今液晶テレビについて勉強しています。
といっても全くの初心者なので、「パネル」がなんなのかもわかりませんが。

液晶テレビの構成要素や生産方法について教えていただきたいです。
もしくは、詳しいサイトや書籍を紹介していただけると助かります。

・液晶テレビを構成する主な部品は?
・どういう工程が必要か?
・人気のブランドは?
(ブラビア、アクオス、ビエラ?)

というところがまず知りたいのですが。
ひとまず「パネル」がなんなのかを教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この関係の、元・プロです。



パネルの構成は、見る人間がいる場所から遠い順に、
a)バックライト
b)偏光板その1
c)ガラス板その1
d)ガラス板の上に形成されたTFTアレイ
e)配向膜その1
f)液晶層
g)配向膜その2
h)ガラス板その2(カラーフィルタと一体)
i)偏光板その2
となっています。
(aのバックライトは「パネル」には含まないという考え方もありますが)

aからの光はbを通って偏光になります。
fの液晶分子は、当初、すなわち、何も電圧がかかっていない場合、eとgによって、強制的に、ある向きに整列しています。
ところが、dによって電圧がかかると、液晶の向きが当初の向きと変わります。
(磁石の周りに砂鉄が、磁界に沿ってヒゲ状の模様になるのと似たようなことです)

液晶の向きによってiに到達したときの光の偏光状態が変わります。
どれだけの割合の光がiを通過できるかは、光の偏光状態によって変わります。
つまり、偏光板と液晶層とで、暗い~明るい を表すスイッチになっています。

カラーフィルタは、R(赤),G(緑),B(青)の三原色の、いわば、ステンドグラスです。
R,G,Bそれぞれについて、上記の「スイッチ」があるので、
Rの暗い~明るい、Gの暗い~明るい、Bの暗い~明るい
を表現できます。
それにより、カラー表示が実現されています。


以下のリンクもどうぞ。

http://www.sharp.co.jp/products/lcd/tech/index2. …

http://www.sugilab.net/jk/joho-kiki/1603/index.h …

pdfファイルです。
http://jp.fujitsu.com/group/labs/downloads/techi …



次に、工程の概略ですが、
・ガラスその1上へのTFTアレイ形成(LSIの製造工程と酷似)
・ガラス1、2へに配向膜を印刷
・ガラス1上またはガラス2上へスペーサを散布
・ガラス1とガラス2を、ずれ無く張り合わせ
・ガラス1とガラス2との間に液晶を注入
・偏光板を貼る
の順になります。


>>人気のブランドは?(ブラビア、アクオス、ビエラ?)

どれも人気なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
パネルの構造、作り方の概要がわかりました。
細かい技術の話はよくわかりませんが、非常にわかりやすかったです。

お礼日時:2007/06/30 20:10

液晶パネルを構成している偏光フィルムについて少し違った視点で。


偏光フィルムのトップメーカーは 日東電工 で、世界シェア42%です。

偏光フィルムに使われている PVAフィルム の世界シェアは クラレ が85%  日本合成化学 が 15% となっており、2社で世界シェア100%です。
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/200605 …

このPVAフィルムを保護するために使われている TACフィルム は FUJIフィルムが80% コニカミノルタが20% で、これもやはり2社で世界シェア100%となっています。
日本の企業がどれだけ優秀か、これを見てもはっきりと分かりますね。

参考URL:http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/200604 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本企業は液晶パネルの材料や部品のシェアも高いんですね。
知りませんでした。
勉強になります。

お礼日時:2007/06/30 20:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
記事の途中で、液晶テレビの構成部品の写真が目から鱗でした。
パネル以外にも、基板やシールドが必要なんですね.

お礼日時:2007/06/30 20:22

液晶テレビの場合、パネルとは一般的に画面が表示される部分を指します。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビの部品構成

一般的なテレビの部品構成(ブロック構成!?)を勉強したいんですけど、
初心者向けに参考になる本はありませんか?
『~わかりやすい~図解テレビのしくみ』とか(笑)

Aベストアンサー

メーカー ブロック図を幾つか
http://www.semicon.panasonic.co.jp/discrete/pdf/P00222BJ.pdf

http://www.semicon.panasonic.co.jp/ds/block/b_list.html

http://www.semicon.toshiba.co.jp/prd/ics/doc/pdf/08571d2ae_02.pdf

http://www.sony.co.jp/Products/SC-HP/sys/tv/tv/

TV内部は、専用ICなので、ブロック図は、デバイス(TV用IC)から、探したほうが、よいかも

本格的に、となれば、ここで
http://www.aeha.or.jp/nintei/ninteicenter.html

参考URL:http://www.fsinet.or.jp/~tamuron/Tv.htm

Q液晶パネルの製造方法について

この質問がどのカテゴリに分類されるのかわかりませんでしたので、
こちらに書かせていただきました。
質問は液晶パネルの製造方法についてです。
メーカ工場での製造工程が知りたいのですが。おそらく流れ作業でどんどん製造されているとは思いますが、どういう材料を使って、どのような組み立て過程があるのかなど教えていただきたいのです。
メーカによっていろいろあるのかもしれませんが、ごく一般的な工程がわかればいいと思ってます。
ホームページ検索等してみましたが、なかなか見当たりませんでした。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

液晶パネルも半導体であるため,
製造方法は途中まではCPUダイやメモリチップと同じです。
かいつまんで説明すると,
まずシリコンウエハーを作って珪素などを結晶化させ,
(この結晶一つ一つがトランジスタとなる。)
エッチングで配線を書き込み,
ダイヤモンドカッターでシリコンを切り分けます。
それに銅やアルミニウムで配線を行い,
液晶パネルが出来上がります。

参考URL:http://www4.plala.or.jp/infobell/handoutai.html

QTVの仕組みを教えてください

すごく、初歩的な質問です。
TVって電波をアンテナで受信して映りますよね。
そもそも、電波も分からないし、なぜ映像になるのかも分かりません。
詳しく解説お願いします

Aベストアンサー

こんにちは。
さて、これはまたたいへんなご質問ですね。質問者さんの現在の知識レベルがわからないのですが、思い切って単純なご説明を試みてみましょう。これにより、他の方の説明や他のいささか高度なホームページを理解する上で助けになればよいのですが。

 テレビは大変に複雑で、いろいろな要素が組み合わされています。このため、「テレビには特定の発明者がいない」と言われているほどです。それでも、何とか模式化して紹介してみましょう。

ポイントは、「四角い絵を細かい点に分解し、順序よく一列に並べて送り、もういちど四角く並べ直す」

○ 四角い白い地に大きな黒い丸がある、1m四方ほどの旗(白黒版の日の丸)の絵を送ることを考えてみましょう。ここで、キャッシュカードに直径1cmほどの穴を開けた道具も想像してみます。

○ 旗の白い部分にカードを置けば穴は白くなりますし、黒い部分にカードを置けば穴は黒くなります。この穴に、「光センサー」を貼り付けてみます。光センサーは10円玉ほどの大きさに電線が2本出ている部品を想像してください。明るい光をあてると電線に強い(大きな電圧。例えば10v)電気があらわれ、暗い(光が少ない)と小さな電圧(例えば1v)が出ます。光センサー付きのカードを、旗の上下中央くらいの高さで左から右に引きずると、旗の白い部分を通過するときには10vが、黒い部分では1vが出ます。

○ このカードを、旗の左上から真横に1秒かけて引きずり、更に一度1cm下げてまた左から右に引きずりr・・・を繰り返すと、
縦が1m(100cm)ですから、約100秒で全体を引きずり終わり、100秒の間に電圧は10vだったり、1vだったりと切り替わります。
(この、センサーを順序よく引きずる動きを走査(スキャン)と言います)

○ この電線に、長い電線をつなぎ、その先に電球をつなぐと、電球は明るくなったり、暗くなったりします。そして、その電球を、1m四方の木枠の中で、おもちゃの自動車につけて走らせます。あらかじめルールを伝えておき、カードが引きずられるのと同じタイミングで1秒に1回、左から右に向けて繰り返し走らせ、少しずつ下にずらします。すると、ゆっくりではありますが、日の丸と同じ形で、明るい・暗いの模様が浮かびます。

○ もちろん、100秒もかけていたのでは、自動車につけたランプの明るさが変化するだけで全体が日の丸の形には見えませんが、これを高速化し、1秒で全部描き終わるくらいのスピードにすると、人間の目の「残像効果」で日の丸の形に見えるようになります。

これがテレビの最も基本である、「電線で絵を送る」の原理であり、ファクシミリも同じ原理です。基本はこれだけ・・・・

さらに本物のテレビは次のような点で改良が加えられています。

・ 本物のテレビでは1枚の絵を描くのに1/30秒!毎秒30枚も描いています。こうすることにより、ぱらぱら漫画の原理で「動く絵」が送れます。一方、撮影場所と映像を見る場所とで1枚ごとの絵の描き始めのタイミングを合わせる「同期」が重要になるため、特に強い電気を使った「同期信号」を上手に混ぜ込むことにしています。
・ また、放送では電線の代わりに「電波」を使っていますね。電波の原理は省略しますが、明るい部分は「強い電波」、暗い部分は「弱い電波」というように電気の強さを変える点では同じです。
・ 映像を取り込むのも、1個の光センサーを引きずる代わりに、小さな光センサーをあらかじめ百万個も並べた数センチ四方の半導体の板(撮像素子)を作って、旗から出た「旗の形」の光をレンズで集めてこの板を照らし、各小センサーの電気を順番に高速で切替えます。(これがテレビカメラ。なお、ファクシミリでは相変わらずラインセンサーという光センサーを紙の上で引きずっています)
・ 映像を写し出すのも、例えば、「ブラウン管」では、小さな光る点を(おもちゃの自動車ではなく)「電子のビームを磁力を使って」走らせていましたが、「プラズマテレビ」では、テレビ画面が小さな電球を百万個もならべた板になっており、それぞれの光具合で絵になります。
(開発初期のテレビでは、おもちゃの自動車でこそないものの、本当にランプとモーターの組み合わせで絵を表示していました)
・ また、人間に見えるすべての色が「赤」「青」「緑」の3つの色の混ぜ合わせだけで作れることがわかったので、絵を送る同じ仕組みを3系統作ることでカラーテレビになりました。(テレビの画面はよく見ると赤ランプ、青ランプ、緑ランプが交互に並んでいますし、撮像素子も小さな一個一個のセンサーが各色に染め分けてあります。電線も開発初期は3本必要でしたが、「色副搬送波」という特別な工夫により、1本で済むようになりました)

 さてさて、長くなってしまいましたがご質問の趣旨に合っているでしょうか。
お役に立てば幸いです。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/evolution-of-tv/index.html

こんにちは。
さて、これはまたたいへんなご質問ですね。質問者さんの現在の知識レベルがわからないのですが、思い切って単純なご説明を試みてみましょう。これにより、他の方の説明や他のいささか高度なホームページを理解する上で助けになればよいのですが。

 テレビは大変に複雑で、いろいろな要素が組み合わされています。このため、「テレビには特定の発明者がいない」と言われているほどです。それでも、何とか模式化して紹介してみましょう。

ポイントは、「四角い絵を細かい点に分解し、順序よく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報