出産前後の痔にはご注意!

fuzimoriと申します。
ハードカバー版有川浩『塩の街』のあとがきに、「文庫化の際、主人公達の年齢をライトノベルの読者層に合わせ変更した」との記述があり、「確かに主人公が20歳以上のライトノベルの作品って少ないなぁ」と思い、この質問を挙げました。
皆さんが知っている、「主人公が20歳以上のライトノベル」を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いわゆるライトノベレーベルからでているものに限ってみました。

C Novels Fantasiaを入れるともっとあるかと思います。
・「キル・ゾーンシリーズ」(須賀しのぶ・集英社コバルト文庫)女曹長が主人公。
・「狼と香辛料シリーズ」(支倉凍砂・電撃文庫)20代の行商人が主人公。
・「卓球場シリーズ」(野村美月・ファミ通文庫)女子大生たちが主人公。
・「アダルシャンシリーズ」(雨川恵・角川ビーンズ文庫)20歳の妾腹の王子が主人公。

20代なんじゃないか……という推測
・「されど罪人は竜と踊るシリーズ」(浅井ラボ・角川スニーカー文庫)
・「星のパイロットシリーズ」(笹本祐一・朝日ソノラマ文庫)女性宇宙飛行士が主人公。
・「喪神の碑シリーズ」(津守時生・角川スニーカー文庫)津守時生さんの本は大人な主人公が多いです。
・「竜シリーズ」(津守時生・角川スニーカー文庫)
・「三千世界の鴉を殺しシリーズ」(津守時生・新書館ウィングス文庫)
・「特捜司法官S-Aシリーズ」(麻城ゆう・新書館ウィングス文庫)俳優が主人公。
・「カナリア・ファイルシリーズ」(毛利志生子・集英社コバルト文庫)男性呪禁師が主人公。でも影がとてーも薄いです。幸も薄い。

女性向けの話に大人主人公が多いような気がしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
「狼と香辛料」シリーズ!確かにそうですね!
>女性向けの話に大人主人公が多いような気がしました。
女性向けの話では読者が感情移入するのがヒロインになるからかもしれません。その場合はヒロインの年齢が読者想定対象のティーンネイジャーなのかな?その辺を調べると面白いかもしれませんね。

お礼日時:2007/06/20 23:01

では20年以上前から典型的なライトノベル文庫だった「集英社コバルト文庫」から。



近年のでは野梨原花南の「ちょー」シリーズ。私も全部読んだ訳ではないので断言はできないのですが、シリーズ前期でジオラルドとダイアモンド姫は結婚して結構大きい三つ子の子供まで生まれています。逆算すると20歳は超えていないとおかしい…。

あと樹川さとみの「楽園の魔女」シリーズ。師匠は永遠の21歳(だっけ)とか言いながら、どうみても100年以上生きてるし、弟子である女の子4人組も、初巻は全員10代後半でしたが、最終巻近くでは最年長だったサラ・バーリンは20歳を超えているはずです。その歳で何巻か続いたのでヒロインのうちの1人が20歳以上の作品、と言ってもいいのでは、と。

あと私が読み始めた頃、今から20年以上前の、当時の集英社文庫コバルトシリーズは大人の主人公が多い記憶があります(新井素子、久美沙織など)。一部近年新装版が出てますので、最近出た作品、といっても良いんじゃないでしょうか。一番いい例が新井素子「いつか猫になる日まで」と「扉を開けて」。どちらもヒロインは確か大学2年か3年生(新井先生が2作を執筆した頃大学生だったはず)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
コバルト文庫の知識は皆無だったのでこういうご紹介をいただけるとありがたいです。
女性がメインの読者層であるコバルト文庫などは大人の主人公が多い(多かった)のでしょうか?比較してみると面白そうですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/23 01:06

「トリニティ・ブラッド」(吉田直・角川スニーカー文庫)


 自分の知ってる中で最高齢。900年は生きてます。外見は20代後半くらい。
「円環少女」(長谷敏司・同上)
 24才ニセ教師です。
「戦闘城塞マスラヲ」(林トモアキ・同上)
 戦う引き篭もり20歳。
「狂乱家族日記」(日日日・ファミ通文庫)
 27歳だったと思います。

手持ちのなかにあったのはこのくらいでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
トリニティ・ブラッドのアベルは格好いい大人という雰囲気がしますよね。
読者が感情移入するというより、憧れるという感じでしょうか。
その他ご紹介いただいた本も面白そうです。ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/23 00:59

茅田砂胡「スカーレットウィザード」


ジャスミン29歳女とケリー32歳?男が主人公
外伝及び同じ登場人物が出る続き物「暁の天使たち」「クラッシュブレイズ」では20歳以下(実年齢と見かけは別ですが)がゴロゴロでてきますけど...

浅香晶「ファイアーボール」
ハイウェイパトロール物なので全員20歳以上

久米康之「猫の尻尾も借りてきて」
タイムマシンもの。主要登場人物中の一番若いのは最初と最後しか出てこない矢野祥子22歳

笹本祐一「星のパイロット」
民間宇宙飛行士もの(年齢不詳)

谷甲州「ヴァレリアファイル」
主要登場人物4人で20歳以下は一人だけで学生ではなく、年齢詐称のOL(本当は17歳のハッカー)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介いただいた5冊は未読ですが、本格的なファンタジーやSFみたいですね。参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/20 23:03

ライトノベルの定義自体が広義なので、出版レーベルに関わらずに質問されると一般の人がミステリーや一般小説と思う作品も回答に入ってしまうかもしれませんね。


自分は割とラノベを読んだほうだと思うのですが、確かに大学生以上が主人公の作品はいわゆるラノベ・レーベルでメジャーな作品ではほとんど憶えがありません。

レーベルに関わらず今思いついたのは小松左京賞受賞の「神様のパズル/機本伸司」は主人公が確か就職前の大学生だったような憶えがあるので20歳超じゃないかと思います。
ファンタジー系は中高生ではない主人公(例えば騎士)も多いので、ちらほらいそうな感はします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ライトノベルの定義は様々ですが、今回はいわゆる「ライトノベル・レーベルから出版されている中高生向けの小説」としてください。(トートロジーかな?)
>ファンタジー系は中高生ではない主人公(例えば騎士)も多いので、ちらほらいそうな感はします。
そういえば、水野良『ロードス島戦記』のパーンは登場時20歳前後ですよね。海外ファンタジーではほとんどが20歳以上かと思います。

お礼日時:2007/06/20 22:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大人(二十歳を超えてる)が主人公のファンタジー小説

大人が主人公のファンタジー小説を集めています。

おすすめを教えて下さい。

恋愛要素があれば嬉しいです。

ただ、ライトノベルが苦手です(それでもこれは!というのであれば‥‥)。

こちらでご紹介頂けた本は、ご縁があるとして、必ずチェックしていきたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

忘れてた ものが まだまだ あり …
マイケル・カニンガム 『星々の生まれるところ』
ベッケル 『緑の瞳・月影』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』 『シェル・コレクター』
サイモン・R・グリーン 『青き月と闇の森』
カルロス・ルイス・サフォン 『風の影』
ジョン・バンヴィル 『無限』
ポール・オースター 『最後の物たちの王国』
アリエット・アルメル 『ビルキス、あるいはシバの女王への旅』
エミーリ・ロザーレス 『まぼろしの王都』
ゴードン・R・ディクスン 『ドラゴンになった青年』 『ドラゴンの騎士』
アレックス・シアラー 『スノー・ドーム』
ホープ・マーリーズ 『霧の都』
ジョン・ベレアーズ 『霧のなかの顔』
テリー・ブルックス 「ランドオーヴァー・シリーズ」
『魔法の王国売ります !』 『黒いユニコーン』
『魔術師の大失敗』 『大魔王の逆襲』 『見習い魔女にご用心』
リサ・ゴールドスタイン 『太陽と月のアラベスク』
コリン・グリーンランド 『聖なる山の夜明け』

素敵な 脇役 (男性) ですか … !?
今回は 主役が 男性でも 良いのか と思い …
でも、男性が 魅力的に 描かれていて 印象に残った のは、
(読んだばかりな こともあり …)(ストーリーもまた 素晴らしく …)
チャイナ・ミエヴィル 『都市と都市』 とか … 但し 主役
脇の 女性 (主に 第 1 部に 出てくる 助手の 女性 ですが) も 良かった
コニー・ウィリス は 男女ともに 良かった かと
『航路』 『ドゥームズデイ・ブック』 『犬は勘定に入れません』 どれも
アーシュラ・K・ル = グウィン、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ も
ゲイと 公表されている という 白人の 男性作家 (ジェフ・ライマン) の
描く チベット人女性を 主役に据えた ネットの世界の 物語 『エア』 では、
最初 あまり 好きになれなかった 主人公の女性が 成長していく描写に
舌を巻きました … とにかく ラストは 圧巻、久々に 涙が …
ジェフリー・フォード の イメージは 凄い と思うのですが、主人公 (男性) は
どうも 好きになれず … ティム・パワーズ の 主人公は 満身創痍に なりますが、
結構 魅力的かと (男女とも …) ミロラド・パヴィチ、イスマイル・カダレ は
ストーリー・描写 共に 大好きなので お薦めしたいですが、主人公は と言うと …
なんというか 普通ではない … ぜひ 読まれてみてください …
ドゥニ・ゲジ (このかたは 数学者 …)、キアラン・カーソン (アイルランド音楽
研究・古典詩の 翻訳も されています)、マイケル・カニンガム (このかたも ゲイ
とのこと …)、ジョン・クロウリー も 非常に お薦めかと …

忘れてた ものが まだまだ あり …
マイケル・カニンガム 『星々の生まれるところ』
ベッケル 『緑の瞳・月影』
アンソニー・ドーア 『メモリー・ウォール』 『シェル・コレクター』
サイモン・R・グリーン 『青き月と闇の森』
カルロス・ルイス・サフォン 『風の影』
ジョン・バンヴィル 『無限』
ポール・オースター 『最後の物たちの王国』
アリエット・アルメル 『ビルキス、あるいはシバの女王への旅』
エミーリ・ロザーレス 『まぼろしの王都』
ゴードン・R・ディクスン 『ドラゴンになった青年』 『ドラゴン...続きを読む


人気Q&Aランキング