リストはどのようにスミスを批判したのでしょうか。
どなたか教えて下さい!

A 回答 (1件)

1776年にアダム・スミスはその著書「国富論」において、資本蓄積と技術的・社会的分業と投資順位の論理とを明らかにし、民間の経済活動が自由に放任される小さな政府を説き、簡単にいえば資本論を展開したわけです。

これに対して、ドイツのフリードリヒ・リストはアダム・スミスの価値論を、「世の中は個じゃない。組織立って国ごとに動いている。」と批判し、生産力論を発展途上国の論理として打ち出し、発展段階説を展開しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!とても簡潔でわかりやすいです!
お礼が遅くなってすいませんでした。

お礼日時:2001/01/24 19:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリストのピアノ曲で…

リストのピアノ曲の中で比較的難易度の低いものを教えて下さい。
過去に弾いたことがあるのは、愛の夢・ため息のみです。
手は大きくなく、何とか9度届くくらいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

比較的難易度の低いものといっても、<ため息>を弾かれたなら、「忘れられたワルツ」や、あるいは、「巡礼の年」をぱらぱらとご覧になってみて、譜読みしたい(できそうな)ものを選ばれるというのはどうでしょうか?以下は、私自身が過去に譜読みしたもので、それほど無体でなかった(爆)と思うものです。
お役に立てば良いのですが。

参考までに、無料のオンライン楽譜サイトURL添付しておきますね。
(信頼おけるところなので、クリックしても大丈夫です(笑))

忘れられたワルツ(1番は比較的聞かれる機会もあるかと)
<http://imslp.org/wiki/Valses_Oubli%C3%A9es,_S.215_%28Liszt,_Franz%29>
巡礼の年(第1年:4番は美しい曲です)
<http://imslp.org/wiki/Ann%C3%A9es_de_P%C3%A8lerinage:_1%C3%A8re_Ann%C3%A9e:_Suisse,_S.160_%28Liszt,_Franz%29>
巡礼の年(第2年イタリア:「ダンテを読んで」は難しいですけど、1番、3番、あるいはペトラルカのソネット104番などは練習すれば何とか…と思わせるものがあります)
<http://imslp.org/wiki/Ann%C3%A9es_de_P%C3%A8lerinage:_2%C3%A8me_Ann%C3%A9e:_Italie,_S.161_%28Liszt,_Franz%29>

比較的難易度の低いものといっても、<ため息>を弾かれたなら、「忘れられたワルツ」や、あるいは、「巡礼の年」をぱらぱらとご覧になってみて、譜読みしたい(できそうな)ものを選ばれるというのはどうでしょうか?以下は、私自身が過去に譜読みしたもので、それほど無体でなかった(爆)と思うものです。
お役に立てば良いのですが。

参考までに、無料のオンライン楽譜サイトURL添付しておきますね。
(信頼おけるところなので、クリックしても大丈夫です(笑))

忘れられたワルツ(1番は比較的聞か...続きを読む

Qどなたか~!!!!!

どなたか~!!!!!
閲覧ありがとうございます!!
リカード・モデルについてです。

リカード・モデルについてです。
中国の輸出が不当な低賃金の基づいており、中国との貿易は日本を破滅させる。したがって中国からの輸入品に対して関税をかけるべきである。
という見解の妥当性を、リカード・モデルを用いて検討しなければならないのですが、
労働者搾取説を用いて考えればよいのでしょうか?
どなたかどうか助けてください(><)!!

Aベストアンサー

リカードは国際分業についての理論でしょうから、比較優位説を用いて考えてください。

Q情報少ないですが、是非リストのピアノ曲のタイトルを教えてください。

昔外国で聞いたコンサートで、リストのピアノ独奏曲があったのですが
タイトルが思い出せません。
ピアニスト本人が英語で”パ行の発音を発していたような。。
曲は長調、最初左手のみ?でレミ(それから下に下がって)ソラレ?といったような主題が流れます。最後の方にも同じものが再現部に現れ、終盤はドビッシーのアラベスクのようなアルペジオが流れます。曲はアンコールで弾かれたので長くなく5分程度、全体的に大変美しい曲ですが、珍しいものではないかと思います。

間違いない情報としましては。。
フランツ リストであること
愛の夢やため息、コンソレーション3番、軽やかさといった、有名な曲ではない事
(二つの伝説や、メフィストワルツ、マゼッパでもありませんでした)
図書館とCDショップであたってみるつもりですが、曲を探そうにもタイトルが分かりません。。
リストにお詳しい方など、是非教えてください。

Aベストアンサー

自信は無いですが、巡礼の年 (Annees de Pelerinage)、第二年、イタリア、から第一曲目の「婚礼」(Sposalizio)ではないかなとふと思いました。聴いてみてくださいな。

このCDの一曲目。視聴できます。
http://www.amazon.com/Liszt-Piano-Works-Annees-Pelerinage/dp/B00000E2MO/ref=sr_1_3/102-6333279-0771332?ie=UTF8&s=music&qid=1177292401&sr=8-3

またはこのCDの二曲目。
http://www.amazon.com/Liszt-Paralipom%C3%A8nes-Franz/dp/B00000AE0E/ref=sr_1_5/102-6333279-0771332?ie=UTF8&s=music&qid=1177292627&sr=1-5

Q経済学部新入生 数学は必要? 良い参考書教えて下さ

早稲田大学政治経済学部経済学科に入学しました。

正直数学はあまり得意ではありません。
経済学部と言うことで数学力はそれなりにいるのでしょうか?

その場合どんな参考書をやればいいでしょうか?
大学受験の時と違って参考書が多すぎで
どれがいいのかわかりません。

入門書的なわかりやすい経済のための数学の本とか教えて下さい。

入門塾っていうのがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

経済学部に数学は必修です。

数学がわからないと卒業自体も厳しくなります。

http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/nyu.html#eco
ただ『経済数学入門』は文系の数学初学者にもわかりやすく
記述されているのでこれをしっかり読めば
少なくとも「良」以上の成績はとれるでしょう。
『入門 塾』もおすすめです。

Qショパンとリストの合作であるピアノ曲はあるのでしょうか

ピアノの楽譜を見ていて(確か全音の楽譜だったと思います)、作曲家がショパン=リストとなっている曲が1曲あったように記憶しています。
その曲名は思い出せないのですが、その曲は偉大な作曲家であるフレデリック・ショパンとフランツ・リストの両名による合作なのでしょうか。まあ同世代の人間ですし交流もあったようですから合作の曲があってもおかしくないと思いますが。

そして合作だとしたら、その曲が生まれた経緯はわかりますでしょうか。20年ほど前に桑田佳祐とMr.Childrenによる合作の「奇跡の地球」という歌がありましたが、そのようなコラボレーションプロジェクトだったのではないかと思うのですが、どうでしょう。

Aベストアンサー

今は洋楽では大人数の共作、共演、featureといったことが当たり前に多くなされています(そういう手段の普及度は日本とは比較にならないです)が、西洋クラシックの時代に人気作曲家が合作といったことは割と少ないと思いますよ。
まず自分の知る限りでは、この頃の作曲家は非常に作家性や自我の強い人達であり、今のロックバンドなんかと異なりピアノに向かって黙々と1人で創作することに慣れていて、共同で1つの作品を創作するなんてとても出来そうにないことと、宗教音楽の時代と異なり著作物の権利問題に既に厳しくなっていて、「共作」という権利問題の扱いがまだまだ成熟していなかったこと、等が挙げられると思います。実際、作家の間で使用許可を得たとか得ないとかパクっただとかの訴訟問題は当時からよく起こっていたようです。

ただ、作曲(ピアノ版や、ピアノ譜のスケッチ等)は1人の人が担い、後々編曲版を別の人が作るといったことは多かったようです。
実際、ドビュッシーは無名のサティを世に出す手助けをする為にジムノペディを管弦楽アレンジしていますし、ラヴェルはドビュッシーの管弦楽曲のピアノ版、もしくはピアノ曲の管弦楽版を編曲したりしています。言うまでもなくこれらは同時代を生きた作曲家達です。
上のように、既にある有名曲を後々別の有名作家が編曲するということは多いですが、人気作家で忙しかったドビュッシーは、管弦楽曲のスケッチを自ら作曲して、友人であり作曲家であったにカプレにおおまかな指示だけしてオーケストレーションを任せる等のことも度々しています。これは共作とは言えるかもしれませんが、どちらかというと「分業」もしくはカプレは「アシスタント」ですし、「作曲家」は完全にドビュッシーとなりますよね。

ということで、「ショパン=リスト」となっていたら、自分ならなんとなく「リストが後々編曲したのかな」と思います。詳しいことは知らないので憶測でそう思うってだけですけどね。参考までに。

今は洋楽では大人数の共作、共演、featureといったことが当たり前に多くなされています(そういう手段の普及度は日本とは比較にならないです)が、西洋クラシックの時代に人気作曲家が合作といったことは割と少ないと思いますよ。
まず自分の知る限りでは、この頃の作曲家は非常に作家性や自我の強い人達であり、今のロックバンドなんかと異なりピアノに向かって黙々と1人で創作することに慣れていて、共同で1つの作品を創作するなんてとても出来そうにないことと、宗教音楽の時代と異なり著作物の権利問題に既...続きを読む

Qアダムスミス以降の政府の役割について教えて下さい。

夜警国家、大きな政府、などについて自分なりに書いてみたつもりなのですが
4000字もうまりません。ハイ、これはレポートの課題です
自分でやれよとか言わずに、『こんな事が抜けてるからこういった事を書けば?』
等と思って頂いた優しい方、是非回答待ってます。でわ、失礼します

Aベストアンサー

 あなたがどのようなレポートを書かれたのかわかりませんので、どこをどう補足すればよいのかわかりませんが、私なりに答えてみたいとおもいます。なお、私の専攻は日本政治史なので、あまり専門的なことは書けないことをお断りしておきます。
 夜警国家というのは、ドイツの社会主義者ラッサールが言った言葉で、国防と警察に役割を限定した近代国家のあり方を指摘した言葉です。アダム・スミスは市場経済は神の見えざる手によって自動的に秩序が構築されると考え、経済に政府が介入する考えを排しました。その結果、近代国家は経済に介入せず(自由放任経済)、国防と警察にその役割を限定します。
 しかし、この考えは1929年の世界恐慌によって破綻します。当時の主要国は放っておけば、そのうち、不況はおさまると考え、特別な政策を何もとりませんでしたが、その結果不景気はますます深刻化しました。そのとき、イギリスの経済学者ケインズは発想を転換させ、政府が積極的に公共事業を起こす事によって雇用を増やし、国民の消費を活発化させることによって景気の回復を図るべきだという考えを打ち出しました。この考えを最も大規模に実践に移したのが、アメリカのルーズベルト政権のニューディール政策であり、戦後の先進国は基本的にケインズの考えにしたがって経済政策をすすめました。その結果、戦後の世界的な経済成長が実現されたのです。
 しかし、1973年のオイルショック以後、先進国が不況に突入すると、次第にケインズの考えに疑問が持たれるようになりました。政府が公共支出を行っても政府の財政赤字が増すばかりで、景気はいっこうに回復しなかったからです。そこで、イギリス保守党のサッチャー、アメリカ共和党のレーガンは政府の過度な社会保障費の支出が国民から活力を奪い、経済を悪化させているとして、政府の役割を再び縮小して、政府支出を減らして財政赤字を減らし、自由競争をすすめることで国民に活力を与え、経済の活性化を図ろうと主張しました。彼らの思想の背景にはケインズのライバルであるハイエクの考えが根底にあります。
 サッチャー、レーガンの改革は一時的に経済を回復させましたが、軍事支出の減少が伴わなかったため、財政赤字は解消せず、社会保障の削減は中産階級の没落を招き、貧富の格差の拡大を招きました。そこで、イギリス労働党のブレア・アメリカ民主党のクリントンは小さな政府論が国民経済の活性化を招いた側面を評価しながらも、失業者への技術教育や社会保障の一部復活などによって中産階級の没落を防ぎ、貧富の格差の是正を目指しました。ブレアやクリントンは自分達の路線を福祉国家とも小さな政府とも違うという意味で第三の道と呼びました。第三の道は貧富の格差の拡大に悩む各国の中産階級の支持を受け、EU各国で社会民主主義勢力を復権させました。
 昨年のアメリカ大統領選挙では家族制度など旧来の価値観の維持(民主党は同性愛や妊娠中絶などアメリカでタブーとされていることに寛容)しながら、弱者救済もまた維持するという「思いやりのある保守主義」を掲げた共和党のブッシュが当選しました。この考えが世界的な潮流となるのか否かが今後の世界政治を考える上で必要になってくると思います。

 あなたがどのようなレポートを書かれたのかわかりませんので、どこをどう補足すればよいのかわかりませんが、私なりに答えてみたいとおもいます。なお、私の専攻は日本政治史なので、あまり専門的なことは書けないことをお断りしておきます。
 夜警国家というのは、ドイツの社会主義者ラッサールが言った言葉で、国防と警察に役割を限定した近代国家のあり方を指摘した言葉です。アダム・スミスは市場経済は神の見えざる手によって自動的に秩序が構築されると考え、経済に政府が介入する考えを排しました。そ...続きを読む

Qショパン,リスト,ラフマニノフのピアノ曲オススメ

こんにちは。

ピアノに関してはまったくのど素人のクラシック音楽愛好家です。
ベタな質問で恐縮ですが,作曲家自身が名ピアニストでもあった三名様(ショパン,リスト,ラフマニノフ)のピアノ独奏曲または四手のための作品のオススメをご教示いただけましたら幸いです。

【お願い事項】
 ・作曲家お一人様それぞれ数作品程度をめどに
  (傑作がたくさんあって絞るのは大変かと思いますが)
 ・三名のうちのどなたかだけ,もちろん一曲だけのオススメでもOK
 ・聴きやすい,親しみやすい曲想でなくてもOK
 ・曲の長短は不問
 ・一般的な世評をご教示いただいてもいいですし,個人的好みでもOK
 ・お気に入りのCDアルバムでご紹介いただいてもOK
 ・私の好みは無視していただいてOK(えっ,そんなの知ったこっちゃない?^^;)

なお,これらは勝手なお願いですので,作品数の縛りも含め,ご自由にご回答いただいてももちろん結構です。


では,よろしくお願いいたします♪

Aベストアンサー

意外なご質問ですね。
私の好みは無視していただいてOK…とのことですので,
マニアックなものではなく,オーソドックスなもので考えてみました。

リスト
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=237633

迷った結果(迷うほど多くは知らないのですが),ひとつに絞るならこれにしました。
ユーザーレビュー 2007年10月04日の方のコメント通り,
Un sospiro「ため息」と,La leggerezza「軽やかさ」の印刷ミスがあります。
「12の超絶技巧練習曲」や,ラ・カンパネラでお馴染みの「パガニーニによる大練習曲」,
よく聴く機会があるので演奏される頻度が高いのではと思う「森のざわめき」など,
有名なものは満載の2枚組です。お勧めの低価格盤です。
ハンガリー狂詩曲はオーケストラでご存知のものがあるでしょうし,
こちらの方がいいのではと思いました。
「巡礼の年」は大人の香りがする通好みで,質問者様にぴったりかもしれないと迷いましたが,
それは後のお楽しみにということで,まずは上記のもの絞りました。


ラフマニノフ
http://www.hmv.co.jp/product/detail/853252

安いものばかり上手に買っています。
幻想小品集 作品3-1『エレジー』は私のお気に入りです。
もう少し演奏のテンポが速いといいのですが。(私好みでは)
楽興の時 4番 ホ短調 作品16-4はショパンの「革命」からの影響かな?…と思います。
演奏は別のCDでも,『エレジー』が入っているものがお勧めです。
lib08に試聴があります。
http://piano1001.com/lib_0_frame.htm


ショパン
一番迷ったので最後になりました。
ノクターン,バラード,スケルツォ,ソナタ,ワルツ……,どれもいい!,どうしましょう。
迷いに迷って,やっぱり,ノクターン!
お気に入りの演奏があったのですが残念ながら廃盤になっていました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/742515

悪口は禁句かもしれませんが,ポリーニとワイセンベルクにはがっかりしました。
全曲は聴いていませんが,キーシンの演奏にはグッときました。
でも,これも残念ながらノクターン全曲のCDがなさそうです。
というわけで,演奏者のお勧めは分かりませんが,遺作を含む21番まで入っているものを
お選びください。映画「戦場のピアニスト」で使われた20番 嬰ハ短調 遺作は特に好きです。
下記,動画の試聴でどうぞ。ノクターン第20番 「遺作」(ルイ・レーリンク)
http://www.piano.or.jp/enc/dictionary/composer/chopin/000448.html

意外なご質問ですね。
私の好みは無視していただいてOK…とのことですので,
マニアックなものではなく,オーソドックスなもので考えてみました。

リスト
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=237633

迷った結果(迷うほど多くは知らないのですが),ひとつに絞るならこれにしました。
ユーザーレビュー 2007年10月04日の方のコメント通り,
Un sospiro「ため息」と,La leggerezza「軽やかさ」の印刷ミスがあります。
「12の超絶技巧練習曲」や,ラ・カンパネラでお馴染みの「パガニーニに...続きを読む

Qどなたか!!今後の水産政策について。

どなたか!!今後の水産政策について。

見てくださってありがとうございます^^

私は学校の授業で、現在水産業について勉強しています。
最近は、水産政策の分野について習いました。

そこで、いきなりですが質問です!

今後の水産政策について何か新しい提案がありませんか?

近々発表しないといけないのですが、
自分なりに色々考えてみたのですが、あまりいい考えが浮かばず、とても困っています。
「こういうのがいいんじゃない?」
というアイデアを、どうかお貸しください(*>_<*)

どのようなものでも構いません。
できるだけ多くの意見が聞きたいです!

どうかご回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

現在の水産業は、種々の問題点を抱え、瀕死状態と言わざるを得ません。その解決策は、非常に困難を伴うものばかりです。今後10年で日本の水産業は、壊滅的状態が出来します。従って根本的な構造改革の政策が必要です。

1、流通の再編
 中央市場中心の流通は、その機能を失いつあります。その原因は、流通業者の中央市場情報ただ乗りです。市場原理は、需要と供給のバランスによります。中央市場の3大機能は、「集荷」「評価」「分荷」ですが、評価機能タダ乗りのため、本来の需給バランスによる価格形成が損なわれ、購買力が我が物顔に集荷機能を中央市場から奪っています。中央市場の市況での市場外流通が多すぎるのです。

 このままでは卸売り機能は、壊滅します。その解決策は、中央市場、地方市場を解散して、民間企業の私設市場にするのもその解決策の一つです。

2、食生活の変化
 学校給食は、日本人の食生活を大きく変化させました。学校給食の水産物メニュー増大に工夫が必要です。このままでは、調査捕鯨禁止の世論に対抗できません。つまり若年層の水産物離れに歯止めが掛かりません。豪州の肉牛のほうが有難くなるのです。

3、後継者の育成
 農業と同じように、就業者の高齢化が進んでいます。そこで考えられるのは、水産高校の廃止です。漁師にならない卒業生には、水産の予算を使う事はありません。漁獲努力の減少は、水産資源回復の決め手となる可能性も高く、漁獲減少は、必ずしも人口減少の日本に悪いことではありません。

4、港湾整備
 一通り全国の港湾整備は終わりました。漁業者の減少で、港湾設備の余剰も考えられます。これは釣り愛好者や、プレジャーボート、ヨット等に有料で利用させる事が考えられます。

5、養殖業
 餌給効率から考えれば、食料増産政策には不向きです。グルメに照準を合わせ、その味の改善に取り組むべきです。漁師は敬遠しても、より効率良い人工餌料を開発すれば、職場の確保にも繋がります。

6、捕鯨
 IWC脱退と、調査捕鯨も中止です。沿岸捕鯨に限り自主規制をしつつ行うのが良いと思います。食生活と嗜好が変化してしまった日本人に、敢えて鯨肉の供給増大を行う事は時代にそぐわなくなっています。

7、マグロ資源
 今後日本船が漁獲する数量は、輸入量を下回ります。日本に供給する各国と協調して資源管理をしていかなければなりません。本マグロについては、養殖技術の急速な進歩と拡大がありますので、これをかっての「はまち」のようにせず、正しい運営が出来る政策が必要です。そしてまき網船の規制が必要です。

現在の水産業は、種々の問題点を抱え、瀕死状態と言わざるを得ません。その解決策は、非常に困難を伴うものばかりです。今後10年で日本の水産業は、壊滅的状態が出来します。従って根本的な構造改革の政策が必要です。

1、流通の再編
 中央市場中心の流通は、その機能を失いつあります。その原因は、流通業者の中央市場情報ただ乗りです。市場原理は、需要と供給のバランスによります。中央市場の3大機能は、「集荷」「評価」「分荷」ですが、評価機能タダ乗りのため、本来の需給バランスによる価格形成が損なわ...続きを読む

Qショパン・リストでオススメのピアノ曲のCDを教えて下さい

ショパンやリストの、エチュード系のCDを探しています。

『エチュード全集』や『ハンガリー狂詩曲全集』など、出来たら選曲集ではなく、全集が好ましいです。

演奏家については、殆ど無知ですので、有名な方を教えていただければと思います。



どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

◇ショパンの練習曲はポリーニをお勧めします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/851768

ポリーニは好みに合わなくて何度もがっかりさせられましたが,
この1枚は別でした。目が覚めるような鮮やかな演奏です。
一番,お勧めしたいのはホロヴィッツですが,
残念ながら,練習曲集,ワルツ集のように,まとまった形では
C Dが出ていません。演奏は素晴らしいです。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1818508

◇リスト ハンガリー狂詩曲全集
 ピサロ
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1460034

使用楽器がブリュートナーということで珍しい録音かと思います。
楽器の特性が表れていると思いますが,豊かな響きの好録音です。
演奏は都会的というか,この曲集でよく聴く「こてこて」した感じがなく,
品の良いハンガリー狂詩曲です。

ブリュートナーの説明
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D6%A5%EA%A5%E5%A1%BC%A5%C8%A5%CA%A1%BC


◇リスト 練習曲集
 リスト弾きの饗宴ということで複数のピアニストです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=237633

ガンガンと力が入った演奏は何度も繰り返し聴いていると疲れを感じ,飽きてきますが,
この曲集は,全体に力んだ演奏はなく,良いと思います。
この値で,この内容はお買い得かと思います。

>演奏家については、殆ど無知ですので、有名な方を教えていただければと思います。
商業ベースに乗るのが下手で,あまり名は売れていないけれど,
たいへん優れたピアニストもいますので,「有名な方」は
あまり気にしなくていいと思います。
一部の音楽評論家の意見で,「ショパン弾き」とか「リスト弾き」と
レッテルが貼られますが,それも一種の商業ベースによるものです。

◇ショパンの練習曲はポリーニをお勧めします。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/851768

ポリーニは好みに合わなくて何度もがっかりさせられましたが,
この1枚は別でした。目が覚めるような鮮やかな演奏です。
一番,お勧めしたいのはホロヴィッツですが,
残念ながら,練習曲集,ワルツ集のように,まとまった形では
C Dが出ていません。演奏は素晴らしいです。
http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=1818508

◇リスト ハンガリー狂詩曲全集
 ピサロ
http://www.hmv.co.jp/produc...続きを読む

Q【グローバル化の弱点、脆弱性】アダムスミスは経済は分業によって拡大すると説いた。その自説は的中し分業

【グローバル化の弱点、脆弱性】アダムスミスは経済は分業によって拡大すると説いた。その自説は的中し分業が進んだが、アダムスミスが思っていない国を越えての分業が行われるようになった。これが仕事が国をまたぐグローバル化なのだが経済活動が鈍化すると国をまたいで分業しているので一旦経済が鈍化すると世界恐慌になってしまうような脆い経済となってしまった。

これって回避出来ないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

グローバルバランスのリバランスは、各国で起こる経済状態を判断する要因(指標)を工夫することで、短絡的な経済危機には至らないような工夫を試みるしかないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報