色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

今年の6月6日に硝子体出血のため左目の手術を受けました。
現在、輪郭がぼんやりと見えるだけです。
はっきりと物が見えるようになるのには、どの程度の時間経過が必要となるのでしょうか。

gooドクター

A 回答 (3件)

質問に対する答えです。



網膜剥離が起こっていない状態で硝子体手術が出来たことは望ましいです。
硝子体手術は硝子体の出血や混濁物、網膜表面の増殖膜を除去します。
硝子体内に眼内液の代わりに人口の液体を注ぎ込んでいます。
目の中は透明になりましたが、組織を完全に戻すことは不可能です。
主治医はどのように説明されていますか?
実際に診察が出来ないので、どの程度回復するかについては分かりません。
もう少し病院にいますので質問があれば送信ください。

この回答への補足

人口の液体から本来の眼内液に徐々に変わっていくのでしょうか。
今の一番の関心ごとは、手術前の霞が取れるのかということです。
主治医からは、いまいちはっきりとしたことの説明はありません。
ただいえることは、手術後の当初は、ほとんどぼんやりとして見えなかった状態から、ぼんやりながらある程度の輪郭は見える状態になってきたということです。
この状態が、時間の経過とともにさらにはっきりとしてくるのかどうかということです。ちなみに、手術前の霞状態になる前の視力は0.5程度でした。

補足日時:2007/06/23 16:13
    • good
    • 8

再回答です。



>人口の液体から本来の眼内液に徐々に変わっていくのでしょうか。
本来の硝子体に変わるものではありませんが、灌流液の置き換えで
問題が出る物では有りません。
この、ツールで限定することは禁止事項になっていますので、
断定は出来ませんが、手術前までの状態にまで回復するものと思います。

この回答への補足

「手術前までの状態にまで回復」。
先生のお言葉を、霞がかからない0.5程度の視力まで回復するものと勝手に解釈しております。
たとえ視力が回復しなくても、霞がかかった状態だけは改善したいと願っているものですから。

補足日時:2007/06/23 22:23
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご多忙にもかかわらず、丁寧にお答えいただき感謝します。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/23 22:57

大学病院の眼科医です。



今では、この手術の成功率は90%程まで成功しています。
網膜剥離が見られない状態で手術をすれば、自分で歩ける程度までと、
網膜剥離が視力に重要な黄班部に及んでると視力の回復は望めません。
いずれにせよ、硝子体手術は大きな視力の回復は期待できません。

この回答への補足

硝子体手術はどのような状態になれば、成功したことになるのかいまいち理解しておりません。
私の場合、網膜剥離が見られない状態で手術をしたのですが、手術前には、霞がかかって物がほとんど見えない状態にありました。
この手術によって、視力が回復しなくてもせめてこの霞が除去されるものと期待していたのですが…。

補足日時:2007/06/23 14:29
    • good
    • 12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

人気Q&Aランキング