人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今晩は

発電所では、50万Vまで電圧を上げるようですが、その際ケーブルは銅線を使用しているのでしょうか?また、そのケーブルの太さはどのくらいなのでしょうか?通常の感覚では、少々の太さの銅線を使用したら、50万Vの電圧で短絡して焼けてしまうような気がしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

影響 鉄塔」に関するQ&A: 鉄塔 体への影響

A 回答 (5件)

こんばんは



超高圧架空送電線のケーブルの材質はアルミです。
なぜならば、少しでも軽くしたいためです。
銅線なんかを使うと、重量が増えるので、その分鉄塔も頑丈に
作る必要があり、コスト高になってしまいます。
超高圧送電線は、高い鉄塔の上にあり人が触る危険もないので
裸電線です。
太さは、その電線を流す電流量により色々あると思います。
ただ、電圧が高いので、そんなに太くする必要はありません。
600mm2くらいでしょうかね。

余談ですが、電気は電圧が高くなるほど電線の周囲を流れるようになります。(真ん中には流れない)
そのため、超高圧電線はドーナッツ構造で、真ん中に光通信ケーブル(光ファイバ)を通しているものもあります。
では。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
素人考えで恐縮ですが、例えば、直径20cm程度、長さ50cm程度の
銅線、もしくはアルミ線に、100万Vの電圧を印加させても、ショート
して焼け切れないのでしょうか?

補足日時:2007/07/03 22:18
    • good
    • 0

>例えば、直径20cm程度、長さ50cm程度の銅線、もしくはアルミ線に、100万Vの電圧を印加させても、ショートして焼け切れないのでしょうか?



ショートしての表現は適切でないことに気づいてください

これだけではなんとも言えません(と言うか条件が荒唐無稽すぎます、現実的には電線には何もおこらないでしょう)
その電源にどれだけの電力を供給する能力があるか
その電力で、銅線を熔かすことができるかが重要です

質問者は、電線が焼けきれるのは 電圧が重要と思い込んでいるようですが(ここが最重要)
電圧は重要な要素ではありません

重要なのは抵抗と電流です、抵抗に電流が流れることで電力が消費され、その電力に見合った熱が発生します

焼け切るかどうか(熔けるかどうか)はその熱のによる温度上昇と放熱で 熔解温度まで上昇するかどうかです


直径20cmの銅線に100万Vを加えた場合、どれだけの時間100万Vを維持できると想像します ?
長くてもミリ秒でしょう そして 遮断機が動作します
(直流ならばナノ秒でしょう)
    • good
    • 0

高圧送電線では電線の太さを決めるのは電流容量ではなくコロナの発生です。



コロナの発生は電界強度に影響されるので電界強度を下げる為には出来るだけ太い線のほうが有利になります。
同じ電流容量では銅よりもアルミのほうが直径が大きくなるのでアルミの電線が使われることがあります。(ACSRなど)

超高圧送電ではコロナの発生を抑える為に必要な電線の径は単独の電線では太すぎて実用的ではないので複数の導体を距離を置いて配置することで実効的に直径を大きくした効果を持たせます。

6本あるいは8本の電線が束になっている送電線を見かけたら1,000kVの送電線と思っていいでしょう。

参考URL:http://www.jectec.or.jp/kiso/denryoku/gakuu.html …

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
素人考えで恐縮ですが、例えば、直径20cm程度、長さ50cm程度の
銅線、もしくはアルミ線に、100万Vの電圧を印加させても、ショート
して焼け切れないのでしょうか?

補足日時:2007/07/03 22:22
    • good
    • 0

超高電圧では、電線表面の電界強度が高くなり、コロナ放電がおきやすくなります。


電線の電界を緩和するためには、太い電線を使う必要があります。
が、電線をそのまま太くしても#1さん回答にあるように、中心部分には電流が流れません。
そこで、複数の電線を円柱状に張って、見かけ上太い電線を張ったのと同様の効果(表面電界の緩和)をしています。

なお、短絡したときの電流は、電圧だけでなく系統のインピーダンスも効きます。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
素人考えで恐縮ですが、例えば、直径20cm程度、長さ50cm程度の
銅線、もしくはアルミ線に、100万Vの電圧を印加させても、ショート
して焼け切れないのでしょうか?

補足日時:2007/07/03 22:23
    • good
    • 0

電圧と使用する電線の導体の太さ(断面積)は関係ありません



導体の太さに関係あるのは、流れる電流です
それと電線の長さです
(導体の抵抗分と流れる電流で 電線の先では電圧が落ちます、この電圧降下を許容範囲に収めるため、電線の抵抗の許容値が決まります
その抵抗に収めるためよう 導体の種類と太さを決めます)
#1の回答のように 直径8cm程度のアルミ線です(数mmのアルミ線を撚り束ねてある)

質問の趣旨は 絶縁耐圧 のことと思います

数万V 程度までは絶縁被覆した電線を使用しますが、それ以上の電圧や架空送電線では 絶縁物のない導線むき出しの電線が使用されます
これは、空気の絶縁性を利用しています
そのため、鉄塔に取り付ける部分には絶縁碍子を多数長く繋いで絶縁を確保しています

質問の電線が熔けるのは、熔ける部分の抵抗と電流で発熱し、その導体の熔ける温度になるからです

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
素人考えで恐縮ですが、例えば、直径20cm程度、長さ50cm程度の
銅線、もしくはアルミ線に、100万Vの電圧を印加させても、ショート
して焼け切れないのでしょうか?

補足日時:2007/07/03 22:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電線の太さと電流電圧の関係

基本的な質問ですみません。

先日変圧器を実際に見る機会がありました。
そして、変圧器の2次側の電線の太さのほうが1次側の電線より太かったのを見て、なぜだろう?と思い質問させていただきました。

普通、1次側の方の電圧や電流が大きいから電線も太くなると思ったのですが、なぜ2次側の方が太いのでしょうか?

Aベストアンサー

W(電力)=I(電流)×V(電圧) の関係になります
 変圧器の場合、1次側電力=2次側電力です
 電圧が高いと電流は小さい、逆に電圧が低いと電流は大きい

 電線の太さは電流により決まります。

Q電流・電圧に対する電線の太さ

電流・電圧に対する許容する電線の太さを知りたいです。
あと、必要なアース線の太さも知りたいです。
元になる規格も教えていただけると助かります。

電流や電圧値は低い値(1Vや1Aなど)から200Vあたりまで教えていただけると助かります。

背景として、電気関係の評価を行った際、細いアース線を用いたら電圧値がぶれてしまいました。
そのため、最低限必要な太さを知りたいと思いました。

Aベストアンサー

>許容する電線の太さ
についてはたの方とどう意見です。
接地線については、電気設備技術基準に定められたC種設置、D種接地
がありますがこれのことでしょうか?
下記を参照ください。
(その他にも”接地線”で検索すれば沢山あります。)
(http:のあとに//www.momozonoden.com/gijyutsu/kyoyou_denryuu.htm​)

上記ではないとすると、弱電用のノイズ防止のための接地線でしょうか?
この場合、状況により色々ですが最大でも電源線と同一の太さと
考えれば良いと思います。

>電圧値がぶれてしまいました
解りません。
基本的に異常時以外に接地線に電流は流れませんので通常は
あり得ない(あったら異常)話です。

Q三相200Vを単相200Vで使用したい

三相200V電源を単相200V電源として使用したいのですが。
三相200Vの場合,R(赤)S(白)T(黒)の3線が電源として配線されておりますが,単相200Vととして使用する場合,R-S,R-T,S-Tのいづれを取っても良いのでしょうか。

以前にいづれかがアースに落ちている場合があると聞いたことがあり,この辺が不明なのですが。

Aベストアンサー

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バンクの三角 (またはV) 結線で一線接地。たぶん S線が接地されている。
(b) 灯動兼用バンクの V結線で、中性点接地。たぶん S線とT銭の中間で接地されている。

(a) のケースで単相負荷を取り出すには、三つに分割できる場合は、各相に均等になるように。(b) のケースでは、電灯と共用されている変圧器の容量が大きいので、中性点が接地されている相につなぐ。

【4】 電力会社との契約種別。
(a) 低圧。
(b) 高圧または特別高圧。

(a) の場合は電力会社の、(b) の場合は主任技術者の指示を仰ぐことが必要です。

いくつか逆質問になります。

【1】 単相200Vの負荷は何でしょうか。
(a) 電熱器・電気炉、溶接機など。
(b) 蛍光灯・水銀灯、エアコンなど。

(a) のグループでしたら、三相電源に単相負荷をかけることは一般的に認められます。
(b) のグループは、単相三線式の電源で使用することが基本であり、三相電源からの使用は認められません。

【2】 前項の(a)であるとして、単相負荷の容量はどのくらいですか。また、三つに分割できますか。

【3】 三相電源の接地形態はお分かりですか。
(a) 動力専用バ...続きを読む

QXRDの単位について

実験でXRDを使用しておりますが、縦軸の「intensity」の意味がよくわかりません。どのような原理でintensityを出しているのでしょうか?合わせて、その単位である「count」「cps」についてもその意味を教えていただきたいと思います。どなたか回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

intensityは回折されたX線の強度ですが、ここでは光子を計数管で数えているようなので、X線光子数と考えてよいでしょう。
一般に、スペクトルの縦軸は観測される光やイオンなどの強度や数に対応します。
UV-visのような古典的なものから、マススペクトルにいたるまで。
XRDは横軸エネルギーではないのでスペクトルというのか良く分かりませんが。
countはX線光子のカウント数、cpsは"count per second"で1秒当たり何個の光子が検出器に入ったかのことでしょう。

Q送電する際、なぜ高電圧で送る方が効率がいいのですか?

送電する際、なぜ高電圧で送る方が効率がいいのですか?
P=VI=RI^2
なので、電圧を高くすることで電流を小さくして線路損失を小さくする、と説明されてなるほどとは思ったのですが、
P=VI=V^2/R
とも書けますよね?
電圧を上げることで線路損失が大きくなるように思うのですが、どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

> P=VI=V^2/R

 上式の考え方自身は正しいですが、この式に当てはめる V(電圧、電位差)を
どのように考えるか、です。


 本件で、問題にしている高電圧送電の、高電圧(数十万V)を そのまま 考えてしまうと、
それは 誤りです。

 線路損失を考えているので、送電線の 起点 と 終点 との電位差を 上式の Vとして、
考える必要があります。


人気Q&Aランキング