マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

ピアジェの発達理論の重要概念でもある「シェマ(schema)」「同化(assimilation)」「調節(accomodation)」について簡単に教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

カンタンにニュアンスを捉える程度に,参考にしてください。

ボクの勝手な解釈が混じっている可能性がありますので,その意味でも参考程度に。

ピアジェは、人間はどのようなメカニズムで環境を認知し適応し発達していくのかを解明しようとしました。例えば、私たちは、そこに椅子があれば座ることができます。それがどこであれ、切り株の上でさえ,「座れそうなら」座ることができます。このことについて,ピアジェは,私たちが「座る」という行為を自然に行えるのは、「座る」という行為について一般的な心的構造,行動の下書きがあるからなのだと考えました.「この切り株は座れそう」とか「このエンピツの上には座れない」とかわかるのは、私たちのこころに「座る」ことの枠組みがあるからなのだそうです.その枠組みのことをシェマと呼びます.椅子に座るのも,切り株に座るのも同じ「座る」ことのシェマが具体化したもの(感覚運動シェマ)であると考えられます.

私たちの中にあるシェマは,環境に適応しようとその認識を変化させたり環境をとりこんだりします.同化は,環境をシェマに取り込む働きをさし,調節はシェマを環境に合わせて変化させる働きのことをさします。
同化と調節は,2つの風船で考えると分かりやすいかと思います.ストローでつないだ2つの風船,一方はしぼんでいて,もう一方はパンパンに膨れています。空気が2つの間を自由に動けるようにしてやるとパンパンの風船からしぼんでいるほうへ,空気が流れて2つの風船は同じ大きさになります。このように、私たちはシェマと環境の間(2つの風船)で同化と調節(空気のやりとりをして),均衡化(equilibration)(ふうせんがどちらも同じになる)を目指そうとするのです。ただし,風船の例では一方から一方へ明確に空気が流れていきましたが,同化,調節については不可分な概念で,相互作用的に働くとされています.
    • good
    • 10

#1さんの回答はごもっともですが,


質問者さんが「簡単に」とおっしゃるのですから
思い切り簡単に教えちゃいますね。

シェマはフランス語で「図式」とか「枠組」のこと。
英語でいうスキーマですね。
ギリシア語由来の単語で,複数形は“schemata”。
心理学においては
われわれが自己を含む世界を認識する際に利用しているとされる認識枠を指します。

スキーマ概念のもうひとりの唱道者であったフレデリック・バートレットは
文化依存的な認識枠の存在を指摘しましたが,
ピアジェのシェマは生物学的基盤を有しつつ
環境との相互作用の中で発達してくものと想定されています。

で,同化は既有のシェマに当てはまる形で世界を取り込むこと,
調節はシェマの側を組み替えることです。
調節の前と後では同じ世界の見え方が違ってくるというわけです。

このアイデアは科学論の分野でパラダイム(paradigm)と呼ばれるものと似ていませんか。
事実,パラダイム概念の唱道者であるトマス・S・クーンは
ピアジェの主催する発生的認識論研究センターで共同研究を行なっているのです。

どうです。簡単でしょ?
    • good
    • 0

そりゃ、無理です。

全学対象の共通教養でも、90分講義。教育学部生を対象にする場合には、90分で2~3回。ゼミなら一年間かけてやる話です。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアジェ 「保存」

ピアジェが言っていた「保存」とはどういうことなのでしょうか?わかる方いましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ピアジェは、子どもの思考活動がどのように発達していくか4つの段階に分けています。8歳から12歳ごろの児童期には保存性が獲得されてきます。
保存性は、例えば同量の水を横幅の異なる容器に入れると、子どもは水面の高さだけに注目し水面の高い方が水量は多いと答えてしまいます。
保存性は、外見が変化しても操作を加えない限りその本質には変わりがないというルールをさすそうです。

Qピアジェの認知発達論

ピアジェの認知発達論は学校現場でどのように生かされているのですか?
 小・中学校での事を教えていただけると、幸いです。
 また、「学習のメカニズム条件付け」の質問もしていますので出来たらそれにも、ご回答願います。

Aベストアンサー

こんにちは.

ピアジェの認知発達論は「大人は最終的に抽象的な論理的思考ができるものであり,子供はどのようにしてその論理的思考法を獲得していくか」に焦点を当てたものです.
子供の能力がそれぞれの発達段階でどのようなものであるか,その発達に対して一貫した法則的説明を提供したものです.この理論からは,人間の知的能力は外からの教え込みではない,子供が主体的に環境との相互作用をすることにより発達する,と説いています.

そのために,この理論を使って効果的に子供の知性を発達させる……というものはありません.ピアジェ自身も自分の理論を教育場面に適用するようなことをしておらず,

・外的教授の無益性の指摘
・子供の回りに豊かな刺激環境を用意し,子供自身が自発的に認知的葛藤を解消する経験を与えるしかない(計算ドリルのような葛藤を生じさせない課題は無意味)

と非常に一般的なアドバイスしか提供しません.

……あえて学校現場に影響を与える部分といえば,小学校では「具体的な内容に基づく推論しかできない」というところから,小学校の教育では,具体的内容をふんだんに使って授業を進めるべし,などの指導要領を作成するところあたりに使われているのではないでしょうか?

こんにちは.

ピアジェの認知発達論は「大人は最終的に抽象的な論理的思考ができるものであり,子供はどのようにしてその論理的思考法を獲得していくか」に焦点を当てたものです.
子供の能力がそれぞれの発達段階でどのようなものであるか,その発達に対して一貫した法則的説明を提供したものです.この理論からは,人間の知的能力は外からの教え込みではない,子供が主体的に環境との相互作用をすることにより発達する,と説いています.

そのために,この理論を使って効果的に子供の知性を発達させる……...続きを読む

Qボトムアップ処理・トップダウン処理について

認知心理学の勉強をしています。
ボトム・アップ処理とトップ・ダウン処理をできるだけわかりやすく、教えてください。具体例を挙げて教えてくださると、嬉しいです。

Aベストアンサー

たとえば人の顔を見る時に

ボトムアップ処理:目や口といったパーツを組み合わせた結果,1つの顔を見る,というタイプ
トップダウン処理:最初に顔の全体の雰囲気があって,そのあとにどういう眼をしている,とか,口の形がどうか,という細かい部分に注意を向けていく,というタイプ

ボトム・アップは,一つ一つのパーツを組み合わせて全体を構成するような情報処理で,トップ・ダウンはまず全体がなんであるか,あるいは事前に人間が持っている知識・経験をもとに情報処理を行っていきます。

別の例でいえば,一つ一つの部品があって,それを組み合わせて全体を作っていると考える(レゴなどで車や飛行機などを作るような感じ)のがボトム・アップ処理で,丸太から仏像などを彫刻等で掘り出す感じの処理がトップダウン処理です。

Q社会福祉の理念について

先日職場の上司に《福祉系》社会福祉の理念について説明しろと言われました。恥ずかしながら説明できず、勉強をしなおせと言われてしまいました。
社会福祉の理念ってなんなんでしょう??
憲法25条?ノーマライゼーション!自立支援?とかいう言葉は知っているのですがどのように説明すれば伝わるのでしょうか?
分りやすく5分で説明するように宿題を出されました。
どなたかご教授いただけないでしょうか><

Aベストアンサー

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが普通(ノーマル)である。ということで、自立支援はそのように生活できるように支援することです。

このようにそれぞれのキーワードの意味を考えるとおのずと答えが出てくると思いますが、私にならば5分といわずに、
「個人個人が人としての尊厳、主張を持ち、地域や家族と呼ばれる社会の中で障害の有無や年齢、性別に関わらず、その人らしい最低限の生活が送れるように支援する」
ことが、社会福祉の理念だと思います。これにノーマライゼーションや25条などを付け加えて説明してください。
ですが、福祉に携わる人間ならば、完璧にとは言いませんが、ある程度説明できないと恥ずかしいですよ?

5分間も説明するのが大変そうですが。。。
理念という意味からですが、物事の基本となる考えという意味ですので、そういったことから考えます。

憲法25条、ノーマライゼーション、自立支援などの言葉から推測しますが、おそらく障害者施設の方ですかね???
※間違っていたら申し訳ないです。
調べればすぐ分かることですが、憲法25条には生存権とそのための国の使命が記載されています。で、ノーマライゼーションの意味は障害者、健常者(この呼び方も微妙ですが・・・。)が社会生活を共にすることが...続きを読む

Q「発達課題」と「心理的社会的危機」の違い

皆様にお尋ねしたいことがあります。
私は現在、社会福祉について勉強しているのですが、
エリクソンの発達課題(ライフサイクル論)について、よくわからないことがあります。

「発達課題」と「心理的社会的危機」についてです。
いろいろなサイトを見ていても、それぞれの言葉の指す意味の違いがよくわかりません。

詳しい方が居られましたら、
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エリク・ホーンブルガー・エリクソンですね。
人生を、以下の8段階に分け、それぞれに「発達課題」を設けています。
要は、「各段階に応じて達成すべきプラスの要素」ないしは「成功体験」だととらえると良いと思います。

1 乳児期
   基本的信頼感の獲得
   (口唇や肌などの接触を通じた、無条件な基本的信頼感)
2 幼児前期(児童前期)
   自立性の獲得
   (歩行・排泄の確立を通じた、自己の行動範囲の拡大と自己主張⇒成功体験)
3 幼児後期(遊戯期)
   積極性の獲得
   (周囲の世界に対する働きかけ・攻撃性、適切な罰)
4 児童期(学齢期)
   勤勉性の獲得
   (集団の中での学びを通じた、勤勉性や自尊心・承認欲求)
5 青年期
   自己同一性の獲得(アイデンティティー)
   (生理学的変化と社会的な葛藤とによる混乱の時期‥‥自分は何者なのか?)
   (価値観・人生観・職業の獲得)
6 初期成年期(前成人期)
   親密性の獲得   
   (他者・他集団との親密な関係・社会的関係、社会性、性的関係)
7 成年期(成人期)
   生産性(生殖性)の獲得
   (労働、芸術活動等、社会的業績、次世代を育てる、生殖)
8 成熟期(老年期)
   統合性の獲得・確立
   (自らの人生の総合的肯定・統合による、心理的・社会的な安定)

これらの発達課題が各段階において達成されなかったときに生じるさまざまな問題が「心理的社会的危機」で、それぞれ次のとおりです。
こちらは、「各段階に応じた発達課題が達成されなかったときに生じるマイナスの要素」だととらえることができるでしょう。

1 乳児期
   不信感
   (見捨てられている・愛されていないという不信感)
2 幼児前期(児童前期)
   恥の感覚、疑惑感
   (成功体験を経験できない、成功を賞賛されない)
3 幼児後期(遊戯期)
   罪悪感
   (過度な罰を受けることによる、自己否定)
4 児童期(学齢期)
   劣等感
   (集団・社会の中で認められない、自尊心の傷つき)
5 青年期
   同一性の拡散(モラトリアム)
   (自分自身に対する自信を持てない、居場所が見つからない)
6 初期成年期(前成人期)
   孤立、孤独
   (他者・他集団との親密な関係を築けない、社会性の欠落)
7 成年期(成人期)
   自己没頭、自閉性
   (周囲の世界に関心を持てず、自らの殻に閉じこもってしまう)
8 成熟期(老年期)
   絶望
   (自分や周囲に対する、後悔・挫折感・絶望)

エリク・ホーンブルガー・エリクソンですね。
人生を、以下の8段階に分け、それぞれに「発達課題」を設けています。
要は、「各段階に応じて達成すべきプラスの要素」ないしは「成功体験」だととらえると良いと思います。

1 乳児期
   基本的信頼感の獲得
   (口唇や肌などの接触を通じた、無条件な基本的信頼感)
2 幼児前期(児童前期)
   自立性の獲得
   (歩行・排泄の確立を通じた、自己の行動範囲の拡大と自己主張⇒成功体験)
3 幼児後期(遊戯期)
   積極性の獲得
...続きを読む

Q論述式の回答の書き方のご指南ください

もうそろそろ、定期試験の時期なのですが、
大学の試験ってけっこう論述問題が多いことに驚きました。高校のころは、まったくと言っていいほど論述問題がなかったので、どうやったらいいのか、ホトホト困ってます。
いろいろ検索サイトでHITさせたり、ここでも過去の質問を見たりして参考にしています。

そこで、今一度、皆様の論述式の回答の書き方を教えてほしいのです。どうかご指南よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当方、大学生です。
書きやすく、いい評価になるのは、
1.一番最初に結論を書く。
2.それについて理由や説明を挙げる。述べる個数も宣言する。
3.最後に結論をもう一度書いて締める。

例えば、「キリスト教における愛について書け(テキト-な課題です。汗)」だとしたら、

「キリスト教における愛とは○○だと言える。
 それについて、3つの観点から述べる。
 まず第一に、~~。第二に、~~。最後に~~。
 以上の事由から、キリスト教における愛は○○だと言える」

…というかんじです。この形式で書ければ、まず悪い評価は取らないでしょう(形式の点では)。

できたら、授業中に先生がおっしゃったこと(本にはない具体例とか)や、参考図書から得た知識を交えたりすると、「ちゃんと授業聞いてますよ、ちゃんと本読んで勉強してますよ」とアピールできて、なおよしです☆

がんばっていきましょう(^^)

Q用語の意味を教えてください。

先行オーガナイザー効果という言葉の意味を知りたいのですが、どなたかご存知ありませんか。

質問すべきカテゴリーもよくわかっていません。
心理学でよかったのでしょうか?

Aベストアンサー

オースベル(Ausubel,D.P.)の有意味学習の理論における
「先行オーガナイザー(advance organizers)」のことでしょうか?
教育心理学の教科書や心理学事典には
「先行オルグ」の名で紹介されていることも多いと思います。

学習すべき材料の核心となるような新しい概念(これが先行オーガナイザー)をあらかじめ学習させておくと
その後の学習の体制化が促進される現象のことです。

たとえば日本国憲法について学習する前に,
そもそも憲法というのは国家存立の基本的条件を定めた根本法で
他の法令の正当性の基準となる国の最高法規であるというようなことを教えておくと
その後の個別の条文の学習が促進されるということです。

Qフェヒナーの法則について簡単に教えてください。

学校でフェフィナーの法則を習ったのですが、
正直よくわかりませんでした。
心理学カテゴリの人たちならわかりやすく教えてくださるのではないかと思い書き込みました。
どなたか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です.

補足をします.

式をどのように導くのか,という追加のご質問ですが,まずは,ウェーバーの法則は,数学の公式というか,計算のように,式を展開していった結果,前回お示しした式が得られるということではありません.
フェヒナーの法則は,ウェーバーの法則を前提に,ある程度数学的に展開して得られています.

ウェーバーの法則は,概念的なものを式の形で現せば,前回の式になる,とご理解下さい.
つまり,ウェーバーの法則は,経験法則を式の形で表したものということなのです.
ただし,ウェーバーの法則中のk(定数)は,感覚の種類(モダリティ)に固有の値で,これは少し詳しい心理学の教科書や,感覚心理学,知覚心理学などの文献を調べていただくと,それぞれのモダリティでいくつになるかという一覧表があると思います(たとえば,東大出版会の心理学<改訂版>など).
また,ウェーバーの法則が成り立つ範囲も,どのような刺激の強さでも成り立つのではなことが分かっています.
ウェーバーの法則の意義は,精神物理学の発展のきっかけになったということです.
具体的にいえば,フェヒナーに大きく影響し,フェヒナーの法則は,ウェーバーの法則を前提として,成立しています.

これに対して,フェヒナーの法則は,刺激の物理量と,それに対応する感覚量との関係を数量的に表したものです.
まず,フェヒナーは,感覚量は直接測定できないと考え,弁別閾(丁度可知差異)を感覚の基本単位として,間接的に感覚量を尺度化しようとしたのです(フェヒナーの仮説).
つまり,強度の異なる2つの刺激があるときに,その2つの刺激の差を,いくつの弁別閾を積算することで等しくできるかということで間接的に尺度化しようとしたのです.

数学的には,ウェーバーの法則が,感覚の大きさの非常に微少な増分dEと,同じく微少な刺激増分dIとの間にも成立すると仮定すれば,
 dE=kdI/I(k:定数)
と表せます.この両辺を積分すると,
 E=SkdI/I=k logI+C(Sは,積分記号,C:積分定数)
となります(上に補足したように,Sは積分の記号と読んで下さい).
この式は,感覚の大きさEは,刺激強度の対数に比例することを意味することになります.
これがフェヒナーの法則です.
グラフ化したものは,上述の東大出版会の「心理学<改訂版>」など,詳しい教科書に掲載されています.

なお,上述のように,ウェーバー法則が,一定の刺激強度の範囲でしか成り立たないことが,今日では分かっていますので,したがって,フェヒナー法則も,同様であることが分かっています.

以上で,いかがでしょうか?

#1です.

補足をします.

式をどのように導くのか,という追加のご質問ですが,まずは,ウェーバーの法則は,数学の公式というか,計算のように,式を展開していった結果,前回お示しした式が得られるということではありません.
フェヒナーの法則は,ウェーバーの法則を前提に,ある程度数学的に展開して得られています.

ウェーバーの法則は,概念的なものを式の形で現せば,前回の式になる,とご理解下さい.
つまり,ウェーバーの法則は,経験法則を式の形で表したものということなのです.
ただ...続きを読む

Q感覚運動的知能とは

心理学でいう感覚運動的知能とは何でしょうか?
調べてもいまいちピンとこないので困っています
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「感覚運動的知能」といいますのは乳幼児に備わる主に「空間認知能力」でありまして、0~2歳までの最も初期の「発達段階」に当たります。
生まれたばかりの赤ちゃんでも感覚神経や運動神経は何とか使えますが、知覚処理や運動命令といった中枢の認知機能は全く働いていません。ですから、まず赤ちゃんは自分に使える感覚機能や運動機能を用い、「空間認知」の学習から始めることになります。従いまして、「感覚運動的知能」といいますのは、赤ちゃんが初めて習得する「自分と外界との関わり」ということになります。

この0~2歳までの感覚運動的知能に対しまして、それ以降を「概念的知能」あるいは「操作的知能」などと区分します。
0~2歳までの空間認知学習を経て大脳皮質における認知機能の発達が伴いますと、今度は「外界との関係」を主体的に捉えることができるようになります。そして、これができますならば、更に次の段階ではそれを操作することが可能になります。
空間認知に始まる乳幼児の認知機能の発達は、概ねこのような段階を辿るわけですが、最も初期の「感覚運動的知能」から次の段階へと移行する際、まず最初に行なわれるのは外界との関係を主体的に捉えるための「表象能力の獲得」です。これにより、乳幼児の学習様式はそれまでとは全く次元の異なる飛躍的な転換を遂げることになります。そしてこれ以降、それが「感覚運動的知能」という状態で脳内に現れることは二度とありません。従いまして、「感覚運動的知能」とそれ以降の「概念的知能」といいますのは、果たしてこの「表象能力の獲得・有無」により、生後2歳を境にすっぱりと区分されることになります。
このように、「感覚運動的知能」といいますのは、それは乳幼児の最も初期に当たる「認知機能の発達段階における区分」であり、いわば全く混じり気のない特別な知性であります。

こんにちは。
「感覚運動的知能」といいますのは乳幼児に備わる主に「空間認知能力」でありまして、0~2歳までの最も初期の「発達段階」に当たります。
生まれたばかりの赤ちゃんでも感覚神経や運動神経は何とか使えますが、知覚処理や運動命令といった中枢の認知機能は全く働いていません。ですから、まず赤ちゃんは自分に使える感覚機能や運動機能を用い、「空間認知」の学習から始めることになります。従いまして、「感覚運動的知能」といいますのは、赤ちゃんが初めて習得する「自分と外界との関わり」と...続きを読む

QワードのデータをUSBに保存したい。

タイトルのとおりです。
ワードで作ったデータを、USBに保存したいのですが、
パソコン初心者なので、やり方がわかりません・・・汗

また、そのUSBで、別のパソコンで見たいのですが、
そのやりかたもわかりません。。。汗
誰か教えてください・・・。

Aベストアンサー

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外します」をクックして、「このディバイスはコンピュータから・・・」のメッセージに「OK」を押します。
6) USBメモリを抜き取ります。

USBメモリからデータを読み出す操作(例)

1) USBメモリを装着します。
2) 「フォルダを開く」を選択して「OK」を押します。(自動的に展開される場合もあります。)

3) 目的のファイルを選択して、右クリックから「コピー」を選択します。
4) ディスクトップなど分かりやすいフォルダを開いて、右クリックから「貼り付けします。

5) コピーされたファイルをダブルクリックなどで開きます。
6) 編集作業の途中と作業の最終には「上書き保存」します。

「USBメモリの取扱方法<Windows Vista(R)>」
http://dynabook.com/assistpc/faq/pcdata/006042.htm 

UBSメモリに保存の操作(例)

1) 名前を付けて保存します。
※別のPCのOfficeが2003以前の場合は、[97-2003互換性]ファイルを指定して保存する必要があります。
2) USBメモリを装着します。

3) ファイルが保存されたフォルダを(普通は、「ドキュメント」)を開きます。
4) 右クリックから「送る」→「リムーバブルディスク」をクリックで、「USBメモリ」にコピーされます。

5) タスクバーの「通知領域」の「ハードウエアの安全な取り外し」をクリックして「USB大容量・ドライブ(*)を安全に取り外しま...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較