今人間関係で精神的に疲れています。
なので爆笑できる豪快な人生を歩んでいる女性作家のエッセイを読んで元気を出したいのです。
皆様のお勧めを教えて下さい。
傾向としては、中村うさぎさん・さかもと未明さん・酒井順子さんなどが好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

私は昔からお笑いが好きです。


完成度の高い笑いを生み出せる人はやはり圧倒的に
テレビに出ている人に多いです。
つまりゴールデンタイムのバラエティ番組に出る事が
出来る人達です。テレビ、DVD、漫画あたりから探すのが
一番いいと思います。本や映画は少ないです。
お勧めのDVD:【人志松本のすべらない話】←観てたらスイマセン。
※お勧めする理由は全て実話だからです。
いろんな芸人が集まって各々過去に誰に話をしても笑ってもらえたという自慢の実話をサイコロを振って自分の名前が出たら話すルールです。
芸人の考えられないような貧しかった幼少時代の話なども出てきます。
それを笑いに変えて皆を楽しませているのです。
たくましいなぁと思わされます。
爆笑って悲惨のすぐ隣りにあるものなんですよ(笑)
そういう意味でも元気を貰えるはずです。
人間ってストレスを発散するのには笑いや感動がいいみたいですね。
ドラマとか観て感動して号泣するのもいいでしょうね★
良かったら観てみてください。
    • good
    • 0

爆笑できるという条件を完全に果たしている作品なら、さくらももこさんの「さるの腰かけ」です。

他にも「ひとりずもう」という最新作等があって、これは思春期の不安定な気持ちが垣間見え、共感できますし、泣ける話もあります。とにかく笑えて、リアルちびまる子ちゃんが感じられます。
    • good
    • 0

銀色夏生さんの「つれづれノート」シリーズは いかがでしょう。


豪快に生きている というか 思うがまま生きているその日常や
世間に対する辛口な意見、豪快か子育て、なかなかよいですよ。
浮いたり沈んだり あっち行ったりこっち行ったり、
めまぐるしいのが とても 楽しいです。
    • good
    • 0

「臨死!!江古田ちゃん」(滝波 ユカリ)はいかがでしょう。


エッセイではなく4コママンガで、
女性として「あるある!」と笑えるネタが結構あります。
ただし、自虐&下ネタが多いので好みはだいぶ分かれるかも知れません。
多分、ほとんど作者の経験をマンガにしていると思われます。
細かいエピソードまで、妙にリアルですし…。
    • good
    • 0

 こんにちは。


 中村うさぎさんがお好きなら、倉田真由美さんと一緒に書かれた「うさたま」シリーズはいかがですか?2人の漫才のような掛け合いがすごく面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%A4%A6%A4%B5%A …
 辛酸なめ子さんのエッセイも妙にさめた視点が面白かったですよ。
「ほとばしる副作用」とか「ヨコモレ通信」は笑いました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583670
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31533027
 マンガ&エッセイみたいな感じになるのですが、グレゴリ青山さんの京都シリーズ?は昔からあるベタな京都のCMとか、アルバイトをした話なんかがすごく面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31402178
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31770455
 ご参考までに。
    • good
    • 0

私も『群ようこ』さんがお薦めです!


私も昔会社の人間関係に疲れていた時期に群さんの作品に出会い、私もこういう風に考えてみようと前向きになれました。
爆笑というよりイヒヒって感じですが、あの作風好きな人にはたまらないものがあります。
気に入ってもらえたら嬉しいです。
    • good
    • 1

齋藤美奈子のかんじんの本の名前が抜けていました。


「趣味は読書」です。
    • good
    • 0

書評や広告につられて読んだものの、がっかり、という経験がおありでしょう。

カネと時間のムダが悔しい。そこへくると、けなす書評は、そのムダを省いてくれて頼もしいかぎり。なかでも齋藤美奈子はきわだって頼もしい。おかげで、こんなベストセラーはパスできます。
中島義道「働くことがイヤな人のための本」
茨木のり子「倚りかからず」(詩集)
石原慎太郎「老いてこそ人生」
矢沢永吉「アー、コー、ハッピー?」
天童荒太「永遠の子」
宮部みゆき「模倣犯」
大平光代「だから、あんたも生きぬいて」
斎藤隆「声に出して読みたい日本語」

<悪態のつきようが無類におかしい>
    • good
    • 0

おつかれさまです。


西原理恵子さんの作品は、私もストレス解消におすすめです。

あとは、下ネタが多く、若干好みがわかれるところですが、
腹肉ツヤ子さんの作品も、豪快で面白いです。
私は本屋さんで立ち読みして思わず笑いました。
    • good
    • 0

西原理恵子(マンガ)はどうでしょう?



ほのぼの系の作品もありますが、
実体験系の作品は豪快で笑えます.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q付き合いたくない女性

皆さんは付き合いたくない女性はどういう女性ですか?

自分は20代男性ですけど、

・「男がリードするのが当たり前」と思う女性。
・「男が交際費を払うのが当たり前」と思う女性。
・「男が食事を奢るのが当たり前」と思う女性。
まとめてみると、男が全部やってくれると思っている女性。
・嘘つきな女性。
・人を騙す女性。
・束縛する女性。
・しつこい女性
・不適切な言葉を発言する女性。
・浮気する女性。
・髪型・服装に清潔感がない女性。
・自己中心的な女性。

は付き合いたくはありません。

Aベストアンサー

おはようございます
付き合っちゃいけないタイプ三つあるのですが
>「男が交際費を払うのが当たり前」と思う女性。
>「男が食事を奢るのが当たり前」と思う女性。
>浮気する女性。
理由は、らくして養ってもらってればいいやって考えが分かりやすい
亭主元気で留守が良いってタイプ

三つ目はまあ普通に嫌かな。
この三つ、男を結婚したい気にさせるトラップも上手だから気をつけないと。
>「男がリードするのが当たり前」と思う女性。
これなどは女性から見れば大事な結婚条件だと思いますが(^^)

あとの項目は男でもそうだけど極端じゃなければ誰にでもあるからねぇ
まあ全項目表に出さない人はなかなか分からないからたち悪い。

Qオススメの爆笑エッセイを教えてください

今まで随筆やエッセイはニガテ感があり避けていたのですが、菅野 彰さんの「海馬が耳から駆けてゆく」 を読んではまってしまいました。
「海馬が耳から駆けてゆく」のような爆笑エッセイでオススメのものがあれば教えて下さい。

さくらももこさんはちょっと私の感性とは合わなかったみたいなので、その他の人の作品でお願いします。
できたら文庫で出版されているものが手軽に読めそうなので嬉しいです。(でも面白ければ文庫化してなくても教えて下さい!)

参考までに好きな作家さんは
京極夏彦、森博嗣、星新一、新井素子、宮部みゆき
綾辻行人、小野不由美 等です。

Aベストアンサー

三浦しをんさんのエッセイは、読んでいてププッと吹き出してしまいますよ。
文庫化しているものもありますので、是非読んでみてください。

もし、三浦しをんさんが合うようでしたら、おおたうにさんのエッセイもいいですよ。
文庫化はしていないんですが、おしゃれが好きならきっと気に入ってもらえると思います。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30979623,http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30996845

Q女性のタイプ

質問があります。
1、落ち着いた清楚な女性と話にオチをつける明るい女性
2、シンプルで上品な格好の女性とカジュアルな重ね着の上手な女性
3、ロングへアの前髪のない女性とロングヘアの前髪のある女性
4、声の高い女性と声の低い女性
6、ハイヒールの女性とスニーカーの女性
5、美肌の顔のあまり良くない女性と肌があんまりきれいではないけど、顔立ちなきれいな女性

男性に特にお聞きしたいのですが、初対面の相手に良い印象を持たせたいので少し参考にしたいのです(実践できない項目もありますが。。。)。

それぞれどちらの女性がタイプですか?全部答えるのが面倒ならば、どれか一つでもいいですし、1は右という簡単な答えでも結構です。

Aベストアンサー

オジサンの意見として・・・参考までに。。。
pinaisa-laさんとほぼ同じ回答になりますが・・・
1、2、4、6 は どちらでも良いのですょ。
3.のロングヘアーは、髪が太く密度の濃い方は難しいでしょうねぇ・・・
5.美肌で顔立ちが綺麗な女性

1、2、6 は、普通の女性ならその場に合う服装、振る舞いをしますょ。

    《初対面の相手に良い印象を》
貴女自身の個性、長所(女性としての魅力)、優しさ、思い遣り 等々は、いったい何処に行ってしまったのでしょうか???

初対面で例えどんなに見た目が素晴しくても・・・それはあくまでも外見でしか有りません。

一番大切で重要なことは、見た目ではなく貴女の内なる、女性としての魅力ですょ。
笑顔、思い遣り、優しさ、人柄 等々、書けばきりが有りませんが。。。
結婚し子供が産まれたら、子供への母性も必要です。
子供を怒鳴る女性はどんなに外見が綺麗でも・・・幻滅です。

40歳でも、50歳に成っても、『素敵な女性』を私は知って居ますよ。
私が思うには、若い時から自分自身の女性としての [心]を磨いてこられた方なのだなぁ~と感心致します。

先ず欠点は有っても自分自身を愛してあげて下さい。自分を愛せない人は他人(異性)を愛せません。
逆もまた真なり「本当に愛された事の無い人は、人を愛せない」      

女性としての魅力。。。一人一人 違います。
自分自身の魅力を見つけ、磨きをかけて 何時までも 輝いて居る。。。そんな素敵な女性に成って頂きたいと 思います。

オジサンの意見として・・・参考までに。。。
pinaisa-laさんとほぼ同じ回答になりますが・・・
1、2、4、6 は どちらでも良いのですょ。
3.のロングヘアーは、髪が太く密度の濃い方は難しいでしょうねぇ・・・
5.美肌で顔立ちが綺麗な女性

1、2、6 は、普通の女性ならその場に合う服装、振る舞いをしますょ。

    《初対面の相手に良い印象を》
貴女自身の個性、長所(女性としての魅力)、優しさ、思い遣り 等々は、いったい何処に行ってしまったのでしょうか???

初対面で例えどん...続きを読む

Q爆笑できるエッセイ

こんにちは。読書の秋ですね。そこでお願いです。エッセイが好きなんですが、読んで笑えるようなエッセイを教えて下さい。よろしく。

Aベストアンサー

こんにちは
質問者様が女性の方という事でひとつ。
青木るえかさんという方の「主婦でスミマセン」からの一連のシリーズはとても笑えます。
未読でしたら是非。

#13様お勧めの土屋賢二さんのエッセイは私も大好きです。
以前、ちょっと書店で買おうかと軽く立ち読みして噴き出して慌てて購入した事もあります。

Q女性限定モノが多いわけ

電車の女性専用車両。女性限定スパ。映画のレディースデー。
女性限定メニューに女性専用フィットネスクラブ。レディース専用ローン、、などなど、世の中には女性専用のものが多いです。

女性にとって、「女性専用」「女性限定」とはどういう意味があるのでしょうか?特別感みたいなものがあるのでしょうか?
企業側からすると「女性限定」ものは売り上げ向上のために効果的なのかもしれませんけど、男性の私にしてみると「なんで?」と思ってしまいます。別にひがんだりはしないけど、「なんで女性は特別扱いなの?」と。たまに思います

僕は、過去長年にわたって男尊女卑の考えがあったせいで女性が妙に敏感になっているのではないかと思うのです。
女性のこころの中に「男には負けたくない」的なものがあり、それが
女性同士の団結をさせるような。。
こんなこと言ったら女性に怒られるかもしれませんが、、男女問わずご意見をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

女性が男性同様に、満員電車で隣の人と密着してもウザイと思う程度で我慢できたり
大事なトコ隠してありゃ一緒に風呂入ってもそんなに気にしないとか心の底から思えるなら
女性専用がこれほど求められる事もないでしょう

そして異性に痴漢行為を働きたいとか異性の裸見たいとかの衝動を比べれば
やっぱり男性→女性の方が露骨でしょうね(私も男ですから解ります)

女性のサイフが大きくなり、男性客を排除する(単純に客が半分になる)より女性専用の訴求力が強ければ商売になります。

女性側の要望もある
男性側の問題もある
採算もとれる目処が付く

ならば女性専用が増えるのも必然じゃないかと。


あと、正直言えば女性が思う男性社会への壁なんて、まじめに男性じゃ想像もできない域にあるみたいです。

以前女性の友達と外出してて食事になるとき。
腹はぺこぺこだわ店が無いわで牛丼屋に入ることになりましたが…
「いやー女友達同士だと結構牛丼屋入れない人も多いんだよー」なんて話も。

その女性は全く意に介さないとの事ですが、どちらかというと少数派だそうです。

女性が男性同様に、満員電車で隣の人と密着してもウザイと思う程度で我慢できたり
大事なトコ隠してありゃ一緒に風呂入ってもそんなに気にしないとか心の底から思えるなら
女性専用がこれほど求められる事もないでしょう

そして異性に痴漢行為を働きたいとか異性の裸見たいとかの衝動を比べれば
やっぱり男性→女性の方が露骨でしょうね(私も男ですから解ります)

女性のサイフが大きくなり、男性客を排除する(単純に客が半分になる)より女性専用の訴求力が強ければ商売になります。

女性側の要望も...続きを読む

Q日経新聞にエッセイを書いていた女性作家

何日前か…あるいは何週間前かの日経新聞朝刊に、
エッセイを書いていた女性作家を探しています。
(たぶん一ヶ月は経っていないと思います。)

掲載されたページは、一番最後のページの私の履歴書の横のあたりです。
内容は、日常生活での自分の珍妙なくせ(?)についてと
それをめぐるご自分の母・妹とのやりとりです。
確か女性の作家さんで、歳は35歳前後とあったと思います。

そのエッセイがとてもおもしろかったので、
本を買って読んでみよう…と思いつつ、お名前を控えておくのを忘れてしまいました。(新聞も処分してしまいました!)

こんなあいまいな記憶で自分でも大変もどかしいのですが、
となたか覚えている方がいらっしゃいましたら、
是非お名前を教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確かこの間芥川賞をとった女性だったと思うのです。。

調べたら「大道 珠貴氏」とありましたが、、うーん自信がない。。

本当に自信がないけど、書いちゃいます。ごめんなさい。

私もあの文章おもしろかったんで本読みたいと思っていたのに

記憶の彼方・・。情けないです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20030116_30.htm

Q韓国人は、何故他国人女性を強姦するのか?

通常は言葉も体格も異なる外国女性を強姦する男は少ないと思います。
しかし、韓国人は、なぜ他国の女性(日本女性、英国女性、ベトナム女性、タイ女性、比女性など・・・)を強姦するのですか?

Aベストアンサー

韓国人は男尊女卑だからです

あと、プライドが高く傲慢で、なのに日本や白人に対しては劣等感を持っています。

知り合いに聞きましたが、韓国人男が日本人女とセックスをした場合、
「日本人の女をやってやった」って言ってたらしいです。

下級民族が上の存在の日本人の女をやった、という感じで、誇らしげに語るそうです

女性は韓国人には近づかない方がいいと思います。
いくら相手がにこやかに接してきても内心では何を思ってるかわかったもんじゃない

Q笑わせてくれる作家教えてください(エッセイ)

「中村うさぎ」「青木るえか」「ゲッツ板家」が好きです。
いっけん大バカで大笑いできるんですが実はすごく頭がよくって難しい言葉や言い回しをたくさん知っていてほぉ~っとうならせてくれて・・・
でも基本はやっぱり大笑いできる作品を書くという作家は、前者3名の他に居ないでしょうか?
おすすめの作家および作品名を教えてください。
ちなみにフィクション(小説)はあまり得意じゃないんで、できればノンフィクション(エッセイ)でお願いしたいです。
(これを機会にフィクションも開拓したいという気持ちもチョットはあるのですが・・・)
あと、お金が無いんで、文庫化されてるものを・・・
色々わがままですみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宮沢章夫の「牛への道」「わからなくなってきました」がおもしろいです。
東海林さだおの「~のまるかじり」シリーズもオヤジ趣味ですがおもしろいですよ。

Qなぜ女性は女性をかばうのですか?

なぜ女性は女性をかばうのですか?


私は男で女性の心理がわからないので
卑怯な女性や不快な言動の女性について
質問をさせてもらうのですが、女性の回答は
女性の卑怯な言動をかばうような回答が多いです。

しかしもし、
女性を傷つける男性の質問をするなら
大バッシングしてくれる回答がすぐつきます。


女性が男性を傷つけるのはすぐ許して
男性が女性を傷つけるのは非難するのは
フェアじゃないし、かばう回答をよんで
さらに傷つきます。


女性は、男性を傷つける女性を非難したり、
傷つけられた男性に共感はしてくれることはないのですか?

Aベストアンサー

質問文を読んでみて・・
「ああ、確かにそうだなぁ」と思いました。
そして考えた結果・・

女性という生物は共感を求め合う生き物。
逆に男性は理屈で生きる物。

これがそのまま行動に出ているのではないでしょうか

QSF作家の星新一さんエッセイについて

私は以前、「兵になるということはどうゆうことだったのか」と言うので質問させていただいたものです。
そのときにある方が、(亡くなられていますが)星新一さんのエッセイについて書かれていて、とても興味深いことがあったのでその本のことについて知りたくなりました。知るための方法や星新一さんのこんな本を知っている(エッセイだけじゃなくてもいいです)という情報を教えてください。題名とできれば出版社も知りたいです。
きながにお待ちしています。

Aベストアンサー

syuuziさん御紹介の「人民は弱し官吏は強し」は父・星一さんが官庁から迫害を受けた様子を描いたノンフィクションの長編ですからこれの可能性も高いとは思いますが、この頃のことを書いたエッセイというといちばんあやしいのは「きまぐれ博物誌」ではないかと思います。
もしくは「きまぐれ星のメモ」。これに「続・きまぐれ博物誌」のうちのどれかではないかと思います。
いずれも角川文庫からでていましたが、現在絶版になっているかどうかはわかりません。
本屋で見つからなければ最近流行の大型古本屋さんというのが狙い目ですね。

全部読み返す時間がもどかしくて、とりあえずの投稿です。


人気Q&Aランキング