OCN光で最大124,800円おトク!

 バルコニーのクラックを専門家の方に見ていただくと、定規みたいなものを当てて写真を撮られますよね。
 それが以前にネットで調べた時に、ひび割れの幅も大事だけれど、深さも問題だと書かれているのを見たことがあるのです。
 もし、深さも関係あるのでしたら、何ミリくらいの深さがあれば、早期の修繕が必要でしょうか?
 
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コンクリートのひび割れによる問題については2つあります。


1つは構造体力上の問題です。もう1つが漏水上の問題です。

一般に構造上の問題を検討するには、発生原因・部位・ひび割れ状況などを総合的に判断しなければ、補修をする必要があるかどうか、補修方法などを決定することができません。

バルコニーの安全性については、バルコニー自体は建物の主要構造物としては、構造上重要な部分ではありませんので、ひび割れが入ったところで、建物全体の構造性能に大きく影響はしないでしょう。
しかしバルコニー部分をみると、耐重量性、コンクリートの剥離落下などの危険性があります。

漏水については、水が進入する目安としてひび割れ幅0.3mmというのがあります。一般には漏水事故が発生しないようにひび割れ幅0.3mmを判断基準に補修を要するかどうかなどを決めます。

そこで、ひび割れ幅が一番重要なチェックポイントとなります。

つぎに、深さについてですが、深さも構造・漏水両方に関係しますので、重要なチェックポイントです。

1つは貫通していれば漏水になりますので、重要ですが、バルコニーのような屋外の場合はそれほど重要ではないと思います。

しかし、内部に水が進入しますと、鉄筋がさびて、さらに鉄筋はさびる際に膨張しますので周りのコンクリートを押して、コンクリートを破壊します。
つまり鉄筋位置まで深いかどうかが大事です。通常鉄筋までは3~4センチ程度あります。

また、コンクリートはアルカリ性を示し、鉄の酸化現象(さび)を防止しています。しかしコンクリートは空気中の炭酸ガスと反応して、アルカリ性を失います(コンクリートの中性化と言います)。
コンクリートは中性化しても強度に影響はないといわれていますが、アルカリ性を失うことで鉄がさびやすくなります。
このため中性化の深さ方向の進行速度を目安に鉄筋コンクリートの寿命というのが60年程度といわれていますがひび割れが深ければそれだけ内部のコンクリートが中性化しやすくなります。

ひび割れ深さの判断基準として、一般にどのくらいの深さという目安はないのですが、鉄筋まで達するようなら補修は必要です。

しかしこのくらいの深さを測るのは簡単な道具では無理で、超音波探査など特殊な装置が必要で、検査費用が跳ね上がります。コスト面から詳細な検査をすることはまれです。

そこで、一般には第1次診断としてクラックスケールという目盛りを用いて目視によりひび割れ幅をチェックして、それで補修または精密な検査を行う2次診断が必要かどうかを判断することになります。

深さのチェックが必要なのは上記で述べたような理由ですが、実際は最初は目視による調査を行うだけで済ますことが多く、必要があれば、深さの検査をするという段階を踏んだ調査を行います。
ただ、目視だけの結果で補修を決定することもよくあり、深さの基準というのはオーソライズされていません。

深さをチェックすることよりも大事なことは、ひび割れの発生原因を推定することです。原因によっては構造上大きな問題である場合、ひび割れが今後も進行するひび割れ、そうでないひび割れなど、状況に応じて補修方法が変わるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい説明をありがとうございました。

お礼日時:2007/07/19 10:37

バルコニーでしたら、床の表面から30mmも入れば中の鉄筋に到達します。


当然、これは早期の手当てが必要です。

深さを計るのは難しいのですが、コンクリートの割れはたいていVの字型に入り、表層ほど広がって見えます。ひび割れの幅が広ければそれだけ深く割れていると想像できます。幅で0.3mm以上あると要補修と専門家は判断しますが、バルコニーであれば多少のヒビはほおって置いても、特別問題になることはありません。あとは費用対効果をご検討下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい解説ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/07/05 22:07

構造クラックである時点で修繕は必要でしょう。


構造設計欠陥なのか施工不良による欠陥なのか使用状況によるのかなど原因がわからないにしろ、既に構造体が破壊されている時は危険です。どのくらいで進行するのかは状況によります。
鉄筋の粘りと圧縮側のコンクリートでもっている状態で想定以上のたわみになって引っ張り側が亀裂を起こしたのなら構造クラックです。

写真で取るから重要という事でもなく、まずはそのようなひびの形状がどのような力で起きたか考えるための資料なのです。つぎにひびの進行を図るのに一番はっきりと見えるのはひびの巾になるでしょうから動きを確認するためにははかりにくい深さより巾のほうが指標になりやすいと思います。

問題は、構造クラックかそうでないかということだと思います。とりあえず重いものはどかして専門家の調査をすすめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明をありがとうございました。

お礼日時:2007/07/19 10:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2階のベランダの表面(床)にクラックが

最近、新築した家なのですが、コンクリート表面に数本のクラックが入っています。
ひびの太さは大いもので0.5mm位あります。
施行会社にクレームをつけられる程のものではありません。

防水処理もしてありますので気にすることもないとは思いますが、
見た目もありますので、どのように修繕のしかたがありますでしょうか。
ちなみにベランダの面積の4分の1が1階部分にかかっています。

・ひびに細いノズルの付いたスプレータイプの何かを流し込んで補修する商品を見たことがあります。
・ひび部分にだけパテ状のものをヘラで塗ると余計に目立つような気もします。
・クラックといっても目に見える上っ面だけなので気にすることもないでしょうか。
・ペンキのようなものをベランダ床表面全体に塗って防水加工する方法ってあるでしょうか。
・これから、クラックも増えるかもしれないし、即、1階天井部分に雨が染み出る訳ではないので、しばらく様子を見た方が良いでしょうか。

ご意見、頂戴したくお願いします。

Aベストアンサー

最近新築した建物であれば、施工会社に補修してもらうのが一番です。
現在ご自分で補修して、将来雨漏り等が発生した場合、クレームがつけづらくなります。
たぶんクラックの補修程度でしたら、施工会社も嫌な顔をせずに対応してくれるでしょう。

Qベランダのひび割れ補修について

築3年の我が家のベランダですが、ベランダの隅を見ると、写真のようにひび割れています。
これって、補修しないとマズイでしょうか?

雨が降ったらここから入るのではないかと思ってしまいます。
もし水が入ったら、どこに行くのかとか・・・

材質はなんだかわかりませんが、爪で押すとしばらく跡が残るようなものです。
(少し柔らかい)

補修するなら、簡単な方法を教えていただきたいです。
何を買えばいいかとか。

しかし、たった築3年でこうなるものなんですね

Aベストアンサー

たぶんベランダの防水塗装ということで
ウレタン系の塗料に亀裂が入ったのだと思います。

だいたいこの手のものは、5-10年くらいで
劣化してきますので、塗り直す必要があります。

自分も、家を建てた工務店に頼んで、
同系色、同材質のウレタン塗料を取り寄せてもらい、
自分で塗りました。(1坪程度をプライマーや塗料代だけで、
2万円ほどかかりましたが。)
http://www.yamaya-ybm.co.jp/info/bousui_01.html

で、この場合はごく少量の亀裂ということですから、
他の回答にもある通り、ウレタン系のコーキングでよいと思います。
防水塗装をしているということは内部は水に弱いということですから、
鉄なら錆びる、木材なら腐ってくるということになります。
もちろん、塗装が厚ければそこまで侵入しないですが、
あくまでも念のため。やっておいたほうがいいでしょう。

やり方はこちらを参考にしてください。
下地処理(Vカット)が大切で、一番中までコーキングが
届くように、わらわらになった表面部分をカッターナイフなどで
丹念に削り取っておくとよいでしょう。

濡れていない状態でやることが最も重要です。
はみ出たコーキングは固まる前に、
すぐに指などでなでてやると綺麗に仕上がります。
http://hirai-tosou.velvet.jp/zatugaku.html

>しかし、たった築3年でこうなるものなんですね

最近は大工さんでも、素人同然みたいな人が混じってますから、
施工要領が悪かったり、時間の都合で手を抜くと、
そういうことはありがちです。素人でも丹念にやったほうが、
仕上げやみかけはともかく、機能的にはよいことがあります。
(無駄やムラは多いですが(笑))

一度、建築した工務店などに相談して、
何とかしてもらえないか。というような話でも
いいんじゃないかなとは思います。
(有償なら自分でやると。。あくまでもアフターケアの範疇で)

暇ができたら防水塗装のほうにもチャレンジしてみてください。

たぶんベランダの防水塗装ということで
ウレタン系の塗料に亀裂が入ったのだと思います。

だいたいこの手のものは、5-10年くらいで
劣化してきますので、塗り直す必要があります。

自分も、家を建てた工務店に頼んで、
同系色、同材質のウレタン塗料を取り寄せてもらい、
自分で塗りました。(1坪程度をプライマーや塗料代だけで、
2万円ほどかかりましたが。)
http://www.yamaya-ybm.co.jp/info/bousui_01.html

で、この場合はごく少量の亀裂ということですから、
他の回答にもある通り、ウレタン系のコ...続きを読む

Qコンクリートベランダのひび

コンクリートベランダに、細かいひびが入ってます。ひどくなるまえに防水したいのですが、自分たちでできるでしょうか?その方法を教えてください。

Aベストアンサー

ベランダであれば自分たちでも十分可能です。
ただし、ベランダの下部が居室等の室内であれば専門の防水業者に任せた方が良いと思います。
ベランダが完全な外部(ベランダ下部も室外)であれば、完璧な防水でなくても問題ないと思います。
ただし、使う人の考え方によるので、絶対に問題が無いとは言えません。
神経質な方は専門業者に任せた方が良いでしょう。

自分たちで防水するには、ホームセンターに行き防水塗料を購入してください。
その防水塗料をベランダに塗れば大丈夫です。
塗膜防水という方法の防水になります。
重要な事は、一度で終了せずに、乾いたら2~3度の重ね塗りをする事です。
ひび割れが大きくなって行く場合は、中の鉄筋が錆びて膨張している可能性があります。
その場合はベランダの構造体に問題が発生している可能性がありますので、専門家に相談してください。

Qマンションバルコニーのひび割れ補修について教えてください。

マンションバルコニーのひび割れ補修について教えてください。

マンションのバルコニーの壁と手摺壁の接合部に発生したひび割れです。
打継ぎ部分に当たると言うことです。
画像を添付します。
ひび割れの程度として・・・1センチ以上のひび割れです。

★この場合の最適な補修・修繕方法を教えてください。

また、このひび割れは一度表面だけをコーキング法で補修してもらいましたが
経年経過により・・・再発している状況です。
当マンションでは、今年から大規模修繕に向けて
管理組合にて話し合いが始まります。

このひび割れは、うちだけではなく、他の住戸でも発生しているようなので
大規模修繕に合わせて補修・修繕を行ってもらうことが良いかと考えてます。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 写真の接合部のひび割れの原因を把握することが必要です。

 地震などでひび割れが入ったのか、雨水の浸入などで、鉄筋、筋金などに錆が入り、錆の浮き上がり膨張でコンクリートがひび割れたのかなど調べることが必要です。

 地震などによる亀裂でしたら、コーキング剤での修復が有効ですが、鉄筋、筋筋などの錆でしたら、程度にもよりますが、大掛かりな修復工事が必要となる場合があります。

 いずれにしろ、補修業者にひび割れ部分を含めて調査依頼をしてもらい、見積りを出してもらうことです。見積もりも数社に依頼して、単なる金額や工事一式のという内容の見積りではなく、作業内容が分かる見積り明細書も出してもらうことです。

 見積りだけでも調査費用が発生する場合があります。


人気Q&Aランキング