冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

体調を崩していて病院へ通っています。
すると、今までは測らなかったのに、先日は「サチュレーション」と言うものを測りました。
数値は90mmHgでした。
この数値は正常ですか??

できればサチュレーションの数値について詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

血液中の酸素の量を見ていると思ってください。

指にクリップのようなものをはめて簡単に測定できるので、最近は外来でもよく使われます。
正常値は97~99%、100%のかたはあまりおられません。酸素の取り込みが上手くいかない呼吸器系疾患の方(慢性閉塞性肺疾患・喘息等)はこの値がさがります。風邪で気管支炎のひどい場合も下がるし、また、測定部位の冷えや測定の仕方でも数値は大きく変化します。90%という値はやはり低いかと思われます。相談者様の病状はわかりませんが、まだ酸素吸入等の積極的な加療は必要ないかなと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。

言葉が変です。
このデータは血液の中でも酸素を沢山含んでいる動脈血(動脈という血管を流れてる血)の中の酸素の量を意味するのですが、表し方が二つあります。
一つは正常値を100%として表す「酸素飽和度」、もう一つは、測定した数字をそのまま表記する「酸素分圧」です。

サチュレーションとは「酸素飽和度」の事なので、単位は「%」になります。
「酸素分圧」の単位がmmHgです。

まあ、どっちも正常値は100位なので、その数字は低いですが、本来のサチュレーションである%ならとんでもなく低い部類で、分圧であるmmHgなら、正常範囲に入ってしまいます。

http://www.city.gifu.med.or.jp/L_pao2.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa302821.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2% …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q3才の娘が、SPO2が95なんです。

喘息かも!と言われSPO2を測ったら94~95でした。でも、ぜぇーぜぇーいうものの喉が赤いのでそのせいだろうと言われました。そこで質問ですが、この95って言う数字は低い数字だといわれましたが、本人は走ったりとっても元気です。SPO2が低いというのは個人差、とかあるのでしょうか?詳しくおしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

普通の小児の場合、空気を呼吸してもSpO2は97~99%はあると思います。単純に考えると、低い値と言う事になってしまうのですが・・・。
実は、パルスオキシメータは確かに便利な器械ですが、いろいろな理由で測定値に誤差が出て来ます。
原理上、動脈血と静脈血を拍動の有無で区別しておりますが、測定している手足を動かすと(筋肉の収縮で)静脈血の流れ方が一定にならないために値が低く測定されてしまいます。センサーの当たり方でも、測定値に差が出ます。大人用のセンサーを子供につけると、回りの光(特に蛍光灯など)の影響で値が変わります。何年も使用されたセンサーや、再利用された使い捨てのセンサーでも値が低くなる事があります。また、メーカーによっても測定値の傾向があります。

一般に、呼吸器系の症状によって肺で酸素を十分に取り込めないとか、取り込んだ酸素をいつもより多く消費してしまう(甚だしい発熱の場合にも酸素の消費は多くなると思います)などの理由によりSaO2(動脈血のヘモグロビンの酸素飽和度)が低下し、結果SpO2も低い値を示す事はありえますが、貴女のお子さまの場合がどうなのかは直接診察してくださっているお医者様に御相談いただければとおもいます。

普通の小児の場合、空気を呼吸してもSpO2は97~99%はあると思います。単純に考えると、低い値と言う事になってしまうのですが・・・。
実は、パルスオキシメータは確かに便利な器械ですが、いろいろな理由で測定値に誤差が出て来ます。
原理上、動脈血と静脈血を拍動の有無で区別しておりますが、測定している手足を動かすと(筋肉の収縮で)静脈血の流れ方が一定にならないために値が低く測定されてしまいます。センサーの当たり方でも、測定値に差が出ます。大人用のセンサーを子供につけると、回りの光...続きを読む

Qサチュレーション

始めまして。

サチュレーションって具体的に何を示すものなのですか?基準の数値とかあると思うのですが、その基準を下回ったりしたらどんな風になって、どんな治療をしたら良いのでしょうか??それとSPO2ってイコールサチュエーションの事ですか??

くどい質問ですみません。。。。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

サチュレーション(SpO2)を考える上で最もわかりやすいのは・・・
いす取りゲームと考えてください。

血液中のヘモグロビンは四つの椅子(酸素結合部位)があり、
それが全て埋まると、サチュレーションは100%です。
ヘモグロビンが25個有れば、椅子は100個ありますね。
100個の席の中で3席あいている=酸素が三つ分ついていない
場合は100-3=97%です。

つまり、サチュレーションは、
酸素とヘモグロビンの結合の様子を示している数字です。
一方のSaO2は圧力(mmHg)で示されていますね。
これは血液中に溶解している酸素量を示していると考えてもらってよいです。
よって、相関はしますが、概念は異なります。

もしサチュレーションが下がってきたら、これは
ヘモグロビンと酸素がどんどん離れていっていることを意味します。
ある組織が酸素を求めている場合、血液中のヘモグロビンと結合している酸素が少ないと、
組織は酸素を取ることができないので、組織の活動性は低下します。
その場合には、ヘモグロビンと酸素をうまく結合させてやるための治療が必要です。
これは酸素解離曲線、という曲線(no1の方の絵にありますね)
にて判断ができますが、
体温の上昇、組織液のpH(水素イオン濃度)などにより、
これらの条件が大いに変わります。
つまり、酸素を組織に送り届けてやるには、
まず血液中のヘモグロビンと酸素をうまく結合させるために、
体温を上昇させたり、pHを適正にしたりする必要があります。
ちなみに、一番手っ取り早いのは、酸素の血液に存在する量を増やしてやる=酸素投与量を増やす、
ことですが、これだけではヘモグロビンと酸素を完全に結合させることはできず、ほかにいろいろな治療方法が必要となります。

詳しい治療法は医学書などに譲りますが、
サチュレーションとは、酸素とヘモグロビンがいかにうまく結合しているかを示す数値として、
臨床現場ではとても簡便に計測できるため、
大変有用な指標とされています
(ちなみに、サチュレーションをはかることのできるパルスオキシメーターは日本人が発明したんですよ)

サチュレーション(SpO2)を考える上で最もわかりやすいのは・・・
いす取りゲームと考えてください。

血液中のヘモグロビンは四つの椅子(酸素結合部位)があり、
それが全て埋まると、サチュレーションは100%です。
ヘモグロビンが25個有れば、椅子は100個ありますね。
100個の席の中で3席あいている=酸素が三つ分ついていない
場合は100-3=97%です。

つまり、サチュレーションは、
酸素とヘモグロビンの結合の様子を示している数字です。
一方のSaO2は圧力(mmHg)で示されていますね。
...続きを読む

Q酸素濃度が85%(救急車の中で)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿しているのにトイレに行こうとしたりして危険なので7日は縛られていたそうです。
私は縛られていたせいで祖父がそうなってしまったのではないかと思いましたが、叔父は「救急車の中で測ったときに酸素濃度が85%だったから、脳細胞がやられたからではないか」と言います。
脳細胞がやられるのに2日も要するのでしょうか。
ほかには何が原因と考えられるのでしょうか。
また『酸素濃度が85%』というのはどのような影響を及ぼすのでしょうか。
祖父は食べることが一番の楽しみのようで、いつもおいしそうにモリモリ食べていたから、食べるときにも目を閉じたままというのはとても気になります。
(吐血は噴門部からのもので検査の結果はまだ出ていません。)

5月5日に祖父(93歳)が吐血して救急車で運ばれました。
それでも5日6日は元気そうにしていたそうです。
7日は誰も付き添いもお見舞いもできず、8日に病院へ行ったところ、祖父があまりにも変わっていてびっくりしたそうです。顔つきも変わっていたし、ずっと目を閉じていて、ご飯を食べるときも目を閉じたまま(食べたのはお粥を10口と牛乳1口)で、「目を開けて」と何度呼びかけても閉じたままだったそうです。
祖父は以前からボケていたのですが、5日6日は点滴などのチューブを抜こうとしたり導尿...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると安静時でも85~86%になって、身動きすると、本当に苦しくなります。
この位になると主治医に、このまま泊まっていきなさい(=入院しなさい)といわれて、酸素チューブで酸素を鼻からすって、しばらく病院にごやっかいになります。

今まで一番低かった酸素飽和度は、大発作をおこして、真夜中に救急車で運ばれていた時で、70%台だったと思います。さすがにチアノーゼといって体中が真っ青になっていました。意識もちょっと朦朧としていて、数値を思い出すことはできません。
救急車内で、すぐ酸素マスクをさせられましたが、それでも85~86%。この時は、病院でも一晩酸素マスクさせられました。(マスクはチューブより酸素吸収率が高いのです、息苦しくて大嫌いですが。そしてもっとひどい呼吸困難者は、酸素テントに入らされるはずです)

この時は高濃度の酸素を長期間吸いすぎると、二酸化炭素が体内から排出されにくくなるからと、安静時でも94~95%になる程度の酸素量しか許してもらえませんでした。

……などとえらく自分語りをしてしまいました。

ま、つまり酸素飽和度が一時的に85%になったからといって、それで脳細胞がやられてぼけたと言われると、じゃあ今の私は、何なんだ?ってことで。実際、倒れた次の日は元気そうだったんですよね?

あと入院をよくする者の経験談として……

入院すると高齢者の方は呆けることが多いです。特に個室に入った人などで身内の付き添いさんがいない人は、ぼけやすいです。
もともと認知症(痴呆)の治療として、最近は老人ホームでも身の回りに思い出になるものを置き、小さな家具などは家で使っていたものを使用することが望ましいといわれるくらいです。
それがいきなり、無個性な病院の、見知らぬ部屋、見知らぬ人(医者・看護婦・入院患者など)、窓の外の身知らぬ風景、そんな中に入れられるのですから、ぼけやすくなるというもの。
しかも、もともとかなりの高齢で痴呆もあったんでしょう?痴呆が一気にすすんだとしても仕方がないかも知れません。

できれば、細かいものでもいいので、家で普段使っていた思い出に繋がるものをどんどん持参し、ベッド周りに置くとか、短時間の見舞いではなく、なるべく長い時間いて、色々横で話してきかせるとか、してあげた方がいいですよ。
そして、病気も心配でしょうが、退院してよいとなれば、早く家に連れて帰ってあげてください。思い出の家で生活すれば、改善の余地があると思います。

かつて、同じ大部屋の入院して一気に呆けたおばあちゃまが、退院して次の通院時に、私のいる大部屋に遊びにきてくれたら、まともになっていて、驚いたこともあります。

ではでは、どうか、大切にしてあげてくださいね。

おっしゃっているのは、酸素"飽和度"のことだと思います。他の症状については分かりませんので、酸素飽和度と私の入院中の経験談だけ。

健康な人なら、安静時はこの酸素飽和度は98~99%あるようです(100%でないのは、表示が二桁だからです)。

私は喘息持ちで、酸素飽和度も普段から低くて、安静時で94~95%です。
階段などを上り下りして息切れしたりしていると92~93%。
ちょっと発作をおこせば、安静時でも88~90%になり、その状態で歩いたりすると84~85%になります。
かなりひどい状態になると...続きを読む

Qサチュレーション

サチュレーション85~90って
どんな感じなんでしょうか…?

Aベストアンサー

酸素飽和度のことでしょうか?

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「酸素濃度低下における酸素欠乏症の症」

ご参考まで。

参考URL:http://www.tctv.ne.jp/taito21/jewery1/commentary/shouhi/shouhi-main.htm

Q酸素飽和度(SPO2)の年齢別平均値というのはありますか?

病院職員です。
簡単に計れるspo2を目安に酸素供給量や運動負荷を決めようと思っていますが、老人は特に心肺機能に問題がない人でも値が低い場合があると聞きます。しかし、どの程度が異常でどの程度までが許容できる範囲なのかわかりません。年齢別の平均値などのデータをご存じの方教えてください。また、spo2と運動負荷の関係などについて記載されているページなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

No.1で回答させてもらったものです。

「SpO2の正常値は、動脈血酸素分圧 (PaO2)とSpO2の相関から、
PaO260Torrで約90%、80Torrで約95%であり、
この範囲外では大まかな値となってしまう。
PaO2の正常値は年齢などで変化するが、
SpO2の感受性はそれに正確には対応できない。
また一般に70~100%の範囲で精度は約5%(±2SD)のである。
正常健康人は労作後(歩行など)も同値か、少しSpO2は上昇する。
労作後何分位で回復するかは疾患の種類や症度による。」
との資料が手元にあります。

私見ですが、SpO2は誤差が生じる(生じやすい)もので、
基準値は設けにくいのでは」ないかと考えます。

SpO2の値というより、その(低い)値になる要因(心機能、呼吸機能など、疾患の種類や症度)が重要であるし、臨床的意義がありますよね。
SpO2の値は、年齢との相関より、生活状態より、
心機能、呼吸機能などを低下させる疾患、その症度の影響を受けると考えています。

健常な人の加齢による変化についての基準が、
もしかしたら、あるのかもしれませんが、私は見つけられていません。

回答になっていますでしょうか。。。 

No.1で回答させてもらったものです。

「SpO2の正常値は、動脈血酸素分圧 (PaO2)とSpO2の相関から、
PaO260Torrで約90%、80Torrで約95%であり、
この範囲外では大まかな値となってしまう。
PaO2の正常値は年齢などで変化するが、
SpO2の感受性はそれに正確には対応できない。
また一般に70~100%の範囲で精度は約5%(±2SD)のである。
正常健康人は労作後(歩行など)も同値か、少しSpO2は上昇する。
労作後何分位で回復するかは疾患の種類や症度による。」
との資料が手元にあります。

...続きを読む

Q肺炎が完治するまでかかる日数は?

8才の子供が肺炎で入院しました。熱も下がり咳は少し出ていましたが、
退院OKとのことで退院しました。
その時点ではレントゲンにはまだ白い影が残っていました。
今日退院して1週間経ち再度レントゲンを撮りに行ったところ、
退院時よりは薄くなってはいるものの、まだ白い影があり、来週また来て下さいと言われました。
咳はほとんどないので、風邪薬は飲まなくてもよいとのことです。
普通は1週間ほどで影は消えると聞いていたので心配しています。
別の病院にかかるべきかと思案中です。
肺炎の影はどのくらいの期間で消えるものでしょうか?

Aベストアンサー

お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。
それと、昔の日記を見てみたら、入院は一週間でした。
ただ、その1週間前から熱とひどい咳が出ていて受診しており、学校も休んでいて「肺炎の心配はないですか?」と聞いたら「大丈夫です」と言われましたが、結局肺炎だったので、実質2週間だと思っていて、記憶違いでした。本当にごめんなさい。

点滴は、一日2回を3日間でした。
その後は、アレルギーがあるので、咳がとてもひどいらしく、粉の吸入を12時間ごとと薬の服用でした。
6日目に血液検査とレントゲンを撮って大丈夫だったので、次の日に退院しました。
退院2日後に受診して、飲み薬も飲まなくていいと言われ、次の日から学校へ行きました(ただし運動は2週間禁止でした。)

因みに娘はマイコプラズマ肺炎でした。

補足ですが、肺炎の後は、気管が弱くなるらしく、人込みは避けたほうがいいらしいです。
私は、二週間経ったし、元気なので大丈夫だろうと思っていたのですが、人込みに行ったせいで、また風邪をひかせてしまいました。
どうか、お大事にしてくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報