仁徳天皇の諱は、大雀命(古事記)・大鷦鷯尊(日本書紀)。
仁徳天皇陵といえば、日本一大きな古墳です。
(現在では仁徳天皇陵とは言わないようですが)

そんな大きな古墳の被葬者にまで名があがった仁徳天皇の諱が
大きな雀だったり、ミソサザイだったりするのが疑問です。

雀や鷦鷯が意味するものって何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

仁徳天皇の名前については、次のような話があります。



仁徳天皇が生まれる日、産殿に「みみずく」が飛び入ってきた。翌日、この事を父の応神天皇が大臣の武内宿爾に聞くと、大臣は「吉兆です。
昨日は私の妻も出産しましたが、その時、産屋にミソサザイが飛び入ってきました。これも吉祥」と言いました。
天皇は同じ日に産まれた事は、ますますめでたいとお喜びになり「その鳥の名を交換して子に名づけ、後の世の契りにしよう」と言いました。
その為、仁徳天皇にはミソサザイの名が付いているのだそうです。
なお、昔は友情の契りを結ぶにあたり、名前を交換をする風習があったと伝えられています。

大雀ですが、一説によると昔はミソサザイの事も雀と書いていた(同一視していた)とも言われています。
また、大雀には「心清き人」という意味があるそうです。
また、雀は好き嫌いなく何でも食べつくす事から、災難も食べつくすと言われており、健康と家内安全を意味する吉兆の鳥と言われています。
その為、家紋に雀を使う公家や武家もいたそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

応神天皇の系譜は、
鳥霊信仰を持った人たちだったのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/25 17:03

No.3です。


大王(天皇のこと)の名はヒコ(日子)ネコ(根子)ワケ(和気)ヒメ(日女)などの敬称を除き、表音漢字による表記が多く、仁徳天皇のオオサザキ、崇峻天皇の(武烈天皇も?)ワカサザキは例外的な表意漢字なので、何か意味ありとお考えのようですが、私も前二回答と同様そう深い意味はないと思います。
なお余談ですが以前に本名は忘れましたが、仁徳天皇は実は悪逆大王で戦を好み、人民に重い税を課した、仁徳のおくり名は反語であると書かかれたものを読んだ記憶があります。
もちろんこんな話は信じませんが、忖度するに壮大な大仙古墳を見て、三年税を免除するなど善政をした大王が、こんな陵墓を作るはずはない、と考えたこともその一因ではないかと思います。
私も仁徳天皇は大勢の人夫を必要とする壮大な古墳は作らせなかったと思います。
大仙古墳の出土品の土器は百年近い後期のもので、現在は被葬者不明が定説です。
兵を多く動かし四方の平定を図ったワカタケル大王(雄略天皇)は財力もあったであろうし、多くの人夫も使えたと思います。
    • good
    • 0

ご存知と思いますが,古事記、日本書紀双方の表記漢字の読み方は同じ「オオサザキノミコト」です。

   大は単なる敬称です。    サザキに当たる漢字は他に多く見られる表音文字でなく、表意文字として使われています。
古代の尊の名のつけ方は色々で、いまでは理解出来ないのも少なくないのですが、土地に関係したものも結構見受けられ、この場合も雀科のサザキの多く棲む土地で、生まれたとか住んでいたとか、から付けられたと考えると理解しやすいと思います。
尚仁徳天皇の「おくりな」は300年余り後の天平宝字6~7年に贈られたものと云われています。
また「大仙古墳」は仁徳天皇陵でなく雄略天皇陵と見る学者もおり、年代的にはこの方が合っています。

この回答への補足

>サザキに当たる漢字は他に多く見られる表音文字でなく、
 表意文字として使われています

その表意が知りたいのですが・・・。

補足日時:2007/06/25 17:04
    • good
    • 0

大雀命の《大》は単に美辞で、《雀》はサザキと同じく《ミソサザイ》を指すらしいです。



『記紀』の登場人物の名前に《鳥》、あるいは《鳥の名前》が出てくるのは、古代の鳥霊信仰と関係があるようです。

鳥霊信仰とは、
(1)鳥を神の使いとみなす。
(2)神はしばしば鳥の姿をとってこの世を往来する。
(3)鳥は死者の魂の先導者である。→葬祭儀礼と関係。
(4)鳥によって吉兆を判断する。
などです。

たとえばヤマトタケルの別名《小碓命》の《碓》は、
古代の石臼への信仰と関係があると考えられています。

では仁徳天皇が鳥霊信仰の担い手であったから鳥の名前が付いているのかというと実際はそうではなく、神功皇后・応神天皇・仁徳天皇あたりの伝承に深く関係のあった蘇我氏が自身の職能と関係の深かった鳥霊信仰を織り交ぜて伝承を作ったというのが本当らしいです。

蘇我氏本来の職能については、蘇我馬子が敏達天皇のモガリ宮で、雀の飛び跳ねるような仕草をしたことから、葬礼や鳥と関係のある宗教儀礼、呪術と関係があったという指摘があります(たとえば応神天皇には鳥と関係ある名前を持つ子供が多い)。

参考文献:平林章仁『蘇我氏の実像と葛城氏』白水社刊。

この回答への補足

>蘇我馬子が敏達天皇のモガリ宮で、
 雀の飛び跳ねるような仕草をしたことから

というのは、
「猟箭中へる雀鳥の如し」(敏達天皇紀)
から来たお話でしょうか?

だとしたら、飛躍しすぎているような気もします (^^;

補足日時:2007/06/25 16:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仁徳天皇陵古墳にビュースポットはありますか?

週末に京都大阪方面にでかけるのですが、R25でもとりあげられていた、仁徳天皇陵古墳を見たいと思っております。しかし、写真で見るからには、現地は平坦な地形に見え、おそらく現地ではそのスケールがわかりかねると思ってます。そこで、普段目にすることが多い仁徳天皇陵古墳の航空写真に近い景観を眺めることができる山やビルが付近にありましたらご紹介頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

堺市役所の21階が展望ロビーになっています。
航空写真のようにはいかないですが、週末でもOK、無料です。

参考URL:http://www.ja-sakai.or.jp/Illustratomap/koukyo.html

Q【昭和天皇陵】東京都八王子市の武蔵陵墓地の昭和天皇陵って一般人でも入れますか? 1年で入れる日が決ま

【昭和天皇陵】東京都八王子市の武蔵陵墓地の昭和天皇陵って一般人でも入れますか?

1年で入れる日が決まっていますか?

Aベストアンサー

陵墓参拝のご案内
原則,年間を通して参拝できます。
ただし,次に掲げる日は,参拝の取扱いをしていない陵墓がありますので,事前に各陵墓監区事務所までお問い合わせください。
(1) 土曜日及び日曜日
(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たる日
(3) 12月29日から翌年1月3日までの日
(4) 行事の実施,その他やむを得ない理由のため支障のある日
留意事項 
(1) 参拝時間等
 ア 多摩陵墓監区事務所所管の陵墓
    午前9時から午後4時まで(参入は午後3時30分まで)
 イ 桃山・月輪・畝傍・古市各陵墓監区事務所所管の陵墓 
    午前8時30分から午後5時まで
   (一部異なる陵墓がありますので,事前に各陵墓監区事務所までお問い合わせください。)
 ウ 陵墓の規模などにより,拝所までの所要時間が20~30分かかる所もあります。
(2) 参道は,玉砂利敷き・階段状・坂道等の所もあります。
  (車いすでおいでの方は,ご注意願います。)
(3) 車でおいでの方は,駐車場の有無をご確認ください。また,路上への駐車は,交通の支障及び近隣の迷惑になりますのでご遠慮ください。
(4) その他
 ア 喫煙等火災の危険がある行為はしないでください。
 イ 動物(盲導犬,介助犬及び聴導犬を除く。)を連れての参拝は,ご遠慮ください。
お知らせ 
 嵯峨天皇皇后陵においては,参道への落石のおそれがあるため,現在,参拝を停止しております。


以上、宮内庁のHPからです。

ちなみに昭和天皇は武蔵野御陵に祀られています。
http://www.kunaicho.go.jp/ryobo/guide/124/

陵墓参拝のご案内
原則,年間を通して参拝できます。
ただし,次に掲げる日は,参拝の取扱いをしていない陵墓がありますので,事前に各陵墓監区事務所までお問い合わせください。
(1) 土曜日及び日曜日
(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たる日
(3) 12月29日から翌年1月3日までの日
(4) 行事の実施,その他やむを得ない理由のため支障のある日
留意事項 
(1) 参拝時間等
 ア 多摩陵墓監区事務所所管の陵墓
    午前9時から午後4時まで(参入は午後3時30分まで)
 イ 桃山・...続きを読む

Q茶臼山古墳の被葬者は卑弥呼?

奈良県桜井市の茶臼山古墳(前方後円墳)は誰の墓なのでしょうか。魏志倭人伝に登場する卑弥呼女王でしょうか。それとも卑弥呼の弟でしょうか(弟も魏志倭人伝に登場します)。それとも卑弥呼の後継者の臺與でしょうか(臺與も魏志倭人伝に登場します)。

それとも、大和王権の首長(日本書紀に登場する垂仁天皇など)または豪族の首長(日本書紀に登場する大彦命など)でしょうか。

Aベストアンサー

それが分かっていたら日本の古代史、大和王権の成立期から六世紀中頃までの謎の大部分が解決するでしょう。

しかし、回答者少ないね・・・・

Q古墳の被葬者と築造した人。

巨大古墳を築造するには、10年以上かかると思います。
そこで疑問に思うのは、「大王」は在位中に自分の墓を造り始めるのですか。
それとも大王の死後、後継者が造ったのですか。
もし、大王の死後、造ったのであれば、被葬者の権力はともかく、後継者が絶大な権力をもっていた、ということですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 5世紀に特徴的に見られる巨大古墳およびその後の古墳ですが、日本ではその被葬者が誰であるかを特定できる史料が極めて少なく、天皇陵と称される古墳も実態はその例に漏れません。
 実際に墓誌が出土した事例は日本国内では79年に発見された太安万侶の墓誌のみです。被葬者が誰であるかを物的に特定できなければ、それが大王の墓であるとは言及できません。
 中国には「寿陵」といって皇帝が生前にあらかじめ陵墓を造営する考え方がありますが、日本の墓制でこの考え方があったかどうかとの問題に関しては、墓誌銘の問題が解決されていないことから合理的に答える術はありませんん。
 ただ考えられる可能性として「巨大古墳=天皇陵」であるならば、寿陵事業が行われていたと考えても不自然ではありません。逆に「殯(もがり)」という葬送儀礼が「死者を本葬するまでの期間、棺に仮安置する」との考えに基づくなら、死後に墓を作ったと考えることもできます。
 陵墓の規模か大きいことは「支配者としての権威の正当性」を誇示する一つの象徴とも考えられ、仮に先代の王が没した後の王位を相続するにはそのための正当性を示すことも必要であり、それを示すための行為と考えることもできるでしょう。何れにせよ、被葬者が誰であるかを確定させる作業のためには証拠としてのモノが必要である事だけは共通しています。
 実際に奈良県の丸山古墳や藤ノ木古墳で新たな発見のあった時も宮内庁は慌てて「陵墓指定の見直し」に言及し、これらが皇室に関係のある古墳の可能性があると言い出した経緯もあります。
 

 5世紀に特徴的に見られる巨大古墳およびその後の古墳ですが、日本ではその被葬者が誰であるかを特定できる史料が極めて少なく、天皇陵と称される古墳も実態はその例に漏れません。
 実際に墓誌が出土した事例は日本国内では79年に発見された太安万侶の墓誌のみです。被葬者が誰であるかを物的に特定できなければ、それが大王の墓であるとは言及できません。
 中国には「寿陵」といって皇帝が生前にあらかじめ陵墓を造営する考え方がありますが、日本の墓制でこの考え方があったかどうかとの問題に関しては...続きを読む

Q高松塚古墳とキトラ古墳。被葬者は誰だと思いますか?

飛鳥資料館でキトラ古墳の白虎と青龍を見てきました。
1000年以上前に描かれた古墳壁画が目の前にあるのだと思うと大変感動的でした。

さて、皆様は高松塚古墳、キトラ古墳の被葬者は誰だと思いますか?
またその理由を教えて下さい。

トンデモ説も歓迎です。

Aベストアンサー

前に候補になった草壁皇子と兄弟(異母のような遠い)でしょう。
根拠は壁画にあります。   この中国文化を倣った古墳壁画は、それに傾倒し中国風の庭園(近年発掘復元された)に多大の国費をつぎ込んだ、持統天皇が描かせたものと思います。
持統天皇が先立たれた二人の皇子のために造らせた墓でしょう。
キトラ古墳が草壁皇子、あとから造られた高松塚が高市皇子か大津皇子。
大津皇子とすると刑死した皇子の怨霊を鎮めるためですが、当時からその習慣があったかどうか。

キトラ古墳の遺骨についても、持統天皇の男子についてもよく知らないので、勝手な推察ですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報