【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

2年前に結婚した際に、夫婦それぞれで持っていた500万ずつを、家を買うための資金として、まず一つの口座(夫名義)にまとめておきました。
共働きでほぼ同じぐらいの年収ですので、その後は、妻の給与から生活費を出し、夫の給与からは家を買うためにその口座に貯めていきました。
今、いざ家を買う段階になり、不動産登記や贈与税の事を少し知るにつれ、登記の方法を間違うと多額の贈与税を支払わなくてはいけないのではないかと不安になっています。

基本的には、夫婦でほぼ同額稼ぎ、一緒にお金を貯めてきたので、不動産登記も夫婦で半分ずつにしたい(そうすべき)だと思っているのですが、購入の際の支払いに関しては、銀行口座上では共同で貯めてきた夫の口座からの一括払いとなってしまいます。
このような時、現在の口座からの支払い額と登記の名前・割合が一致しない事による贈与税がかかったりしませんでしょうか。
逆に、夫の口座からの一括支払いとなる事で、登記上は、夫の名義だけにすべきであれば、それでも構わないのですが、今度は逆に、2年前にさかのぼって、最初の500万が妻から夫への贈与とみなされてしまい、これに対して贈与税がかかってしまうような気もします。
特に夫婦間で贈与しているつもりは無かったのですが、今の状態で、税法上はどう登記するのが正しいのでしょうか。

どなたか教えてください。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO.1です



共有口座や資産についての概念は明確化されていませんが、実際の生活や慣例に基づいて判断します。
1000万円が、当初に合算して一つ口座になった時点では贈与に当たるのは事実ですが、その目的と実際は資産管理な訳ですから、そこからご主人の個人目的の出費がなされていないと言う事実があれば良いのです。そして、今回の出費によって資産購入をされ、持分1/2と言う事実が証明されます。

専業主婦の話をしましたが、その場合でも1/3程度までは共有登記が可能で、贈与とはみなされません。
今回の場合には、ご主人一人の名義にする事の方が不自然で贈与とみなされる可能性が有ります。(特に合算した500万)

税務署が確認すれば、500万が奥さんの口座から一括された事はすぐに分かりますし、その通帳の金銭の動きを確認できますので心配は有りません。

ご夫婦については柔軟な対応をすると考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

jcklさん、2度目のご回答ありがとうございます。

> 共有口座や資産についての概念は明確化されていませんが、実際の生活や慣例に基づいて判断します
>   :
> ご夫婦については柔軟な対応をすると考えられます。

jcklさんをはじめ、皆さんからいただいたご回答で、口座の移動はあまり気にせず、事実に基づいて、堂々と登記すれば良いと言う事がよくわかりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 16:42

>現在の口座からの支払い額と登記の名前・割合が一致しない事による贈与税がかかったりしませんでしょうか。



かかりません。

>夫の口座からの一括支払いとなる事で、登記上は、夫の名義だけにすべきであれば
それはまずいですね。

>今度は逆に、2年前にさかのぼって、最初の500万が妻から夫への贈与とみなされてしまい

そのとおり贈与とみなされます。

>今の状態で、税法上はどう登記するのが正しいのでしょうか。
口座の名義ではなく実際でご判断下さい。
実際に妻が稼いで貯蓄した分、夫が稼いで貯蓄した分を見積もりそれによる持分登記とします。口座名義は無視して構いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 口座の名義ではなく実際でご判断下さい。
> 実際に妻が稼いで貯蓄した分、夫が稼いで貯蓄した分を見積もりそれによる持分登記とします。口座名義は無視して構いません。

非常に明確なご回答ありがとうございます。

最初の想定していた形(夫と妻で登記を半分する)で行きたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 13:54

>ただ怖いのは、銀行口座上で移すだけで「贈与」に当たるとすると…



取り越し苦労です。
間違ったことを直すのに、税金がかかるなどということはありません。

>とにかくルールに当てはめて、税金を取ろうとしているのかがわからないので…

そんなに疑心暗鬼になることないですよ。
そもそも日本の税制度は、自主申告自主納税を建前としています。
サラリーマンの給与と一部の源泉分離課税となるものを除いて、あとはすべて自分で納税額を計算して、自分で納めに行くのです。
税務署がいちいち個人の銀行取引を見張っていて、投網のごとく税を取り立てるわけではありません。

>税務署のサジ加減一つという事になりそうですかね…

そうではなく、疑わしきことはするなというだけのことです。
家を建てて登記をすれば、税務署がそのお金の出所を聞いてきます。
そのときに備えて、これまでのお金の流れが、誰が見てもすぐ理解できるようにしておきなさいということです。

夫婦は一心同体だからといって、口座を一つにしてしまって、何年も経ってからあれは私のお金だったから私の持ち分としたと主張しても、だれも信用してくれないのです。
最初から、私のお金は私のお金で貯金しておくのです。

すでに間違えてしまった分は、間違いであることがわかっているうちに、元へ戻しておけばよいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうごじます。

> そんなに疑心暗鬼になることないですよ。
>   :
> そうではなく、疑わしきことはするなというだけのことです。
> 家を建てて登記をすれば、税務署がそのお金の出所を聞いてきます。
> そのときに備えて、これまでのお金の流れが、誰が見てもすぐ理解できるようにしておきなさいということです。

なるほど。アドバイスいただき安心しました。

であれば、実際に合算してしまった貯蓄分に対しては、夫と妻の分を給与の比率から、分割し、その分で登記するというのが一番間違いの無い(正しい)やり方になりますね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 13:48

>夫婦それぞれで持っていた500万ずつを、家を買うための資金として、まず一つの口座(夫名義)に…



民法と税法とは別物です。
税法に、「夫婦は一心同体」などという言葉は載っていません。
これは明らかに妻から夫への贈与であり、贈与税の申告義務があります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4402.htm
20年以上経った熟年夫婦なら、例外規定がありますが、まだホヤホヤの方ですよね。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4452.htm

>その後は、妻の給与から生活費を出し…

税法も、夫婦間や親子間の相互に扶養義務があることは認めています。
通常の生活費の範囲なら、贈与にはあたりません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4405.htm

>基本的には、夫婦でほぼ同額稼ぎ、一緒にお金を貯めてきたので、不動産登記も夫婦で…

その考え方自体は間違っていません。

>現在の口座からの支払い額と登記の名前・割合が一致しない事による贈与税がかかったり…

その危険性は大いにあります。
これを避けるためには、2年前にした貯金が錯誤であったとして、いったん解約し、元の持ち主名で貯金し直すことです。
国民のすべてが税法に精通しているわけでは決してありません。
間違いは間違いとして気づいた時点ですぐあらためれば、おとがめはありません。

定期の中途解約による利息の半減はあるでしょうが、もともと銀行預金の利息なんて微々たるものです。
利息の減少と、贈与税がかかるのではないかとびくびくしながら暮らすのと、どちらがよいかと問われれば、答えは自ずと決まるでしょう。

あと、ふだんの生活費もお互いが出し合い、余ったお金はそれぞれの名前で貯金しておくことです。
将来、家を建てるときは、その時点での出資割合に応じた共有登記をすれば、贈与税の心配は要りません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

> これは明らかに妻から夫への贈与であり、贈与税の申告義務があります。・・・現在の口座からの支払い額と登記の名前・割合が一致しない事による贈与税がかかったり…

やはり、気持ちの上では全く贈与でなくても、その行為そのものが、税法上の贈与とみなされると言われてしまうと、どうしようも無いですね。

> これを避けるためには、2年前にした貯金が錯誤であったとして、いったん解約し、元の持ち主名で貯金し直すことです。

解約といっても、普通預金に合わせて入れているだけなので、単に、口座から振り替えをするだけで済みます。
ただ怖いのは、銀行口座上で移すだけで「贈与」に当たるとすると、2年前に移した行為が贈与にあたり、さらに、それを今回戻した行為も贈与にあたり、2重の贈与税が取られてしまうという事です。「贈与」という定義は何か明確に規定されているのでしょうか。

> 間違いは間違いとして気づいた時点ですぐあらためれば、おとがめはありません。

このあたりが、税務署が常識的な感覚に基づいているのか、とにかくルールに当てはめて、税金を取ろうとしているのかがわからないので、今下手にお金を動かせなくなっています。

> 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。

ありがとうございます。ここはいろいろ見させていただきましたが、該当するような状況に合致するような答えは見当たらず、ここにご相談させていただきました。

結局、税務署のサジ加減一つという事になりそうですかね。。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 08:34

夫だけが働いていた場合でも、夫婦協力して形成した共有財産とみなすようです。


ですので、専業主婦が離婚の時に財産分与の請求が出来るし、今後は年金まで貰える様になります。

zouyozeiさんの場合には、共働きですので当然納税されており、証明する事が出来ます。

共有登記に問題は無いと思われます。

結婚時に一つ口座にした場合にも、厳密に言えば贈与扱いですが、夫婦の共有財産の管理口座である事が明白であれば、突き詰めた事は言いません。

私の場合にも、税務署からは何も言われませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「夫婦共有財産の管理口座」を「明白」にするのに何が必要かわかりませんが、税務署の仕事の基本が「悪を罰する」であって、「法の細かいルールをつついて、とにかく税金を回収する」事を考えていなければ、特に問題のある行為はしていないつもりなので、大丈夫な気はしています。

車の駐車禁止の取締りのように、取りやすいところから取ろうというのでは無ければいいのですが。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/20 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。

Q夫名義なのに妻親から援助、贈与税がかからないようにするには

今回夫名義で住宅購入、土地建物共にローンを組むことになり、頭金は夫の親200万、妻の親550万援助を受けました。ここで調べさせてもらうと、夫名義の場合妻の親の援助には贈与税がかかってしまうとのこと。(知りませんでした・・・)贈与税がかからないようにするには妻親とは借用書をかわすとよい、みたいなことが書いてありましたが、もっと詳しく教えていただけないでしょうか?ちなみに私たちの貯蓄はなく、妻親に返済は不可能です。

Aベストアンサー

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。

 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。

http://myhome.nifty.com/loan/iroha/vol2d.jsp
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1411596

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい...続きを読む

Q婚姻後の共有財産からの購入(妻名義)でも贈与税?

お世話になります。よろしくお願いいたします。

今年度中に不動産を購入予定の30代前半夫婦です。
婚姻後に共働きの期間が3年程度あり(途中産休1年)
その間の妻の給与をすべて貯蓄へ回していました。
口座は妻名義で700万程度あります。

それをマンション購入の頭金にしたいのですが
マンションの名義でつまづいてしましました。
上記資金のほか夫の勤務当初からの財形等も加算する予定です。
マンション自体は2500万程度で考えています。

マンションの名義は夫のみにしたいのですが
妻との共有名義の必要があるとのこと。
また双方の親より200万ずつ援助を受ける予定です。

そのような状況で夫1人の名義にするのは不可能でしょうか。
贈与税などかかるのでしょうか。

またこのような共働きで頭金を貯めて購入することは
多いと思うのですが共有名義が一般的なのでしょうか。
ローン返済を妻名義の口座からした場合には?

共有名義にした場合のデメリットとしては
どのようなものがあるでしょうか。

Aベストアンサー

まず今の妻名義の預金口座に入っているお金については、厳密にはどちらのお金とは言いかねるので全部夫のお金と言うこともできるし、全部妻のお金ということもできます。
金額が大きい場合には税務署から年収比率程度で夫、妻の預金とみなしなさいという指摘がある場合はあるものの700万程度であれば特に問われることはないでしょう。

ただ、
>また双方の親より200万ずつ援助を受ける予定です。
であれば、110万を超えた分について贈与税がかかります。問題は贈与をどちらが受けるかです。
夫単独名義にする場合は全部夫が贈与してもらうこととなり、合計400万に対して贈与税がかかるので、非課税枠110万を除いても290万に対して課税されます。

相続時清算課税制度の住宅取得特例を使えば「自分の親」からの贈与は非課税となるものの、配偶者の親からの贈与200万に対してはこの制度は使えませんから、90万に対する課税(9万円になります)の納税は必要になります。

夫は自分の親から200万、妻は妻の親から200万の贈与を受け、各人が相続時清算課税制度を適用すると、全額非課税にできます。ただ、妻がその200万を住宅に出資するわけですから、妻の持分を200万円分だけ持分登記しなければなりません。
相続時清算課税制度を利用する場合には細かな要件があるので、特に親の年齢が65才未満の場合にはきちんと税務署に確認ください。

>ローン返済を妻名義の口座からした場合には?
ローンの債務者に妻の名前がないのであればそもそもそのようなことはできません。

>共有名義にした場合のデメリットとしては
特にありません。
まあ離婚のときにその持分をどのようにするのかという財産分与の話は出てくるかもしれませんが。
逆にメリットが生じることはありますけど。
たとえば売却のときに譲渡所得が発生したとしても、双方が特例の控除3000万を使えるなど。

ちなみに、不動産は登記のと気に登録免許税がかかりますが、これは国税なので最終的に税務署が受け取ることから、登記の情報は全部税務署に行きます。更に言うと、この情報を元に譲渡所得が発生していると思われる人に対して譲渡所得を申告してください戸の案内送付なども行っています。

あと住宅ローン減税を受ける場合には資金の内訳を細かく書かねばなりませんので、つじつまが合わないと税務署から指摘されますのでご注意下さい。

自分達の場合について難しくてよくわからないということでしたら、匿名でも税務署では相談できますよ。

まず今の妻名義の預金口座に入っているお金については、厳密にはどちらのお金とは言いかねるので全部夫のお金と言うこともできるし、全部妻のお金ということもできます。
金額が大きい場合には税務署から年収比率程度で夫、妻の預金とみなしなさいという指摘がある場合はあるものの700万程度であれば特に問われることはないでしょう。

ただ、
>また双方の親より200万ずつ援助を受ける予定です。
であれば、110万を超えた分について贈与税がかかります。問題は贈与をどちらが受けるかです。
夫単独名...続きを読む

Q夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

我が家にしばらく使う予定のない預金が500万円程あるため、
主人と相談して定期預金にすることにしました。
そこで、私名義で新たに口座を開設したのですが、
主人の口座から私名義の口座に預金を移して定期預金にした場合、
何か法律上の問題(贈与税がかかるなど)はありますか?
夫婦のお金なので、お互いにどちらのものという考え方がなく、
何も考えずに私名義で口座を作ってしまったのですが…。

Aベストアンサー

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わせて貯金していても単なる名義借りをしているだけだと思います。
(最終的な判断するのは税務署ですけどね^^;)

それを全部自分のために使ってしまえば5分の3は貰ったと言うことですよね。
でも、まあ税務署が知らなければ請求はしてきませんが。
それで「登記や登録を伴う買い物をしたときは、」との言葉が付記されているのではないかと。

十中八九ばれないで請求はこないだろうし、
自分の給料はこれこれでこのようにして貯金しましたと説明できれば大抵は問題ありません。

でも全く問題ないと太鼓判を押すような無責任な真似は出来ません。
ネット上の匿名回答で訴えられる可能性がないとしてもね。
たとえ100人に1人しか課税される事がないとしても、その1人はそれで何十万も税金を取られるわけですから。
何百人何千人と扱っていけば必ずその一人は出てきます。
質問者さんがその1人にならないとは限りません。
ですから、法律的にと聞かれれば問題はありだし
税金かかるかときかれれば、最終的には税務署の判断することになり
申告するかどうかは質問者さんの自己責任です。

税務署の人も商売ですからより多く税金をかっぱげるとこにいくのは当然です。
でもなにもないときはどんなに少額でも搾り取ろうとしますよ。
贈与とは別の話になりますが、知り合いのもっていた土地に近所の人が
「空き地なら車止めさせてくれ」といってきたそうです。
草取りとかしてきれいにしてくれるならかまわないと知り合いは了承したのですが
どこから知ったのか税務署が、駐車場として貸している以上は代金収入があるはずだといってきたそうです。
そのため知り合いは何度か有休を取って税務署に説明に出向きました。
もし本当に代金をもらっていても田舎のこととて1年で数万にしかならないはずです。
それの税金を取るために手間暇かけているのですから私なら少額だからといって安心はしません。
まして贈与は一番税率高いですからね。

>私も贈与税のことは今まで考えたことがなかったのですが、
みなさんどうしてるんでしょうか…。
>知らないまま贈与している人も多いのでしょうね。

大抵は基礎控除などで問題のない範囲に収まりますし、
税務署に全く気が付かれないことが多いと思います。
でも可能性は低いけど税金を取られる可能性は0ではない。
あとは自己判断で。

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わ...続きを読む

Q妻名義の預金(夫婦共有財産)から主人名義の建物の取得は贈与税はかかりますか?

いつも、こちらのサイトではお世話になっております。
住宅取得時の費用について、ご質問させていただきます。

妻名義の預金から、建物の費用の頭金を支出しようと考えています。
建物の名義は、主人一人の予定です。

妻名義の預金は、夫婦でためてきたものでありますが、全額使うのではなく、結婚後ためた額の半分を建築に使う予定です。(約300万円)

私のストーリーは、夫婦共有財産のうちの半分は、主人のものなので、私(妻)から、主人への贈与にはならないと考えていたのですが、贈与になるのでしょうか?

アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

家を建てるとお金の出所を書かせる用紙が税務署から
きますがそれにlemon567さんXXX万奥さんXXX万
って書くだけですよ。
それをみてなんでこの通りに登記していないの?
だから贈与税いくら払ってね!とは税務署からきませ
んよ。lemon567さんが申告したければ話は別ですが。

そもそもうちだって俺が稼いだお金、妻に銀行に
行ってもらって定期にしています。そのときは
いくら夫婦でも俺の名前で貯金できません。

俺はあまり神経質にならなくていいと思いますけど。

っていうかよくここまで考えますよね。
親が子供に200万の車買ってあげて贈与税申告
なんてしませんよね。
親子間で贈与税なんか払おうっていう気にもなら
なかったです。

正確に言えば贈与なんでしょうけど、結婚しちゃ
えばこのお金が誰のお金って区別付けられません
からそんなに考え込むことないですよ。

どうしても心配なら匿名で税務署に聞くのが一番
です。本音と建て前で話してくれると思います。

Q土地、建物の名義は旦那ひとりですか?

土地、建物の名義は旦那ひとりですか?
それとも嫁もその他一人としておいた方が良いのでしょうか。

書類手続きや、固定資産税等においては、旦那だけの方が楽のような気がしますが、万に一、離婚となった時嫁が不利になったりするのでしょうか?



皆さんはどうしているのか、お聞かせ願えたらと思います。

Aベストアンサー

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりませんので、相続税を節税する為に、共有名議してもらってあります。
ただし、申告をする事と居住することが条件となっています。

私の子どもの住んでいる家は、妻名義の名義でそのほかに妻名義のマンションもあります。
私にもしものことがあった場合に、妻の生活の保障と身内で争いごとにならない様にするためでも有ります。

離婚の時には有利か不利かと言うのは時と場合により、離婚にいたる時は感情的にもお互いよくない状態に陥りますし、まともな話合いが出来ない場合も有ります。
場合に寄っては、ご主人が俺の家から出で行けと言い出す場合もあり、共有名義だとこう云う事を防ぐ事もできます。
また慰謝料が発生した時に、それの代替えにもなります。

また共有名義にしておく利点は、どちらか一方が亡くなり相続が発生した時に、無くなった方の名義分だけの相続で済みますので、相続税の節税になります。

又デメリットもあります。どちらか一方が行方不明や、音信不通になった場合譲渡や売買、相続などが面倒になります。(出来ないわけではありません)

また既にご主人の名義なっていて、1/2或いは1/3を奥さん名義にした場合、贈与税が発生する場合があります。

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりま...続きを読む

Q不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけだと、その相手がお金を持ち逃げされてしまうかもしれないじゃないか。銀行保証小切手か銀行での口座振替を利用すべきだ。不動産屋さんも色々あって、全面的に信用するのは危険だよ。」

とアドバイスされました。

妻は「不動産屋さんか銀行で支払えば問題ないんじゃない?」と言います。

確かにお金を持ち逃げされれば困るし(現金だと怖い気もする。)、かといってすごくいい物件なので気に入っています。

つまるところ、契約書を売主と結び売買金額をどうやって支払うかということだと思うのですが、世間一般ではどうやっているのでしょうか。

法律的には売買契約の金額を支払ったということを、法務局や裁判所・善意第三者にどう主張し、対抗要件を備えるかということなのかな?とも思えますが、そのような視点に立った場合、どのような支払い方法がベストなのでしょうか。(一般的な不動産実務についても教えてください。)


よろしくアドバイスお願いします。

(もし、可能なら、法務部の先輩の手前もありますので、法律的な知識や根拠条文も教えて貰えると嬉しいです。)

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけ...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や買主側の書類、本人確認。委任状などへの署名押印など所有権移転に必要な書類関係の確認の後、「書類は整ったので代金の授受をしてください」という流れになり、その後代金の授受となりますから、お金を支払い登記されないということは、売主が悪意を持って書類偽造などの詐欺行為を行わない限り、ありえません。またこの手の犯罪は、身元を偽り行いますから、中古でそこに住んでおり仲介業者などが身元を確認している売主が犯罪を行うことは、現実にはありえません。また、仲介の場合業者は手数料を頂くだけですから、売主のお金の管理にはタッチしません。

このほかに、仲介の実務として、物件の取引完了の書類やら鍵の授受やら、確認通知書、図面一式などあれば、そのような諸々の授受を行います。

上記のように、どうしても書類に署名押印するテーブルやすべての関係者が一同に集まるスペースは必要になりますから、一番良いのは代金を引き出す口座がある銀行の一角を借りることです(応接までとはいいませんが)これが可能であれば、書類確認後、口座から現金を下ろして売主に渡して終了です。
但し、場所を提供しない銀行も多いので、この場合は不動産仲介人の伝を借りるか?または書類の確認等は司法書士の事務所や仲介業者で行い、金銭授受だけ銀行で行うのも良いでしょう。
前日の午前中には、翌日現金で幾ら出金する旨は銀行に伝えておかないと、小さな支店などでは現金がありませんので即座に用意は出来ません。
このあたりの段取りは、仲介人に相談すれば整えてくれると思いますが・・・・・現金での支払いは良いが、銀行窓口での受け渡しにして欲しいと(現金を持ち運ぶのは嫌だと)言えば、良いでしょう。

登記上の取引の責任は司法書士がすべて背負った上で、登記を受任しますので、そこは任せるしかありません。その先輩の顔を立てたいならば会社で使っている司法書士事務所を紹介してもらっては?
但し、仲介業者で依頼する不動産登記が主な事務所と法人登記を主に扱う事務所では、費用が結構違うので(後者の方が高い場合が多い)、そこは目をつぶりましょう。まあ違っても3万~5万程度です。質問者さんも安心なのでは?

法的根拠と言いますが、法的に売主は所有権移転に必要な書類一式を引き渡せば足り、あくまで移転登記を行うのは買主の費用負担で買主の責任です。
その移転登記を間違いなく行えるか(法務局に受理、登記完了となるかされるか)どうかの判断が、出来ないので司法書士に報酬を支払い依頼するわけです。
民法上は代金を支払い、領収書等があれば当然にその所有権を主張できます。しかし登記上の登記名義人でなければ第三者に対抗できません。ですから通常は借り入れ等が無くとも土地は所有権移転登記をするわけです。その法的根拠となる書類は当日司法書士が作成し、売主、買主、双方が署名押印することになりますし、売主は実印と印鑑証明を要します。買主は認印と物件に移動した住民票だけです。

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や...続きを読む

Q新築時の引き渡しと登記の順番について

もうじき新居が完成します。
まだ完成していませんが、引き渡しは11月17日を予定しています。
施主側で引き渡し時に揃える書類を確認したところ、工務店より以下のような回答がありました。

1.11月16日までに建物表示登記をする必要がある
2.建物表示登記には住民票が必要なので工務店に郵送して欲しい
3.建物表示登記後、引き渡しの11月17日に建物保存登記、抵当権設定を行う(銀行から住宅ローンで借り入れ)
4.銀行で登記の手続き後引き渡し
5.その他必要書類は銀行へ工務店が問い合わせる

ここで、疑問なのですが、そもそも、引き渡しで、施主側が確認しないで登記まで行うのでしょうか?
新築自体初めてなのですが、私がイメージしていたのは

引き渡し→確認→支払い→登記→抵当権設定

の順番だと思っていました。

本来、引き渡しと登記の順番はどのような物なのでしょうか?
全てが終わった後に、不良箇所を発見しても知らんぷりされそうで、怖いです。
また、気をつけたいポイントがありましたらお教え下さい。

余談ですが、現在、工務店に良い印象を持っていません。
変更内容の最終確認をしても、こちらで減額分を指摘すると忘れていましたと、追加分を平気で加えてきます。
また、銀行とも関係があるらしいのですが、抵当権の設定は施主と銀行の問題なはずなのに、工務店が間にはいるのは問題のように思えます。

もうじき新居が完成します。
まだ完成していませんが、引き渡しは11月17日を予定しています。
施主側で引き渡し時に揃える書類を確認したところ、工務店より以下のような回答がありました。

1.11月16日までに建物表示登記をする必要がある
2.建物表示登記には住民票が必要なので工務店に郵送して欲しい
3.建物表示登記後、引き渡しの11月17日に建物保存登記、抵当権設定を行う(銀行から住宅ローンで借り入れ)
4.銀行で登記の手続き後引き渡し
5.その他必要書類は銀行へ工務店が問...続きを読む

Aベストアンサー

#3の方が書かれている内容に重複しますが、質問内容が
いろいろと混ざっているようなので分かる範囲で書きます。

建物表示登記については「建物仕様の登録だけ」と考えた方が
分かり易いと思います。土地との配置や「(構造などの)仕様」を
確認するだけなので、仕上げとか傷なんかは関係はありません。

銀行では建物の価値を試算しますが、建物表示登記は「建物の
妥当性を確認するのに必要」です。そもそも建物に対して
「銀行員が現地まで出向いて査定はしない」ので、手続きの流れ
としては可能です。(ここでも仕上げなんかは関係ありません)

順番については質問のキーワードを並べ替えると、
「登記→確認→抵当権設定→支払い→引き渡し」でしょうね。

(1)まず建物を登記して「建物の仕様」を登録します。
(2)建物を確認しないと工事は完了しません。
(確認時の補修については、内容・時期・費用で工務店と相談)
(3)仕様に沿って査定され、抵当権設定の設定でお金が借りれます。
(4)借りれたから支払いとなり、支払ったから所有者を移します。

※(2)での確認は(3)には直接関係しません
(銀行としては「提出された仕様どおりでしょ」と言うだけです)

いろいろ切羽詰りますが、ここは淡白に考えると整理できます。
(悪いイメージは持たないで下さい、立場的な考え方の整理です)
【工務店】作った物に対して、質問者がお金を払えればいい
【銀行】お金を貸すが、物があって貸し倒れにならなければいい

上記の立場を基準として「物(土地と建物)」と「お金」の所有権が
移動していきます...誰も失敗して損したくはないので、手続き
を段階的に踏んで、引渡しは本当の最後になります。
(問題のない工期ならば、施主の引越しなんかは関係ありません)

急ぐ必要はありますが、冷静に動かれてください。
(傷などは引越し前に、写真を取られる事をお薦めします)

#3の方が書かれている内容に重複しますが、質問内容が
いろいろと混ざっているようなので分かる範囲で書きます。

建物表示登記については「建物仕様の登録だけ」と考えた方が
分かり易いと思います。土地との配置や「(構造などの)仕様」を
確認するだけなので、仕上げとか傷なんかは関係はありません。

銀行では建物の価値を試算しますが、建物表示登記は「建物の
妥当性を確認するのに必要」です。そもそも建物に対して
「銀行員が現地まで出向いて査定はしない」ので、手続きの流れ
としては可能で...続きを読む

Q住宅取得で妻の親から資金援助がある贈与税と登記割合

住宅取得で妻の親から資金援助がある場合、贈与税等はどうなるか教えてください。
取得物件価格は6000万円(新築マンション、床面積60平米)。
今年中(2011年中)に物件を取得する予定です。

マンションは夫名義にするつもりで妻は個人事業者の為に収入が不安定な為、残り4000万円をフラット35Sでローンを組もうと考えております。

頭金の内訳は、二通りを考えております。
❶妻の親からの資金援助の1000万円、夫の資金1000万円。
❷妻の親からの資金援助の600万円、夫婦で貯めたお金(妻名義の口座)400万円、夫の資金1000万円。

諸経費や引っ越し代などは、夫婦で貯めたお金(妻名義の口座)から支払います。

(1)❶、❷変わりがないように思いますが、どちらが良いなどございますか?
(2)住宅取得資金等に関する贈与の特例を利用すれば、親からの資金援助は非課税になるか。
(3)その際、どのような申告が必要になるのか。
(4)妻の親からの1000万円は妻の口座に入金してもらえばいいのか。
(5)家の取得にあたっては、実際に支払った金額によって持分比率を設定しないと贈与税の対象となることがある、という話をききました。
登記の割合は、妻1000万円分:夫5000万円分の割合で登記すれば、問題ないのか。
登記の割合と住宅ローンの割合(連帯債務者)との関係は無関係で良いのでしょうか?
登記の割合は頭金の出資金額の割合で、住宅ローンは名義、割合を決めて良いということでしょうか?
(5)妻の収入が多い時など、妻の収入をローンの繰り上げ返済にあてる場合、妻の口座から、夫の口座への資金移動は、なにか制限があるのか。

住宅取得に関して税金面などわからない点が多く、質問させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

住宅取得で妻の親から資金援助がある場合、贈与税等はどうなるか教えてください。
取得物件価格は6000万円(新築マンション、床面積60平米)。
今年中(2011年中)に物件を取得する予定です。

マンションは夫名義にするつもりで妻は個人事業者の為に収入が不安定な為、残り4000万円をフラット35Sでローンを組もうと考えております。

頭金の内訳は、二通りを考えております。
❶妻の親からの資金援助の1000万円、夫の資金1000万円。
❷妻の親からの資金援助の600万円、夫婦で貯めたお金(妻名義の口座)400万円、夫...続きを読む

Aベストアンサー

NO.2です。すみません説明不足でした。

今回の場合ですと、
奥さんの親からの贈与は奥さんにあげないと非課税になりません(直系尊属)。なのでこの1000万円は奥さんがだすことになります。

のこりの5000万はあなたの頭金とあなた名義のローンを組むことになると思います。

そうすると、普通はあなた5000万、奥さん1000万なので、登記も持ち分はこの金額の比率にするのが一般的です。

でも、たとえばですが、離婚や別居してあなたがこのマンションを売りたいとなった場合、あなたの奥さんの了解を得ないといけません。もしくは奥さんから持ち分を買い取らなければいけません。そういったリスクもあります。名義を一本化しておくとこうゆうわずらわしさがなくなります。ほかにも名義をわけることのデメリットはネットで検索すれば結構でてきますよ。

この場合に名義を100%あなたにしていいかどうかというのはグレーゾーンなので、司法書士に相談したほうがいいと書きました。厳密には法律上はだめです。ただしばれないからやっている人も多数いると思います。この辺はご自身で判断してください。

参考までに、税務署は抜き取り検査のように家を購入した人の資金などを調査します。その数はすごく少ないので運が悪いと・・・となります。

きちんとしようと思うと、こうしたほうがいいという意味で書かせていただきました。

NO.2です。すみません説明不足でした。

今回の場合ですと、
奥さんの親からの贈与は奥さんにあげないと非課税になりません(直系尊属)。なのでこの1000万円は奥さんがだすことになります。

のこりの5000万はあなたの頭金とあなた名義のローンを組むことになると思います。

そうすると、普通はあなた5000万、奥さん1000万なので、登記も持ち分はこの金額の比率にするのが一般的です。

でも、たとえばですが、離婚や別居してあなたがこのマンションを売りたいとなった場合、あなたの奥さんの了解を得ないといけ...続きを読む


人気Q&Aランキング