野島 伸司さん脚本のドラマでレイプシーンの無いものって何がありますか。
私は101回目のプロポーズしか知りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ストロベリー・オンザ・ショートケーキ。


たぶん、そういうシーンは無かったような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見たことないんですが、無さそうな感じですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/21 16:05

・愛しあってるかい!


・君が嘘をついた
・すてきな片想い



「愛という名のもとに」もチョロの自殺はあったけれどレイプは無かったような気がします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。かなり初期のものですね。自分で「未成年」「人間・失格」も無かった事を思い出しました。
「愛という名のもとに」は主人公が生徒から、未遂ですがありました。

お礼日時:2007/06/21 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野島伸司さん脚本ドラマ『49』について

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(同上)(野島さんは21世紀には続編を作りたいと発言されていますが、未だ至っていないので見たい所ですが)
・ラブシャッフル(同上)
・薔薇のない花屋(同上)
・愛という名のもとに
・高校教師(93年・03年ともに見ましたが、私は93年の方が好きです)
・ひとつ屋根の下1・2
・未成年
・聖者の行進
家なき子1・2・劇場版(企画)
・あいくるしい(DVDで見ました)
・美しい人(同上)(もう一度こういう大人なドラマが見たい気もします)。
・GOLD
・シニカレ
・理想の息子
・49
・新・星の金貨(原案)
・星の金貨(これにも関与していた情報もある)

以上のドラマを見て来ましたが、90年代や2000年代前半とかと比べるとTV自体の規制もあるのかなぁとも思いますが・・・。
もっとドロドロな暗い感じでも良いのになと思ってみたり(見てる人によっても違うと思いますが)。
小説やドラマ版のノベライズ本なども読んだりしてます。

野島さんが脚本するドラマ等が好きな方や『49』を見た方はどう思いますか?

昨年放送されていたドラマ『49』で、1話から最終話まで見てみて思った事ですが。
野島伸司さんらしくないというか、もっとドロドロしていて暗い感じかと思っていたんですが『人間・失格~たとえばぼくが死んだら~』の様な感じかと。

私は28で小学生の低学年の頃から野島さんのドラマは大体見て来ました。

・101回目のプロポーズ
・君が嘘をついた(これはCSの再放送で見ました)
・愛しあってるかい!(同上)
・すてきな片想い(同上)
・この世の果て(同上)
・リップスティック(同上)
・世紀末の詩(...続きを読む

Aベストアンサー

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだった要素かもしれません。
ただ、今見直したら、違う視点で見られるのかもしれませんね。

また、最初の頃のものは、ドロドロしてるのに救いがあまりないというか、救いはあっても登場人物の成長がなさそうな部分が好きになれませんでした。私はドロドロしてるドラマ自体は嫌いではないのですよ。「純と愛」が好きでしたから。登場人物にいろんなことが起こっても、それを学習して成長していってほしいのですけど、初期の人物たちって、あまり学習してなくてほしがるばっかりに思えてしまいました。

『49』も、状況としては十分ドロドロだと思いますが。主人公は父親の愛を実感せず、冷え切った家庭で学校でもさえない男で生きている意味を見出せないでいて死んでしまいたいと思っている。母親の代わりに離婚届を持って行ったら交通事故にあって死んでしまうのですから。その状況をユーモラスに表現して父親が子供と入れ替わることで親子が互いの心情を理解しあうって部分が私は好きです。
私は似たような状況の『パパとムスメの7日間』というドラマが好きだったのですが(父・舘ひろしとムスメガッキーが入れ替わる話)、これも入れ替わることによって互いの立場を知り、思いやり、成長するって話なのです。
『49』に戻って、同じように死んでしまいたいと思っているクラスメートを描いて今の高校生の閉塞感を描き、また、いじめを描くのにしても『人間失格』のような救いのなさではなくある種の解決方法を描いていると思います。また、家族の関係についてもかなり細かく書いているなあと思いました。
以前はドラマチックなあらすじだけで勝負をしていたように思うのですが、『理想の息子』や『49』はそれを見た私の心に暖かいものを残すプラスアルファ部分がいいなと思います。それに、チキンバスケッツやときめくと入れ替わる部分なんかは単純に楽しい。テニス部部分は少女漫画を見ているようです。

たいした回答じゃなくてすみません。
ただ「野島伸司」という人は、その名前が脚本にあると私にインパクトを与える人であり続けていると思います。同じくらいインパクトがあるのは古沢良太さんかな。リーガルハイ、見逃しちゃったけど。

No.4です。
反対意見を心広く受け止めてくださってありがとうございます。

私はそのレイプシーンや近親相姦を思わせるような部分がダメでした。また、ストーカーを思わせる部分がダメなのは、自分自身が実際に学生の頃にストーカーのような人に纏わりつかれた思い出があるからゾッとする、という自分側の理由があるのだと思います。だから星の金貨もダメでした。お願いだから諦めて、って思っちゃう。
『人間・失格』はストーリーに腹が立つのに加えて私の好きなS&Gの音楽が使われていたところがさらに嫌いだ...続きを読む

Q韓日中合作「101回目のプロポーズ」

韓国のドラマは結構好きで見ています。
これを機会に韓国と日本が仲良くなればいいと思っています。

しかし、この「101回目のプロポーズ」のせよ、いいろいろなリメイクドラマ、日本のヒット曲のリメイク版、など、韓国でたくさんあるようですが、なんだか割り切れません。

韓国人、中国人はこれが日本の物だと知って見たり聞いたりしているのでしょうか?まだまだ、日本に対するわだかまりはあるようなのに、知らず知らずに嫌いな日本の物を自分の国の物だと思ってみているなら、とても残念です。
せっかく韓流ブームで韓国のいいところをわかってきたのですから、一方通行にならないでほしいのですけど。

今回の「101回目のプロポーズ」はどこが韓日中なのですか?「日」の部分は原作だけ?チャゲ&飛鳥の「SAY IES」はどうなるのですか?
国の政策とは言え、どうして、なかなか日本の原作のドラマや曲がそのまま放映、されないのですか?
日本のものだとその国の人は知っているのですか?
日本の製作者はどうして作る事を許すのですか?
日本国内のリメイク版のように知っているならチェジュウの薫も見てみたいですけど。

韓国のドラマは結構好きで見ています。
これを機会に韓国と日本が仲良くなればいいと思っています。

しかし、この「101回目のプロポーズ」のせよ、いいろいろなリメイクドラマ、日本のヒット曲のリメイク版、など、韓国でたくさんあるようですが、なんだか割り切れません。

韓国人、中国人はこれが日本の物だと知って見たり聞いたりしているのでしょうか?まだまだ、日本に対するわだかまりはあるようなのに、知らず知らずに嫌いな日本の物を自分の国の物だと思ってみているなら、とても残念です。
せ...続きを読む

Aベストアンサー

分かる所だけ・・・

>韓国人、中国人はこれが日本の物だと知って
>見たり聞いたりしているのでしょうか?

ですが、日本のドラマのストーリーは
リメイクと言いますか、無断でコピーされたモノが
韓国では公然と放送されているそうです。

演じている韓国俳優さん達でさえ日本ドラマ
のコピーだと知らずに出演しているそうです。
日本の取材陣にインタビューで聞かされて
驚いていました。

中国もドラマではないですが、日本から
施設の建設費などの資金援助をしていても、
そう言う良いこと(?)は公表されず
一方では今だに日本の中傷報道ばかりして、
過去のつぐない(つまりお金の請求)を
しているくらいですから、ドラマに限らず
日本のモノをコピーしたところで公表するとは
思えません。

ただ今回の合作ドラマは「合作」がウリな
訳ですから、韓国人や中国人も発表は
されると思います。

Q101回目のプロポーズ(最終話)

私の記憶では、「101回目プロポーズ」の最終前話では、浅野温子と武田鉄矢は結婚が決まっていたが、元彼にそっくりは長谷川初範に浅野の気持ちが傾き結婚は破談。
武田は会社を辞める。
しかし、浅野に武田が「司法試験に合格すれば結婚して欲しい。教会に指輪を置いておくので来て欲しい」とプロポーズするが結果不合格。
武田はその指輪を海に投げ捨ててしまう。
しかし、ドラマの結末は浅野が、深夜の工事現場働く武田に会いに行き、指輪(ボルトナット)を渡すシーンでしたよね。
そこで、質問です。
なぜ、
・長谷川に気持ちが傾き婚約は破談、
・その上、武田は司法試験不合格
なのに、浅野が長谷川ではなく武田に決めた決定的な理由は何だったかなと思い出せなくて・・・。
どういう流れで形勢が逆転したんだったかなと思い出せません。
ぜひ、教えて下さい。

Aベストアンサー

 ずっと将来も愛し続けることが出来るか、その誓いが出来るかどうかが浅野の求める愛の形であって、昔の恋人とかわした会話を長谷川にしたら「そんな先のことは分からない」といわれ愕然とし、武田は誰にも教えて貰っていないが昔の恋人と同じ答えをしてくれた。・・・と言うことに気づいた。

 あのミスマッチが良かったよね。江口もかわいい弟だったし。

Q101回目のプロポーズで

3話でピアノバーで女性が弾いていた曲が知りたいです。別れの曲ではなくてはじめに弾いていた曲が知りたいです

Aベストアンサー

お探しの曲は、西村由紀江さんの『やさしさ』という曲だと思います。
素敵な曲ですよね。
違っていたらごめんなさいね。

http://www.youtube.com/watch?v=RXZnKUofENI&feature=related

Qプライドの作家、野島伸司って。

毎週大好きな~ドラマプライド楽しんでみてます。
プライドってドラマが大好きっていうより主演のキムタクのほうが好きって言うのが、
いいかもしれませんね~^^
まだ2話しか放送されてなかったけど、、
いっつも見ながら気になることがあります。
なって言うと、セリフ!
ってゆか野島伸司って作家はどんな人でしょうかね~
野島伸司さんの作品ってけっこう有名で評判もいいですよね~
でもプライドのセルフってけっこう「え~?」っていうほど意味のわかんない台詞がでたりするんじゃないですか。特にキムタクの台詞って早すぎるし、、
>0<
これも野島伸司の作品の特徴でしょうかー;

Aベストアンサー

最近のドラマはみてないのですが……

野島伸司は好きですね。
やれパクリだの何だのとたたかれたりもしましたが、
私はそうは思わなかったし、
彼の脚本は、やはりよくできていると思います。
ゴールデンボールは最後のほうだけみましたが、
最終回をみたとき「いやあ、野島脚本だなあ」と
思いました。
もう最後はこうなるだろう、というのがわかっているにも
かかわらず、それを逆手にとって
みせるみせる(笑)。みている人を、引き込むその手腕はすごいなあ、と。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報