人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

非定型抗精神病薬は、主に統合失調症に処方され、時々鬱病にも処方されますが、
日本では、以下の5種があります。

リスパダール、ジプレキサ、セロクエル、ルーラン、エビリファイ

この5つの精神病薬は、果たして、本当に病に対して効果があるのでしょうか?疑問を感じてなりません。

ここで、統合失調症の機構は、主に、脳内のシナプス間の神経伝達物質(ドーパミン)の量にあるとされています。
このドーパミンが多量に分泌されたり、少なかったりするので、薬で、
ドーパミンがD2受容体に結合するのをやんわりと阻害しようというのと、5HT2Aをアンタゴニストし
セロトニンニューロンを抑制というのが主な目的なわけですが、どうも納得できません。

また、統合失調症患者の症状は、人により、幻聴、幻覚、妄想、震え、興奮、不安、と様々で
原因たるメカニズムが解っていないのが現状です。
にも拘らず、薬を処方するのはナンセンスだと思います。
ハッキリいって気休めとしか思えません。

薬を処方するドクターは、ドーパミンの量を判断する、基準、画像、データは、ないはずです。
経験と臨床で判断せざるをえません。

もし、患者が神経伝達物質異常でなかったら、一体どうするのか?

副作用で苦しむ事を考えると極端な言い方をすると、まさに「百害あって一利なし」

みなさん本当に薬の影響で、症状が改善されていますか?

人間には、自然治癒力というものがあります。
十分な休養と栄養をとり、月日をかければ症状が良くなるかもしれません。

是非、みなさんの意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

うつ病にしろ統合失調症にしろ原因はわかっていません。

単一疾患ではなく症候群と考えられています。ですから根治療法はありえません。あくまで対症療法となります。定型抗精神病薬にしろ、非定型抗精神病薬にしろ、対症療法として有効と言われています。もちろん副作用もあります。それが納得できないのはあなたの考え方なので否定する気はありません。しかし、それを他者に押しつけるような、不安を煽るような書き方をするのはどうかと思います。
余談ですが、リスパダールとルーランがSDA、ジプレキサとセロクエルはMARTA、エビリファイはドーパミンスタビライザーです。
    • good
    • 0

確かにドーパミン云々は仮説です。



けれど、薬は認可する際、動物実験や治験を行い
「統計的に効果がある」
ことが証明されています。

つまりドーパミンのせいじゃなかったとしても「それらの薬を飲む病状が改善する確率が、飲まない場合より高い」のは確かなのです。

100%の患者に効くわけではないことも副作用があることも立証されていますので、「百害あって一利なし」となる確率もあるということです。

ただ、私が知っているのは「合う薬に巡り合って長年の入院生活を終えて社会復帰した」という直接の知人です。
ですので私は統合失調症になったら、これらの薬を含め、合う薬を探すと思います。
鬱病だてらにこれらの薬の服用経験がありますので、副作用の辛さも知っていますが。
    • good
    • 0

私は情報の無い時にうつを発症したので、


うつが慢性化して治らないと3人の医師に
言われたので、自然治癒力は全く無縁です。
ジプレキサと他の抗うつ薬を飲んでますが、
うっかり飲み忘れると、吐き気のする頭痛になります。
なので必需品です。過食の副作用で、
10キロ太りましたが・・・。
先日から心のサプリメントを飲み始め、
外出出来るようになりました。
個人的には学術的な裏づけよりも、
結果オーライです。
    • good
    • 0

仰りたいことはわかります。


統合失調症のみならず「気(心)」の病気はメカニズムが解っていないのも事実です。
ですが、あなたが医師なら統合失調症の人にどんな治療をしてあげられますか?
経験と臨床で、これらの薬が効くようだという論文が発表されたとして、
それでも薬は使いませんか?

私は軽度発達障害ADHD(注意欠陥多動性障害)を患っています。
メカニズムは解っていません。
ですが、世界中でリタリンという薬が使われています。
なぜこの薬がADHDに有効なのかも解っていません。
ですが、例外でなく私も服用しています。
今のところ、効果はあると思っています。
発達障害は自然治癒力では治せません。

あなたはどう思いますか?
これでもメカニズムの解っていない病気に薬を処方するのはナンセンスだと言えますか?
    • good
    • 0

統合失調症の家族を持つ者です。


挙げられた中ではリスパダールとジプレキサが処方されています。
薬の詳しい事は分かりませんが、一時期入院させるほど酷かった妄想・幻聴は無くなり大変落ち付きました。それは感覚を鈍らせたのであって妄想・幻聴に効いたとは厳密には言えないのかも知れません。しかし本人も家族も安定した精神状態になり、普通の生活に戻れた事は確かです。
素人なので副作用というのがどういうものか分かりませんが、肝臓・腎臓の検査はして貰っており、今のところ投薬による影響は出ていません。
    • good
    • 1

現に薬が良く効く患者がいます。


薬をやめると簡単に再発する患者もいます。
それでも薬を処方しないなんてナンセンスです。

>薬を処方するドクターは、ドーパミンの量を判断する、基準、画像、データは、ないはずです。経験と臨床で判断せざるをえません。

経験と臨床像から判断することの一体何が問題ですか?

>もし、患者が神経伝達物質異常でなかったら、一体どうするのか?

薬が効かないでしょうから、投薬をやめるでしょうね。

>人間には、自然治癒力というものがあります。
>十分な休養と栄養をとり、月日をかければ症状が良くなるかもしれません。

全くその通りです。自然治癒力で治るのを待っていられないから薬を使います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【定型精神病薬・非定型精神病薬の非定型・定型とは】

統合失調症には定型精神病薬と非定型精神病薬がありますが、
この”定型”と”非定型”という言葉はどこからくるのでしょうか?
英語を直訳すると、この定型・非定型という訳になると聞いたことがあります。
化学構造式によるものかと推測していますが、理系ではないため
よく理解ができません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www15.big.or.jp/~frenz/mizuni4.html
によれば
====================================================================
抗精神病薬には定型精神病薬と非定型精神病薬というのがあります。それで定形というのはドーパミンに働きかける薬で、それ以外にも働きかける薬を非定型精神病薬と呼んでいます。
====================================================================
との事ですが、真偽は分かりません。

QSSRIから非定型向精神病薬の切り替え方

数年前からうつ病でSSRIと気分安定薬を服用しています。
ある程度までよくなったものの健康とはほど遠い状態がずっと続くので、
この度SSRIを一気に中止し、非定型向精神病薬と切り替えることになりました。問題はここからです。
色んな自律神経系のとても辛い症状が出ましたが、先生は、
それは離脱症状だから1ヶ月も我慢すればなくなること(確かに少しずつマシにはなってきています)、
非定型向精神病薬は確実に効いているから(気持ちはソワソワして落ち着かないけどいろんなことがやれてしまうことなど)いい経過が期待できること、などを説明して下さいました。
でも薬を切り替えるときは、SSRIを徐々に減量しながら非定型向精神病薬を徐々に増やすのが一般的と聞いたことがあります。
私のようにSSRIをバッサリ切ると同時に非定型向精神病薬を飲むというやり方をされたうつの人、また参考例等ありましたら、その経過をお教え頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

SSRI系統の薬でも、量や服用期間によってはばっさり切ることもあるようです。

例えばデプロメール(ルボックス)ならば一気に切り捨てる医師も多いです。
しかし、パキシルは徐々に減薬していく医師の方が多いでしょう。
これらは半減期や血中濃度、反作用(離脱症状)などを考慮(予測)して医師が判断します。

私の場合ですと、パキシル40mgを約1年以上服用していた時期、違う抗うつ剤に移る前に減薬をしましたが、その時は40mg>(二週間後)20mg>(二週間後)10mg>0mgと、割と慎重に切ってくれました。
しかし同じ医師でも、デプロメール150mgを半年程度飲んで違う薬にする際には150mg>0mgとばっさりでした。
デプロメールによる離脱症状は多少ありましたが、あまり意識しませんでした。パキシルは一気には減らしませんでしたため、これも離脱症状はほぼありませんでした。(パキシルは、人によっては二ヶ月ほどかけて減薬しても離脱症状が残る人もいるようです)

私の場合、離脱症状は数分に一回、コンマ数秒程度意識が飛ぶ(一瞬頭が真っ白になるような、感電したような感覚が断続的に続く)感じがありましたが、確か一週間ほどで収まった記憶があります。
同じ薬を飲んだことのある他の人はふわふわした感じがして足が思うように動かない、など言っておりましたね。

ただ、日常生活に支障が出るほど身体的な離脱症状が強い場合、例えば血圧の急上昇や体温の異常(微熱が続いたり高熱が出るなど)、循環器・呼吸器関係へ影響があった場合や、せん妄状態に陥った場合は、医師と相談する必要があります。
こうした症状が出た場合は速やかに医師に連絡を取り付け、指示を仰いだほうが良いでしょう。(クリニックなど個人で行っている病院の場合は医師と連絡が出来ない時間帯にそうした状態になることもありますので、その場合は総合病院で事情を説明し、診てもらうと良いかと思います)

しかし現在は既に離脱症状が治まりつつあると書いてありますので、今回はそのまま切ってしまいましょう。
将来的に、再びSSRI系の薬を使う場合は、前回は離脱が酷かったからゆっくり減らして欲しいなど要望をすると良いでしょう。

SSRIだけではなく、違う薬でも長期間服用しているものをばっさり切ってしまうとある程度の離脱症状が見られます。
抗うつ剤・安定剤・睡眠薬などに限って言えば、依存といっても身体的な依存よりも精神的な依存の方が多いようです。この場合は頓服薬を携帯するなどすると割と落ち着くことが多いですね。
上記のような強い身体的な離脱症状が出ない限り、特別体に悪影響があるわけではありませんので、通常は問題ありません。

今は少々お辛い時期かも知れませんが、しばらくすれば改善されて行きますので、我慢です。
身体的に異常が見られる場合は、すぐに電話などで確認しましょう。

以上、参考になれば幸いです。
失礼いたします。

SSRI系統の薬でも、量や服用期間によってはばっさり切ることもあるようです。

例えばデプロメール(ルボックス)ならば一気に切り捨てる医師も多いです。
しかし、パキシルは徐々に減薬していく医師の方が多いでしょう。
これらは半減期や血中濃度、反作用(離脱症状)などを考慮(予測)して医師が判断します。

私の場合ですと、パキシル40mgを約1年以上服用していた時期、違う抗うつ剤に移る前に減薬をしましたが、その時は40mg>(二週間後)20mg>(二週間後)10mg>0mgと、割と慎重に切ってくれまし...続きを読む


人気Q&Aランキング