「ムギネ酸は植物進化の頂点に立つイネ科植物が、その生育培地である土壌の性質を適格にとらえて開発した、最も小型で高性能な画期的な鉄運搬体」と高城成一教授が言っていたが、その根拠は何なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

カリ高」に関するQ&A: カリ高

A 回答 (2件)

植物は自分に必要な養分を根が張った根圏からしか吸収できません。

トコトコと養分の沢山ある場所に移動出来ないのです。そこで、不足している養分を受動的にではなく、積極的に吸収する機能もあることが、例えばムギネ酸のようなキレート能をもった成分を自ら放出して受動的にではなく植物の「意志」によって積極的に可溶化して吸収するメカニズムがあるということが画期的と表現されていると思います。これは鉄分ばかりではなく、リン成分などについてもあることが分かっています。移動できない植物が不足している養分をどうにかして吸収しようとするメカニズムを獲得したというけなげな、愛おしい進化ですね。
    • good
    • 0

下記のURLにだいたいのことが書かれていると思います。


ただ、私のイネ科植物に対する鉄の認識とは視点が反対です。
私の住んでいるところは麦などの畑で作られるイネ科はほとんどなく、水田がほとんどで、鉄は悪者です。
というのは、水田のような酸素不足(還元)土壌では、鉄は植物に吸収されやすい三価鉄の形で存在しているため、稲は常に鉄過剰症の危機にさらされています。そのため稲は高い鉄排除機能を持っています。でも、ちょっとでも気を抜くと(カリ不足や日照、水不足で根の活性が低下すると)すぐ鉄過剰症の症状が出ます。“赤枯れ病”というイネの病気の誘因(私は主因と思っている)もカリ不足(私は鉄過剰と思っている)です。
日本の水田で鉄不足になることはほとんど考えられません。アルカリで困ることもないと思います。そのため、水稲は進化の過程で高性能な鉄運搬(排除)機能を身につけたものと思っています。しかしその働きはムギネ酸だけでなく、たとえば鉄酸化機能(酸素で鉄を錆びさせ、植物に吸収されにくくする)等もあります。
ただ、麦の原産地はアルカリ土壌だし、酸化型土壌ですよね(鉄が少ないかどうかは知りません)。そうなると、下記のURLに書かれている視点が大事なのでしょうか?・・・・これって答え?

参考URL:には書ききれなかったので
http://www2.vc-net.ne.jp/~abejun/donguri/06.htm
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~pl_nutr/plant_ …
http://www.jst.go.jp/pr/announce/19990723/index2 …

参考URL:http://a-yo.ch.a.u-tokyo.ac.jp/2000/reikai1/mori …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、在来植物は土壌pHが低くても生育できるのですか?

なぜ、在来植物は土壌pHが低くても生育できるのですか?

Aベストアンサー

昔々地球は梅干だったんです。
梅干の凹部分に水(塩水)がたまり、地球もまだ熱を持っていた頃、塩湯と温度と日照でポコッと細胞が出来て、ほとんどはそれ一代で消滅したが、その内の一つが、梅干にくっ付いた。

これがSTAP細胞を作り出す酸の役目をして、万能細胞が出来て、今に至る。
だから酸性土はお得意なんです。
人間で言うと、温泉に浸かる時、硫黄臭いが賛成の温泉を好みますよね、アルカリ性のヌルヌルして、お湯に何となく何かが浮いている感じより、酸性湯、DNAに刻まれているんでしょうかねぇ。

Qイネ科に見えて、実はイネ科ではないものってありますか?

イネ科の植物を探していて、色々調べたところ、
身近にたくさんあることがわかりました。

実際、イネ科の植物を採取しようとしたら、
色々な植物がイネ科に見えてしまいました。

オリズルランとかは、葉が細長くてもイネ科でなないことは
勿論わかりますが、
葉が長く尖っていて、イネ科に似ているけど
実はイネ科ではないという植物は、ありますか?
教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

科レベルで似ているものといえば、ホシクサ科、イグサ科、カヤツリグサ科はイネ科によく似ています。

多すぎて種名を書ききれないので、図鑑をみてください。

タケやササの仲間はイネ科にする場合もありますが、別に分ける場合もあります。その場合、イネ科によく似ているといえます。

Qこのイネのような植物は何?

田んぼに植えられているイネみたいなんですが、
穂の部分が紫色なんです。
なんでしょうか、これは?

Aベストアンサー

稲の原種は紫穂です。ただ、紫稲は渋味があり、日本や東南アジアでは食用に向く白い変種の方を増やしてきました。ただ、渋い原因の紫色はポリフェノールなので、体に良いということで、味よりも健康食として最近では栽培されています。

Q種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい あとそれぞれの植物で代表的

種子植物と裸子植物と被子植物のそれぞれの違い?みたいなことを教えて下さい
あとそれぞれの植物で代表的な植物ってなにがありますか?

Aベストアンサー

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イチョウなどです。

被子植物は、胚珠が心皮にくるまれて子房の中に存在する植物です。他の動物を利用して受粉する種が多く、めしべの先端についた花粉が受粉管を延ばして受精します。果実を作って種を運ばせることもします。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
広葉樹、草などの多くの種。

さらに光合成のタイプによってC3、C4、CAM植物といった分類があります。

種子植物とは種ができる植物です。それ以前のシダ植物から進化したといわれています。
種ができることによって水がなくても受精できるシステムを持ち、乾燥した陸上に適応できます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%AE%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9

種子植物は、裸子植物と被子植物に別れます。
裸子植物は、胚珠がむき出しになっているもので、ほとんどが風などによって受粉します。果実は作りません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%B8%E5%AD%90%E6%A4%8D%E7%89%A9
スギ、マツ、などの針葉樹、イ...続きを読む

Qイネ黄化萎縮病

今、植物病理の勉強をしていますが手元の資料(某公務員受験向け出版社のもの)にイネ黄化萎縮病の病原が鞭毛菌(水媒伝染)と書いてあるページとマイコプラズマ様微生物(ツマグロヨコバイが媒介)と書いてあるページがありどっちが本当か困っています。イネ黄化萎縮病の病原、感染経路など正確にわかる方教えてください。

Aベストアンサー

イネ黄化萎縮病の病原が鞭毛菌→正解

マイコプラズマ様微生物(ツマグロヨコバイが媒介)→黄萎病または萎縮病

見分け方
http://www.nasuclub.co.jp/tenteki/sindan/rice-byouki.htm

イネ黄化萎縮病の病原・感染経路
専門的なので有益な情報は一般HPからは見つけられず。
(会員制のサイトには詳しく載っているのがあるのですが)
他の水媒伝染の病害(鞭毛)と同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報