ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

歴史に「if・・・」はないが,機略縦横の賢将・小早川隆景について疑問があります。
疑問1)隆景が慶長5年(1600年)以降まで生き長らえていたならば,関ヶ原役はあったか?
疑問2)隆景自身に天下を望む気持ちは無かったのか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1 小早川隆景が生きていても、関が原の戦いはあったでしょうね。

ただ、毛利軍の動向には影響が出てくるかもしれませんね。
  一つには秀秋の処遇を考えれば、関が原の戦い以前に隆景は隠居し、隠居料として10万石程度の所領を頂いて、小早川家としての動向を決めるのは秀秋に移っているでしょう。隆景は隠居として相談に乗るだけでしょう。
  関が原の戦いは家康の天下取りの戦いではなく、豊臣家の内部分裂の戦いです。豊臣家で戦後にどちらの勢力が勢力を得るのかということです。
  ただ、関が原の戦いで毛利家が東軍に付いた場合、関が原の戦いの歴史上における役割は少なくなり、その後再度の内部対立が起こるでしょうから、何年か後、家康か他の誰かが亡くなったあと、再度の天下分け目の戦いがおこるでしょう。その戦いはどのような状況の変化があるかによりどういう分裂状態で戦いがおこるのか予測はつきません。

2 隆景に天下取りの気持ちがなかったとはいえませんが、どちらかといえば、なかったように思えます。あったとしても、甥の毛利輝元に天下を取らせようとしたでしょう。
  毛利輝元に天下取りの器用がないと判断した場合はおとなしく豊臣家の重臣としてすごしたでしょう。
    • good
    • 0

小早川隆景は父である毛利元就が営々辛苦して築いた毛利藩の維持に専念した生涯でした。


かれは毛利家に秀吉の縁者をいれて毛利家を意のままにしようとする秀吉の策謀に対し、実子がいない事を理由に候補であった小早川秀秋を後継者として迎えるべく懇請し自身は隠居し所領の約40万石を譲りました。
秀吉も隆景の意図を見抜きながら宗家を思う心根に感じ同意したといいます。

彼は輝元に天下をとる覇気も器量もないことを見抜いて、家臣のいない所では輝元を折檻する程鍛えたといいます。

このように豊臣政権下での生き残りに終始したことは、彼に天下を望む意志も能力もなかったといえましょう。

隆景の寿命がもし長かったとしても、彼は豊臣政権の持続よりも毛利家の存続の方が優先した筈です。
従って関ヶ原役への動きとは距離を置く動きを工夫したでしょうし吉川広家と同調し、家康から誓詞をとるなど約束を反故に出来ぬ工夫をこらしたと思います。
    • good
    • 0

疑問1)隆景が慶長5年(1600年)以降まで生き長らえていたならば,関ヶ原役はあったか


前田利家が生きていればがなかったでしょうが、小早川隆景がいきていても多分関が原はあったでしょう。
そして、毛利家が徳川のだまし討ちにあって減封されることはなかったと思います。
疑問2)隆景自身に天下を望む気持ちは無かったのか?
それは、ないでしょう。
ただ、甥の輝元に天下人をとらせてやる気はあったと思います。
    • good
    • 0

疑問1:関ヶ原ないし、それに類似の戦いはあった。


秀吉が死んだ後、実力のある「実戦で相手を組み伏せた」権力が成立しなければ、武家社会が納得しない。徳川家光の時代になれば、実戦経験のない世代になっているので、武家社会が納得するでしょうが、まだまだ、血なまぐさい時代。後継者は血縁であろうと、なかろうと、実力を表明する必要があった。
この辺の武家社会の論理に関しては、戦国期の北条家を例にとって、説明されている書籍を読んだ記憶があります。
隆景と家康の長生き合戦で、結局家康が長生きして、1605年くらいに、関ヶ原ではないでしょうか。

疑問2:聞いてみないとわからないが。
信長が天下布武というスローガンを掲げて、そのそばで何十年もいた人間(秀吉、家康、三成)と、そうでない人間とでは、世界観が違うと思います。単純に、戦闘が強いだけでは、世界観を共有することはできない。といういみで、隆景には、天下を望んだとしても、天下観がもてないので、行動に移せないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小早川隆景の戦術的センス

秀吉曰く

『隆景に勇気があれば、天下がとれる』

元就曰く

『わしは隆景に才で及ばない』

・・的な事を言われている、隆景殿ですが
本などで読むと、彼は戦術家としての評価よりも
政務、戦略としての、センスがあるように思えます

中国地方の、戦国に疎い私ですが

彼の戦術的センスはどうだったのでしょうか?

九州・・朝鮮で活躍しているみたいなのですが

そこら辺を詳しく、お教えください!

Aベストアンサー

>小早川隆景の戦術的センス

名家の末たるスマートな処世術と適度なマキャベリズムを併わせ持った魅力的な武将、如何に人材を輩出した戦国期とはいえ、小早川隆景の如き人傑は少ない、依って秀吉に尊敬され・重用されたというのも頷けるところ。

御多分に漏れず私も彼のファンの一人であり、小早川隆景に関する逸話の類は、それこそ枚挙に暇がないが、取るに足らない局地戦ですら数多くの記録が残存しているあの時代に於いて、戦の指揮に関する彼の具体的な記述が殆んど残されていない事実を類推すれば、質問者様の御指摘通り、戦術家というよりはむしろ優れた政治家であり戦略家であった、そう考えるのが妥当な評価であろうかと思われます。

因みに彼の真骨頂・天才性は、自家(毛利家)の存続に於いて最も顕著に発揮されたが、もう1つ付け加えるならば、正確に次代の権力者を嗅ぎ当てた嗅覚の鋭さ、及び最期まで時の権力者と世の尊敬を勝ち得た人物という点に於いて、同じ名家の末である細川幽斎に酷似している、個人的にはそう考えるところ。

尚彼が関ヶ原に於いて尚存命であればとの御指摘があるが、この仮定は実に興味深い、但し私の予想は若干異なります。
そもそも彼は決して義を重んじるだけの武将ではない、且つ自らを軸に歴史を旋回させると意図する種類の人物でもない、更にはその関心事の最優先事項は毛利家の興隆にあった訳で、依って彼の怜悧を以ってすれば、備中高松城の講和締結後秀吉軍を追撃しなかった例に洩れず、遥か以前に徳川家康の天下を意識し、そもそも毛利輝元が西軍に加担する事は無かったでしょう、とすれば毛利一族が松尾山そして南宮山に布陣する事も無かった、そう考えますが・・。

>小早川隆景の戦術的センス

名家の末たるスマートな処世術と適度なマキャベリズムを併わせ持った魅力的な武将、如何に人材を輩出した戦国期とはいえ、小早川隆景の如き人傑は少ない、依って秀吉に尊敬され・重用されたというのも頷けるところ。

御多分に漏れず私も彼のファンの一人であり、小早川隆景に関する逸話の類は、それこそ枚挙に暇がないが、取るに足らない局地戦ですら数多くの記録が残存しているあの時代に於いて、戦の指揮に関する彼の具体的な記述が殆んど残されていない事実を類推すれば、質問者...続きを読む

Q関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

関ヶ原の戦いでもし(IF)小早川秀秋が裏切らなかったらどうなってた

小早川秀秋がもし東軍(家康側)に寝返らなかったら関ヶ原の戦いは西軍(石田三成側)の勝利となっていたのでしょうか。
小早川秀秋は家康から寝がいりを要求する手紙をもらっていたらしいのですが。
もし寝が入り、の決断をできなかった、もしくは家臣に反対されて西軍を裏切らす東軍と戦ってた場合

関ヶ原の戦いの結果はどうなっていたのでしょうか
あと裏切りという作戦を家康が立てていたのですが
裏切ってくれなかったとしたときのために
家康は何か策でも立てていたのでしょうか

皆様の考えをどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮していたら家康も無謀な関ヶ原の野戦にでることはなかったでしょう。義弘の朝鮮の役の活躍や関ヶ原以後の対島津の扱いから見ても誰もが納得できるでしょう。
 後一つは、立花宗茂がいたらです。小早川を大津に残し立花を関ヶ原につれてきていたら、宇喜多と立花、島津と並んでいたら、西軍の勝ちになるでしょう。
 といっても、石田は、小早川に(関白)を約束していたので決戦場にいないわけにはいきませんね。結局これも実現の可能性はゼロです。
 ただ、一つ重要な点は、徳川軍本体は強かったかと言うことです。秀吉に対抗した当時までは、徳川は最強でした。でも、関ヶ原前の20年くらいは大きな戦争もなく人数はともかく経験不足でとても精強とは言えない武士団でした。もし、徳川本体が戦って強くないことがばれたら本当に大変なことになるところです。
 いろいろな書籍を読んでみてもホントにうまく進めた物です。家康という人物の戦略眼と組織作りは見事です。最終勝利者というのでしょうね。参考になります。

 関ヶ原の戦いのポイントは、戦いの前に岐阜城が落とされたことにあります。ここで西軍の主力の一つの織田が全滅しました。そのとき西軍主力の宇喜多は、伊勢にいました。石田は、岐阜城の重要性に気がつかないで織田を見殺しにしています。その間、戦略をたてに大垣と佐和山を行ったり来たりしています。
 そうして濃尾平野の重要部分を徳川方に押さえられて
関ヶ原を迎えます。
 もひとつは、島津義弘の軍が、正規の部隊でないことだと思います。島津軍が、1万人くらいの戦力で司令官になって作戦指揮し...続きを読む

Q加藤清正と福島正則はのちに石田三成に着いたほうが良かったと思ったのか?

石田三成は民にはやさしい男であったが、頭が切れて気真面目すぎるために、加藤清正と福島正則のやり方と相容れることはできず仲は悪かった。
関ヶ原の戦いのとき、清正と正則は三成を気に入っていなかったので、豊臣政権の未来を徳川家康に託して東軍に着いた。しかしそれは家康の勢力拡張政策に貢献することになってしまい、家康は天下を手に入れるために豊臣家を滅ぼしてしまった。清正と正則はあとで関ヶ原の戦いのときに、気に入らないが三成に味方したほうがよかったと思ったのだろうか。

こんな疑問が浮かんだのは理由があります。
今まで清正と正則は家康の勢力拡張政策に貢献するかたちを取ってしまったので、こいつらは馬鹿だと思っていた。三成が頭が切れて気真面目すぎてうまがあわないといっても、冷静に考えたら三成のほうが秀頼を大切にする可能性が高いので、なぜわからないのだろうと思っていた。
しかし僕の目の前に石田三成に近い人間が現れたとき、最初は良かったのですが、最終的に
「この人のやり方が合理的に合っていても、僕のやり方を無視しているものなので、心情的にこの人に賛成できない」
と強く思うことになったのです。僕の今の心情から思うと、清正と正則も似たような心情になり、三成が死んで家康が勢力が増大しても、「三成に味方したほうがよかった」なんて思っていないと考えています。清正と正則もどうしようもなかったのかなあと思うようになりました。

●みなさんは清正と正則は三成に味方したほうがよかったと思ったと思いますか。

石田三成は民にはやさしい男であったが、頭が切れて気真面目すぎるために、加藤清正と福島正則のやり方と相容れることはできず仲は悪かった。
関ヶ原の戦いのとき、清正と正則は三成を気に入っていなかったので、豊臣政権の未来を徳川家康に託して東軍に着いた。しかしそれは家康の勢力拡張政策に貢献することになってしまい、家康は天下を手に入れるために豊臣家を滅ぼしてしまった。清正と正則はあとで関ヶ原の戦いのときに、気に入らないが三成に味方したほうがよかったと思ったのだろうか。

こんな疑問が...続きを読む

Aベストアンサー

>清正と正則は三成に味方したほうがよかったと思ったと思いますか。

思わないでしょう。
加藤清正や福島正則は、他の回答にあるように尾張時代からの秀吉の子飼いの武将であるとともに戦国の世を生き抜いた武闘派の武将です。
これに対して石田三成は秀吉の近江時代からの部下であり、有能な官僚タイプの人です。

群雄割拠の戦国期を生き抜いた武将たちにとっては、例え敵味方に別れて過去に戦った相手だったとしても共に同じ部類の仲間としての意識があるようです。
そういう意味では、徳川家康に対しては同じ武将として自分たちと同類の仲間という意識であり、さらに『東海一の弓取り』といわれるように尊敬する大先輩といえる存在だといえます。

これに対し官僚である石田三成に関しては全く共感できない存在であり、『偉そうにしているイヤな奴』という認識でしかなかったようです。

豊臣恩顧といっても、加藤清正や福島正則にとっては秀吉と北の政所への忠誠心が主であるのに対し、石田三成にとっては淀の方や秀頼などを含んだ豊臣家に対する忠誠心だったようであり、各々の感覚が異なると思います。

加藤清正や福島正則は戦国期を生き抜いてきた武将として、力のある武将(徳川家康)が天下を取ることになっても致し方ないという感覚があったと思われますが、石田三成はあくまでも天下は豊臣家のものだという考えのようですからこういう基本的な考え方が違うと思われます。

>清正と正則は三成に味方したほうがよかったと思ったと思いますか。

思わないでしょう。
加藤清正や福島正則は、他の回答にあるように尾張時代からの秀吉の子飼いの武将であるとともに戦国の世を生き抜いた武闘派の武将です。
これに対して石田三成は秀吉の近江時代からの部下であり、有能な官僚タイプの人です。

群雄割拠の戦国期を生き抜いた武将たちにとっては、例え敵味方に別れて過去に戦った相手だったとしても共に同じ部類の仲間としての意識があるようです。
そういう意味では、徳川家康に対し...続きを読む

Q関が原の戦い後、なぜ、長宗我部は領地没収で、毛利・島津は領地減となったのでしょうか?

関が原の戦い後、なぜ、長宗我部は領地没収で、毛利・島津は領地減となったのでしょうか?

Aベストアンサー

その話はかなり有名ですよ。

基本的には西軍に属した大名は領地没収・改易になるところが、
毛利に関しては、吉川広家に対して
毛利家の所領安堵の約束をしていたのに、
それを反故にして領地削減させたわけです。
この経緯は、直接、家康が言質を与えずに
井伊直政を介して調略を行ったために、
正確には約束したわけではないというトリックがあったのですが、
吉川は最初の約束と違うと猛抗議します。
それで吉川家の所領を減らす代わりに
なんとか毛利家の存続だけは勘弁してもらった格好になりますが
毛利家ではこの一件の恨みをずっと持っていて
年始だったいつだったか忘れましたが、
毎年、徳川家に恨みを晴らす、討ち入るという儀式を
幕末までやっていて、それが倒幕の原動力となったのは
かなり知られてますよね。

島津家の場合は、大幅削減のはずだったのが
隠居していた島津義久などが内外で粘り強く抵抗をして
領地返上に抵抗して、外交交渉の結果、
薩摩・大隈という言葉も違う辺境ということもあって
島津だけは所領安堵・お咎めなしどころか、
琉球貿易の窓口という立場も容認されます。
これは無能な毛利家と違って、島津家の有能かつ交渉上手が
活きた格好です。
ただ関ヶ原前後で島津家内部では多少、内紛なるのですが
なんとか詰め腹でまとまるのがまさに島津式です。

この二国が幕末の主勢力になるのはあながち偶然ではないでしょう。

あとちなみにですが、
関ヶ原で西軍についたものでは、立花宗茂は唯一、改易後に
所領を新たに与えられてます。大名に復活したのは彼だけです。
理由は、武人の鑑として、徳川秀忠に気に入られたからです。

その話はかなり有名ですよ。

基本的には西軍に属した大名は領地没収・改易になるところが、
毛利に関しては、吉川広家に対して
毛利家の所領安堵の約束をしていたのに、
それを反故にして領地削減させたわけです。
この経緯は、直接、家康が言質を与えずに
井伊直政を介して調略を行ったために、
正確には約束したわけではないというトリックがあったのですが、
吉川は最初の約束と違うと猛抗議します。
それで吉川家の所領を減らす代わりに
なんとか毛利家の存続だけは勘弁してもらった格好になりま...続きを読む


人気Q&Aランキング