恐慌ってどういう事を言うのですか。また、どうすれば恐慌が終わるのでしょうか。教えてください。

A 回答 (2件)

おっしゃるとおり、現在はまだ恐慌という状況ではありません。


恐慌は株価の暴落に始まり、銀行預金の取り付けなどで、経済がめちゃめちゃになります。

歴史にのこっているものは
大正9年 1920年 戦後不景気(恐慌襲来)
昭和4年 1929年 世界大恐慌
です。
    • good
    • 0

恐慌とは、不況のために皆が先行きの不安が大きく、物を買わなくなり商品が売れず、失業や倒産が増える状況です。

人々がほんとうは商品を欲しているのに、商品の媒介にすぎない一般的交換手段である貨幣を商品以上に欲しがってしまう。ものを売って貨幣を得ると、それを別の商品に対して支払おうとしないでため込んでしまう。したがって、商品を販売しようとしている人は売ることができず、売れないとお金が入らないから、その人もものを買わなくなる。その連鎖が繰り返されて恐慌になるというわけで
す。
したがって、景気が立ち直れば収束に向かいます。


 

この回答への補足

ありがとうございます。では今のいわゆる平成不況は恐慌といえるのでしょうか。わたしの印象ではいっきに景気が悪くなったときに「恐慌」という言葉が使われていると思うのですが、おしえてください。

補足日時:2001/01/23 00:56
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報