ちょっと変わったマニアな作品が集結

今、大学の講義で古代ギリシアの男女について調べているのですが、
男尊女卑だったことや家父長制だったことくらいしかわかりません。
もう少し詳しいことを知っている方がいらしたら
ちょっとの事でもいいので、是非教えて下さい。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


古代ギリシアにおける男性と女性の立場・地位の違い、というか、女性の地位や立場については、古代ギリシアの文学作品や芸術作品、また色々な記録文書などから、社会学的に分析されているはずです。

考古学なども解明に役立っているはずで、かなりのことが分かっていると思えます。

例えば、古代ギリシアのポリスにおいて、政治的発言力を持っていたのは、最初か貴族であって、次に富裕な市民階層が「民会」のメンバーとなって、政治的発言力を持ち、ペルシア戦争を契機に、「市民一般」にアゴラでの民会への出席と議決権、参政権などが広げられ、アテーナイなら、「民主主義」が実現したなどの歴史からも出てきます。

つまり市民一般に参政権が与えられたと云っても、奴隷や外国人、また女性には、参政権はなく、女性は家に閉じ込めらら男性の従属物・奴隷のような存在で、教育も、妻・母親としての必要な技術は教えられたが、一般教養は、男性のようには与えられなかったというのがあります。

女性は、家事労働する奴隷か、男のペットのような存在で、自立した存在ではなかったのです。財産権もなかったのです。

しかし、アリストパネスに「女の平和」という喜劇があり、このなかでは、女が、それなりに結束して勢力となりえることを示しているとも云えます。また王と女王がいる場合、女王にも、政治的発言権や決定権があったことが、悲劇作品などから出てきます。

アテーナイは、古くから王制が廃止されているので、王とか女王がいないので、女王の政治的発言力など、女王がいないので、存在しないのです。男性貴族会が権力を持ち、次に富裕市民も加えた男性市民民会、一般市民男性の民会へと進みますが、女性は政治的発言力はなく、アゴラでの議論にも加わることはできませんでした。

しかし、バッハオーフェンが提唱した「母権制社会」の女性の力というものは、断片的に色々残っており、例えば、高級娼婦(ヘタイラ)と呼ばれた女性たちは、男性同様に高い知識や教養を持ち、政治的見識も持ち、男性と対等に議論などをしたともされます。

「神殿娼婦」というものが古代社会にはあり、元々は、太母女神の神殿に仕える巫女がその役割を果たし、逆に、すべての女は、太母女神の神殿の巫女であり、人生の一時期巫女として、神殿娼婦となり、その後、一人前の女性になったという伝統が残っています。

ヘタイラは、この巫女が、高級娼婦=教養女性の形を取ったものとも云え、他方、神殿に留まり、女神に仕える恒久的な巫女は、神聖な存在として、それなりの権威を、男性社会のなかで持っていたとも云えます。

レスボス島のサッポーは、古代ギリシアの閨秀詩人として著名ですが、彼女は、少女たちを育成する女性結社の指導者であったらしく、少女たちの教育に当たっていたともされ、この女性結社は、太母女神の神殿などと何かの関係を持つ宗教結社でもあったと考えられます(サッポーの作品の「アプロディータ賛歌」が代表ですが、彼女の作品は、宗教儀式を前提に作られた作品があると考えられます)。

サッポーのような教養ある女性指導者は、レスボス島の特殊事情だと、参考URLには記されていますが、そうではなく、男性優位の父権制社会が古代ギリシアに確立する課程で、初期には、母権制の影響が色濃くあり、サッポーのレスボスの少女宗教結社などは、その名残ではないかとも考えられるのです。

神話で見れば、オリュンポスの支配は、ゼウス、ポセイダーオーン、ハーデースの三人の男性の神に権限が分与されているように見えますが、男女の神で、均等な配置になっています。女王であるヘーラー、妻であるヘスティア、大いなる女神であるデーメーテール、処女であるアルテミス、知恵の女戦士であるアテーネー、誘惑する女であるアプロディーテというのは、女の諸属性を示しているとも云えます。

それぞれの女神には、神殿があった訳で、神官は男女の場合もあるでしょうが、巫女は女性です。

オリンピア競技は、ゼウスに捧げられた宗教行事ですが、女性はこの競技に参加することは無論できず、のみならず、観客になることもできなかったことがあります。オリンピア競技は、男たちの団結のための宗教行事だったとも云えます。

しかし、有名なデルポイは、男神アポルローンが主神であったとしても、神からのメッセージを受け取ったのは、女性の巫女です。

大いなる大地と海の女神の信仰は、ギリシア中にあったのであり、大女神の宗教の中核には、女性の巫女や神官がいたと思われます。

ペロポネソス半島に南下して、この領域を支配したアカイア人などのギリシア人には、大女神の信仰は元々希薄であったのかどうか分かりませんが、大女神崇拝の母権制社会の「女性権限」の名残や、女性結社の名残は、歪曲されながらも残っていたのでしょう。

母権制社会では、「乱交」は許容されるとも云えます。乱交によっても、母権秩序はあまり影響を受けないからです。しかし、父権制社会では、乱交を許容すると、どの子が、どの男性の子供か分からなくなり、父権制社会の基盤が崩れます。

神殿神聖売春というのは、「乱交」の原理、従って、母権制の原理の下にあるといえます。バッコスの信者たちは乱交をしていました。男性優位社会を維持するため、古代ギリシア社会は、女性の社会的立場を貶め、その力を削ぎましたが、色々なところに、母権社会の名残があったと云えるのです。

>古代ギリシア2
http://www.geocities.jp/timeway/kougi-10.html

>女性同性愛史・ヨーロッパ古代
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1460/ …

>反・ギリシア神話:P(売春)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM …

>反・ギリシア神話:R(レアー)
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/antiGM …
 

参考URL:http://www.geocities.jp/timeway/kougi-10.html,http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/1460/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に助かりました!有難うございます!

お礼日時:2002/07/11 21:40

下記リンクは参考になりますか?



参考URL:http://www1-1.kcn.ne.jp/~a7627/kod7.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!本当に助かります(^^

お礼日時:2002/07/11 21:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の女性は本当に立場が弱かったのでしょうか?

昔の女性は差別され、立場が弱かったと主張する人がいますが、私はこれについて疑問があります。
実際のところは戦前まで、身分が高ければ男女関係なく立場が強く、身分が低ければ男女関係なく立場が弱い、というのが本当のところだと思うからです。
特に昔の身分が低い男性は結婚もできず、若ければ兵隊として戦地に連れて行かされていたので、立場としては最も低かったのではないでしょうか。性別による差別よりも身分による差別の方がよっぽどひどかったのではないかと思います。

また、人間以外の動物は基本的にオスはメスに対して優しく尽くしている場合が多いです。人間も元々がサルなので、男が女を差別するというのはDNAにないと思います。

Aベストアンサー

「差別」というのは、時代や文化によって異なります。現代的な基準では「平等」は機会の平等であり、その機会を権利として保障する、というのが一般的な考え方がですが、イスラム教の教義などは明らかにこれに反します。しかし、イスラム教の女性の多くは「守られており、幸せである」と答えますので「差別」という価値観はひとつではないといえます。

この点を踏まえて、時代背景も踏まえて、私たち日本人が考える「平等・不平等」を考慮する必要があります。

まず、歴史的な男女平等ですが、質問者様の中にも疑問として「徴兵」が出てきます。実際に古代ローマやギリシャの民主制ポリスなどでは、徴兵=参政権でした。徴兵に行く者しか政治的な発言権はなかったのです。これはある意味当然のことで、政治は時に多大な戦死者を出したうえで、和平や敗戦を了承することもありえましたから、犠牲と発言権は同一とみなされていたからです。
古代のローマでは女性にも財産権や離婚権がありましたが、政治的な発言権は明らかに不平等であったといえます。ただし、同様に発言権のない男子も多数いたのです。

近代的な欧米では、男女の差別よりも人種差別の解消のほうが優先されました。フランスに始まる啓蒙思想により、欧州では奴隷制がフランス革命と同時期に廃止運動が高まり、最後にアメリカが公民権運動により人種差別法が廃止されたのは1964年の公民権法までかかりました。
この時代、女性解放も一部意識され、胸を露わにした女性がフランス革命を率いるウジェーヌ・ドラクロワ『民衆を導く自由の女神」(1830年)等にその意識が残っています。

この絵画の女性は「自由」の象徴であり、実際の人物ではなく女神が「自由の化身」として描かれ、胸をあらわにすることで、女性自体の解放も表現していると言われています。

面白いことに、現代のニューヨークでは「女性が胸をあらわにして公共空間にいる権利」が主張されています。

当時の西洋女性は、今のイスラム並に権利がなく、男性に隷属する存在であったといえます。特に財産権と離婚権はほぼ無く、国によっても違いはあるものの、ドラマ:ダウントンアビーのように「相続権は男子一人」の限嗣相続制が一般的でした。そのため女性は自分の父親が死んだときに男性の兄弟がいなければ、すべての財産が他人(遠い親戚)のものになり、場合によっては住んでいた屋敷から追い出されることもあったのです。
 
これを回避するには、財産を得る相続人と誰かが結婚するしか方法はなかったのです。このように財産権(相続権)がないと、自己決定権を主張する前に餓死してしまうわけです。

イスラムは今でも女性に財産権や相続権を認めていない国がありますが、西洋でも順々に女性差別が解消されたとはいえ、最終的に男性と同じ権利を女性が得たのは、フランスにおいて結婚法が改正された1970年まで待たなければなりませんでした。
つまり、西洋女性が法で規定されている諸権利が平等になって、今から50年程度しか立っていないといことです。

さて、ここまで別の国の価値観や歴史を比較のために書いてきました。ようやく日本のことになります。

日本のおいて、財産の最初の規定は大宝律令の租庸調の税制と公田法による、平民すべてに配られた田畑の使用権に始まります。男女で大きさの差はあるものの、それ以外の区別はあまり多くなく、一部地域の男性に防人の義務があったぐらいです。つまり男女はほとんど平等、どちらかというと男性の負担が大きい、といえます。

しかし、この公田法は田圃が全然足りないため、すぐに崩壊し墾田永年私財法に変化していきます。自分で開墾したらそこは自分の土地である、ということでここでも男女の区別は特についていません。この時点で日本女性は財産権と相続権を男性と同等に維持し、現代に至ることになります。
つまり日本においては、自己決定を裏付けるための財産権は平等であったのです。

次に、墾田を開墾したものの中から武士が登場します。自分で開墾しても、その土地の権利を保障してくれるところはどこにもありませんでしたから、自分たちの土地を自分たちで守る、という意識が大きくなり、農民が武装集団化していったからです。

そのため戦国時代までは、女武者と呼ばれる女性の武士も存在しました。巴御前などは有名ですが、大将を務める女性だけでなく、一族のために出陣する足軽の中にも女性が居たと言われています。
 
そもそも女性は子供を産み育てることが基本的な仕事ですから、甲冑を着て戦場に参加するのはよほどの事情があったのでしょう。しかし、古代のヨーロッパのように「女性は徴兵されない」というのとは真逆で、自分や一族の財産権や相続権の維持のため男子が居なければ出陣する女性もいたと言われています。
このような女性がいる社会では、政治の参政権の女性だからまったく関わらない、ということはありませんでした。

江戸時代になると平和な時代がやってきます。この時代は幕府や藩などで高級官僚が誕生する時代です。武士が貴族化するにしたがって、武家の女性の権利は低下していきますが、武士は当時の日本の人口では3%程度ですので、庶民の暮らしはそれほど変わりませんでした。

庶民の中で特に「相続」を意識しなければならなかったのは、農家や商家です。日本では妾はいたもののあまり大ぴらには出来ませんでしたから、男子が居なければ娘が後を継ぐことも頻繁に行われました。一部地域では「女紋」という特殊な風習があり、男性が継ぐ家紋のほかに、母から娘に伝わる家紋もありました。日本では女性にも財産権がありましたから、結婚した時に持って行った家具類や衣服・持参金などは男性側が勝手に処分することはできず、離婚するときはすべて返却することになっていました。そのため、嫁の持参金を使い果たして離婚したくてもできない、という川柳もうまれたぐらいです。
女紋はこのような用途にも利用されたと言われています。

さて、ここで非常に重要なことがあります。それは家計は誰が握っていたか、ということです。

前述のとおり、イスラムの国から欧米にかけて、現代になるまで女性には財産権などがなく、明らかに自己決定権を遂行するのが難しい時代が長く続きました。そのため、現代でも家計を管理し、家族の方向性を決定するのは男性の役目である文化がほとんです。
日本は違います。女性にも財産権や自己決定権があったこと、男性は外向き(公式な仕事の管理)、女性は奥向き(自分の家庭の管理)と役割分担をしていたため、日本では「女性が家計を握る」のが伝統的であり一般的です。

世界的に男性が家計を握るのが80%以上の国がほとんどなのに対して、日本は同じ比率で女性が管理しているのです。

さて、そろそろ結論に達しないと行けないと思います。
結論は
「元々、女性は生物学的に子供を産む、という行為があるために保護の対象でもあったため、被保護者としての立場もあり、常に完璧に「男性と同じ」というのは難しく、特に武器で争うことが日常的的な社会では、権利が妨げられることもあったといえる。
 しかし、少なくとも、日本においては、女性も男性と同等の権利を有していた時代が長く、自己決定権とそれを保証するための財産権・相続権なども男性と女性はほぼ同じだけの権利を有していたし、戦国時代のような武器で争う時代であっても、男性と同等に戦うことを選択することもできた。
 むしろ、明治期に西洋文化を取り入れ、処女進行や家父長制を取り入れたため、一時的に女性の権威に否定的な側面がでたこと、近代化の際の選挙権などで差がついたことは事実である。
 しかし、根本的に日本女性は男性と同様の「自己決定権」をもっていたといえ、それを利用して自由にたくましく、生きてきたといえる。したがって、日本においては女性の立場は「弱かった」とまではいえず、ほぼどの時代でも尊重されていたといえる」
となります。

女郎などの問題はありますが、男性ならタコ部屋で食事も粗末で死の危険がある労働をかせられたわけですから、少なくとも白いご飯が食べられる女郎が、それにくらべて「悲惨」であった、と断じるのは男女の性差を考えれば、センチメンタルにすぎるといえます。
 いずれの立場の男女も、売られてからの平均寿命はごく短いものであったからです。

個人的な身分関係や、妊娠におけるトラブル・嫁姑問題や貧困による女衒や苦役など、個人とその個人の関わる状況による差は、考慮に値しません。それを考慮するなら、西洋と同様な奴隷制を持たない日本はそれだけで男女とも幸せであった、といえるでしょう。

ということで、制度や法的な権利義務を総合的にみると、日本の女性は歴史的文化的に相当に立場が強く、完璧に同じとは言えないものの、それは女性が子供を産むという「被保護」と引き換えであり、それ以外(特に結婚前の娘や子育て後の翁は)男性と同等の部分も多かった、といえます。

「差別」というのは、時代や文化によって異なります。現代的な基準では「平等」は機会の平等であり、その機会を権利として保障する、というのが一般的な考え方がですが、イスラム教の教義などは明らかにこれに反します。しかし、イスラム教の女性の多くは「守られており、幸せである」と答えますので「差別」という価値観はひとつではないといえます。

この点を踏まえて、時代背景も踏まえて、私たち日本人が考える「平等・不平等」を考慮する必要があります。

まず、歴史的な男女平等ですが、質問者様の中...続きを読む

Q昔のヨーロッパは男尊女卑社会だったのでしょうか?

近世以前のヨーロッパはキリスト教の力が強く、多くの人が戒律に従って生活を送ることを強制されていたため、現在のイスラム世界なみの宗教社会だったと聞いたことがあります。

中世、近世は戦争も頻発していたため、どうしても兵士となる男性の力が強く、かなりの男尊女卑だったとも聞いたことがありますが、これは本当でしょうか?

そして男尊女卑が近代まで続いたため、その反動として(主として女性からの)男女平等を叫ぶ声が強まり、それが現在の男女同権社会につながっていたという理解でよろしいでしょうか?

(日本については、江戸時代までは比較的男女平等な社会だったといいます。そして明治時代に男女平等が進む前のヨーロッパの制度を取り入れたため男尊女卑の風潮が生まれたとか。)

Aベストアンサー

はい、その通りです。というより、今でもヨーロッパは実質的には男尊女卑です。平等になるように努力しているのは欧米のほうですが・・

まず、最初に法整備としてヨーロッパが男女同権になったのは、実は1970年のことです。びっくりするでしょう。
もちろんヨーロッパと言っても国に違いがありますが、1970年というのはフランスで婚姻に関する財産権が男女で平等になった年で、これで法的な男女差別は撤廃されたのです。

そもそも、男女差別の根本はなんであるかというと「自分で取捨選択することができるか」ということです。日本が古来からずっと平等だったのは、女性にも財産権と相続権があり、女性でも財産を持っていれば男性に頼ることなく生きられた、ということです。もちろん、商家などは女性が跡継ぎになって婿養子を取ることも可能でした。

ところがヨーロッパはそうではありませんでした。相続は男性に限られ、女性には相続権はほとんどありませんでした。そのため、ドラマ「ダウントンアビー」のような悲劇がしばしば起こりました。このドラマの始まりは、3姉妹しかいない貴族の跡継ぎとして、貴族の長女と結婚する予定だったいとこ(貴族の正式な相続者)が事故で死んでしまい、次の相続権利者は平民のどこの誰とも知らない若者だった、というものです。

つまり、その若者と3姉妹のうちの誰かが結婚しなければ、貴族の館も財産も貴族の娘たちは相続することができなかったです。

現代のヨーロッパはそんなことは無くなりましたが、イスラム教の国ではこれに近い状態であるといえます。また、イスラム教の国だと、女性の職業が限定されていてたり、免許を取ることが禁止されていたり、と「自分の選択で自分で生きる」というのができない、というのが男尊女卑のそもそもの問題点であったといえます。

ちなみに日本は全く違います。

これが宗教による圧力だったか、というとそれは分かりません。ただ、ヨーロッパの法整備の基礎となったローマ法では女性の財産権や相続権を認めていましたので、中世のヨーロッパ社会で封建制が強まっていった経緯と関係があるだろうとは思います。
 特に、封建領主は支配のために領民を搾取しており、女性が結婚するのに税を取る制度がありました。これは人頭税の一種で、名目的には「領主は領民の女性の処女をもらう権利がある。領主の許可なく処女でなくなるのは違法であり、また処女である女性を娶るには領主に税金を納める必要がある」というものでした。

これにより、女性のバージンを管理するようになります。勝手に性交しては税金が取れなくなるからです。ただ色恋を法律で縛っても効果がないため、キリスト教の処女信仰を利用して、修道院などでバージンでいるように管理したと言われています。

この処女管理のあり方が、のちに女性の権利を阻害する方向に動いたのは間違いないです。

逆をいうと日本でこれが起きなかったのは、日本の封建領主が領民の主人ではなく、単に租税徴収権を持っている権力者にすぎなかったからです。日本では人頭税はかけられなかったのです。

さて、近代になるとこの反動が出ます。きっかけは第一世界大戦です。この戦争は大量破壊兵器により男性が大量に犠牲になったため、変わって女性が社会進出しました。鉄工所で大砲の弾をつくり、鉄道を運転し、男性と同じ仕事をこなしたのです。

そのため女性自身に疑問が芽生えます「なんだ、女だからといわれたけど、あたしたちでも男と同様に仕事できるじゃん」ということです。

これに特に戦後は奴隷差別の撤廃や民族差別の撤廃などがあり、男女差別の撤廃も推進された、ということになります。
そしてその平等の考え方は「男性と同等に仕事をする能力があり義務を果たすのだから、男性と同等の権利をくれ」というものです。そして完全に男女平等になったのが1970年、ということです。

ですから、外国の女性は「その仕事が自分の手に負えない、と思わること」をすごく嫌がります。重い荷物も持つし、残業もこなすし、きつい仕事もなんでもやります。アメリカ映画ですが、GIジェーンのような「なんか分かんないけど、女性が男性と張り合って、男並み、を証明する映画」ができるのはそういう理由からです。
日本で絶対に作られないでしょう。

さて、じゃあ、法律的に男女平等になったからヨーロッパは男女平等なのか、というと、そうでもありません。これもアメリカの映画の話ですが、男性が主人公の映画に対して女性が主人公の映画は1割程度しかない男尊女卑だそうです。日本だと恐ろしいぐらい女性が主人公の映画がたくさんありますね。

はい、その通りです。というより、今でもヨーロッパは実質的には男尊女卑です。平等になるように努力しているのは欧米のほうですが・・

まず、最初に法整備としてヨーロッパが男女同権になったのは、実は1970年のことです。びっくりするでしょう。
もちろんヨーロッパと言っても国に違いがありますが、1970年というのはフランスで婚姻に関する財産権が男女で平等になった年で、これで法的な男女差別は撤廃されたのです。

そもそも、男女差別の根本はなんであるかというと「自分で取捨選択することができるか」と...続きを読む


人気Q&Aランキング