学校で中国語を学んでいます。
1年生なので初級なのですが、試験に「中国語で自己紹介」する問題があり、教科書に書いてあることを自分風に書く問題です。
私は理工学部化学科で、
「私は○○大学の理工系に在学しています。」(←これは入れなければいけない)
のあとに、「専攻は化学です。」と入れたいのですが、どうすればいいかわかりません。
「専攻」という単語は中国語であるのですが、
「専攻は化学です。」(←S+V)ではなくて、
「化学を専攻しています」(←S+V+O)のほうがいいですよね??
「専攻する」がわかんなくて困っています。
何か別の単語なのでしょうか?
あと、「料理が得意で、特に、肉じゃがが得意です。」
の「肉じゃが」という単語もわかりません。(T-T)
「肉じゃが」はまるっきし日本語だからないかな、とは思ったんですが、ニュアンス的に「肉芋」だとマズイですか?(^-^;
どうかよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

前半はわたしも初級(未満)なのでパスさせてもらいます。

「我○○化学」って感じですか。「専攻」ぐらい辞書に載っていそうな気もしますが……。下記のオンライン英語中国語(台湾語)辞書では「専長」となっていましたが、大陸でも同じ訳語かどうかはわかりませんし。
肉じゃがは……(笑)。直訳するなら、「日式紅焼牛肉馬鈴薯」意味の通じる範囲で略すと「紅焼牛肉薯」あたりでしょうか。紅焼が醤油味の煮物を意味するはずです。単に「肉」だと、ふつうは豚肉の意味になりますね。

参考URL:http://www.ok88.com/go/svc/ecdict.html

この回答への補足

あ!お礼を書いた後にちょっと気がつきました。
「薯」はジャガイモという意味かな??
っぽいですよね!
あらためてありがとうございました。(*^-^*)

補足日時:2001/01/23 01:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私の持っている中国語辞典(中日・日中)は授業の先生の推薦で購入したものであまり詳しい単語などは載っていませんでした。(^-^;
その辞書には「専攻(名詞)」はあったんですけど、動詞や例文がなかったのでお手上げでした。

肉じゃがについては、とても参考になる回答ありがとうございます!紅焼を辞書で調べてみたら確かにnutsさんのおっしゃったような意味が載っていました。(^-^*
紅焼肉で「角煮」だそうです。ふむふむ。
でも「紅焼牛肉薯」の「薯」の字が辞書で探せませんでした。多分、簡体語などでは違う時になっちゃうんでしょうね。あぅあぅ。
もちょっとがんばってみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2001/01/23 01:20

とりあえず「肉じゃが」についてはパスします。

なんていうんでしょうね…
ちなみに「薯」の字は簡体字でも一緒です。shuの三声で調べてみてください。「イモ類の総称」と出ていると思います。

で、前半部の専攻についてですが、中国語に「専攻」という単語があることをはじめて知りました。
辞書を引いてみたら、確かにありますね。「専攻する」という意味のようなので、「我専攻化学」でいいんじゃないでしょうか。
ちなみに私は「専業」の方が自然なのではないかと思います。 < あくまで推測ですので
中国人に自己紹介するときに「我的専業是~~」で理解してくれていますし。
私なら迷わず「(我的)専業是化学」と書いちゃうところです(^^;

なんか混乱させるだけになってしまったかもしれませんが、参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

ありました!「薯」!なんと私は「箸(はし)」と間違えてました。(≧▽≦)アイター!
イモ類とあるのでジャガイモも含まれてそうですよね。

「専攻」についてですが、
「専業」ですか。なるほど。
そして「~を専攻する」を「私の専攻は~です」にすることは思いつきませんでした!またまたなるほど!

混乱どころか解決しそうです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/01/23 03:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q、「找」「找到」に対する「look for」 「find」や「学」「学好」に対する「study 」「learn」

●「完」「到」「好」等の使い方
【疑問の出発点】
・結果補語と了は相性がいいとか、結果補語があるのでこの場合了は略せるとか、と言われることがあります。
・そのため、結果補語が付くと、裸の動詞に了を使うときの通常のルールとは別に、特殊なルールがあるのかな?と勝手に思ってきたところ。
・「完」「到」「好」等完了状態を表す結果補語と、「住」等その他の結果状態を表す結果補語とで扱いが違うのかな?と勝手に思ってきたところ。
【さて質問】
以下の理解での間違いを御教授下さい。
(1)「裸の動詞」と「動詞+結果補語」のニュアンスの違いは、例えば、「找」「找到」に対する「look for」 「find」や「学」「学好」に対する「study 」「learn」のニュアンスの違いに近いのか。
(2)「find」と「have found」と、「learn」と「have learned」とで意味が違うように、「找到」・「找到了」や「学好」・「学好了」も違うということか。つまり、結果補語が付いているから了が不要ということではなく、結果補語が付いていよういまいと、原則、裸の動詞に了を使う時と同様のルールに従うということか。
(3)但し結果補語は結果状態に至ることを前提とした表現なので、○(从三年前我開始学中語、)我去年学好「了」中語。○我学好「了」中語、我到中国去了。のように、副詞や文脈から動作が完了していることが明確なときには、「了」を省略する「こともできる」ということか。

●「完」「到」「好」等の使い方
【疑問の出発点】
・結果補語と了は相性がいいとか、結果補語があるのでこの場合了は略せるとか、と言われることがあります。
・そのため、結果補語が付くと、裸の動詞に了を使うときの通常のルールとは別に、特殊なルールがあるのかな?と勝手に思ってきたところ。
・「完」「到」「好」等完了状態を表す結果補語と、「住」等その他の結果状態を表す結果補語とで扱いが違うのかな?と勝手に思ってきたところ。
【さて質問】
以下の理解での間違いを御教授下さい。
(1)「裸...続きを読む

Aベストアンサー

最初のニュアンスについては、言及しません。
ばっさり。^^;)
結果補語は動作の完結、結果の段階を表すように文法書では解説されており、そういう理解でよいのですが、完了したことを断言はしていませんね。
ですから「了」が必要な場合は必要、不要なら不要。

省略可能かどうかは、前者は「不要」というか「中語」が変。意味的にも「中語」を去年「学好」というのが微妙。
「修好」「自行車」なら、言えるかもしれませんね。
ま、その場合も以前からの質問のように特定の自転車ないと落ち着きませんね。
ですから、途中には入れずに最後に語気助詞として「了」をつけて、すっきりとするのでしょう。

後者は、ここで「了」を入れることで、「マスターし終わった」ということに強調がありますね。
ない場合は、「勉強してから行った」程度ですが、「マスターした、しかる後に行ったんだ」ということでしょう。

Q「動詞+了+方向補語」と「動詞+过+去」の違い

中国語を独学中の初学者です。
ある参考書の「“了”と“过”の違い」の解説の一つに、以下のものがありました。

動詞と方向補語の間に“了”を入れることは可能ですが、“过”を入れられません。
a)○ 他走了出去。(彼は歩いて出ていきました。)
 × 他走过出去。
b)○ 他站了起来。(彼は立ち上がりました。)
 × 他站过起来。
ここまでは、理解ができました。

別の参考書を読んでいたところ、以下の例文がありました。
c) 他跑过去了。(彼は走って行きました。)

自分なりに、c)は「動詞+过+去」で“去”は方向補語ではないのでここでは“过”が使える、と推測しました。
次に、a)b)の日本語訳「~出ていきました」「~立ち上がりました」と、c)の「走っていきました」を比べると、どちらも同じ過去形のように思います。
「走了出去」「站了起来」と「跑过去了」のテンスやニュアンスは、同じ過去形と考えていいのでしょうか。
それとも日本語訳の字面には表れていない違いが、含意されているのでしょうか---そもそもの“了”は「現在」に重点があり、“过”は既に過去になったか、かつてあったことに重点がある、のような。

「動詞+了+方向補語」と「動詞+过+去」は、文法的な決まりで、意味合いが同じかどうかがよくわかりません。
テンスやニュアンスの違いがあるようでしたらご指南いただきたく、よろしくお願い致します。

中国語を独学中の初学者です。
ある参考書の「“了”と“过”の違い」の解説の一つに、以下のものがありました。

動詞と方向補語の間に“了”を入れることは可能ですが、“过”を入れられません。
a)○ 他走了出去。(彼は歩いて出ていきました。)
 × 他走过出去。
b)○ 他站了起来。(彼は立ち上がりました。)
 × 他站过起来。
ここまでは、理解ができました。

別の参考書を読んでいたところ、以下の例文がありました。
c) 他跑过去了。(彼は走って行きました。)

自分なりに、c)は「動詞+过+去」で“去”は...続きを読む

Aベストアンサー

No1さんも書いていらっしゃいますが、

>c)は「動詞+过+去」で

この部分が間違いです。
c)は「動詞+方向補語『过去』」です。

方向補語「过去」は「自分から離れていく」または「目の前を通り過ぎる」という意味です。
なので、c)の日本語訳は
「彼は走っていきました。」
「彼は走り去っていきました。」
の方が質問者様のなさったような誤解がなくていいのかなと思います。

となると問題は
(1)「動詞+了+方向補語」(例文a,b)
(2)「動詞+方向補語+了」(例文c)
がどう違うのかという話になります。

(1)の「了」は完了を表す助詞です。
必ず動詞の後ろにつきます。
テンスに関係なく完了したことを表すので、たとえば
「明天他走了出去后收拾房间吧。」
(明日彼が出かけてしまってから部屋を片付けようよ)
というふうに未来のことにも使えます。

それに対し、(2)の「了」は変化を表す助詞です。
必ず文末につきます。

分かりやすいように例文を(1)と同じものに変えますと
「他走出去了。」
という表現には、
「彼はさっきまではここにいたのだが、出て行ってしまって今はここにはいない」
というニュアンスが込められています。
彼がここにいる状態からここにいない状態に変化したということです。

それに対して、
「他走了出去。」
は「彼はここから出て行ってしまった」ということだけを言っています。
なので、
「他走了出去、可是马上回来了。」
(彼は歩いて出ていったけど、すぐに戻ってきた)
という言い方も可能です。

No1さんも書いていらっしゃいますが、

>c)は「動詞+过+去」で

この部分が間違いです。
c)は「動詞+方向補語『过去』」です。

方向補語「过去」は「自分から離れていく」または「目の前を通り過ぎる」という意味です。
なので、c)の日本語訳は
「彼は走っていきました。」
「彼は走り去っていきました。」
の方が質問者様のなさったような誤解がなくていいのかなと思います。

となると問題は
(1)「動詞+了+方向補語」(例文a,b)
(2)「動詞+方向補語+了」(例文c)
がどう違うのかという話になり...続きを読む

Q「肉松」と「でんぶ」

 日本語を勉強中の中国人です。「肉松」という中国語は日本語で何と言うでしょうか。日本の方は普通中国の「肉松」という食べ物を食べられますか。

 日本語の「でんぶ」は中国語で何と言うでしょうか。「魚松」であっているでしょうか。中国の「肉松」という食べ物を日本の方に説明する時に、「でんぶの豚肉版」のように説明したら、わかりやすいのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

肉松は食べないですね、「そぼろ」と呼ばれる調理方法(主に鶏を調理した物が多い)がされた物を食べます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9D%E3%81%BC%E3%82%8D&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Nxe8UZ-JJaeViQea-IHwBQ&biw=1016&bih=585&sei=Ohe8UfS7Hcm6kgXniIDoDQ

玉子も、そぼろにします(^_^;

「でんぶ(田麩)」は、日本では一般的に魚肉を使ったそぼろ状の調理物になります

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%A7%E3%82%93%E3%81%B6&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=ahe8UcWECuTNiAfhrIHIAg&biw=1016&bih=585&sei=bRe8UfXUCompkQW2noDoDQ

特にピンク色の物は桜でんぶ、と言って巻き寿司(太巻き)にも入れますよ

肉松は、豚肉のでんぶみたいな物、もしくは豚肉のそぼろみたいな物のほうが分かりやすいですね、フワフワしてるので、でんぶのほうが近いですが。

両方を言うと理解してもらえると思います。

肉松は食べないですね、「そぼろ」と呼ばれる調理方法(主に鶏を調理した物が多い)がされた物を食べます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%9D%E3%81%BC%E3%82%8D&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Nxe8UZ-JJaeViQea-IHwBQ&biw=1016&bih=585&sei=Ohe8UfS7Hcm6kgXniIDoDQ

玉子も、そぼろにします(^_^;

「でんぶ(田麩)」は、日本では一般的に魚肉を使ったそぼろ状の調理物になります

https://www.google.co.jp/...続きを読む

Q複合方向補語「過来」「上来」「上去」「開来」の訳

お時間がある方で構いませんので、
わかる範囲で訳していただきたく。
複合方向補語の使い方、訳し方、意味合いが理解できなくて困っております。
よろしくお願いいたします。

1:剛才、他lia又把座位換過来了。
2:zhe本小説己経翻譯過来了。

3:毎天都很緊張、但我還是挺過来了。
4:我也不知道zhe様貧窮的日子是怎魔熬過来的。

5:菜太多了、我都吃不過来了。
6:zhe魔多客人、我一个人怎魔照顧得過来?

7:看到我来了、孩子イ門都迎上来了。
8:材料都己経捜集上来了。
9:産品的質量提高上来了。

10:他起身迎上前去、緊緊握住老人的手
11:我イ門要想辦法(banfa)追上去。

12:zhe两个問題應該厳格区別開来。
13:zhe些謡言不知怎魔突然流傅開来了。

Aベストアンサー

1:剛才、他們又把座位換過来了。
2:這本小説己経翻譯過来了。
ある場所やあるものからある場所やあるものまで
問題一は、彼らは最初で、自分の椅子に座ってたけど、そしてある原因で、座ってるところをお互い変わって、そして、また変わり戻ったってことさ。
問題二は、この小説は本来はある語で書いたって、そして、ある人にある語に翻訳されたってことさ。

3:毎天都很緊張、但我還是挺過来了。
4:我也不知道這様貧窮的日子是怎麼熬過来的。
過去から今まで
問題三は、最近の日々は苦しかったけど、僕はなんとかやれましたって。(これからも苦しいかもという意味もあります)
問題四は、昔で、僕はすごく貧しかった、でも、なんとかいきてくれた。(今は生活はもう良くなってるかも)

5:菜太多了、我都吃不過来了。
6:這麼多客人、我一个人怎麼照顧得過来?
問題五は、食べ物はたくさん過ぎて、ぼくはそんなに食べることができませんってことさ。
問題六は、お客さんはこんなにたくさんで、わたしはもてなることができませんよ。

7:看到我来了、孩子們都迎上来了。
あることろからわたしのおる場所まで
問題七は、子供たちは元遊んだり、本を読んだりしてる、わたしの来るが気つくと、すぐわたしのことろへ来た。
8:材料都己経捜集上来了。
様々なところから、募集の場所まで
問題八は、材料は、元様々な人が持っているって、わたしはあることのために、それらの材料がほしくて、材料を持ってる人を探して、材料を手に入れた、いった話です。
9:産品的質量提高上来了。
問題九は、製品の質は良くなってきた。


10:他起身迎上前去、緊緊握住老人的手
問題10は、彼(他)の角度から、書いたものです。つまりす、彼は、自分のところから、老人のところへ行ったのです。
11:我們要想法追上去。
問題11私たちのところから、あの人のところへ

12:這个問題應該厳格区別開来。
問題12「区別」の習慣用語ですよ
13:這些謡言不知怎魔突然流傅開来了。
問題13この噂は、元ただ少ない人が知ってるけど、わけが分からずに、急に誰も知ってることになっちゃったってことですよ

すみません、日本語があまり上手ではないのですので、分からないところがあれば、請見諒

1:剛才、他們又把座位換過来了。
2:這本小説己経翻譯過来了。
ある場所やあるものからある場所やあるものまで
問題一は、彼らは最初で、自分の椅子に座ってたけど、そしてある原因で、座ってるところをお互い変わって、そして、また変わり戻ったってことさ。
問題二は、この小説は本来はある語で書いたって、そして、ある人にある語に翻訳されたってことさ。

3:毎天都很緊張、但我還是挺過来了。
4:我也不知道這様貧窮的日子是怎麼熬過来的。
過去から今まで
問題三は、最近の日々は苦しかった...続きを読む

Q中国語で「三件」と「三軒」、「三回」と「三階」の発音を知りたい

「三件」と「三軒」、「三回」と「三階」では発音が違うのが不思議なのですが、中国語にその鍵があるかもしれません。カウンターのそれぞれの発音を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

カウンターの意味がとれないのですが(回数をカウントすること?)、とりあえず、現代中国語の発音は、
件:jian4 ジエン
軒:xuan1 シュアン
回:hui2 ホエ
階:jie1 ジエ(簡体字では、つくりは「介」です)

もちろん、建物の三階は、中国語では三楼になりますし、家屋を数えるのに一軒、二軒とは数えません。
また、回数も「回」よりも「次」(ci4 ツー)が使われる場合が多いでしょう。

>「三回」と「三階」では発音が違う
「三階」は「さんかい」とも「さんがい」とも読みますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報