出産前後の痔にはご注意!

主人が足の痛みを訴えていて
MRIの結果、将来、障害者になりそうな程
重病なことがわかりました。

数日後に他院を初診で受けようかと
思うのですが
この先、障害者年金を申請するのに納付期間が足りない
と今日、社会保険事務所に確認して分かりました。

納付期間が厚生年金49ヶ月
     国民年金(全額免除)24ヶ月
     ・・・の合計73ヶ月。
その後に未納期間が47ヶ月あります。

最低でも3分の2以上の納付期間が必要らしいのですが
足りません。
ネットで調べると平成28年3月までの受診なら
受診日の2ヶ月前から13ヶ月までの1年間を
納付していると、年金を受ける権利があるらしいのですが
明日にでもその13か月分だけ納付しておけば
いいのでしょうか?
そのほかの未納分は後々、収めていこうと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは。

年金は社会保険という名の示すがごとく保険ですので、がんに罹ってからがん保険に入れないのと同じで、障害や死亡などの保険事故が起こった後で保険料を払おうとしても手遅れです。障害年金や遺族年金の場合は、他のご回答にもあるように初診日がその基準の日になります。

 なんらかのご事情があって、もしこれから病院を変えるということであっても、社会保険事務所には健康保険の診察記録もありますから通院歴はわかりますので、一度、社会保険事務所にご事情をお伝えの上、相談なさってはいかがですか。

 なお、ご主人の障害の元になった怪我か病気が仕事にかかわるものならば、労災保険の障害補償年金が支給される可能性もありますので、ご検討ください。労災は全額ではありませんが国民年金とも併給されます。

 また、ご主人の未納が単なる滞納ではなく、30歳未満の保険料納付猶予制度や学生納付特例など申請して免除を受けているのであれば、それは納付期間と認められます。
    • good
    • 0

初診日前に「実際」に納付した、ということが条件になりますので、残念ながらNGです。


言い替えると、いままでの未納分を初診日以後にいくら支払ったところで決して認められない、ということです。
一種のペナルティでもありますので、あきらめるしかないと思います。
    • good
    • 0

残念ですが。



初診の日までに払っていなければ、OUTです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング