史実、三国志の中における倭国の位置付けとはどんなものだったのでしょう?
明確な解釈が見つからず、悩んでいます。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一言でいえば「とるに足りない辺境の野蛮国」です。


俗に「魏志倭人伝」とされている文章は、正確には「魏志東夷伝倭人条」で、たしか2000文字ぐらいの記述しかないのでしたよね。一冊の「伝」を建てるに足りないと判断されたわけですし、また実際それだけの情報しか魏には届いていなかったのでしょう。紀伝体の元祖である「史記」では、「帝王に本紀を建て、それを助けた人物に世家を建て、いずれにも入らないが漏らすには惜しい人物に列伝を建てる」という基準で分類されています。さらにその下に、一人の人物ではなく複数をまとめて一編の列伝にまとめてしまうという扱いもあります。後続の正史では世家を列伝にまとめてしまいましたが、つまり「魏志」での倭国の扱いは、「記述は必要だろうが最低限でよろしい」というレベルです。
内容を見ても、「これこれこんなに遠いところに、これこれこのような野蛮な風俗をもつ国がある。生意気にも朝貢してきたので、恩恵を与えてやった」というだけの話で、朝貢の事実がなければ(本当の意味で朝貢という意識があったかどうかも疑問ですが)正史には残らなかったでしょう。
こんなところが趣味で中国史の本を読みあさっているわたしの解釈ですが、どんなものでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! 非常に参考になりました
やはり勉強としての解釈より、趣味として楽しんだ解釈の方がわかりやすいですね。
邪馬台国の方共に、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/23 03:54

下記nuts氏の見解に同意です。


所詮は東「夷」、つまり野蛮人です。中国にとってはどうということのない辺境の一小国です。
ちなみに三国志中で異民族を扱った伝は、東夷伝の他には烏丸伝と鮮卑伝しか立てられていません。
東夷伝の中にさらに「夫餘」「高句麗」「東沃沮」「(手偏)邑婁」「(けもの偏)歳」「韓」「倭」が出てきます。これらについては、前史の欠を補うために記述した、と陳寿が述べており、西域については、漢書にある通りで変わらないということから記述しなかったようです。
ということで、東夷伝も大した変化が無かったら、西域伝と同じ運命だったかもしれません。

字数を数えたわけじゃないんですが、注釈を除けば烏丸伝、鮮卑伝を抜いて、倭人の条の記述が最も多いような気がします。
とはいえ、これもやはり一目置かれていたというんではなくて、朝貢をしていたということと、動乱があった(なおかつ情報が中国まで届いている)ということが大きいんでしょうね。

参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

nutsさんの見解と共に、非常に参考になりました。
この時代、まだまだ倭の国は位置付けとしては低かったのですね。
その点、お2人ともわかりやすい解釈をありがとうございました。

お礼日時:2001/01/23 03:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q米ヒップホップ界の勢力図

アメリカのヒップホップ界の勢力図が分かる書籍やHPを教えてください。

Aベストアンサー

米ヒップホップ界の勢力図

ラップとヒップ・ホップの正確な違いを、各ジャンルのアーティストやファン、その他さまざまな関係者に説明してもらったとしても、てんでんばらばらな答えが返ってくるに違いない。しかしながら、ヒップ・ホップは音楽という以上に、アート/ブレイクダンス/ファッションなど文化的な現象を示すものであり、一方、ラップは音楽のひとつのタイプである――という定義には、ほとんどの人が賛成するだろう。また、ラッパー兼社会理論家であるKRS-Oneは「ラップは行動、ヒップ・ホップは信条」と語っているが、これもまた頷ける発言ではないだろうか。

勢力図はありません。

参考URL:http://www.listen.co.jp/xtpsub494.jsp

Q【歴史日本史】倭国は邪馬台国の卑弥呼の時代。倭人は顔を赤く染め、体に入れ墨を入れて位を表していた。

【歴史日本史】倭国は邪馬台国の卑弥呼の時代。倭人は顔を赤く染め、体に入れ墨を入れて位を表していた。

邪馬台国の時代の刺青がどんなものだったのか知りたいです。

時代は卑弥呼が占い、卑弥呼の弟が政治を取り仕切り、卑弥呼に謁見出来たのは2人の男性だけだった大和の時代です。

身体のどの部分にどんな入れ墨を入れて身分をどのくらい分けていたのか知りたいです。

室町時代になると紫色が身分が高かったが卑弥呼の時代は身分が高い人はみな白色の服を好んで着ており体の入れ墨で身分を分けていたと伝記があります。

どんな形の入れ墨だったのか知りたいです。

腕だと隠れるので手首か足首に入れ墨を入れていたと思うのですがどうなんでしょう?

Aベストアンサー

基本的には、今のタヒチあたりに見られるような入れ墨だったのかなと思います。日本のヤクザがやってる一枚絵の、ある種芸術的な目でみられたりすることもあるアレではなく、黒だけで幾何学的な模様(?)のような感じも受ける、そういったやつです。

魏志倭人伝の記述は注意しなくてはならないのは、この原文を書いた人物(帯方郡の役人と思われる)の憶測がたっぷり入っているということです。それは、倭の黥面文身(入れ墨)が中国の南部にあたる會稽あたりに見られる風習とよく似ているから『これと同じものに違いない』という思い込みで書かれている文章です。
なので、入れ墨が左右大小がありそれらで身分(の差)を表していたということはあっても、それ以上の具体的な記述がないことに注意してください。
(ちなみに赤色云々は、現代訳にまぎれこんだニセ情報だと思います)

顔にイレズミを入れるくらいだから、手足も上半身にもバッチリ入れてたのではないでしょうか。


白色の服を好んだという情報もどこに書かれていたものか不明ですが、紫色が高貴な色として珍重されたのは貝紫とよばれる貝から取れる動物性の染料によるものが大きいです。これによりエジプトや地中海周りでも中国でも紫色(貝紫)は高貴な色として珍重されました。これが日本にも来て、聖徳太子の12階でも見られるように(諸説あるようですが)紫色は最上位の色とされています。

基本的には、今のタヒチあたりに見られるような入れ墨だったのかなと思います。日本のヤクザがやってる一枚絵の、ある種芸術的な目でみられたりすることもあるアレではなく、黒だけで幾何学的な模様(?)のような感じも受ける、そういったやつです。

魏志倭人伝の記述は注意しなくてはならないのは、この原文を書いた人物(帯方郡の役人と思われる)の憶測がたっぷり入っているということです。それは、倭の黥面文身(入れ墨)が中国の南部にあたる會稽あたりに見られる風習とよく似ているから『これと同じもの...続きを読む

Qポータルサイトの勢力図を示してください。

ポータルサイトの勢力図を示してください。

Aベストアンサー

先日、日本経済新聞に記事がありましたね。
NIFTY(富士通)とBIGLOBE(NEC)を順位に入れないずるい(賢い(^^))書き方でしたけど、ね。
1位は押しも押されもせぬYahoo!(ソフトバンク) もうぶっちぎりです。対抗はGOOGLEか。
3位以下は団子レースですが(順位も記憶があやふや)
INFOSEEK(楽天)MSN(マイクロソフト)GOO(NTT-X)LIVEDOOR(ライブドア)あたり。
NTT系が大枚払って面子で運営しているGOOがLIVEDOORに追い抜かれそうな勢いで他社買収計画だそうです(^^)
EXCITEあたりはGOOが買っちゃうのかな? 当面LIVEDOORに抜かれる心配なくなる! OKWEBという質問回答サイトはGOOと提携していましたがEXCITEとも提携。統合の布石かも(注 根拠はないです。信じたりしないように(^^))

Q創世記(旧約聖書)の解釈

創世記(旧約聖書)の解釈

出エジプト記なんかでは神をヤハウェという唯一神で表現しています
創世記ではエロヒムと複数形のニュアンスで表現し、他の宗教色(多神教)が若干出てます
しかし、創世記も出エジプト記も含めて一神教であるユダヤ教のモーセ五書です
おかしくないですか?
当時のユダヤ教徒は創世記の表現、複数形になったことに何の違和感も感じなかったのでしょうか

自分は創世記の1章と2章では作者が違う、創世記はバビロン捕囚のときに編集されたものである、と考えてます

Aベストアンサー

聖書学者のジョセフ・ベンソンは1800年代の初めに、聖書中のミカエルに関する記述が「メシア(=ギリシャ語キリスト)を指していることは明白である」と述べました。同様に、神学者のJ・P・ランゲは「ミカエルとは…サタンに対する戦闘の準備を整えたキリストであると、我々は初めから考えている」と書きました。

以上の点から、ユダヤ教の方が聖書の記述からユダヤ人を導き出したミカエルの存在を信じていらっしゃるのであれば、神エホバがイエスつまりミカエルに「われわれ」と語られていることに疑問の余地はないはずです。

Q世界の自動車メーカ勢力図

世界の自動車メーカの勢力図みたいなのってありますか?
ネットで探したんですけど見つかりませんでした
たとえばダイムラーとメルセデスの関係とアウディーとVWの関係が図式化されているものです

Aベストアンサー

こんな感じですか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=732173

Q邪馬台国についての新解釈

なにかの本で読んで、うろおぼえなんですが、邪馬台国について面白い説を唱えている人がいるようです。

この説とは、邪馬台国の成立は卑弥呼の倭王即位以後のことである、というもの。
つまり、私たちはこれまで邪馬台国という国があって、そこに卑弥呼という女王がいて、その女王を倭国全体の王として共立した、というふうになんとなく考えています。しかしそうではなく、卑弥呼が倭国の王として即位した後、その居所を邪馬台国と呼ぶようにした、というのがこの説のキモです。

この説ならば、邪馬台国論争にまつわるさまざまな矛盾を解決できる、なかなかのアイデアではないでしょうか。
たとえば卑弥呼が九州のどこかの国の女王で、倭国共立王となってから、近畿にやってきてその宮殿の場所を邪馬台国と呼ぶことにした。・・こう考えれば、九州説、近畿説の「いいとこどり」もできますよね。

この説について、皆さんはどうお考えになりますか。

Aベストアンサー

 私は九州と近畿は敵同士だったという説が正しいのではないかと思います。

 勢力が拡大すると内部分裂が起こるのが世の常ですから、卑弥呼が属する部族の仲間割れで九州と近畿に分かれ、それ以降は親戚同士であっても仲が悪かったのではないかと思います。戦争もやっていたのではないでしょうか。神話も西と東で内容が逆になっていると言いますし、日本に限らず、ヨーロッパなどでも同じような歴史の国は多いです。

 邪馬台国九州説が正しいように思うのは、戦前まで九州には卑弥呼がやっていたのと類似した儀式をおこなっていた地域があったからで、神道の神器を使って金融経済をコントロールしていた女性までいたそうです。近畿には、そういう人はいなかったようですから、九州説が正しいのではないでしょうか。

Q【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】 ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関

【政治で◯◯派とか派閥があるじゃないですか?】


ああいう派閥ってどれだけあるのかどういう勢力図と相関関係になってるのかニュースで説明してくれないですよね?

ドラマの相関図みたいな政治の派閥版を見たいんですけど女子アナの◯◯会の女子アナ派閥相関図とかは見つけれますが政治版の相関図はどこかありませんか?

Aベストアンサー

こんなの?政治家の離合集散は激しいからネ・・・
http://unotama.hatenablog.com/entry/2017/01/09/000000

Qマヤ暦の解釈の根拠となる遺跡、遺物の書籍

マヤ暦を、実際の遺跡・遺物を根拠に、ロジカルに解釈している書籍を教えて頂けますか。
滅亡説とかそういうことではなく、真摯にマヤ暦を解き明かしている研究書的なものが理想です。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

    ご質問で最初に難しいと思ったのは、遺跡と歴法の繋がりです。

1。    歴法は、マヤ文字の解読で最初に分かったことで、創元社から2003年に『マヤ文字解読』という題で訳が出ている(下記)マイケル・コウ(Michael D. Coe, Breaking the Maya Code 1992)などがお役に立つと思います。
    http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=20226

まだでしたら、八杉佳穂『マヤ文字を解く』中央公論社 / 中公新書、1982年 も、いいと思います。

    難しいのは、「遺跡」と言うのは屋外で雨ざらし、日ざらしになっているため、損傷がひどく、1841年にジョン・スティーブンスに同行したキャサーウッド(下記)が写生したコパンの石像は、今では見る影も無く、倒れて顔が土に埋もれたいた一体が辛うじて昔の様子を残している有様です。

    http://findarticles.com/p/articles/mi_m1510/is_n88/ai_17922356/

   また有名な「文字の階段」も一度崩れたものを、文字の読めない人が積み重ねたもので、順序、上下は意味がありません。こう言った状況から、遺跡から昔とった拓本をもとに、解読が行われるのが普通です。

2。   ご質問の「遺物」ですが、マヤの本は僅か4冊を残してカトリックの僧侶が焼却してしまいました。そのうち Dresden Codex (下記)がもっとも保存状態がよく、長くもあり、マヤ歴の情報で詰まっています。
http://www.google.com/search?q=dresden+codex&hl=en&client=firefox-a&hs=Z0I&rls=org.mozilla:en-US:official&prmd=ivnsb&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=UPolTofaDujUiALmi5H1CQ&ved=0CDsQsAQ&biw=1619&bih=901

3。まだ発掘されていない遺跡もたくさんありますから 、将来はまだ開けていく可能性は無いではありません。ただ熱帯雨林の中で、遺跡の損傷は進む一方ですから、油断は出来ません。

    ご質問で最初に難しいと思ったのは、遺跡と歴法の繋がりです。

1。    歴法は、マヤ文字の解読で最初に分かったことで、創元社から2003年に『マヤ文字解読』という題で訳が出ている(下記)マイケル・コウ(Michael D. Coe, Breaking the Maya Code 1992)などがお役に立つと思います。
    http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=20226

まだでしたら、八杉佳穂『マヤ文字を解く』中央公論社 / 中公新書、1982年 も、いいと思います。

    難しいのは、「...続きを読む

Q最近の周辺機器メーカー勢力図

ずいぶん昔、パソコン関係の仕事をしていました。Windows95が
出るか出ないかの頃の話です。
その頃のパソコン周辺機器メーカーというと、メルコ(現バッファロー)
とアイ・オー・データ機器が両雄。老舗のロジテックとサプライからの
新規参入エレコムが第二勢力。って感じだったと思います。

さて、最近の勢力図はどんな感じなんでしょうか? 量販店の売り場を
見ていると、バッファローが頭一つ抜け出して、アイ・オーがエレコム
に並ばれている。そんな感じがしているのですが・・・

Aベストアンサー

http://melco-hd.jp/ir/zaimu/kessan/200903setsumei.pdf
こちらの3ページ・4ページ・11ページ・12ページを参照ください。こんな感じです。

Q壁画などの解釈

考古学に関しては全くの素人です。
中学校のころ、歴史の授業で
「むかしむかし狩りの成功を祈って洞窟の壁に描かれた動物の絵」
っていうようなのを習ったように記憶してるのですが、「狩りの成功を祈って」というのはどのようにして分かるのでしょうか?
現在でも、本人は狩りなんてしないけど狩りをする風景を描く画家もいるだろうし、なんとなく落書きで描く人だっていないとは断言できないはずです。それをむかしむかしにさかのぼってそのように言い切る根拠はなんなのでしょうか?エライ先生がそういったからそうなのでしょうか?それとも素人には考えも付かない列記とした根拠があるのでしょうか?

Aベストアンサー

記憶のみで書いてますので典拠は省略します。

まず、「専門の画家」がありえない理由からいいますと、狩猟採集生活をしている数十名の集団において、「全く」狩りに従事せず宗教的・呪術的性格を持たない専門の「絵描き」は存在しえない、というのが定説になっているからです。
この定説も、いわゆるブッシュマンや、アマゾン奥地のインディオ、ニューギニア奥地やボルネオ奥地などにわずかに残っている、石器時代以来の生活文化のもとで生活している人々の観察からも導き出されており、根拠なしとして退けることはできません。

落書き説は画家が描いた、というよりは蓋然性がありますが、No.3さんもご指摘の場所の問題や、前述のような人類学的な観察からすると考えにくいです(前述の人々で「落書き」の文化を持つ人々は確か確認されていないはず)。大人の落書きは「絵を描く」という行為が、一般的には呪術的な意味を持たない文化(これはかなり高度な、少なくとも文字のある文明を背景にしないと出現しません)でないとふつうは起こらない行為です。

より詳しく知りたいなら大学の図書館か、考古学・歴史学系や人類学関係の学術雑誌をきちんととっている大きな図書館で、いくつか専門書をお読みになることをお勧めします。

記憶のみで書いてますので典拠は省略します。

まず、「専門の画家」がありえない理由からいいますと、狩猟採集生活をしている数十名の集団において、「全く」狩りに従事せず宗教的・呪術的性格を持たない専門の「絵描き」は存在しえない、というのが定説になっているからです。
この定説も、いわゆるブッシュマンや、アマゾン奥地のインディオ、ニューギニア奥地やボルネオ奥地などにわずかに残っている、石器時代以来の生活文化のもとで生活している人々の観察からも導き出されており、根拠なしとして退ける...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報