邪馬台国はどこにあったのでしょうか?
明確に「ここ!」というものではなく、有力ないくつかの説だけしかないということは知っています。
今現在、その有力な説とはどこになるのでしょうか?
その根拠・理由等を踏まえた上で教えていただきたいのですが。
自分なりに調べたのですが、資料が古いせいもあり、どうも疑問が残ります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

以前研究の現場に関わった物の立場から簡単にいわせて頂くと,邪馬台国は大陸より渡来した弥生人によって築かれたではないかと思われます。


そのため九州にその足跡を残し、次に何らかの理由で東遷し、幾内に落ち着き中央集権国家の礎を築いたと考えられます。
この説の根拠は九州と幾内に酷似した地名が同様の位置関係で残っている事、
大規模な環壕集落が両地から発見されている事などです。
お調べになっているので御存知かも知れませんが、魏志倭人伝の内容からは九州説が有力ですが、それを肯定しきれない資料が幾内よりでています。三角縁神獣鏡を卑弥呼の鏡とする説さえ傍製鏡だとか,別の種類だとかいわれるなど諸説様々です。もちろん東遷説を否定する方もいらっしゃいますが、私自身はかなり納得しております。
答えが出ないのが考古学ですが、私は私が納得できればそれが答えだと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者の方からのご意見、ありがたく思います。
そうですか、足跡があったからといってそこに構えていたわけではなく、それは本当に足跡であり、畿内へ移ったとも考えられるわけですね。
参考になりました。

考古学は限りない探求であり、探究の世界ですよね。
答えといってもそれが本当に正しいのかは結局、今となってはわからない。
それがおもしろいから続けたいと思うし、やはりそれにはまず自分の納得も必要ですよね。
でも、私は納得しないでずっと研究もしてみたいですけどね(笑)

お礼日時:2001/01/24 07:51

資料が古いと言うことですが、どの程度研究をなさったのでしょうか?


あなたの考察などを聞かせていただけるとどう答えるのがよいのか、読んでいる人も当てが着くと思います。
今のままでは、百花繚乱をまとめることすら難しいと思われるので…。

資料と言うことで興味深い論を読んだので紹介しますね。
魏志倭人伝は有名ですが、隋書たい国伝(「たい」が書けない)という中国の資料があります。この中に、魏志以降の日本についての記事があり、それが邪馬台国の場所探しの参考になると言うものです。
確かに、魏志は重要ですが、それ以外に日本との交流を書いた資料を細かく見てゆくことによって場所などを考えてゆくというのは大事ではないかと思います。
ある意味、魏志倭人伝の里程記述のみから場所を算定するなどということは、何か偏重していると言われても仕方がないかもしれません。
私はこの論を読むまで、邪馬台国につながりそうなそのころの日本についての文献が、魏志倭人伝にしかないものと思っていたくらいで、目から鱗でした。

残念ながら今手元にその本はないのですが、同時代の隣国の資料を当たることは重要だと思っています。
たとえば古田武彦の九州王朝の論理 と言うようなタイトルの本にも隋書たい国伝についての考察があったと記憶しています。ちなみにたしか去年の6月頃にでた本だったと思います。

参考まで。既知でしたら御免。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
確かに邪馬台国に関する資料というと魏志倭人伝しか思いつかないことが多いですよね。
参考になりました。


・補足というかなんというか。
説明文が少なく、ご迷惑を。
ちなみに私は大学生でして、考古を学ぶ上での延長線上で調べていたので、研究とまではいかないところがちょっと悲しいです(苦笑)
なので、大学図書館の参考文献・資料で調べた程度です。そこで貸し出し中だったもの以外で残っていたものが数年以上前に出されたものだけだったもので。そういう意味です。

一つ。質問に私の考察を書いてしまうと、それに対する意見を求めるような感じになってしまうので、そうならないためにあえて書きませんでした。
書いたことで回答者の方々の参考になるかもしれませんが、もしかしたらそのことでみなさんの考察が曲がってしまうかもしれないと思い、私は書かない方を選択しました。
それぞれの方の先入観(というかなんというか)のないご意見を求めていたもので。

お礼日時:2001/01/24 07:44

まったくの私個人の意見としては宮崎県の日向市だと思います。

以前は「ヒュウガ」ではなくて「ヒムカ」といっていたらしいし、(なんか怪しい響きじゃないですか)重要な天皇家に関する神社か何かがあったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ヒムカ」ですか。確かに卑弥呼ににている感じだし、何やら因縁めいたものを感じますね。
新しい説って、案外そういうところから発展していくのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/24 07:32

質問文を読んだだけでも、これはtakonaguriさんの方が正しいと思いますけどねえ……。


邪馬台国論争は相変わらず百家争鳴のようです。あまり詳しくないのできちんとした回答はできませんが、最近になっての吉野ヶ里遺跡の発見は、少なくとも佐賀県付近に強大な国家があったことを意味しますから、北九州説への有力な傍証とされているようです。むろん近畿説側も、「『魏志倭人伝』に述べられている経路にある国のひとつにすぎない」と、なかなか説得力のある反論を用意しているようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きちんとした回答をありがとうございます。
何かこの頃、どちらかというと否定的な回答が返ってきたので、半ばあきらめていたのですが……。
やはり、北九州と近畿の2つですか。
この点に関しては、まだこれといって進展はないのでしょうか?
以前と違った説もあるのかと思いましたが、どうやらこの2つが最有力のまま維持しているようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/23 03:46

人に聞いてばかりではいけません。


解のない問いは自ら答えを導くべし。
各説の地へ赴き裏付け調査を行いましょう。

この回答への補足

補足させていただきます。

>人に聞いてばかりではいけません。解のない問いは自ら答えを導くべし。
私は自分で調べた上で疑問が残るとしているのですが。
自分だけでは求めきれない答えもあります。
私は自分が調べた上では答えが求めきれなかったために、ここでみなさんの知恵を借りようかと質問をしたのですが。
疑問を疑問として受け取り、回答してはいただけないのでしょうか?

>各説の地へ赴き裏付け調査を行いましょう
今現在多少なりとも言われている説の地域全てですか? 裏付けも何も、私個人は何の権限も持ちえません。
現地での調査には、何より先にその方法がわかりませんし、その裏付けを取れるものが明確に残っていないがために〝仮説〟なのです。
現実的に、一個人で調査はできるものですか?
各研究機関へのアポ自体、ただの一般人がとれるものではないのですが。
――ということで、今現在調べうる最良の手段の一つとして、私は多々の方々が研究された上で導き出された仮説を図書館等で調べましたし、その調べる手段の一つとしてネット利用も考えたのです

補足日時:2001/01/22 20:20
    • good
    • 0

邪馬台国はどこにあったか?


ご存知邪馬台国論争。
結論から言うと、「決定的な根拠が無いので何とも断言できない」というところです。

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
しかし、断言ができないのでわからないと納得したくはないですし、そのために「現在有力な説」を求めているのですが。
この問題に対しては、おっしゃってるように決定的な証拠等などがないために裏付けをとるわけにもいかず、そのために仮説止まりになっています。
断言することは、まだ誰にもすることはできないのです。
それがわかっているからこそ、今私が求めたいのは仮説なのです。ただし、有力な仮説です。
そのためにそれにおける根拠等もお聞きしているのです。
よろしくお願いします。

補足日時:2001/01/22 20:38
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイマセン!カーラジオでニュース、邪馬台国の畿内説に有力な発見。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられるシーンを見聞しました。


私は、鎌倉以降の歴史・人物・忠臣忠孝の物語には非常に興味がありますが、誠に恥ずかしいのですが・・・神話の世界or実在や心理描写の具体的な印象が無い考古学の世界は良く分りません。

教科書でも魏志倭人伝等の中に少しは話が出てましたが、推理小説的に所在や存在を推理する程度しか興味はありません。
(九州でも畿内でも、どちらに有っても居ても良いと思うし、推理小説的な興味しかない私には学説&研究についてチンプンカンプンです。)


そこで質問は、熱心な研究者の皆様には誠に失礼な事かもしれませんが・・・

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格、同好会的な団体があるのでしょうか、実際に見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?

お分かりになる部分だけで宜しいので、不勉強な私が厚かましい申し出で誠に恐縮ですが、何卒、よろしく教えて頂けませんでしょうか・・・。
お願い申し上げます。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられる...続きを読む

Aベストアンサー

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の対象です。
「歴史学」の一分野なので、化石などは「古生物学、人類学」になります。

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格
新聞や地元広報誌です。参加資格はありません。
発掘調査は全国で年間1万件弱ありますが、大半は開発に先立って行われるため、見学することができないものもあります。
地元の教育委員会文化財部局に問い合わせるのが一番です。

◇同好会的な団体があるのでしょうか
研究者による専門的研究会からアマチュアによる同好会もあります。

◇見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?
日本の場合、遺跡の多くが地下にあるため、発掘調査が終わると埋め戻されて保存するしかないので発掘調査見学会が実物を見られる唯一の機会である場合が少なくありません。また開発に先立つ発掘調査の場合は、調査後には遺跡が破壊されてしまいます。
それ故に見学会には多くの人がくることになります。

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?
遺跡を発掘調査した結果からさまざまな歴史的事実を研究し、その結果として人物や事件などが解明されることはありますが、そのために考古学研究するというわけではありません。

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の...続きを読む

Q邪馬台国の徳島説。地元が徳島なんですが、邪馬台国は近畿や九州でもなく徳

邪馬台国の徳島説。地元が徳島なんですが、邪馬台国は近畿や九州でもなく徳島県であると言う説を聞きました。なんとなく信じられないのですが、一体、何が根拠でなんでしょうか?

Aベストアンサー

>一体、何が根拠でなんでしょうか?

皆さんの回答通り、邪馬台国は日本全国に存在します。
有力な説としての「近畿説」では、魏志倭人伝の記述は「途中で方位が狂っている」事を前提として近畿に落ち着いています。
魏志倭人伝の記述通りに進むと、奄美諸島・琉球列島に至りますからね。

では、徳島説というより「四国=邪馬台国」とする説がありますね。
説を述べている方によると「魏志倭人伝(大宰府天満宮所蔵)には、倭地絶在海中州島山と邪馬台国の所在地が書いている」との事が発端らしいですね。
彼(大杉博)が出版した「四国は死国にされていた」(自費出版)「邪馬台国の結論は四国山頂説だ」(たま出版)に、詳しく載っています。
興味があれば、ご購読下さい。

まぁ、邪馬台国に関しては、色んな方が色んな主張を述べているのが面白いですね。出版物も多いです。
質問者様がお住まいの徳島県剣山山麓(旧三好町?)には「邪馬台国四国宣言書」の看板が立っているようです。

徳島は歴史的に面白い土地ですよね。
平家の落人伝説。源平安徳天皇生存説。足利尊氏の子孫である阿波公方(直系子孫は、現在京都在住)。犬神伝説。子泣き爺伝説・・・。
時間があれば、散策したいです。

>一体、何が根拠でなんでしょうか?

皆さんの回答通り、邪馬台国は日本全国に存在します。
有力な説としての「近畿説」では、魏志倭人伝の記述は「途中で方位が狂っている」事を前提として近畿に落ち着いています。
魏志倭人伝の記述通りに進むと、奄美諸島・琉球列島に至りますからね。

では、徳島説というより「四国=邪馬台国」とする説がありますね。
説を述べている方によると「魏志倭人伝(大宰府天満宮所蔵)には、倭地絶在海中州島山と邪馬台国の所在地が書いている」との事が発端らしいですね。
彼(...続きを読む

Q邪馬台国九州説は、どうしてこうも往生際が悪いのか。

邪馬台国九州説は、どうしてこうも往生際が悪いのか。

邪馬台国九州説を唱える人たちは、どうしてこうも往生際が悪いんでしょうねぇ。
最近次々と発見された新証拠によって、邪馬台国は畿内説でもはや間違いないのです。
マキムク遺跡が邪馬台国で、箸墓古墳が卑弥呼の墓。卑弥呼=モモソ姫でもう確定なのですよ。

それを何をいまさら、九州説など唱えているのでしょうか。
じつに往生際が悪い。いい加減に負けを認めたらどうです。
フッフッフッ

Aベストアンサー

C14年代測定法や中国歴代史書からは、近畿説は成立しませんから、九州説はなくなりませんねぇ。

Q邪馬台国の位置そんなに重要ですか?

考古学と言うと直ぐに京大と東大のお勧めの邪馬台国近畿九州2説が直ぐに頭をよぎりますが。これってそんなに重要な事なのでしょうか?。

私は以前出張先のとある居酒屋さんで学生のゼミでの話をそれとはなしに聞きて驚きました。その中で吉野ケ里遺跡のゴミ捨て場の中に豚の背骨を割って中のずいを食べていたらしい?。吉野ヶ里や三内丸山遺跡の建物に使用されていた支柱の大きいサイズのクリの木は日本には自生せずお隣から輸入した、等。

豚のずいは元祖博多とんこつスープとどの様に関係する?
又、あんなに大きい(地面の穴はでかいですもんね)支柱をどの様にまた航海技術、その時の苦労等ドンなんでしたのでしょか、など興味をそそられてドキドキするのですが。

学問の的にすばらしいのは分るのですが、邪馬台国の位置が現代の実生活面においてどの様に関係するからこのように面白いとどなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

少なくとも私自身は実生活に直接は関係ないと思っていたのですが。。。
これほど学問(学者)の話題が一般的な社会レベル(一般人)で
話題になるということは、やはり何かしら一般人の私も直接関係ない
といいながら、興味をそそられているわけです。というよりも
関係をもとうとしていると言ったほうがいいかもしれません。

それはやはり国史ということで、無意識に日本人のルーツの確認を
しているのではないでしょうか。
そのとき、その場所が「どこだっていいや」というよりは、
「どこである」とわかったほうが、イメージとしての日本が明確なります。
そういった意味では、アイデンティティの土台に関わるということで、
直接関係していると言うのが適切なのかもしれません。

蛇足になりますが、
歴史・考古学のジャンルに旧約聖書学というのがあり、
それに携わる人たちは、旧約聖書に書かれてあることが、
事実であるということを証明するために、
聖書はもちろん、その世界に関わる文献やレリーフ、考古遺物などを
解釈してなぞに迫っていきます。
その学者たちの気迫はまさに「ルーツ探し」でした。
このケースは宗教という個人の精神世界が強く関わっていますので、
国史の扱いとは違うといわれるかもしれませんが、
歴史に興味を持つ根っこは同じなのではないかと思いました。

少なくとも私自身は実生活に直接は関係ないと思っていたのですが。。。
これほど学問(学者)の話題が一般的な社会レベル(一般人)で
話題になるということは、やはり何かしら一般人の私も直接関係ない
といいながら、興味をそそられているわけです。というよりも
関係をもとうとしていると言ったほうがいいかもしれません。

それはやはり国史ということで、無意識に日本人のルーツの確認を
しているのではないでしょうか。
そのとき、その場所が「どこだっていいや」というよりは、
「どこである」と...続きを読む

Q邪馬台国の時代

邪馬台国、または古事記などの倭建命の時代の、人々の生活などを、イメージ図で紹介したサイトを教えてください。

紀元後3世紀?でしたっけ。その時代の日本の文化を知りたいのです。

倭大国がどこにあったかはどうでもいいです!

髪は耳の横で纏めるの?

どんなものを食べていたの?膳はどんなことをしていたんですか?

命、王、比売、どこが違うの?

古事記や日本書紀で 登場人物の名前から、男女の判断の仕方とか、、、、

専門家の方でも構いませんが、小学校5年生でも解かるような、説明とかサイトを教えてください。

絵が見たいんです!

Aベストアンサー

初めまして。学生時代、考古学を専攻していて、吉野ヶ里遺跡の発掘にも少々携わったことのある者です。


邪馬台国は、色々な学説により、場所は様々ですが、その当時の
様子は、遺跡からの出土品等で少しずつ明らかになっています。

邪馬台国ではないかと言われる、佐賀の吉野ヶ里遺跡は現在は
歴史公園として、遺跡の復元などがされていて、当時の様子を
彷彿とさせます。少しでも質問者さんがイメージを抱きやすいのは
こちらの遺跡かなと思い載せました。参考になれば幸いです。

http://www.yoshinogari.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報