NHK教育  少年ドラマシリーズで放送していた内容ですが、ストーリーの一部しか覚えていません。 
(1)主人公の少年二人が、ぶらんこでタイムトラベルしたら、戦時中にスリップした。
(2)最終回で、片方の少年は宇宙人だったので、宇宙に帰った。
の内容しかおぼえていません。 
「タイムトラベラー」か「未来からの挑戦」とは関係ありますか?
 
 「未来からの挑戦」が、紺野美沙子 氏のデビュー作なので、無理な話でも、もう一度みたいですね。  
   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


「未来からの挑戦」の方ではないでしょうか?↓

http://diary.jp.aol.com/kuvhffcz/442.html

こちらでしたら「未来からの挑戦」個人編集版というものがあるようですが
どんな内容かはちょっと分かりません。↓

https://www.gakubun.co.jp/hanbai/shouhin/17550_1 …

ご参考まで。

参考URL:http://www.qzc.co.jp/DORAMA_CGI/DORAMA1.EXE?RECN …
    • good
    • 0

>(1)主人公の少年二人が、ぶらんこでタイムトラベルしたら、戦時中にスリップした。



上記のみなら、1976年の「幕末未来人」です。
17歳の古手川裕子さんが、ちょっこし出演していました。
このドラマをきっかけに、私は幕末に興味を持つようになった。

>(2)最終回で、片方の少年は宇宙人だったので、宇宙に帰った。

「幕末未来人」では、一方は昭和の時代に戻って来たが、
他方は、新撰組のメンバーとなり幕末に残った、と記憶しています。

良く似た内容のドラマシリーズがあったものです。
「幕末未来人」のCDが最近まで販売されていたようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の国旗 戦時中と今

日本の国旗は、戦時中と今ではなぜデザインが変わったのでしょうか?

戦時中は、朝日旗と言われるデザインですよね?

Aベストアンサー

1    日本の国旗は、戦時中と今ではなぜデザインが変わったのでしょうか?

   いいえ、全然変わっていません。同じ白地に赤い○です。

2。  戦時中は、朝日旗と言われるデザインですよね?

    これは似たようなのが二つあるのですが、丸が中央にあるのが下記のように陸軍の「軍旗」です。少し左に寄っているのが、海軍の「軍艦旗」です。いずれも「国旗」ではありません。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E6%97%A5%E6%97%97

QNHKの少年ドラマシリーズ

30年くらい前だったと思いますが、NHKの少年ドラマシリーズで・・・
なんか少年が防空壕後みたいな穴からタイムスリップだったか、なんだったか忘れましたが学校が占拠?みたいな内容のドラマって覚えてるかたはいますか?
漠然とした質問なので、無理かもしれませんが、下手な質問にピンときて頂いた方いましたら宜しくお願いします!

Aベストアンサー

http://www3.airnet.ne.jp/haramaki/gekiban/closeup/NHKsyounen/NHKsyo1.html

どの作品かわかりませんが、このサイトが一番詳細に一覧がでています。
まず見つかります。

Q北朝鮮は戦時中の日本をモデルにした国?

>北朝鮮は戦時中の日本をモデルにした国づくりをしました。
なので北朝鮮が戦時中の日本そっくりなのは当たり前

ある回答に上記の内容がありましたが、金日成、金正日が聞いたら烈火のごとく起こりそうに思います。日本を外交の相手として認識せず、アメリカと対等の意識をもっている北朝鮮のひとが認めるとは思われません。
 少なくとも戦時中の日本のようになし崩しに戦線を拡大したりしていません。日本は拉致のようなこともしていません。金日成も金正日も天皇のように象徴でもありません。なぜこんな議論がおこるのか不思議でなりません。
 なぜ戦時中の日本と北朝鮮を対比する必要があるのか教えてください。
 

Aベストアンサー

>戦時中の日本をモデルにした国づくり

ということはないでしょうね。そもそもモデルが有ったとも思えません。現在の朝鮮民主主義人民共和国の体制というのは
「スターリン主義+家父長的儒教主義」国家としか言い様が無い不思議な体制になっています。

スターリン主義というのは、一国社会主義体制を守るため、党内規範であった「鉄の規律」を国民生活にまで汎用し、さらに官僚主義、軍と秘密警察によって国民を締め付けた国家体制です。一方、家父長的儒教主義というのは、まぁ先祖崇拝ですとか家父長に無条件・無批判に従う道徳律みたいなものを指します。

朝鮮は、もともと儒教的な思考が広く行き渡っている国ですから、これが社会主義・共産主義イデオロギーと結びついて、独自の体制を作り出したのだと思います。だって、親から子への権力移譲なんて、社会主義・共産主義のイデオロギーからは考えられませんから。

その点では彼らの主張する主体思想というのは、当たっているのではないでしょうか? 彼ら自身の歴史と伝統、民族性がイデオロギーと結びついて、かの国にしか生まれない独自の体制になったような感じがします。

もっとも、革命というのは、いずこの国でも歴史と伝統、民族性がイデオロギーと結びつくものです。フランス革命はフランス的なのだろうし、名誉革命はイギリス的なのでしょう。明治維新だって日本的なのかもしれない。そういう意味では、善悪を別にすれば、朝鮮的なのかもしれません。

>戦時中の日本をモデルにした国づくり

ということはないでしょうね。そもそもモデルが有ったとも思えません。現在の朝鮮民主主義人民共和国の体制というのは
「スターリン主義+家父長的儒教主義」国家としか言い様が無い不思議な体制になっています。

スターリン主義というのは、一国社会主義体制を守るため、党内規範であった「鉄の規律」を国民生活にまで汎用し、さらに官僚主義、軍と秘密警察によって国民を締め付けた国家体制です。一方、家父長的儒教主義というのは、まぁ先祖崇拝ですとか家父長に無...続きを読む

QNHKで放送されていた最後にどんでん返しのあるアメリカ(?)TVドラマのタイトル

十数年前にNHKで放送されたテレビドラマのタイトルをご存じの方,教えてください.
思い出せる範囲で以下のような感じだったと思います.
・十数年前の年末年始の期間に1話完結で放送されていた2時間程度の番組.
・アメリカ,もしくはヨーロッパのどこかの国のTVドラマ or 映画.
・主人公は既婚男性.
・主人公の奥さんとして登場する人物は,本当は男性の奥さんではない.
・主人公の男性は,奥さん役の人が自分の奥さんではないと言い張る.
・主人公以外の登場人物は主人公に対して,「なにを言ってるの.この人はあなたの奥さんですよ.忘れてしまったの?」などといい,主人公を精神病患者扱いする.
・最後のオチは,主人公の男性が「この人は私の妻ではない.だって本当の妻は私が殺害したのだから.」と告白し,それを証拠として殺人罪で逮捕される.

ご存じの方,どうぞよろしくお願いします.

Aベストアンサー

こんにちは
NHKで放送されたかはちょっと分かりませんが
「他人の向う側/私の家に見知らぬもう一人の妻がいる(ハネムーン・クライシス/新妻蒸発)」
もしくは「消えた花嫁」のどちらかではないでしょうか?↓

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=14118

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=5155  

Q戦時中の経済

戦時中の経済について書いてある本を探してます。しかも戦時中に書かれているものです。知っている人がいれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 私が言いたいことはあなたが何を知りたいかなんです。戦時中でも、公務員とか、学生向けに統制経済を説明した本はありましたし、平凡社などは「時局解説年鑑」というものを出していました。それには、各国別の経済状況や軍事情勢を解説していました。また、朝日や毎日の新聞社は、新聞には経済記事が載っていましたし、年鑑も毎年発行していました。これにも、経済記事は多く載っています。国勢社からは、今もある「国勢図会」もありました。戦後、これらの本で、役所にあった物は廃棄され、個人のものでも、昭和40年代までは、古本屋で二束三文で売られていました。今、図書館で残っているのは、年鑑類か新聞位です。それでも、当時のことを調べるのには十分です。当時の経済状況や制度でしたら、戦後、専門書として研究されたものが出ていると思います。
 

QNHK or NHK教育で放送された海外番組(ドキュメンタリー)について

ここ半年ぐらいの間に放送された番組に関することで、
NHkもしくはNHK教育で放送されたタイトル及び制作国等を教えてください。
番組内容
・神父(女性)が学校において、マイノリティーに対する差別を実際に学生に
体験させる。そのことにより、差別問題を考えさせるという教育を行う。
(ex.その国では青い目の人種が多く、茶色い目や他の色の目をした人種
が少ない。そこで、青い目以外の学生を教室の大部分を占めるようにし
て、青い目の学生を少数人数にして授業を受けさせた。
更に、壁には青い目の学生を侮辱するようなポスターが貼られ、
青い目の学生はイスではなく床に座ることを強制され、
神父から厳しく詰問されていた。)
・上記の体験教育の際、マイノリティー側(例でいうなら、青い目の人)の学生が怒って(泣いて)
教室を退室した。
・イギリスかアメリカどちらかの国で行われた(たぶん)。

恐らくテレビの番組表の枠名は、「NHKスペシャル」「ETV2001」「
ETV2002」「海外ドキュメンタリー」のいずれかと思います。
特に「海外ドキュメンタリー」で放送されたような気がします。
上記の内容の番組をご覧になった方、もしくは知っている方は教えてください。
宜しくお願いします。

ここ半年ぐらいの間に放送された番組に関することで、
NHkもしくはNHK教育で放送されたタイトル及び制作国等を教えてください。
番組内容
・神父(女性)が学校において、マイノリティーに対する差別を実際に学生に
体験させる。そのことにより、差別問題を考えさせるという教育を行う。
(ex.その国では青い目の人種が多く、茶色い目や他の色の目をした人種
が少ない。そこで、青い目以外の学生を教室の大部分を占めるようにし
て、青い目の学生を少数人数にして授業を受けさせた。
更...続きを読む

Aベストアンサー

もうずい分前ですが、私も二回見ました。
それは、今調べてみましたら、
ドキュメント地球時間「エリオット先生の差別体験授業~青い目・茶色い目」というものだそうです。
この名前で検索して下さい。
ほんとによく出来た授業でしたね。感心してしまったのを覚えています。

Q戦時中の暮らしについてのサイト

今戦時中の暮らしについて図書館やネットで調べていますが、これ!!と言うサイトがなかなかみあたりません。yahoo、googleでは調べて2ページ目くらいまで見ましたが何件か以外、それ以外はいいサイトがありませんでした。
何か、戦時中の国民の暮らしについてよく分かるサイトがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦時中の生活体験など詳しく載っています。
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-1a-1.htm

山田太一のドラマで「終わりに見た街」というドラマでは戦時中の暮らしが描かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%9F%E8%A1%97
私は82年のドラマしか見ていませんが、最近リニュアルされたようです。http://www.tv-asahi.co.jp/owari/

また、東京九段にある昭和館には戦中の展示があるようです。http://www.showakan.go.jp/

江戸東京博物館のサイト、常設展示からこんな戦時中のキーワードを見つけました。
・非常時の覚悟 ・兵ニ告グ ・父よあなたは強かった 
・太平洋戦争開戦日の大本営発表 ・日本精神に目覚めよ ・時局に対する国民の覚悟
・紀元二千六百年 ・スパイを防げ ・戦線慰問について

YouTubeで 「香葉子 1/5」「はだしのゲン01」を検索してみてください。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/about/josetsu/flash/index.html

戦時中の生活体験など詳しく載っています。
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/hp-1a-1.htm

山田太一のドラマで「終わりに見た街」というドラマでは戦時中の暮らしが描かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A6%8B%E3%81%9F%E8%A1%97
私は82年のドラマしか見ていませんが、最近リニュアルされたようです。http://www.tv-asahi.co.jp/owari/

また、東京九段にある昭和館には戦中の展示があるようです。http://www.showakan.go.jp/

江戸東京博物館のサイト...続きを読む

Q昔NHK教育で放送していた番組の番組名を知りたいです

15年以上前になるかと思いますが、NHK教育テレビで日曜に放送していたアニメで、七色のひょうたんが出てくる話があったと思うのですが、どなたかご存じありませんか??
話の筋は、おじいさんが大事に育てていた七つのひょうたんから子供が生まれたけれど、徐々に悪い人に捕まって洗脳されていってしまうという内容だったと思います。最後には七人兄弟みんな助かりおじいさんは死んでしまったと思うのですが。。。
ひょうたんから生まれる子どもたちが虹の七色の順に赤・だいだい・黄色・・・の服を着ていて、美しかったのですが、話の内容が当時ちっこかった私としては非常にショッキングだったことを覚えています。
ネットで検索しましたが番組名がわからず、ひっかかりませんでした。
どなたか番組名と、もしあらすじの載っているサイトがあったらそちらも教えて下さい

Aベストアンサー

今晩は
「母と子のテレビ絵本」でやっていた「ひょうたん童子」ではないでしょうか?↓

http://blog.livedoor.jp/cosmos555/archives/52275571.html

ご参考まで。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%8D%E3%81%A8%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E7%B5%B5%E6%9C%AC

Q「戦時中」と「戦前」の違い

「戦時中」と「戦前」の違いっていうのは何ですか?同じ意味でしょうか?

Aベストアンサー

 もちろん同じ意味ではありません。また、沢山のご回答が集まっていますが、当時を知らない若い方が多いのか、曖昧な回答も見受けられますし、中には明らかに間違った回答も見られます。

 戦争があればかならず「戦前・戦時中・戦後」があります。この日本でも日清戦争、日露戦争、それぞれにもやはり「戦前・戦時中・戦後」はあったわけです。ですが、今日よく耳にする「戦前・戦時中・戦後」という表現は一般的に「太平洋戦争に於ける戦前・戦時中・戦後」といった区切りで語られるものです。

 それでは「戦時中」とは何時から何時までか・・・といえば、事実上太平洋戦争に突入した日から終戦を迎えた日まで、つまり、真珠湾攻撃が行われた昭和16年(1941)12月8日から「戦時」が始まり、終戦を迎えた昭和20年(1945)の8月15日をもって「戦時」が終わった。この間が「戦時中」であり、当然のことながら、それ以前が「戦前」であり、それ以降が「戦後」であるということになります。

 ただし、ここでひとつ気をつけなくてはならない点があります。それは、日頃中高年層が口にしたり、経済や社会情勢などの比較としての視点で語られる「戦時中」という言葉のイメージは、こうした「何時から何時まで」といった歴史的な日付とはかなり隔たりがある場合もまた多いからです。
 
 まず、この日本で戦時体制が敷かれたのはなにも太平洋戦争が勃発した日からのことではないということ。真珠湾攻撃の前にも支那事変をはじめとして、この日本はある意味で戦時体制下にあったのです。しかし、当時はさほど戦時といった緊迫した感覚がありませんでした。
 しかし、傀儡政権を擁した満州国の行き詰まりや、資源の生命線とも言われた東南アジアルートの圧迫、こうした事態に至って、やむなくアメリカと、そして連合国を相手に戦争を強いられることになった日本。事実上の太平洋戦争に至っても、まだまだこの時点では、強い先行きの不安感はあったものの、一般社会や民間の日常生活に於いては、「戦時中」といったさほどの緊迫感も逼迫感もなかったように思います。
 つまり、「戦時中」とは、ある意味で具体的に「歴史的な日時」をさして言うよりも、むしろかなりイメージ的な表現であることもまた多いということを知っておいて欲しいのです。

 それは昭和18年(1943)ぐらいからだったでしょうか、戦況は次第に悪化し、誰の目にもそれが明らかになり始め、出征兵士の数も戦死者の数も膨大なものになり、夫や息子を失った家族が町に目立ち始め、物資と言えばなにもかもが不足し、食料から思想に至るまですべてに統制が行われと、日常生活にも極度の我慢を強いられ始めた、こうした何につけても苦しく辛かった時代のこと。この時代を「戦時中」と表現し、「戦時中はこんな美味いものは手に入らなかった」といった言い回しとして使われることが多いのです。

 事実の上からは政治や国策、そして経済までもが次第に窮地に追い込まれ、世界規模の不況の波も避けられず、いずれはこうした諸問題の打開のために戦争もやむなしといった空気が漂い始めたにもかかわらず、当時はまだ世界の列強として名を連ね、戦勝を疑うこともなく、西欧の文化の交流や流入も盛んで、表面的には高揚した空気に支配されていた「戦前」・・・、そして「戦時中」を経て・・・、終戦に至って何もかもすべてを失い、文字通りのゼロポイントから立ち上がった日本、「もはや戦後ではない・・・」と言われた昭和29年(1954)頃までの「戦後」の時代・・・、この日本は三つの大きな時代の区切りを経たのです。

 もちろん同じ意味ではありません。また、沢山のご回答が集まっていますが、当時を知らない若い方が多いのか、曖昧な回答も見受けられますし、中には明らかに間違った回答も見られます。

 戦争があればかならず「戦前・戦時中・戦後」があります。この日本でも日清戦争、日露戦争、それぞれにもやはり「戦前・戦時中・戦後」はあったわけです。ですが、今日よく耳にする「戦前・戦時中・戦後」という表現は一般的に「太平洋戦争に於ける戦前・戦時中・戦後」といった区切りで語られるものです。

 それで...続きを読む

QNHKで放送された世界遺産フランスのタイトルに出ていた像

NHKで7月に放送された世界遺産フランスでタイトルに出ていたサルの怪物みたいなのが何なのかわかる方、ヒントで良いのでお願いします。
遠くを眺めている感じのです。どこかで見たことがある気もするのですが・・・魚の骨がのどに刺さったみたいですっきりしないのです。

Aベストアンサー

 ノートルダム寺院のガーゴイル像です。
 雨水を流すための装置の装飾で、多くは有翼の怪物を形取ります(ノートルダムに限らず)。
 なんでそんな形かは、寺院の虚仮威しという説と、寺院の魔除けという説があるようです。

ま、日本の鬼瓦みたいなモンでしょうか。

旅行者の個人的ページのようですが実物の写真を。
http://kacotan.cool.ne.jp/paris/0413.html

#因みに回答子はとある本の影響で、この彫像がバリにあると思っていました・・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報