利用規約の変更について

自分の書いた小説を持って、出版してくれる出版社を探しに夏に東京に行きます。
講談社、新潮社、集英社・・・ もちろんあこがれますが、門前払いだろうと思います。(でも行ってみたいですね)
そこで、上記3社以外で、自費出版系(新風舎、文芸社など)でない出版社で、
「ここからいい本(とくに純文学系の)が出ていた・出ている!」
というような出版社があれば名前をぜひぜひ教えてください。
持ち込みお断りのところでも結構です。

小さな出版社でも、きちんといい本を作ろうとされている編集者の方がいらっしゃればきっとチャンスはあると思うのです。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

公募の新人賞で最終選考に残った経験はありますか? それぐらいの実力がなければ、


自費出版以外での出版はかなり難しいと思います。持ち込みよりも新人賞への応募を
勧めます。予選結果によって自分の実力も分かります。もし今の作品が落選したとしても、
出版する価値がある作品を書けるようになれば、必ずチャンスが訪れるはずです。

文学賞・新人賞への公募ガイド
http://kobo-joho.jpn.org/kobo/index.htm
    • good
    • 0

純文学で有名な賞・芥川賞にノミネートされる作品を掲載している雑誌の出版元ぐらいしか、純文学を扱っていはいないと思います。


となると、群像(講談社)、新潮(新潮社)、文学界(文藝春秋)、すばる(集英社)、文藝(河出書房新社)しかありません。(他に早稲田文学などがありますが、あれは出版社形式ではないため除外)

ところが、これらはそれぞれに作家デビューのための賞を設けている(群像新人賞、新潮新人賞、文学界新人賞、すばる新人賞、文藝賞)ため、持込をお願いしたところで「賞に投稿してください」と言われるのがオチだと思います。

やはり、持込をしても無意味だと思います。(漫画の場合は持込を受け付けているところもありますが、小説の場合読み通すのに時間がかかるため、そんなことに時間をとってはいられないそうです)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説の出版社

最近、小説を何か読もうかと思ったのですが、
何が良い本かわかりません。
だから、小説の出版社の名前と主にどのような小説を出してるか教えてください。

Aベストアンサー

 ご紹介したはファンタジー小説の書評サイトです。

 出版社についてですが、ひとつの出版社でも方向性の違う小説を出していたりしますので、(新書サイズは特に顕著です)一概には言えないのですが・・・・・比較的傾向のはっきりしていて、ライトノベルを中心に書き出せる範囲について書き出しておきます。

  角川書店
 スニーカー文庫 少年向けの小説がメインです。一時期はSFも出していましたが、最近はファンタジーや学園ものがメインです。
 ルビー文庫 やおい小説の元祖です。ファンタジー要素はほとんどありません。
 ビーンズ文庫 少女向けのファンタジー小説がメインです。ルビー文庫から分裂した関係で、若干やおいの要素がある場合があります。

  富士見書房
 富士見ファンタジア ゲーム小説を最初に出していました。最近ではアニメ化された作品が多数あります。
 富士見ミステリー文庫 ティ-ンズ向けのミステリがメインです。新本格派の作家なども参加していますし、最近注目している文庫です。

  集英社
 コバルト文庫 ライトノベル小説の元祖とも言える文庫です。昔は少年向けの小説や、アニメのノベライズ等も出していましたが、現在は少女向け小説がメインです。また、恋愛小説から、ファンタジー系へとジャンルが移行しつつあります。
 スーパーファンタジー文庫 少年向けといえる文庫でしたが、最近新作は出ていません。

  講談社
 X文庫 ホワイトハート文庫 少女向けのファンタジーがメインです。じゃっかんやおい作品もありますが、ルビー文庫などのようにそれをメインにした作品は少ないです。
     ティーンズハート文庫(ピンクの背表紙) 恋愛小説がメインです。
     ティーンズハート文庫(水色の背表紙) ミステリなど、恋愛要素の低い作品が多いです。

 朝日ソノラマ文庫 少年向けの小説がメインです。特にSFが多いです。

 早川書房 SFやミステリの翻訳作品を多数出しています。日本人の作品にも力を入れていて、いい作品が結構多いです。


 ファンタジー小説は多数出ていますが、その中でも私のお勧め作品及び作家をいくつか書き出しておきます。

小説編

 ロードス島戦記 水野良 スニーカー文庫 RPG小説の元祖とも言える作品です。ゲームで言うドラクエをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。

 十二国記 小野不由美 ホワイトハート文庫 中国に似た世界を舞台にした、異世界ファンタジーです。アニメ化もされ、最近まで再放送されていました。世界観が独特ですが、どっぷりとはまり込めるものだと思います。

 京都探偵局 風見潤 ライトなミステリ作品です。シリーズものですが、一話完結ですので、目に付いたものからどうぞ。

作家編

 綾辻行人 新本格派のミステリ作家の代表です。「館」シリーズがおすすめです。

 田中芳樹 SFから、ファンタジー、中国の歴史作品まで幅広く書かれています。どの作品もとても面白いですが、SFならば「銀河英雄伝説」、ファンタジーならば「アルスラーン戦記」、中国ものならば「風よ、万里を翔けよ」の3作品がお勧めです。

 茅田砂胡 「デルフィニア戦記」がお奨めです。ほかにもいくつかの作品を書かれていますが、どれも面白いです。

 かなり長くなってしまいましたが、参考にしてくださいね、これで失礼します。

参考URL:http://www.sugurono.com/

 ご紹介したはファンタジー小説の書評サイトです。

 出版社についてですが、ひとつの出版社でも方向性の違う小説を出していたりしますので、(新書サイズは特に顕著です)一概には言えないのですが・・・・・比較的傾向のはっきりしていて、ライトノベルを中心に書き出せる範囲について書き出しておきます。

  角川書店
 スニーカー文庫 少年向けの小説がメインです。一時期はSFも出していましたが、最近はファンタジーや学園ものがメインです。
 ルビー文庫 やおい小説の元祖です。ファンタジー...続きを読む

Q400字詰め換算枚数とは?

文学賞などに小説を応募する際の質問です。
多くの賞の応募規定に「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」とあるのですが、この正確な意味とは何でしょうか?

質問集を検索してみたところ、http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1722848.html
が最も私の質問の答えに近かったのですが、ここでも最終的に意見が分かれています。
つまり
(1)ワープロで20×20字の書式で書いたときの枚数(この場合、改行したときの空白スペースも原稿量に含まれます)
それとも
(2)ワードの機能の「文字カウント」などを使って算出した総文字数を400で割ったもの(例えば90,000文字なら225枚)なのか。
どちらが正しいのでしょうか。
文学賞によって違うのでしょうか。

他のサイトを見てみると(2)の方法は「タブー」との回答もありましたが、正確なところがわかりません。(ちなみに私はこれまでずっと(2)の方法をとってきました)
どうか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既に回答が出ていますが。
(1)の方法で計算するのが正しいと思います。

その理由としては、応募規定に、
「ワープロ原稿は400字詰め原稿換算枚数を明記」
とあることからも分かると思います。
わざわざ、「原稿用紙に書いた場合の枚数に換算して、その枚数を書け」と言っているわけですから。
先の回答にもありますが、単なる文字の羅列ではなく、空白も含めての作品ですから、原稿用紙の枚数に換算せよということになるのだと思います。

(2)の方式、つまり何文字書いたかを問題にするのであれば、「文字カウントによって算出された総文字数を明記せよ」という規定になっているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報