The Spanish bishops persueded the emperor Maximus to condemn Pricillianus to death, but Mrtin, bishop of Tours, who was present at Trier, protested the heretic's punishment by state authorities and insisted excommunication was enough. Martin refused to leave the city until the emperor promised to spare Priscillianus, but as soon as Martin left, the bishops persuaded the emperor to behead Priscillianus and one of his followers.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

試訳:


スペイン人の司教たちは、皇帝マクシムスにプリシラヌスへの死刑判決を下すよう求めた。しかし、トゥールの司教でトリールに出席していたマルティンは、異端者への刑罰を(おそらく世俗権力としての)帝国が行うことに抗議し、破門で十分であると主張した。マルティンは皇帝がプリシラヌスの助命を約束するまで町を去らなかった。しかし、マルティンが町を去ると、(スペイン人の)司教たちは皇帝を(再び)説得してプリシラヌスと信奉者の一人を斬首させた。

※専門外ですので、分からないところがあります。
persuadeは普通なら「説得する」だけではなく「説得して~させる」ところまで含みます。
ですから「説得したがだめだった」という場合は、
I tried to persuade him, but ...という具合になります。
一番最初に出てきたpersuadeの場合はtryが入っていませんが、
後にすぐにマルティンによる反対が入っているので、
処刑までは行かなかったことが分かると、書いた人が無意識に判断したのだと思います。

しかし最後の分に出てくるperusuadeは普通にとると、
「説得して首をはねさせた」となります。
「首をはねるよう迫った」では明らかに違和感を覚えます。
また、文脈から判断しても実際に処刑したと解釈するのが自然です。

ただ私は、この歴史上の事実関係を知らないので断言は出来ません。
もし処刑が実行されずにプリシラヌスが生き残ったことが分かっているのなら、
「首をはねるよう迫った」のように訳してください。
    • good
    • 0

スペインの司教は、プリシラヌスを死に宣告するために、皇帝マキシウスを説得しました、しかし、トリールに出席していたタウロスの司教マルティンは、当局のに異端者の罰に抗議して、破門で十分であると強く主張しました。

皇帝がプリシラヌスを惜しむことを約束するまで、マルティンは市を去ることを拒否しました、しかしマルティンが去るとすぐに、司教は皇帝にプリシラヌスと彼の追従者の1人の首を切り取るよう説得しました。
    • good
    • 0

The Spanish bishops persuaded the emperor Maximus to condemn Pricillianus to death,


スペインの司教たちはプリシリアヌスに死の判決を下すようマクシムス皇帝に迫った。

but Mrtin, bishop of Tours, who was present at Trier,
しかし陪審員として出席していたフランスのツールの司教、マルティンは

protested the heretic's punishment by state authorities and insisted excommunication was enough.
国による異端者の処罰に反対を唱え、破門で充分だと主張した。

Martin refused to leave the city until the emperor promised to spare Priscillianus,
マルティンは皇帝がプリシリアヌスを許すと約束するまで町を去ることを拒否した。

but as soon as Martin left, the bishops persuaded the emperor to behead Priscillianus and one of his followers.
しかしマルティンが町を去るやいなや、司教たちはプリシリアヌスと信奉者の中の一人の首をはねるよう皇帝に迫った。
    • good
    • 0

スペイン人の僧侶はエンペラー・マキシマスに対し、プリシラヌスを処刑するよう説得したが、トライエルにいたタウロスの僧侶マルティンはその処罰に反論し、破門で十分だと講義した。

マルティンはエンペラーがプリシラヌスの容赦を確認するまで、街から出るのを断った。しかしマルティンが去った後、プリシラヌスと彼女(彼?)の部下(信者?)の首を切り落とすよう、僧侶はエンペラーに頼みました。

好きに修正して使ってください。

では。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNancy was the first girl to come.と Nancy was the girl to come first.

Nancy was the first girl to come.「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」をfirstを副詞で使って、 Nancy was the girl to come first.と言えるでしょうか。意味が変わってしまうでしょうか。説明できる方、お願いします。

Aベストアンサー

> Nancy was the first girl to come.

形容詞的用法のこの不定詞は「来た→最初の少女」と単純に修飾しているので( = Nancy was the girl that came first .)、訳は「ナンシーはやってきた最初の女の子だ」になると思います。

> Nancy was the girl to come first.

これも形容詞的用法の不定詞ですが「最初に来くるべき→少女」というように「-するべき」という義務、当然のニュアンスを含んで修飾しているように思います。( = Nancy was the girl who should come first .)、「ナンシーは最初に来るべき少女だった」

Cleanig your room is the work to do first .
= Cleanig your room is the work you have to do first .
(部屋を掃除するのが最初にすべき仕事ですよ)
この例文のような感じだと思います。

Qこのshading、in、the、grainの意味は?:a shading we didn't notice, but was in the grain.

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we didn't notice, but was in the grain.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

解釈はこれで良いのでしょうか?

写真の向こう側に僕達が気が付かない「わずかな変化(shading)」が現れた、だげどそれは「徹底した(in the grain=in grain?)」ものだった。

in the grainを、慣用句in grainと同義と解釈して良いのでしょうか?もし同じなら、何のためのtheでしょうか?

また、shadingは、shadeが「暗がり」だとか、「陰」といういみだけど、英和辞書では、shadingになると、「わずかな変化」の意味があるし、ここではこの意味かな?っと思ったのですが。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)を読んでいます。

その中の、The Shadowsという詩の一節で分からない箇所があります。

背景:質問箇所は詩が始まって4行目にあります。 1行目は、女性が別れを切り出すセリフです。2,3行目は、周りが暗く感じるという内容。

写真(picture)はその後、詩に二人が写った写真だと出てきます。

~~~~~~~~~~上記の本の詩より引用~~~~~~~
Across the picture there appears a shading we d...続きを読む

Aベストアンサー

grainと同様、shading も写真用語として存在します。
レンズを透してフィルムに焼きつけるのですが、その際に撮像素子やレンズ収差の影響を受けて、実際の写真に現像した時にムラができてしまうことがあります。このムラをシェーディングと呼び、それを補正する技術もあります。

「写真を横切って(写真上には)、私たちは気付かなかったムラが表れている。しかしそれは(確かに)撮像素子には存在したのだ」

ということでしょう。
おそらく「以前に取った写真に出ていたムラが二人の間の別れを暗示していた」というような背景があるのだろうと推察します。

QIt was familiar, but when seeing the real thing, t

It was familiar, but when seeing the real thing, the Golden Pavilion of a textbook was marvellous.

これを日本語に訳すとどうなりますか?

Aベストアンサー

当然知ってたよ。でも本物を見たらさ、教科書にある金閣寺がいかに素晴らしいかわかったよ。

QIt was the best times, It was the worst timesの意味

Charles Dickensの "The Tale of Two Cities" という本の中からの引用ですが、これは、どういう意味になりますか? この本を読んだ人でないと、わからないかもしれません。
best times と worst times が どのように関連しているのか教えてください。

Aベストアンサー

 冒頭の言葉ですね。英文の教授の恩師が「ディッケンズ屋」だったので、学部1年の時、読んだ事を覚えています。

 パリとロンドンを舞台に、社会派の作家が、下層社会の置かれた状態「最悪の時代」と、それが終わりそうになる「最善の時代」、上流社会が享受した「最善の時代」と、それが終わりそうになる「最悪の時代」、まあこういってしまえば実も蓋もありませんが、それを、冒頭で要約した、今では有名な書き出しです。

 解説は、下記などがあります。

 http://www.sparknotes.com/lit/twocities/quotes.html#explanation1

QStrange to think, the wind couldn’t touch our thoughts, but it blows against our

イギリス詩の解釈について教えて下さい!
こんにちは。今、イギリスの詩を勉強しています。
しかし、ここに添付致します詩の裏にある、心情がどんな物なのかいまいち読み取れません。
この詩は、どの様な心境を詠ったものなのでしょうか?アドバイスをお願い致します。

Strange to think, the wind couldn’t touch our thoughts, but it blows against our skin, touching each sense and each sense behind each sense and until there is only wind.

Aベストアンサー

詩ですから、解釈は人それぞれでいいのではと思いますが、一応私はこんな感じで受け取りました。

思えば不思議なことだが、風は私たちの思考には直接手を触れなかったのだが、肌に吹きつけることでそれぞれの感覚(いわゆる五感ですかね)に触れ、それがさらにその奥の感覚へと伝わり、しまいにはただひたすら風があるのみ(身体中で風を感じるというか、風と一体化するというか)という状態にさせてしまうのだ。

文の前半では過去形で、後半は現在形になっていますので、おそらくこの「出来事」は過去の話で、後半はそれをよりリアルに表現するための手法として現在形にしているのかと思いました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報