私はかわぐちかいじの『ジパング』が好きで、毎週読んでいるんですがこのところ話の内容についていけません。

実際のところ、角松はなにがしたいんでしょう?

誰の(何の)ために戦ってるんですか?
原爆を止めたいのはわかりますが、それ以降の行動をまったく考えてないように思えます。

アメリカに負けなかった日本を目指してる?わりには具体的な策も強力な後ろ盾もないし。
日本は一度負けたほうがいい、という考え方は判るんですが、そうなるとアメリカに占領された日本で誰がみらいの乗組員を守ってくれるんでしょうか?
まさかあれだけ派手に暴れておいて軍事裁判と無縁とは思えません。
正規の日本軍じゃないから罪に問われない、というのはどう考えても虫がいい話だし、海軍から逃亡した身としては国からの保護も獲るのも難しいとおもうんですが…。

A 回答 (2件)

 連載が終わっていないのだから、まだ答えは出ていないはず。



 いろいろ解釈・理解したいという気持ちは分かりますが、所詮どのような「回答」をもらっても、事実に基づく答えにはなりません。故に、そういったことは本当の「回答」ではありませんので、ここで問うべきことではないのではないでしょうか。(アンケートなら分かりますが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たしかに質問がこの場にふさわしくありませんでした。
申し訳ございません。勉強不足でした。
こういったことがもうないよう、内容を気をつけて質問をしていきます。
返答ありがとうございました!

お礼日時:2007/06/21 06:16

 未来の人の為の「神風」(特攻)なんじゃないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

だとしたら随分と独り善がりだし、特攻の空しさや非道性を60年経っても学んでませんよね。悲しい…。
返答ありがとうございました!

お礼日時:2007/06/21 06:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかわぐちかいじさんの「沈黙の艦隊」で

最近になって読み始めて、おもしろさにすっかりはまっております。わたしは深町さんが好きなのですが(笑)
単行本32巻のほかに、海江田さんの子供の頃の話が連載されていたような気がして、探しているのですが見つかりません。
私のきのせいなのでしょうか。もしコミックスになっているようでしたら教えてください。お願いします

Aベストアンサー

補足ですが。
「瑠璃の波風 ―沈黙の艦隊~海江田四郎青春譜」
で、間違いないです。4巻まで出版されています。
下記URLはアマゾンですので、よろしければどうぞ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-4511438-4461922

Q「ジパング」の発売日

ジパングの発売日ですが、いつもの流れだと、2月中だと思ったんですが、
今、アマゾンで調べた所3月となっていました。

どなたか正確な発売日をご存知の方、また、
発売日の調べ方を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

講談社のサイトでは、3/20になってますが…
出版社のサイトでお調べになるのがよいと思いますよ。

ジパング違いだったらどうしよう…(^^;

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/comics/kc/boy_03.html

Q沈黙の艦隊とジパング

沈黙の艦隊で、やまとが第3艦隊のイージス艦と戦う場面がありました。

この時のイージス艦が、梅津艦長率いる「みらい」だったら、どういった戦闘になったでしょうか?

Aベストアンサー

沈黙の艦隊、懐かしいですね。今読むと、かなり???な描写が多いですが。

さて、沈黙の艦隊のシーバット級「やまと」は、80年代後半に描かれた作品背景から、当時建造が計画されていた、アメリカ海軍の「シーウルフ」級原子力潜水艦がモチーフとなっているように思います。
このシーウルフ級は冷戦期に計画された最後の原潜らしく、かなり費用をかけた贅沢な作りの潜水艦で、速力も速く、当時の最先端機器を満載させた結果、かなり高額になってしまったために、冷戦終結と相まって3隻しか建造されませんでした。

それでもって、鬼才、海江田艦長の戦術があるわけで、作品中でもアメリカのイージス巡洋艦相手に善戦していましたね。

ジパングは2000年代の作品らしく、護衛艦「みらい」は、実在の海上自衛隊護衛艦こんごう型を改良しヘリを搭載した艦として描かれています。ソナー周りは、当時試験艦「あすか」で開発中だったフランクアレイソナーをモチーフにしているようで
最新のイージス護衛艦あたご型に近く、護衛艦ひゅうが型のソナーを搭載したものと考えてみましょう。

現代の海戦でも、究極のステルス兵器たる潜水艦が、あらゆる状況で有利なのは違いありません。
特に「やまと」は原子力潜水艦、食料が尽きるまで潜っていられます。
イージス護衛艦も、こと対潜水艦に対しては、従来の艦より特段優れているわけではありません。
「みらい」はSH-60J哨戒機は搭載しているものの、ヘリの飛行時間には限界があります。
現代の水上艦の対潜水艦戦は、上空からは哨戒ヘリやP-3C対潜哨戒機の情報を、他の水上艦からの探知情報を基に捜索していきます。
これが「みらい」1隻だけ、哨戒ヘリ1機だけでは、非常に不利な戦いを強いられることになります。

まして、沈黙の艦隊では「やまと」の艦長が主人公で、その才能を発揮して次々と相手を欺き仕留めてきましたが、「みらい」の梅津艦長は作品中の扱いもそこまでではありませんし、「やまと」が優位に戦いを進めていく気がしてなりません。
ただ、魚雷1発で撃沈、とはいかないでしょうね。

沈黙の艦隊、懐かしいですね。今読むと、かなり???な描写が多いですが。

さて、沈黙の艦隊のシーバット級「やまと」は、80年代後半に描かれた作品背景から、当時建造が計画されていた、アメリカ海軍の「シーウルフ」級原子力潜水艦がモチーフとなっているように思います。
このシーウルフ級は冷戦期に計画された最後の原潜らしく、かなり費用をかけた贅沢な作りの潜水艦で、速力も速く、当時の最先端機器を満載させた結果、かなり高額になってしまったために、冷戦終結と相まって3隻しか建造されませんでした...続きを読む

Q漫画投稿考えています

【設定】

1)主人公とヒロインははじめて出会う
2)主人公とヒロインはもう出会って3年経つ(お互いを分かり合っている仲)
3)その2人が敵とバトルする。主人公は敵にヒロインを傷つけられてマジ切れする。

【質問】

1)上記1、2どちらが読切りっぽいでしょうか?
2)やはり2の場合には主人公とヒロインが出会った時の過去編(回想)が必要でしょうか?
3)その回想シーンはやはりよい濃いモノがいいでしょうか?そして読者の想像にまかせるのではなく
   やはり答えを儲けた方がいいでしょうか?
4)そして2の場合にはやはり読者の視点は敵側から見たヒロインと主人公という見せ方でいいでしょうか?

元旦早々恐れ入りますが、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

自分で見直すのも嫌になるくらい長文ですみません。
脈絡とかめちゃくちゃだろうとは思いますがそこはどうかご勘弁を…

新しい設定面白くなりそうじゃないですか!
そいつがなぜ呪いを解くのを邪魔するのか、
そもそもなぜ呪いをかけられたのか、
そこらへんを簡潔(ダラダラではなく)に、
そしてセリフやモノローグでではなく、
アクションやエピソードを交えたりしつつ
面白く説明できたら良いのではないでしょうか。

頑張ってください。
良い結果が出るといいですね。

失礼いたします。

Q世界について考えさせられる漫画

地球・宇宙・銀河のような「世界」や、自分という「世界」について考えさせられる漫画を教えてください。
ちなみに私が考えさせられた漫画は、前者の場合は「EDEN:遠藤浩輝」で後者の場合は「新世紀エヴァンゲリオン:貞本義行」だと思っています。
皆さんの中で、オススメの作品がある方はぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

「不思議な少年」山下和美
http://e-morning.jp/manga/fushigi.html
エヴァなんて屁でも無いね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報