銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

短期借入金は「流動負債」に計上し、株主や役員からの借入は内容を明らかにする勘定科目を表示しないといけないみたいですね。



【短期借入金|会計用語集|会計ソフト「MFクラウド会計」】
https://biz.moneyforward.com/words/short-term-bo …

A 回答 (4件)

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。


なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

短期と長期では計上のやり方が変わるのですね。
とてもわかりやすい説明でありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 10:13

「信用保証料」が最適です。

営業外費用の区分の費用です。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

区分まで教えて頂き参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/17 10:16

まず、「保証金」と言う資産として計上します。


保証金  /  預金

返済月数で割って、1ヶ月ごとに償却します。
保証料 / 保証金
として、費用化していき、
返済終了時にはゼロにします。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 10:14

http://www.m-net.ne.jp/~k-web/sodan/160522.html
(引用)
信用保証協会の保証料は1年以上にわたる期間のものが多く、今期分は支払手数料などの科目にて費用にできますが、翌期以降のわたる部分は前払費用として繰り延べなければなりません。

税務調査のときにこの部分はマークされます。
個人てきには、長期前払費用に一旦計上して、決算期に支払手数料などに振替えることをおすすめします。

なお、消費税はかかりません。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

お礼が遅くなりましたが、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/17 10:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行借入で保証協会への保証料は経費になるのですか

銀行での仕事上の借入金で保証協会に払っている保証料は、経費になるのでしょうか?

当方、
4200万円を15年借入で保証料は270万円。
この270万円を8年に分割して支払います。
(1・2年目は総額の20%、3・4年目15%、5・6年目10%
 7・8年目5%)

この場合、保証料は毎年どの様に計上していくのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

毎年、年初に支払うものと仮定します。

1年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

1年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000

2年目支払:
〔借方〕長期前払費用540,000/〔貸方〕当座預金540,000

2年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572

3年目支払:
〔借方〕長期前払費用405,000/〔貸方〕当座預金405,000

3年目決算:
〔借方〕信用保証料36,000/〔貸方〕長期前払費用36,000
〔借方〕信用保証料38,572/〔貸方〕長期前払費用38,572
〔借方〕信用保証料31,154/〔貸方〕長期前払費用31,154

以下、同じ

なお信用保証料は営業外費用の区分に計上します。

Q前期借入しました。今期返済日も使う科目は【短期借入金】でよい?

H17年5月に、保証協会の保証をうけて銀行から500万円を返済期間5年で借入れました。借入金が普通預金に振り込まれた時は
下のページのような仕分けをしていました。
http://www.maps-keiri.gr.jp/html/siwake/3.html

そして、毎月の返済日(H17年6月~12月まで)は

短期借入金 83,000円/普通預金 90,000円
支払利息   7,000円 

という仕分をしていました。

先月の12月決算を迎えましたが、
今月1月からの返済日には、前年度と同じような仕分けでいいのでしょうか?
(科目は短期借入金のままでよいのか?)
そしてH18年度の今期決算時に何か処理が必要なのでしょうか?
また、H19年度以降の科目は長期借入金にするのでしょうか?
質問が多くなってしまいましたが、
具体的に教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4です。
正解です。お判りになったようでほっとしてます。
残高が合えば問題ありません。よかったですね。

Q銀行から借入した際の借入保証料の処理について

こんにちは。会社の経理処理について教えて下さい。
銀行から2年前に借入をして5年償却として繰延保証料という科目を計上して毎年決算時に償却していたのですが、先月借入金を期日前に全額返済したので保証料の一部が戻って来ました。
この際の処理としまして
1.戻ってきた保証料は雑収入処理をして計上してある繰延保証料は5年償却のまま毎年均等に償却していく。
2.計上している繰延保証料と相殺して差額を繰延保証料償却として計上する。
3.その他
と、考えているのですが間違っていたらと心配です。
正しい会計処理を教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なんか繰延資産と混同しているように感じますが・・・
借入の保証料は借入金利息に準じたものとして扱うので
理論上、保証期間(通常借入期間となる)に渡って期間配分して
1年内に属する部分は「前払費用」、1年を超える機関に対応する部分は「長期前払費用」にすべきなんですが。
期日前返済による戻りは前払いしていた物の返金、
当然「前払費用」「長期前払費用」の戻り
しいて言えば2.の方でしょうか・・・・・・・・

Q短期融資を受けたいのですが保証協会以外で相談できるところはないでしょう

短期融資を受けたいのですが保証協会以外で相談できるところはないでしょうか?

Aベストアンサー

>保証協会以外で相談できるところはないでしょうか?

日本政策金融公庫・・・・昔の国民金融公庫はどうでしょう。
http://www.jfc.go.jp/

Qある銀行系保証協会でNGが出たら、他銀行でも融資は不可能でしょうか?

住宅ローンの融資申込みをある銀行に申し込んだところ、
保証協会を通じて、NGとの連絡が入りました。

夫婦合算で、年収700万ですが、私の勤務先が小規模の有限会社で
あるのと私の勤務期間が2年弱だったからかなと残念に思ってます。

住宅メーカーは、懇意にしている他の銀行では、事前打診がOKだったから
そちらで再度申し込みましょうと言ってますが、
1度、1つの保証協会でNGが出たら、横のつながりで他からもNGになるような
気がしますが、実際どうなのでしょうか?

ちなみに、現在借金や他のローンはありません。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
返済負担率もOK。借入れ額も多くない。
多分・・・
(1)勤続年数が規定の年数に足らない(最低3年と言う所がありますが、1月1日~   12月31日までを1年とカウント。中途入社された場合、例えば10月1日に入社  した場合、その年の勤続3ヶ月はカウントされない場合があります。
(2)担保保全の部分での問題(土地・建物の銀行評価額と実際の金額に大きな開きが  有り過ぎて、担保割れを起してしまうと融資不可になります)
(3)現在の会社に問題がある場合(会社のメインバンクが貴方が申し込みをされた銀  行だった場合、属性を調査され、事業内容・経営状態が悪ければ、リストラ→  倒産→従業員である貴方が解雇される可能性が大であり、返済不能になる、と  判断するケースもあります)
今考えられるのはこれくらいです。あとは住宅会社やその営業マンと銀行がどれ位信用関係にあるかが最終問題だと思います。例えばAさんと言う営業が案件を持ち込んだらNGだったけど、Bさんが持ち込んだらOKっという例もありますし、A会社は駄目でB会社はOKの場合も有ります。でも銀行サイドではそんな事は無いと解答すると思います。でも現実にある話です。ちなみに某銀行は住宅ローンの他に他社既存借入れまで面倒を見る所もありますので、銀行を色々と当って見るのも手です。でも個人信用情報に照会履歴がしっかりと残りますので、属性が悪くなる場合もあります。

たびたびすみません。
返済負担率もOK。借入れ額も多くない。
多分・・・
(1)勤続年数が規定の年数に足らない(最低3年と言う所がありますが、1月1日~   12月31日までを1年とカウント。中途入社された場合、例えば10月1日に入社  した場合、その年の勤続3ヶ月はカウントされない場合があります。
(2)担保保全の部分での問題(土地・建物の銀行評価額と実際の金額に大きな開きが  有り過ぎて、担保割れを起してしまうと融資不可になります)
(3)現在の会社に問題がある場合(会社のメインバンクが貴...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報