1 " Tim fell over/off/down the tree."
2 " Tim fell over/off/down the stairs."
3 " Tim fell over/off/down the horse."

それぞれどの前置詞が可能でしょうか?

A 回答 (1件)

>それぞれどの前置詞が可能でしょうか?



全て可能です。しかし、次のように、全て意味が異なります。
1-1 Tim fell over the tree.
(a)ティムは、その木をの上に覆い被さるように落ちた。例えば、体よりずっと小さな木があって、その木に体を覆い被せるように落ちたということです。
(b)ティムは、その木をの上を越すように落ちた。例えば、重力その他何かの力でティムが飛ばされてまたは押しやられて、木の上を越す(あるいは、飛び越す)ように落ちたということです。
1-2 Tim fell off the tree.
ティムは、その木から落ちた。これは、普通に木から落ちたということです。木からパッと離れてそのまま落ちたということです。
1-3 Tim fell down the tree.
ティムは、その木を伝って落ちた。これは、木がまっすぐ上下にではなく斜めに生えているような場合に、その木の上をずるずるあるいはごろごろと伝って落ちたということです。

他の2、3も、すべて、全く同様の意味を表します。

したがって、普段の生活で普通によく起きるのはどれかということであれば、
1は、fell off
2は、fell down/off
3は、fell off/over
になります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qdistinguish A from B

僕のレベルでは、distinguish A from B 「AとBを区別する」= tell A from B = know A from B という風に同列に暗記してるだけなんですけど、これらは実際どんな意味の違いがあるのですか?どんな風に使い分けられているのですか?

Aベストアンサー

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるということで、AとBを区別して伝えるということになります。この場合、意味上、どうしても通常can, be able toなどと共に使うことになります。

know A from B
こちらは、通常、否定文、疑問文で用います。たとえば、
He doesn't know good music from grunge. 彼はよい音楽とくだらい音楽の区別ができない。
こちらは、知っている状態を表すknowを用い、いい音楽がわかっていないーーgrungeと区別してーーというような意味になります。あまり区別という感じがしない表現です。むしろ、いい音楽がわかっていないーーということの延長のようにfrom grungeを付け足している感じです。
ですから、
She didn't know me from Adam.
は、彼女は私のことを知らなかったーーアダムと区別できないーーアダムとイブのアダムですがーー
She didn't know me at all. の意味になります。つまり
not know A from Bは
not know Aという言い方を強めて言っている感覚です。

以上、ご参考になればと思います。

distinguish A from B
→このdistinguishは、もともと「突き刺す」という意味の言葉から出来た語で、突き刺して分離するという意味を持っていました。つまり、はっきり、切り裂いてAとBを区別する、見分ける、識別するという意味です。
このような区別する意味を含む動詞なので
distinguish A and Bとも言えますが、tell, knowでは言えません。

tell A from B
tellの中心的な意味は、情報を伝えるということです。Aという情報をBから(違うものとして)伝えるということから、AとBの違いを言う、違うと伝えるとい...続きを読む

QNo sooner had we sat down than we found it was tim

No sooner had we sat down than we found it was time to go out.

As で始まるように書き換えるとどうなりますか??

Aベストアンサー

As soon as we sat down, we found it was time to go out.

Qdie from/of A の違いは?

なにかあるんでしょうか?聞いたところでは
OF A・・・Aは病気
FROM A・・間接的原因・過労など

です。ですがテストでは、FROM心臓病
がありました。これって明らかにOFのような気がするのですが、実際どうなのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布を奪った。」(老婦人の一部である財布が老婦人から離脱)
  (2)a glass of milk「コップ1杯のミルク」(ミルク全体の中のコップによって分離された1杯)
  (3)the windows of my room「私の部屋の窓」(私の部屋全体の一部である窓)
  (4)the city of Kyoto「京都市(京都という町)」
  (5)It is very kind of you to help.「手伝ってくださるなんてあなたは親切な方ですね。」

 (3)は一見分離ではないように思えますが、the windowsが話題の主体になる(私の部屋の構成要素のうち、窓が取り沙汰されている)ので、その意味では分離です。(4)はthe city(一部)とKyoto(全体)が同じ大きさで、同格の用法です。(5)は、(手伝ってくださるのは、「あなたという人格(全体)の中の親切という一面(一部)」ですね)という内容です。

 fromは「出発点」を表し、to(到達点)との対応表現として使われます。そして到達点に至るまでにどのような経路をたどっても関係ありません。例えば、
  A cold wind blew from sea.「冷たい風が海から吹いてきた。」
という例文の場合、極端な言い方をすれば、風が海とは反対方向から吹いてきたとしても、それがもともと海から吹いてきた風であれば、この文は有効となります。
 このように、fromとtoの間には途中経路のイメージが介在するために、toから見たfromには遠いイメージ、つまり「距離感」のイメージが生じます。
  Keep away from the cage.「おりに近づかないこと。」
のように、fromがaway(離れて見えない)などと相性が良いのもこのためです。

 ofとfromの根本的な意味の違いは以上のような感じです。死亡原因について使われる場合もやはり、
  die of A…Aという事柄が全面的な原因となって、dieという結果が生じる(→Aは直接的死因)
  die from A…Aという出発点から途中経路をたどってdieという到達点に至る(→Aは間接的死因)
という説明が可能です。

 しかし正直なところ、現在ではこの区別もあいまいになってきています(死因の境界線がはっきりしないことも多い)。結局は話者がどう考えるかによっても違ってきます。ただ、ofとfromの基本的な意味は知っておかれると良いかと思います。

 ひとつの単語には1つの意味しかないという持論を持つ者です(わかりにくければ参考程度にお願いします)。

  of:構成要素の離脱
  from:出発点(→距離感)

 ofの語源はoffと同じですが、offが(壁からポスターがはがれるような)表面からの分離を表すのに対して、ofは全体の中から一部が抜け出す、つまり「構成要素の離脱」を表します。out ofという表現がよく使われるように、ofがoutと相性が良いのもこのためです。
  (1)The man robbed an old lady of her purse.「その男は老婦人から財布...続きを読む

Qover-under(またはover/under)の意味

外国との取引の文書の中で“over-under delivery”とあるのですが、英語の辞書で引くと“上下の”とか“上下連続式の”と書いてありますが、意味が通じません。“No over-under dlivery is allowed.”という文です。意味が分かる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上、下という意味ではありません。
超過・過小配送は駄目ですよってこと。

Qfromの使い方がいまいち分かりません。 「出身」 「from A to B」でAからBまで その他

fromの使い方がいまいち分かりません。
「出身」
「from A to B」でAからBまで
その他にどんな使い方があるんですか?
問題解いてて

あなたの計画は彼女の計画と違うのですか?
「Is your plan different from hers?」
っていうのが出ました。
これはどういう使い方?なんですか?

Aベストアンサー

この場合は~から、ではなく、
~と異なっている、~とは違っている、
と訳すと綺麗な日本語になります。

http://eow.alc.co.jp/search?q=different+from

Qfall down a flight of stairs

# fall down a flight of stairs
階段から転げ落ちる

という文章をみたのですがこれは文法的にはどう解釈すればいいのでしょうか?
たとえば
I fell down a flight of stairs. といったとして、 I fell down で転んだという意味ですよね? そのあとに a flight o stairs と名詞をつなげれるんですか? 自分的には from a flight of stairs のほうがしっくりくると思うんですけど。
だれがおわかりのかた文法的に教えてください!!

Aベストアンサー

>I fell down で転んだという意味ですよね?

そうですね。

>そのあとに a flight o stairs と名詞をつなげれるんですか?

そうですね。名詞は前置詞downの目的語です。

fell downと言う場合のdownは「下へ」という意味の副詞ですが、このdownは、同時に、 a flight of stairsと結びついてdown a flight of stairsで「階段のflightを伝って下へ」という意味を作っています。down a flight of stairsのdownは、前置詞で、「~を伝って下へ」という意味です。つまり、この文ではdownは1人で2役を果たしていると考えることができます。

その直後に名詞が位置する場合のdownは、このように1人で2役を果たすこととなります。例えば次のようです。
(1)He sailed down the river.(川を船で下って行った。)
(2)The ant went down the hole.(アリは穴を伝って下がって行った。)

ただ、実際には1人で2役を果たしていますが、品詞をどちらかに決めなければならない場合は前置詞であるとします。

>自分的には from a flight of stairs のほうがしっくりくると思うんですけど。

文法的には正しい言い方ですが、意味が異なります。
(3)I fell down a flight of stairs.(flightを(伝って)落ちて行った。)
(4)I fell down from a flight of stairs. (flightから(flight以外の場所へ)落ちた。)

(3)は、flightの上を伝って落ちて行ったという意味です。flightの外へは出なかった(例えば、次の(5)のようなことはしなかった)という意味です。
(5)flightから空中へ飛び出てそのまま直接床に落ちる。

(4)は、fell downという動作をする起点がflightだったという意味です。「flightから落ちた」という意味です。(5)のような動作をしたということです。

(4)では、前置詞(down)はfrom a flight of stairsとは結びつかない(from a flight of stairsを目的語として取らない)ので、downは副詞であり1人1役です。

その直後に前置詞が位置する場合のdownは、このように1人1役となります。例えば次のようです。
(6)He fell down on the floor.(床の上で転んだ。)
(7)He fell down to the floow.(床の上へ転んだ。)
(8)He fell down into the hole.(穴の中へ落ちていった。)

>I fell down で転んだという意味ですよね?

そうですね。

>そのあとに a flight o stairs と名詞をつなげれるんですか?

そうですね。名詞は前置詞downの目的語です。

fell downと言う場合のdownは「下へ」という意味の副詞ですが、このdownは、同時に、 a flight of stairsと結びついてdown a flight of stairsで「階段のflightを伝って下へ」という意味を作っています。down a flight of stairsのdownは、前置詞で、「~を伝って下へ」という意味です。つまり、この文ではdownは1人で2役を果たし...続きを読む

Qto determine A from B という言い回しについて教えてください

to determine A from B で「B を A と見なす」という意味になるのでしょうか?

というのは・・・
「その装置は『C2 速度の設定値から計算で求めた値±3%』を D3 シャフト
の回転数の設定範囲と見なします。」という文を翻訳業者に英訳してもらった
ところ、「The device determines the D3 shaft rpm setting range from the
calculation based on the C2 speed setting ±3%.」という英文になってきた
のですが、私の知識では今ひとつ納得いかなくて。

翻訳してくれた人に聞いてみたら、
「to determine A from B」 で「B から(B に基づいて)A を決める」で、
「B から A を決める」ということは「B を A としている(B を A と見なして
いる)」(つまり、A と B は同じ)となる
・・・とのことなのですが、

私には「『B から A を決める』ということが『B を A としている』(B を A と
見なしている)という意味になる」というところがどうしても納得いかないのです。
辞書もいくつか調べてみましたが determine と from がセットで使われているよう
な例に出会えませんでした。from の代わりに as だったら「~として」という意味
で納得できたかもしれませんが、from だと「B がそのままイコール A」なのではな
くって B を元にさらに手を加えて(計算するなど)A を得ているような印象を受け
るのです。私が間違ってるだけでしょうか?

どなたか、私の納得の行く説明をしていただけないでしょうか?
(翻訳者のかたにはこれ以上しつこく聞くのは失礼になってしまうかと思いますので。)

「ここにこんな使い方が載ってるよ」っていうような情報も歓迎です。

どなたか助けてください。よろしくお願いします。

to determine A from B で「B を A と見なす」という意味になるのでしょうか?

というのは・・・
「その装置は『C2 速度の設定値から計算で求めた値±3%』を D3 シャフト
の回転数の設定範囲と見なします。」という文を翻訳業者に英訳してもらった
ところ、「The device determines the D3 shaft rpm setting range from the
calculation based on the C2 speed setting ±3%.」という英文になってきた
のですが、私の知識では今ひとつ納得いかなくて。

翻訳してくれた人に聞いてみたら、
「to deter...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容を英語に直す場合,日本語をそのまま英語にしたのではあいまいな表現になってしまう事がよくあります。その場合には,同じ意味の明確な表現に直して英訳する必要があります。

今の場合,翻訳者の方は「みなす」をその様な表現ととらえたのだと思います。その上で,伝えたい内容は「その装置は『C2 速度の設定値から計算で求めた値±3%』に基づいて(from)D3 シャフトの回転数の設定範囲を決定します(determine)。」であると考え,「determine ~ from ~」を使われたのだと思います。


むしろ私は,この英文では「その装置は『C2 速度の設定値±3%から計算で求めた値』を D3 シャフトの回転数の設定範囲とします。」という意味になって,元の日本文とは若干内容が異なる様な気がしますが。私は化学者ですので,そんな気がするだけかも知れませんが・・・・。

QLondon Bridge is falling down ...

昔から疑問だったことなのですが...。
"London Bridge is falling down ..."
とは、あまりにもよく知られたマザーグースの一節ですが、
実のところ、これはどういう意味なのでしょう。
「ロンドン橋が落ちた...」
という過去形ないし完了形の訳は論外としても、
この進行形はいったい何?
落ちる橋が川面に着水する前に歌った...ということはないでしょうから、
一部が落ちて他は残っている状態?
今にも落ちそうだというだけで、まだ落ちてはいない?
お分かりの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マザーグーズの元になった歌や物語は相当古いものだと思われます。例えば「コマドリを殺したのだーれ」の歌詞を見るとふくろうを墓堀り役としています。これはギリシャのふくろう観、いわゆる芸術の女神アテナイの従者としてのふくろう観(賢い鳥のイメージ、日本では商業主義でふくろうは幸せを招くという表現に変えられた)が伝えられる前のケルトのふくろう観(霊界と関係づける)の影響が見られます。

ロンドンブリッジも同様に、ローマ軍によって堅固な石の橋梁建設技術が伝わる前のおそらく木造の橋が何度も壊れたことを歌った(茶化した)元歌があったのではないかと思われます。この歌の歌詞を見ると、橋の材料をいろいろと試しています。最後には金や銀まで登場します。

このように考えるとLondon Bridge is falling down,falling down, falling downは庶民が何回作っても
壊れる低い橋梁建設技術を揶揄したものだと受け取れます。揶揄するには現在進行形がもっとも感じが出せると思います。

まったく根拠のない推測ですがヒントは3つあります。

1.マザーグースの歌詞に多くの意味不明の古い歌が含まれていること。(それだけ原歌が古いこと)

2.ふくろう観の変遷(キリスト教とケルト文化)

3.テームズ川にはロンドン・ブリッジ以外にたくさんの
橋がかかっていること。ロンドン・ブリッジは後世それらの橋の代表にされた可能性があること。

マザーグーズの元になった歌や物語は相当古いものだと思われます。例えば「コマドリを殺したのだーれ」の歌詞を見るとふくろうを墓堀り役としています。これはギリシャのふくろう観、いわゆる芸術の女神アテナイの従者としてのふくろう観(賢い鳥のイメージ、日本では商業主義でふくろうは幸せを招くという表現に変えられた)が伝えられる前のケルトのふくろう観(霊界と関係づける)の影響が見られます。

ロンドンブリッジも同様に、ローマ軍によって堅固な石の橋梁建設技術が伝わる前のおそらく木造の橋が何...続きを読む

Q私はアメリカ出身です。は、I'm from AmericaかI'm from U.S.Aのどっちで…

私はアメリカ出身ですは、I'm from AmericaかI'm from U.S.Aのどっちですか?

Aベストアンサー

どちらでも通用しますよ。
だいじょうぶです。

Qup,down,out,overなどの副詞について

二つほど質問があります。

こういった副詞は、よく動詞の後ろに付いて一つの動詞となっていますが、こういう副詞があるのとないのではどう違うのでしょうか。

二つ目の質問。up,downはともかく、outやawayは、イメージがつかみにくくて困っています。「外」「遠くへ」というイメージだけでは解釈できないような語句もあります。

Aベストアンサー

>outやawayは、イメージがつかみにくくて困っています
outとawayのつく主な動詞で考えてみました。

outは「外へ」という意味がやはり中心です
outのついた主な動詞を考えてみると、

carry out 実行する。
「頭の中にある計画などを外へだす。」

make out 理解する
「隠れていたものを外に出して、わかる」

pick out 選び出す。
「突き刺して外に出す」

work out 成し遂げる
「働きかけて外に出せるようにする」


go out 外に出る

outは外に出るから「なくなる」という意味になりますね。
「なくなって、きえて」というのが大事ですね。

go out 消える

put out 消す

die out 死に絶える 「死んでなくなる」

run out of ~がなくなる


awayは「離れて」という意味がやはり中心だと思います。

do away with  廃止する
「離してしまう、なくしてしまう」

run away 逃げる
「走って離れる」

pass away 亡くなる
「過ぎて離れていく」

look away 目をそらす
「視線を離す」

>こういう副詞があるのとないのではどう違うのでしょうか。
具体的な例があるとこたえやすいのですが、

>outやawayは、イメージがつかみにくくて困っています
outとawayのつく主な動詞で考えてみました。

outは「外へ」という意味がやはり中心です
outのついた主な動詞を考えてみると、

carry out 実行する。
「頭の中にある計画などを外へだす。」

make out 理解する
「隠れていたものを外に出して、わかる」

pick out 選び出す。
「突き刺して外に出す」

work out 成し遂げる
「働きかけて外に出せるようにする」


go out 外に出る

outは外に出るから「なくなる」という意味になりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報