マンガでよめる痔のこと・薬のこと

親からまとまったお金をもらったので住宅ローンの繰上げ返済に使おうと思っています。相続時精算課税制度を申告するつもりなので親から私への贈与に対する税金はかからないと思っています。
ただ、住宅ローンは主人の名義になっているのでこのお金を繰り上げ返済にあてると夫婦間の贈与が発生するのではないかなとちょっと思ってしまったのですが、このあたりは問題ないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>相続時精算課税制度を申告するつもりなので親から私への贈与に対する税金はかからないと思っています。



親が65才以上、子供20才以上であれば2500万まで贈与税は非課税になります。
住宅特例は使えませんのでご注意下さい。

>住宅ローンは主人の名義になっているのでこのお金を繰り上げ返済にあてると夫婦間の贈与が発生するのではないか

その通りです。ご主人への贈与となり贈与税がかかります。
これを避けるには、ご主人へ渡すお金の分だけ不動産持分を取得するというやり方があります。この場合には要するに売買ですから贈与税はかかりません。
どの程度の持分移転が適正なのかは税務署に相談するとよいでしょう。

この回答への補足

やはり夫婦間でも贈与が発生するのですね。住宅購入時にも私の財産を頭金に使ったので現在私の持分3、主人が7になっています。このままではたぶん贈与税が発生すると思うので持分の変更をした方がいいと思うのですが、変更の手続きの費用や手間はどの程度かかるのでしょうか?司法書士さんにお願いすることになるのですか?

補足日時:2007/06/28 14:41
    • good
    • 2

税務署も申告された全部を追跡している訳ではありませんから、現時点では何もないかもしれません。

近い将来に相続が発生するようなことがあればその時に発見されるかもしれませんし、銀行調査で発覚するかもしれません。時間が経てば時効もありますからおとがめが無い場合もあるでしょう。指摘を受けたときの対策だけは必要だと思います。相続贈与に詳しい専門家(税理士等)に相談された方が良いでしょう。
    • good
    • 1

金額が大きいこともですが、貴方がご両親から相続時精算課税を適用されることがきちんとしておかなければならない要因です。


 相続時精算課税を申請するということは、親御さんの相続が発生するまで贈与を受けた財産が税務署に管理されていると思ってください。ですから生前贈与を受けた財産については、面倒でもちゃんと始末を付けておくことですね。
 相続時精算課税の適用は慎重にされることをお勧めします。

この回答への補足

相続時精算課税の申請は購入時にも行ったので、今回もするつもりでいます。ただ、ローンの繰上げの際に生じる夫婦間の贈与に対してもここまで厳密にしなければいけないのでしょうか?考えてみれば購入時私の口座から700万主人の口座に振り込みましたが誰からも指摘されませんでした。私もその時は夫婦間の贈与税なんて気づく余地もありませんでした。ご回答の内容と少しずれてしまい申し訳ございませんがもしよろしければ意見をお願いいたします。

補足日時:2007/06/29 10:56
    • good
    • 0

これまでの回答通り、そのままだと贈与になります。


ご主人の借入金の返済に奥さんの資金を使う訳ですから、妻が夫の借金を立て替えたことになります。要するに妻が夫にお金を貸したのでね。
差し上げた訳ではないのですから、ご主人に借用書を書いて頂き、月払いでも年払いでもよいので、無理のないところで返済をしてもらいましょう(振込で)。これなら贈与などと言われることはないでしょう。但し、借用書通りに返済は実行しましょうね。いい加減にやっていると贈与の認定はあるので・・・。

この回答への補足

これまでいろいろな方から回答をいただきましたが、金額が、1000万円なので借用書を書いて返済してもらうのはちょっと大変なのでNo.1の回答の方の方法が一番現実的な気がします。でも登記を書き換えたり大掛かりになりそうで正直とまどっています。やはり金額が大きい以上ここまでする必要がでてくるのでしょうか・・・・。

補足日時:2007/06/28 16:35
    • good
    • 1

問題あります。


すぐに繰上げしちゃったら、本当は贈与(旦那さんへの)になります。
(金額にもよりますし、正直そうそう発覚するとも思いませんが、
 いけないことは、いけないんです。ダメです。)

今後は、奥さんのお金から、一切の生活費を支出することにします。
ご主人のお給料は一切を貯金します。
また、年間110万円までは贈与税は無税ですから、110万円分を旦那の口座に入れても良いです。(何年も続けちゃいけないんですけどね)

すると、いつのまにか、「旦那さんのお金」がひとかたまりできあがります。
そうしておいてから、「旦那さんのお金」を繰上返済するのが良いです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住宅ローンの繰上返済 妻の預金で返済したら

こんにちは。
住宅ローンの一部繰上返済をする予定です。

今回の返済に充てるお金は
(1)妻の独身時代の預金100万円・・・妻名義預金
(2)結婚後妻がパートにでて得た収入60万円・・・妻名義預金

住宅ローンを組んでいるのは夫です。
夫のローンを妻のお金で返済することになります。

また、住宅の登記は購入時に夫:頭金+ローン、妻:頭金、2人の共有名義になっています。
妻のお金で返済したなら、妻の持ち分を増やした方がいいでしょうか。
前に2回繰上返済しており、
1回目は妻のパート収入から70万、2回目も70万、
今回分をあわせると300万が妻のお金からの繰上返済となります。

パート収入に関しては、夫のおかげで毎日が生活できるので、
ローンの返済に充てるのは何の抵抗もないのですが、
独身時代の預金は、大事に残していた虎の子の預金なので、
タダであげるのは抵抗があります。

自分のお金の分、登記を変更して持ち分を増やすべきでしょうか。
登記の変更に関しては、難しくなければ自分で法務局に行って手続きすることも考えてます。

また登記を変更したら、贈与税はかからないでしょうか。

こんにちは。
住宅ローンの一部繰上返済をする予定です。

今回の返済に充てるお金は
(1)妻の独身時代の預金100万円・・・妻名義預金
(2)結婚後妻がパートにでて得た収入60万円・・・妻名義預金

住宅ローンを組んでいるのは夫です。
夫のローンを妻のお金で返済することになります。

また、住宅の登記は購入時に夫:頭金+ローン、妻:頭金、2人の共有名義になっています。
妻のお金で返済したなら、妻の持ち分を増やした方がいいでしょうか。
前に2回繰上返済しており、
1回目は妻のパー...続きを読む

Aベストアンサー

持ち分を変更するには、夫の持ち分を妻が買い取ることになり、その購入資金を妻から夫に支払う必要がありますから、登記費用をかけて持ち分を変更する意味がありません。

又、妻の登記の持ち分を増やしても、夫名義のローンを妻の資金で返済すると、妻から夫に対する贈与となります。
ただし、夫が、妻への売却代金をローンの返済に充てるのであれば、贈与税の問題はありません。

贈与税は、年間110万円までは非課税ですから、今年と来年に分けて110万円以内で、妻がローンの返済分を負担すれば、贈与税の問題はありません。

Q住宅ローンの繰上返済・一括返済について

夫名義の家の住宅ローンを繰り上げ返済、あるいは一括返済する場合、その資金は夫名義の預貯金から出さないといけないのでしょうか。

たとえば、妻の貯金を引き出して現金で、とか、それを夫の口座に入れておいて、というようなことをすることはできますか?

銀行からどういうお金かと訊かれたり、それが妻の貯金だとわかったら贈与税がかかったりということがあるでしょうか。

Aベストアンサー

夫名義の家の住宅ローンを繰り上げ返済、あるいは一括返済する場合、その資金は夫名義の預貯金から出さないといけないのでしょうか。>
厳密に言えば、そうしないと夫婦間の贈与ということになり贈与税が掛かることになります。ただ、生計を一にしていればそのお金がどちらのものかなんて細かくは分からないと思います。でも、明らかに奥さんが稼いだお金とか親からの相続や贈与されたお金から旦那さんの住宅ローンを返済すれば贈与となるでしょうか。

たとえば、妻の貯金を引き出して現金で、とか、それを夫の口座に入れておいて、というようなことをすることはできますか?>
贈与税が掛かる状況で税務署に調べられることにでもなれば、小細工しても無駄でしょう。

銀行からどういうお金かと訊かれたり、それが妻の貯金だとわかったら贈与税がかかったりということがあるでしょうか。>
銀行は何も言わないでしょう。尋ねられて困るのは税務署です。明らかに贈与になる状況なら、あなたが返済した分の不動産の持分登記をすれば間違いないです。

Q妻の資金による住宅ローン繰上げ返済時の登記について

住宅ローン(夫名義)の繰上げ返済に、妻である私が親から相続した資金を充当し、購入時に設定した共有名義の持ち分割合を変更しておこうと夫婦で話し合っています。悲しいかな完済、抵当権抹消にはまだま当分至りません。

登記申請については、資金の流れを通帳などで残しておけば、手続きを後回しにしてもいいでしょうか?
例えば、年度をまたいで2回に分けて繰り上げ返済を行い、合算して手続きするなどです。
一回当たりの額は年間贈与控除の110万円を超えた額になります。

また、何か文書交わしておく必要がありますでしょうか。

過去ログからタックスアンサーまで、色々検索してみたのですが分からないので、こちらに質問させていただきました。どなたかご存知の方、お教えくださいますようお願いいたします。

Aベストアンサー

金銭の流れがどういう理由であっても、それに伴う結果がなければ「現金の贈与」と推定されてしまってもしょうがありません。
物を買ったなら「自分のものとして占有する」、不動産を買った或いは贈与をうけたなら「登記をする」ことで第三者に対抗できるわけです。

夫婦の間では所有権移転登記など無用です。お互いが「おれのもの」「あなたのものよ」とわかってるからです。
登記は「これは私のものです」と第三者に主張するためにするのです。

ローンの付いてる夫の持分を、妻の持分にする原因は
1、贈与
2、売買
があげられます。
質問ではローンの返済額に応じた持分を、実際の返済者の名義に変更するわけですから、贈与にはならずに「売買」になりえます。
売買ですと、売買契約書が必要ですね。
対税務署ではなく、所有権移転登記のために必要です。
「書類はいらない」とされてもいいですが、登記ができません。

又は、繰上げ返済をする額相当額の「不動産の持分」を、贈与します。
これは負担付贈与と言います。
今、家の価格(取引き時価です)が1,000万円で、ローンが800万円あるとします。
この家の持分の10分の8を夫が妻に贈与します。
贈与契約として、ローン残債を払うことという条件をつけておきます。
口約束でも契約は有効ですが、書面で残しておかないと「負担付贈与である」ことを第三者に示すことができません。
税務署長も第三者です。

不動産の所有権移転に関わる税金を資産税(資産税という税目はありません。こういう表現をするということ)と言いますが、資産税はひとつ間違えると税負担が大きく違います。
税理士に相談するなどして、余計な税金がかからないようになされるといいですよ。

なお、負担付贈与契約の場合には、不動産の評価は「時価」です。
相続税による評価基準ではありませんので、この点は注意がいります。

金銭の流れがどういう理由であっても、それに伴う結果がなければ「現金の贈与」と推定されてしまってもしょうがありません。
物を買ったなら「自分のものとして占有する」、不動産を買った或いは贈与をうけたなら「登記をする」ことで第三者に対抗できるわけです。

夫婦の間では所有権移転登記など無用です。お互いが「おれのもの」「あなたのものよ」とわかってるからです。
登記は「これは私のものです」と第三者に主張するためにするのです。

ローンの付いてる夫の持分を、妻の持分にする原因は
1、贈与
2...続きを読む

Q贈与はなぜわかるのですか?

知識が乏しく単純な質問で恐縮ですが、

親から子への贈与は一体いつだれが調査するのでしょうか?
銀行が税務署に逐一報告しているとは思えませんし・・。
例えば親の口座からお金を引き出し、子供の口座に入金するような場合です。あるいは手渡しなども考えられます。

よく子供用にお金を貯めておき、必要な時(子供の住宅購入資金や結婚資金など)で親から子へお金を渡す事は当然ある事ですが、こういう時はどうなるのでしょう?
口座を経由せず手渡しならわからないのしょうか?
あるいは最初から子供名義の口座にして貯めておけばいいのでしょうか?
課税調査のシステムがよくわかりません。

あわせて夫から妻に対するお金の出し入れも贈与になるのでしょうか?
すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修正申告書を出して、追徴本税を払い、過少申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担します。

不動産を持った場合に判明するのが一般的でしょう。
不動産の所有権変更などがあった場合は、法務局から税務署にデータが報告されます。
税務署では「売った人間」「買った人間」両者にお尋ねという質問文を発送し、回答を得ます。

不動産をいくらで買ったのか、その資金はどこから得たのかという質問に答えます。
答えたくなければ答えなければ良い話ですが、調査官が「おこんにちは」と家に来られるより良いので、多くの方が答えます。
それで「不動産購入資金としてもらった」のが分かるというわけです。

家を新しく建てたという場合には、ローン控除が受けられますので、これを受けるために「いつ、どんな家を購入して、その資金はどうしたか。」などを不動産登記簿や住民票など必要書類を添付した申告書を提出します。
この資料に「誰からいくら現金を貰った」と記載するので、分かります。
書かなければバレナいだろうとは、思うのですが、銀行からのローン残高とか手持ちの資金からいくら出したのかなどを記入していくうちに「ごまかして書いてもバレそうだ。正直に記載しよう」となるのです。

これ以外にも「ばれる」のは、近所の人がする「タレこみ」です。
また、贈与行為を隠していて税務署につかまって追徴されたという人が、積極的に「おれはバレタ。残念だ」と新聞に発表するわけではないので、「ばれないんんじゃないの。聞いたことないし」というレベルになってると考えられます。
恥ずかしいので口にしない人のほうが多いでしょう。
実際には、贈与税の無申告で追徴されたという方は結構いるようです。
公になってないので「現金だとばれない」という都市伝説ができてるのでは?が私の意見です。


夫から妻に対して現金を渡す行為は「相互扶助義務」の範囲でしたら贈与税はかかりません。
つまり生活費として渡してるなら、その金額が「それは、いくらなんでも多いだろ」という額でない限り贈与税は非課税です。
また所得税も非課税です。

課税システムとしては「申告納税制度」なので、自分が贈与を受けたと判断したら、贈与税の申告書を出して納税します。
国税当局が「あんたは、いついつ、誰からいくら貰ったから、贈与税いくら払うように」と決定はしてきません。
「黙っていれば、そのまま」ということもあるわけですが、黙っていてもバレるときもあります。
バレたら、期限後申告書を提出して、本税を払って無申告加算税(または重加算税)と延滞税を負担するというシステムです。
申告書を出していたけど「ウソこいてました」という場合には修...続きを読む

Q夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

夫婦間の預金の預け替えについて教えてください。

我が家にしばらく使う予定のない預金が500万円程あるため、
主人と相談して定期預金にすることにしました。
そこで、私名義で新たに口座を開設したのですが、
主人の口座から私名義の口座に預金を移して定期預金にした場合、
何か法律上の問題(贈与税がかかるなど)はありますか?
夫婦のお金なので、お互いにどちらのものという考え方がなく、
何も考えずに私名義で口座を作ってしまったのですが…。

Aベストアンサー

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わせて貯金していても単なる名義借りをしているだけだと思います。
(最終的な判断するのは税務署ですけどね^^;)

それを全部自分のために使ってしまえば5分の3は貰ったと言うことですよね。
でも、まあ税務署が知らなければ請求はしてきませんが。
それで「登記や登録を伴う買い物をしたときは、」との言葉が付記されているのではないかと。

十中八九ばれないで請求はこないだろうし、
自分の給料はこれこれでこのようにして貯金しましたと説明できれば大抵は問題ありません。

でも全く問題ないと太鼓判を押すような無責任な真似は出来ません。
ネット上の匿名回答で訴えられる可能性がないとしてもね。
たとえ100人に1人しか課税される事がないとしても、その1人はそれで何十万も税金を取られるわけですから。
何百人何千人と扱っていけば必ずその一人は出てきます。
質問者さんがその1人にならないとは限りません。
ですから、法律的にと聞かれれば問題はありだし
税金かかるかときかれれば、最終的には税務署の判断することになり
申告するかどうかは質問者さんの自己責任です。

税務署の人も商売ですからより多く税金をかっぱげるとこにいくのは当然です。
でもなにもないときはどんなに少額でも搾り取ろうとしますよ。
贈与とは別の話になりますが、知り合いのもっていた土地に近所の人が
「空き地なら車止めさせてくれ」といってきたそうです。
草取りとかしてきれいにしてくれるならかまわないと知り合いは了承したのですが
どこから知ったのか税務署が、駐車場として貸している以上は代金収入があるはずだといってきたそうです。
そのため知り合いは何度か有休を取って税務署に説明に出向きました。
もし本当に代金をもらっていても田舎のこととて1年で数万にしかならないはずです。
それの税金を取るために手間暇かけているのですから私なら少額だからといって安心はしません。
まして贈与は一番税率高いですからね。

>私も贈与税のことは今まで考えたことがなかったのですが、
みなさんどうしてるんでしょうか…。
>知らないまま贈与している人も多いのでしょうね。

大抵は基礎控除などで問題のない範囲に収まりますし、
税務署に全く気が付かれないことが多いと思います。
でも可能性は低いけど税金を取られる可能性は0ではない。
あとは自己判断で。

No3です。再度投稿いたします。

>定期預金にしようとしている口座の名義は私で、
>主人名義の口座から移動するつもりでした。

あまりご理解いただいていないようですが、名義の問題ではありません。
No1のmukaiyamaさんが言っているとおり誰のお金か(誰が稼いできたお金か)です。
今までの回答からすると共働きでお二人の給料をまとめて管理しているように思われますが
大まかに言えば、ご主人が給料30万、奥さん給料20万なら5分の2は奥様の物と考えても良いような気がします。
それを合わ...続きを読む

Q住宅の持分比率を変更したいのですが・・。

こんばんは、長文になりますがよろしくお願いします。

昨年11月に住居を新築し、住宅ローンを夫婦の連帯債務で
2000万円組みました。
家の持ち分は私も働く予定(現在育児休暇中・今年4月より復職)
があるので、夫(5分の4)私(5分の1)にしました。
あまり深く考えずにこの割合にしたのですが
この持分を夫(5分の3)私(5分の2)にしたいと思ってます。

理由としましては
(1) 夫の年収が下がり、私の支払枠も増えるので。
(2) 私の収入が今年から発生するので
  住宅借入金特別控除の恩恵をなるべく受けたい。
この2点です。

今確定申告書を作っていたのですが、私の持分を増やしたほうが
夫の借入金残高も足きり金額(2000万円)ほどになります。
(夫は土地のローンを単独で借りています)

ここで本題の質問ですが

1、(1)のような理由で持分変更する登記方法はどのようなものか?
  素人が出来るものでしょうか?
  (費用はかけたくないので私がやりたいのですが。)
  
2、抵当権をかけている銀行に連絡すべきか?

3、贈与税の心配はあるのか?
  債務の支払の持分変更だと思っているので  
  贈与税ってかかるのでしょか?

はじめは今すぐ持分を変えて今年の確定申告に間に合わせようと
いろいろ調べてみたのですが、持分変更する具体的な方法も
よく分からないし(本来司法書士の仕事だから?)
今年は収入のない私なので、持分を変えてしまうと
贈与と言われかねないのかな、と不安になってます。

ここで4、の質問ですが
4、今年のローンの支払状況をみて
  今年の暮れあたりに持分変更した方がいいのでしょうか?
  また持分変更したら、持分変更した旨の確定申告が必要なのでしょうか?(これをしないと借入金割合変わらないですよね。)

長文になってしまいまいましたが
みなさんの回答お待ちしています。
よろしくお願いいたします。

こんばんは、長文になりますがよろしくお願いします。

昨年11月に住居を新築し、住宅ローンを夫婦の連帯債務で
2000万円組みました。
家の持ち分は私も働く予定(現在育児休暇中・今年4月より復職)
があるので、夫(5分の4)私(5分の1)にしました。
あまり深く考えずにこの割合にしたのですが
この持分を夫(5分の3)私(5分の2)にしたいと思ってます。

理由としましては
(1) 夫の年収が下がり、私の支払枠も増えるので。
(2) 私の収入が今年から発生するので
  住宅借入金特別控除の...続きを読む

Aベストアンサー

>今すぐ持分を変えて今年の確定申告に間に合わせよう

これは無理です。
今年の春の確定申告は昨年末時点の登記持ち分比率で計算されるから既に無理です。
今持ち分比率を変えても来年の確定申告からになります。

それ以前に、登記の書き換えは抵当権が設定されているかぎり勝手にはできませんよ。
そのための抵当権ですから。

まずは銀行に相談すべきです。ただ銀行側も一度決めた登記比率は容易には変えることを認めないと思いますよ。

銀行側も融資時点での与信情報を元にOKを出したのですから。
もし今比率を変えたいとなると、借り換えでもしない限り無理だと思います。勿論その際には新たに与信情報から審査し直しになります。

贈与税はたぶん発生すると思われます。
税務署からみれば、夫の収入減や妻の収入増加といったことは関係なく、単に夫から妻に不動産の一部を贈与したと判断するはずです。
(ただ全額借り換えでリセットすればOKかも知れませんが、これに関しては税務署に問い合わせることをお勧めします)

それから登記の割合変更ですが、勿論個人でも可能です。
・・・というか登記というものは本来持ち主が行うのが前提で、司法書士が代行することも可能なのです。
銀行がもしOKを出してくれたら、一度管轄の法務局にいって無料相談を受けると丁寧に教えてくれるはずです。

但し、最初の相談に1回、それを元に草案を作成して再度チェックしてもらうのに1回、実際に資料を添えて登記提出に1回、登記書き換えを終えたものを受け取りに1回、と最低4回は法務局に足を運ぶ必要があります。

なかなか有給が取れなかったり、法務局が遠かったりするなら素直に司法書士に代行依頼したほうが得策な場合もありますが、もし時間が有り余っているなら自分でやってみるのもいいと思います。


ただ、銀行側が個人での登記書き換えを認めてくれないような気がします。(事実抵当権設定はほとんどの銀行で個人での登記を認めてくれません)

>今すぐ持分を変えて今年の確定申告に間に合わせよう

これは無理です。
今年の春の確定申告は昨年末時点の登記持ち分比率で計算されるから既に無理です。
今持ち分比率を変えても来年の確定申告からになります。

それ以前に、登記の書き換えは抵当権が設定されているかぎり勝手にはできませんよ。
そのための抵当権ですから。

まずは銀行に相談すべきです。ただ銀行側も一度決めた登記比率は容易には変えることを認めないと思いますよ。

銀行側も融資時点での与信情報を元にOKを出したのですか...続きを読む

Q贈与税と相続財産での住宅ローン返済

専業主婦です。

父がなくなり預金などを相続しました。
そのお金で気軽にローンの一括返済をしていまいましたが、後で贈与税がかかるかもしれないことに気づき青くなっています・・・

いろいろネットで調べたところ、不動産登記の持ち分を出資相応に変更すれば多額の贈与税はかからないようです。

比率で言うと、夫4割 妻(私)6割となります。

1.このように持ち分を変更したとして、将来、どちらかが亡くなった時に贈与税がかかる可能性はありますか?

不動産を購入した時に、出資分の通りに登記をしないと贈与税がかかるかからない、という話をされたのを何となく覚えています。

2.不動産登記の持ち分変更の費用は居住用であれば不動産価格X0.3%であるとネットで見つけましたが、これがかかる費用として正しいでしょうか?

2.私は5年前に正社員をやめ、最近はアルバイト程度で基本的に主人の収入で暮らしています。
こういった場合でも夫婦間で贈与税は発生するのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

連帯債務者が債務の残高を払うということはよくある話です。
いつか自分が払わないといけないなら、利息が膨れ上がらないうちに払ってしまおうという判断です。
ところで、これが税金の世界では「贈与」となってしまうことがあります。
贈与税の対象とならない場合は、
1債務者に返済能力がなくなってしまい、連帯債務者が払った場合。
2債務者に連帯債務者が求償権の行使をした場合。
です(債務者とは夫、連帯債務者はご質問の場合は妻)。
言い換えると、
夫が無財産で妻が払った債務額を返済することができない場合は「贈与税」はかかりません。
妻が夫に「貴方の借金を払ったんだから、ちゃんと私に返してよ」と求償権を行使すれば「贈与税」はかかりません。

夫所有の財産のうち2,000万円相当額分を自分のものにすれば代物弁済になるので、求償権を行使したということになります。2,000万円相当額を妻に譲渡するのですから、譲渡所得は発生しません(利益が出てないからです)。
一度弁済してしまったものを無かったことにすることもできるでしょう。
「夫の借金の返済に充ててしまったが、贈与税がかかることがわかったので、取りやめする」ことができるからです。
贈与税の申告書を出すまでは、これが出来ると国税庁長官が通達してます。

ローンを返済してしまうだけの資金が夫婦にあるのに、借金を抱えているのもシャクですから、返済をしてしまって、妻が返済した額だけ、家と土地の所有権を移転する方法もあるわけです。
妻の持つ求償権の行使により、夫の所有物を妻のものにします。
おそらく代物弁済として所有権移転するのかなと思います(登記の専門家ではないので、所有権移転原因はこれになるという回答を持ってません。すみません)が、その点は司法書士に負担が少ない方法を相談されるとよいと思います。

不動産の持分をいじるなどせず、うっちゃっておくという選択もありです。
不動産の所有権移転は他回答者様の言われるように当局の目に必ずつくからです。
でも、私は
「相続で現金2,000万円が手にはいったので、夫の債務を返済して、その代物弁済として、家の共有持分を増やしてもらいました」で理屈は通ると思いますよ。
税務当局は現金の動きを把握しにくいのは事実です。
貴方が貰った現金をどう使おうが税務当局には「まずわからない」です。
しかし、万一「2,000万円の一括返済がされた。妻が贈与した」と判明すると、贈与税は高率ですから、負担が相当大きくなります。無申告加算税や延滞税もついてしまいます。
そのような、精神的な負担をもってると、例えば確定申告すれば税金が戻ってくるとわかっていても「税務署はあかん。目をつけられないように影で暮らさないといかん」という理由で権利放棄を選択してしまう可能性もあります。

税務署から電話が来た、などと云われたら「しまった~」という声と共に「ど、ど、ど、どんな御用事でしょうか」とあわてて対応しないとなりません。
キチンとしておけば、犯罪者のような気持ちを持たなくても済みますので、税理士や司法書士に相談をされるとよいと私は思います。

ちなみに2千万円の現金贈与にかかる贈与税は、720万円です。
「ばれて、もともと」というには、余りにもリスキーでしょう。

連帯債務者が債務の残高を払うということはよくある話です。
いつか自分が払わないといけないなら、利息が膨れ上がらないうちに払ってしまおうという判断です。
ところで、これが税金の世界では「贈与」となってしまうことがあります。
贈与税の対象とならない場合は、
1債務者に返済能力がなくなってしまい、連帯債務者が払った場合。
2債務者に連帯債務者が求償権の行使をした場合。
です(債務者とは夫、連帯債務者はご質問の場合は妻)。
言い換えると、
夫が無財産で妻が払った債務額を返済することができ...続きを読む

Q妻が相続したお金を夫名義の住宅ローンに充てたい

 2年ほど前に私の父が他界。遺産分割協議を経て、近く現金が(数百万ですが)入ります。これを現在私ども夫婦が居住するマンションのローン返済の一部に充てたいと考えています。ローンの主契約者は主人で連帯債務者はおりません。マンションの所有名義も主人です。
 質問ですが、妻が相続したお金を夫名義のローン返済に充てた場合、やはり例え夫婦間でも税が発生するのでしょうか。それは贈与税でしょうか。そうであったらどの位の額になるのか、また、減税対策など、詳しい方がいらっしゃいましたらどうぞお知らせ下さい。
 (なお、関係のないことかもしれませんが、平成6年の購入当時から生計を立てるため私も職に就き収入があります。)

Aベストアンサー

この種のご質問は、年齢その他の情報をもう少し詳しく明かさないと、的確な回答が得られません。

あなた方が、ご結婚後 20年を経ているなら、贈与税を払う必要はありません。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4452.htm

そんな年寄りでないと言われるなら、やはり今後の持ち分に合わせて登記変更を行うことでしょう。
登記変更もお金がかかりますから、贈与税とどちらが安く済むか、天秤にかけてみてください。

ちなみに、500万を一度に贈与すれば、
(500 - 110)×30% - 65 = 52 万
の贈与税になります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?

税務署から贈与税無申告が摘発されるのはどのような場合でしょうか?不動産取得の際以外で何かありますか。銀行口座間の振込(1,000万円)後、証券会社口座に移すつもりですが税務署は把握できるのでしょうか?
実際は、私名義の証券口座→私名義の銀行口座→母名義の銀行口座→母名義の証券口座を考えています。
振込ではなく、現金の受け渡しなら把握できない等の情報教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>個人の口座の金の動きまで把握していないでしょうし、

それがそうでもないのですよ。
No.5の回答にあるように、一定の条件でいろんなところから情報を得ます。銀行、車販売店、証券会社なんかは恒常的な調査対象のようですね。それと国税税務情報と市町村の課税台帳を照らし合わせ、不自然な資金の流れ、資金出所不明な購買をチェックし税務調査へつなげるのです。

Q夫名義なのに妻親から援助、贈与税がかからないようにするには

今回夫名義で住宅購入、土地建物共にローンを組むことになり、頭金は夫の親200万、妻の親550万援助を受けました。ここで調べさせてもらうと、夫名義の場合妻の親の援助には贈与税がかかってしまうとのこと。(知りませんでした・・・)贈与税がかからないようにするには妻親とは借用書をかわすとよい、みたいなことが書いてありましたが、もっと詳しく教えていただけないでしょうか?ちなみに私たちの貯蓄はなく、妻親に返済は不可能です。

Aベストアンサー

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母といった直系の親族からの550万円まで非課税となる特例が存在します。この場合奥さんの親御さんからの贈与ですと奥さんしか適用されませんので、持ち分登記を行う必要があります。またこの先5年分の基礎控除を前倒ししたことになりますので5年間は少額の贈与でも贈与税がかかることになります。

 相続時精算課税制度というものもありますが有利とはいえない局面も考えられます。ともあれ住宅取得控除なども考慮しなくてはいけませんし、条件の吟味などに専門的な判断が必要になることも考えられますので、専門家に実地に相談されることをお勧めします。

http://myhome.nifty.com/loan/iroha/vol2d.jsp
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1411596

 返す振りをして契約書をかわすのはまずいでしょう。中には親御さん名義の銀行口座を作って毎月現金を通している方もいるそうですが、税務署が支店の記録を調べるなどすればばれます。奥さんのご兄弟など利害関係にあるかたの知るところになれば、税務署にたれ込まれることもあります。なによりびくびくしながら過ごすのはまともに税金払うよりつらいかもしれませんよ。ともかく返済できないなら、どんな契約書を交わしても贈与と見なされます。

 一定の条件を満たせば申告を行うことを条件に親や祖父母とい...続きを読む


人気Q&Aランキング