私の友人が、4年ほど前、借金で首が回らなくなり、親に返済してもらった
ことがあります。
本人はブラックリストには載らないよう、なんとか利息返済だけしてきたらしい
のですが、金額が500万程あり、いつまでたっても返済できなかったため、
親に泣き付いたようです。
それ以降、カードなどすべてを解約し、借金もせずなんとか、お金を貯めて
きたようです。
この話は最近聞いたので、「たしか、親に返済してもらった場合でも、贈与税
払わないとまずいんじゃないの?」というと、とてもびっくりしていました。
友人は、近々住宅を購入するらしいのですが、ローン審査がとおり、物件は
銀行より、100パーセントローンが組めるらしく、その他の諸経費は、奥さんが
だすようなのです。
確か、家を購入すると、税務署より何か通知がくるときいたのですが、この時
贈与のことも調べられてしまうものなのでしょうか?
また、払わないで住む方法なんてあるのでしょうか?
(もちろん税金を払うことが前提だと思いますが)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>いずれ親が死んで財産を相続するときに、ばれてしまう


>ような気がしますが。
贈与税の申告期限は、贈与のあった年の翌年3月15日までです。そして、申告期限のから5年間で時効になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。一応贈与にも時効というものはあるのですね。
kyaezawaさん。ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/23 09:03

家を購入したり新築すると、税務署より「お尋ね」と言う書類が来ます。


家の購入資金の出所を聞いてくるもので、自己資金・ローン・贈与などの明細を書いて提出します。
これは、あくまでも家屋についての質問で、過去の贈与などには触れていません。
税務署は不動産の登記から家屋の購入が判り、このような書類を送ってくるのです。
お友達の過去の借金の返済については、何処からも資料は出ないものです。

この回答への補足

なるほど、あくまでも家屋だけということなのですね。
でも、親に支払ってもらったことは、いつまでも黙っているわけにはいかない
ですよね?
いずれ親が死んで財産を相続するときに、ばれてしまうような気がしますが。

補足日時:2001/01/22 17:10
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報