『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

はじめまして。

 近頃、少し洋楽でも聞いてみようかなと思いまして、できるだけ興味を持ったものからはじめてみようと思いまして、探し始めたのですが、分からないものが出てきましたので、ここで聞いてみたいと思います。

 え~と、たいぶ古い話なのですが、『Back To The Future』でマイケル・J・ホックス将来の父親と母親が結ばれるダンスパーティーで歌っている曲はなんという題なのでしょうか。

 それとこちらも古いのですが、『耳をすませば』の作品の中で月島雫が翻訳して歌っている『カントリーロード』の元になっているのはなんという曲なのでしょうか。

 ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Back To The Futureは残念ながら知りませんが、耳をすませばは、ここにサウンドトラックのCDがありますので、それによりますと



カントリー・ロード
原題 Take Me Home Country Road
作詞・作曲 Bill Danoff、Taffy Nivert&John Denver
唄 Olivia NewtonーJohn

とあります。

この歌は、1971年に発表されヒットしたとっても有名なうたです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 30年も前の歌だったんですか。がんばって探してみます。
 ありがとうございました。

お礼日時:2002/07/12 09:35

回答の内容に関してはみなさんのおっしゃるとおりなんですが、



細かいことながら「Johnny B Goode」です。
    • good
    • 0

両方とも正解がでていますので、『Back To The Future』の曲の使われ方について。

ねたバラシですが、映画をごらんになっているとのことなので。

マイケル・J・ホックスのギター演奏を聴いたバンドマンがチャックベリーに電話して聴かせたことによって ロックが誕生した(Jhonny Be Goodができた)というタイムパラドックスねたになっています。

ちなみにマイケル・J・ホックスが過去に行く前に演奏している曲は映画の主題歌でもある、Huey Lewis And The News の The Power Of Love です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 なるほどそういう裏ねたがあったわけですか。
 ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/12 09:39

「カントリーロード」についてですが、#1の方のお答えの通りの曲ですと、本当の元はこの曲の作者であるジョン・デンバーの方ですね。

オリビア・ニュートンジョンのはそのカバーになります。
ジョン・デンバーのこの曲は日本でも「故郷に帰りたい」という邦題がついて1971年頃爆発的にヒットしました。(John Denver "Take Me Home, Country Roads" )
彼のこの歌は当時知らない人はいないというくらいだったんですよ。ラジオをつければしょっちゅうかかってましたし。
それだけに、数年前に彼が自家用飛行機ででしたか、墜落して命を落としたときにはショックを受けたものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 へぇ~、そんなに有名な曲だとは知りませんでした。
 ありがとうございます。

お礼日時:2002/07/12 09:38

カントリーロードのほうはNo1のかたが答えているので、


Back To The Futureのほうは、チャックベリーのJhonny Be Goodです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

 カントリーロードよりも古そうですが、何とか探してみます。
 ありがとうございました。

お礼日時:2002/07/12 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング