プロが教えるわが家の防犯対策術!

目上の方に「ただいまお電話いただいた○○ですけど、~」って言ったんですけど、その言い方は間違ってますか??ただいまでいいんでしょうか?

A 回答 (3件)

はじめまして。



下記の点を訂正する必要があります。

1.ただいま:
「たったいま」という意味ですが、やや口語的なので、丁寧さが感じられません。ここは、他の回答にあるように「先ほど」が適しています。

2.お電話いただいた:
「電話」は相手が自分にした電話なので、尊敬語の「お」をつけてかまいません。「いただいた」も「もらった」の謙譲語になっていますが、「た」の部分が、まだ常体です。

丁寧語の「ます」をつけて「いただきました」とすると、さらに丁寧な敬語表現になります。

3.○○ですけど:
「けど」が口語的です。「ですが」でシンプルかつ敬意のこもった表現になります。「です」の謙譲語を使うと、「~と申しますが」となり、さらに丁寧な敬語表現になります。

4.以上を踏まえて訂正例は

(1)「先ほどお電話いただきました○○ですが、」
(2)「先ほどお電話いただきました○○と申しますが、」
となります。この2選択なら、問題のない敬語表現になり、文句は言われません。敬語の使い方は、「人となり」まで判断されかねない、大切な語法です。少しづつ身につけていかれて下さい。

以上ご参考までに。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

難しいですね。
とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/02 21:42

「ただいまお電話いただいた○○ですけど、~」


ですか。
「○○ですけど、~ 」がため口ぽいですね。「ですけど・・」は特に良くないですね。
「(先ほど)電話いただいた○○ですが、~ 」とシンプルにすべきですね。つまり、「です。ます。が、」と文節をはっきり発音することが良い電話対応ですね。
    • good
    • 0

私は特に違和感は感じませんが、どうなんでしょう。



ちなみに、私は「先ほどお電話いただきました**ですが・・」
と言っています。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Qお電話、ご連絡、という言い方

お電話、ご連絡、という言い方

お客さんや取引先と、電話やメール等でやり取りするときの言葉遣いについて教えてください。

私は、こちらから連絡をする旨を伝える場合でも、先方からの連絡をもらう場合でも、どちらも「お電話いたします」「ご連絡いたします」「お電話頂けますでしょうか」「ご連絡頂きました件につきまして」などと、どちらも「お」「ご」をつけていました。

しかしよく考えると、こちらからお客さんに差し上げることと、お客さんからこちらに頂戴することという正反対の立場になるため、どちらも同じ言葉遣いはおかしいのでは?と思うようになりました。

電話やメール等の連絡について、こちらからの場合と、相手からの場合、どちらに「お」「ご」をつけるものなのでしょうか。
両方つけても問題無いのでしょうか?

Aベストアンサー

日本語の敬語には、

1)尊敬語(そんけいご)
2)謙譲語(けんじょうご)
3)丁寧語(ていねいご)

という3種類があります。

質問者さまがおっしゃっている
「こちらからお客さんに差し上げることと、
お客さんからこちらに頂戴することという正反対の立場になる」
という状況は、
1)尊敬語と2)謙譲語では
いちばん大事な要件といってよいでしょう。

つまり、相手と自分の立場を考えながら
「なさっている」
「させていただく」
など使い分けなくてはなりません。
そういう意味では、質問者さまの視点は
良いところを突いていらっっしゃると申し上げたいです。

しかし「お電話」「ご連絡」は、
敬語としては、いずれも3)丁寧語に分類され、
それぞれ
「お」+「電話」
「ご」+「連絡」
と、丁寧をあらわす接頭辞を普通名詞につけているので、
相手にも、自分にも、どちらにも使えます。

ただし、それが相手と自分、どちらの行為かによって
「お電話をいただいたようですが」
「お電話をさしあげますので」
または
「ご連絡をいただければ」
「ご連絡をさしあげます」
などと後続する敬語を文章によって区別しなければなりません。

日本語の敬語には、

1)尊敬語(そんけいご)
2)謙譲語(けんじょうご)
3)丁寧語(ていねいご)

という3種類があります。

質問者さまがおっしゃっている
「こちらからお客さんに差し上げることと、
お客さんからこちらに頂戴することという正反対の立場になる」
という状況は、
1)尊敬語と2)謙譲語では
いちばん大事な要件といってよいでしょう。

つまり、相手と自分の立場を考えながら
「なさっている」
「させていただく」
など使い分けなくてはなりません。
そういう意味では、質問者さまの視点...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q電話での敬語を教えてください

就活の選考が進んでいる会社の人から携帯電話に履歴がありまして、折り返し電話をかけたのですが緊張して敬語がうまく出来ませんでした。

会社に電話して、
「お忙しいところ失礼します、わたくし~と申します。先ほどそちらの人事の~さんからお電話がありまして、不在しておりましたので折り返しお電話を差し上げたのですが、~さんは今いらっしゃいますでしょうか?」
と代わってもらおうとしたら、実はその方本人でして、
「あ、~さんですか、失礼しました。先ほどはお電話に出られなくて申し訳ございませんでした。ご用件はなんだったんでしょうか?」
と申しました。

これではたぶんだめですよね、正しい電話での敬語を教えてください。

Aベストアンサー

一例です。
「わたくし○○大学の××と申します。
恐れ入りますが人事の□□様はいらっしゃいますか?」
「□□様ですか、今お電話はよろしいでしょうか?
先ほどは電話に出られず大変申し訳ございませんでした。恐れ入りますが、どのようなことでしょうか。」

咄嗟だとなかなか言葉が出てこないかと思いますが、
センテンスをなるべく短くすると明瞭に聞こえますし
自分も落ち着きますので頑張って下さいね。

蛇足ですが、「申しました」のは質問者さまご自身ですよね?
それでしたら謙譲語なので、使い方は間違っていませんよ。

Q先ほどのお電話の件

電話の伝言メモを記入する際、「先ほどの電話」と言う意味のきれいな(丁寧な)言葉はないですか?
「カデン」というのを聞いたことがあるのですが、国語辞典で調べてみても、載っていません。
すみませんが、解答をお願い致します。

Aベストアンサー

"架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。
"架電状況"(電話をどこに何時に架けたか)、
"***どこどこ***へ架電。"みたいに使われます。

けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。
「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。

「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、
というか、
文章に近づけることは、丁寧に表現するための基本だと思います。

1)"「先ほどの電話でお話された件」ということです。".....メモを書く自分の目線で書くとこうなります。

2)"「先ほどの電話での件について」とのことです。".....電話をかけてこられた方の目線で書くとこうなります。

これで如何でしょうか???

私が思うには、細かな部分で悩むよりも、
例えば、"***だれだれ様***よりお電話がございました。"とか、
                    ~~~~~~~
ありきたりの部分で丁寧にできていれば、それだけで、ずっと丁寧に感じるものだと思います。

"架電"というのは、最近頻繁に使われだした言葉です。
"架電状況"(電話をどこに何時に架けたか)、
"***どこどこ***へ架電。"みたいに使われます。

けれどもあまり一般的に、話し言葉やメモ程度では使われないと思います。
「先ほどの電話」の場合、その電話はこちらがかけたのか、相手からかかってきたのかも定かではないのですし、私としては「架電」はやはり"こちらから"なので、すごく変な感じがします。

「先ほどの電話」を丁寧にいうには、やはり文章にすることがいちばんてっとりばやい、
という...続きを読む

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q「いらっしゃいますか?」と「おられますか?」正しいのは?

 私は社会人歴7年、ひととおりのビジネスマナーはまあまあ覚えていたつもりなのですが、実は未だにちょっと分からないことがあります。

 例えば、仕事上で相手の会社に電話をかける際、はじめに目的の人物以外が電話に対応する場合のはよくあることですね。そしてその時、自分が用事のある人物に電話を取り次いでもらいたい場合、「○○さんはいらっしゃいますか?」と「○○さんはおられますか?」ではどちらが本当は正しいのでしょうか? それとも地域によってちがうのでしょうか?

 私は北東北在住です。振り返って思い出してみると地元の人たちで「おられますか?」を使うのを殆ど聞いたことが無い気がします。どちらかと言えば、他県、それも関西方面の人たちが「おられますか?」をよく使っていたような…。私は新社会人当時、関西の言葉を話す社員が多い会社にいたので、「おられますか?」は耳に馴染んでいて、今でもその時々によって「いらっしゃいますか?」と合わせて半々に使います。

Aベストアンサー

学校文法的に言えば、

敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の三種類があります。
「おる」は謙譲語です。
したがって、これに尊敬語の助動詞「られる」をつけるのは間違いです。

ということになります。
私もそのように教えられた覚えがあります。

しかし、「おる(をる)」は元々謙譲語というより丁寧語であって、これに「られる」という助動詞をつけて尊敬の意味を表わすことは、何ら間違いではないと言う説もあります。
このことについて、説得力のある説明をしているサイトを見たことがあります。(↓)
これを読んでから、私も「おられる」は間違いではなく、学校文法が間違っているのだと思うようになりました。
文部省や国語審議会の言うことなど、学問的にさほど権威があるとも思えません。ただ、学校の試験などでどう答えるか、ということが問題ならば、彼らのいうことが金科玉条ですが。。。

参考URL:http://www.alc.co.jp/jpn/cls/ndm/gnsodan03.html

Q「私は○○と申します」はNG?

自分を他人に紹介する時に「私は○○と申します」と言う言葉遣いをしますが、この「申します」と言うのはNGなんでしょうか? 以前何かのテレビで見た記憶があり、こう言う事を言ってました。
本来は「私は○○と言います。(又は、○○と言う者です。)」と言う言い方が正しいと言ってました。電話の対応でもこのような言い方を良くしますが、本当などっちなんでしょうか? 自分でも分からなくなってしまいました。

Aベストアンサー

申すを国語辞典でひくと、
「言う」の謙譲語。動作の及ぶ相手を敬っていう。
「私は田中と―・します」「父がこう―・しました」
とあります。
(それとは反対に、
「言う」の尊大語。下位者が「言う」行為を上位者が低めて表現する。
「冗談を―・すな」「名を―・せ/狂言・昆布柿」
ともありました。)
「私は○○と申します」でもOKで、そのほうが、「私は○○と言います」よりも少しは丁寧であることを保障します。

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング