のみんながやってきているから、と言う事なのです。

つまり、日本語の例として、何で「~じゃん」と言うのか、「~と言うじゃないですか」など、なぜこのような表現をするのか、なぜ、「ぜんぜん」と言う表現が肯定文でも使われ直ったのか、いつも例として使いますが、「早くお風呂に入って寝なさい」がお風呂の中で寝なさいとは言っていないと分かっている、など「なぜ、なぜ」への答えは日本語の状況でも同じだと私は言いたいわけです。

これを、Be動詞はxxxx動詞だから、とか学校文法ようを持ってきて説明しても説明にはなっていないのですね。 なぜなら、そんなこと考えずに自然に口から出てくる表現方法だからなのです。

お聞きしたい答えではないかもしれませんが、これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qto不定詞のtoを省略できる法則

不定詞の勉強をしていたのですが、

What is more important than anything else is (to) think for yourself.

という文は、カッコでくくったtoは省略可能と参考書にありました。

to不定詞のtoを省略するかしないかは、何か法則があるのでしょうか?

Aベストアンサー

●「(S)は~することです。」いう不定詞の名詞的用法が「S+V(be動詞)+C」の「C補語」になった時のパターンだけです。他の名詞的用法や形容詞的用法や副詞的用法は省略できません。

All you have to do is read the book aloud.
All you have to do is to read the book aloud.
「あなたがすることのすべてはその本を声を出して読むことです。」
=「あなたはその本を声を出して読むだけでよい」

What is more important than anything else is (to) think for yourself.
「何よりも重要なことは自分自身で考えることです。」

Q分詞構文で、コンマがある場合とない場合があるのは

どうしてかよくわかりません。参考書の中に、次の2つの例文が出ていました。
I walked around the town taking pictures. (コンマなし)
写真を撮りながら、私は町を散策した。

We sat up all night, talking on the phone. (コンマあり)
電話で話しながら、私たちは夜を明かした。

コンマがある場合とない場合で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語...続きを読む


人気Q&Aランキング