最新閲覧日:

怖い小説・まんがを教えて下さい。
小説は・・・リング・着信あり・黒い家・クーンツ
まんがは・・・・永久保貴一・山岸涼子
のファンです.スプラッタなものより、えたいのしれない恐怖が好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

小林泰三さんの作品(短編が中心です)はどれも怖いです。

「玩具修理者」「人獣細工」「肉食屋敷」「家に棲むもの」等を読みましたが、ミステリー的な要素もあり、ゾクゾクします。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/250-796325 …
小林泰三さんの作品が1本入ったアンソロジー「青に捧げる悪夢」(上記リンクの一覧に入ってます)も、第一線の作家が腕を競っていて、いろんなジャンルのホラーが読めるので、気に入った作家を探すのにいいかもしれません。
朱川湊人さんの作品もオススメです。朱川さんの作品は、ホラー色の強いものと、あまりキツくないもの(ノスタルジックな昭和の街等を舞台にした比較的後味の良い作品)とがあります。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/249-849740 …
「花まんま」「都市伝説セピア」は短編ごとに雰囲気の違う作品が入り混じっています。「かたみ歌」「わくらば日記」などは、優しい系です。「白い部屋で月の歌を」は不気味な怖さ系です。「水銀虫」未読ですがレビューを見るとかなり怖いみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
全く存じ上げない作家の方で、教えていただきありがたいです。
題名も、ミステリー要素と、なんだか いいですねえ。探してみます。

お礼日時:2007/07/05 19:28

スティーブン・キングの“第四解剖室”

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
スティーブン・キングはたくさんあって、長編も多く、どれを読んでいいか迷っていたので嬉しいです。

お礼日時:2007/07/16 09:18

「黒い家」は怖いですよね~。


その作者である貴志祐介さんの他の小説でしたら、
「天使の囀り」も怖いと感じました。
現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーです。
他には
五十嵐貴久さんの「リカ」
小池真理子さんの「墓地を見下ろす家」
吉村達也さんの「初恋」
大石圭さんの「殺人勤務医」
行川渉さんの「コワイ女」
がおすすめです☆
角川ホラー文庫は怖い作品が多いと思いますよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
沢山あって嬉しいです。「黒い家」は現実的で後に残る怖さでした。たしか「isora」を読みましたが、是非読んでみます。

お礼日時:2007/07/16 09:16

夢野 久作のドグラ・マグラはどうでしょうか?


あのサイコなノリが結構怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
有名な作品ですが、食わず嫌いでした。紹介ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/12 19:46

怪談集なのですが、小説的な要素もある作品ということで、


角川から単行本と文庫本の両方で出ている『新耳袋』をお勧めします。

>スプラッタなものより、えたいのしれない恐怖が好きです
との言葉にぴったりです。
一つ一つの話は怖くないんだけれど…それを何十個も読んでいいるうちに背筋が寒くなってきますし、妙に背後に誰もいないかが気になってくる作品です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
耳袋というのは、怪談のことですね。わかりました。短編集は好きなので嬉しいです。

お礼日時:2007/07/12 19:44

海外の小説家なんですけど、スティーブン・キングなどはいかがでしょうか?


作品は映画になったものも多いので、もしかしたら、知ってるかもしれませんが、
映画で観るより、小説で読んだ方が恐い作品としても有名です。
淡々とした恐さが私は好きです。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C6%A5%A3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
スティーブンキングは、食わず嫌いでした。小説だと、また感じが違うでしょうね。探してみます。

お礼日時:2007/07/05 19:24

小松左京氏の短編「くだんのはは」です。

これ、中学生の時読んで、ぞっとしました。
バッと怖がらせるのではなく、静かに静かに背後から恐怖が忍び寄ってくるような感じは、山岸涼子さんのセンスに近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
SFの大家が恐怖小説を書いていたんですね。探してみます。

お礼日時:2007/07/04 23:39

海外ものですが、最近のものではなく昔の、短編も含めたスティーブンキングをよんでいてあまりのこわさに指に汗をかいて本がしめった覚えがあります。

「霧」とか、「シャイニング」とか、...。クーンツとも共作してますね。あとは、まんがだと山岸涼子さんの「私の人形はよい人形」などのホラー。とか、うめずかずおさんの「洗礼」など。いろいろありますがとりあえずこのあたりはいかがでしょうか。もうお読みになっているかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
スティーブンキングはクーンツと競作してたんですか!!えー、凄い
組み合わせですね。クーンツは、探してたので嬉しいです。!
わたしの人形はよい人形は、ベストですねえ。(私のおすすめは、汐の声です!!)うめずかずおさんを読んでいないので、読んでみます。

お礼日時:2007/07/03 17:15

景山民夫の「ボルネオホテル」です。


ムシムシ・ジメジメする ちょうど今頃の季節に
読むことをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
景山民夫さんはホラーも書いていたとは知りませんでした。探してみます。

お礼日時:2007/07/03 11:00

小説です。


三津田信三さんの『ホラー作家の棲む家』『作者不詳』
はいかがでしょう。
私は三津田さんの文章は後ろを付いて来る足音さえ怖いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
この方のお名前を聞いたことがなかったので、教えて頂き嬉しいです。
怖そうなコメントですね。探してみます。

お礼日時:2007/07/03 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエッセイや人生論・恋愛論・語学書・哲学書などが小説より好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、本≒小説、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てず、むしろ嫌悪に近い感覚が有ります。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

全然変な人とは思われないですよ。好みは人それぞれですし。もちろん小説好きの人の前で、小説はツマラナイ、くだらない、読むのは時間の無駄だ、書店の陳列スペースの無駄だ、紙の無駄だとか言ったらケンカになりますけども。
エッセイや○○論を読んでいると、ものによっては知的な人だと敬意を払われるかも。あまり安っぽいのはダメですけど。
エッセイや論は、事実に即した重みとか価値があります。
それに対して小説は所詮、絵空事、嘘っぱち、空想の産物です。もちろん作者は、その点を補強して「リアリティ」を持たせる工夫をしているワケですが。

小説の悪口を書くのが本意ではありませんが、読書≒小説、とは小中学校の読書習慣(週間だったりもする)の名残というか悪弊ですね。堂々と小説以外を愛読しましょう。
とは言い条、たまには面白い小説もありますよ♪

Qあなたのお好きなアメリカ小説 ☆ 教えて下さい

こんにちは。

オモシロかったアメリカの小説と著者名を教えて下さい。

ああ、小説でなくとも科学的エッセーなども歓迎です。

お待ちしています。

Aベストアンサー

ジム・ブッチャー「ドレスデン・ファイル」ですね。
ドラマ化もしました。
新作が出るたび、アメリカではトップ10に入ります。

Q小説の題名が思い出せない

小学か中学の頃、図書室で読んだ小説のタイトルが思い出せません(25年程昔です)
下記のキーワードで分かる方はいますでしょうか?

・ホラーというか、サスペンス的な話?
・主人公は女性(日本人か外国人だったかは記憶にない)
・主人公が何処かの屋敷?研究所?に雇われる。
・与えられた仕事は、生首(男性で老人だったと思う)の世話。
・生首は色々と管みたいなのが繋がっていて、雇い主から「このバルブは回さないように、回したら死んじゃうから」という約束をさせられる。
・きみ悪がる主人公だが、仕事と割り切って世話をする。
・生首は喋れないが、まばたきとかで意思表示する事に気付き、段々それで会話ができるようになる。
・ある日、生首が「バルブを回してほしい」と訴えてきて、主人公は最初躊躇するが、回してみると、生首の声が出るようになった。
・(ここは記憶が曖昧ですが)生首は実は屋敷の主人で、主人公を雇った人物にこんな姿にされたと告白。

覚えているのはここまでです。
上記の話はまだ序盤だったと思います。その後、主人公と生首がどうなったのかすら覚えておらず、また読みたいのですが、題名がこれっぽっちも思い出せません。
キーワード検索もしてみましたがダメだったので、こちらで質問させて頂きました。
よろしくお願いします!

小学か中学の頃、図書室で読んだ小説のタイトルが思い出せません(25年程昔です)
下記のキーワードで分かる方はいますでしょうか?

・ホラーというか、サスペンス的な話?
・主人公は女性(日本人か外国人だったかは記憶にない)
・主人公が何処かの屋敷?研究所?に雇われる。
・与えられた仕事は、生首(男性で老人だったと思う)の世話。
・生首は色々と管みたいなのが繋がっていて、雇い主から「このバルブは回さないように、回したら死んじゃうから」という約束をさせられる。
・きみ悪がる主人公だが、...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん「ドウエル教授の首」だと思います。ロシアのジュール・ベルヌと呼ばれたアレクサンドル・ベリャーエフの名作です。

http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-429-4.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E9%A6%96-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95/dp/448863401X

25年前なら、おそらく創元SF文庫から出ていた本でしょうか。
しかし、そのもっと前に、出版社は忘れましたがハードカバーの少年少女向けSF全集にも入っていた記憶があります。

たぶん「ドウエル教授の首」だと思います。ロシアのジュール・ベルヌと呼ばれたアレクサンドル・ベリャーエフの名作です。

http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-429-4.html
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A8%E3%83%AB%E6%95%99%E6%8E%88%E3%81%AE%E9%A6%96-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95/dp/448863401X

25年前なら、おそらく創元S...続きを読む

Q憂鬱になる小説教えて下さい

読むととても気分が落ち込み憂鬱な気分になる小説があったら教えて下さい。

谷崎潤一郎、坂口安吾、三島由紀夫、横溝正史、よしもとばなな、小川洋子、モーム、ヘッセ、カフカ

が好きで良く読んでいます。

太宰治、芥川龍之介、夏目漱石などの有名な小説家の作品も大方読んでいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」をオススメします。
先入観なしで読んでいただきたいですが、読み終わって心底気持ちが悪くなり吐きそうになったのはこの本が初めてです。

もう一冊はちょっと毛色が違いますが貴志祐介さんの「黒い家」。
これは映画化もされてるのでご存知かもしれませんね。

Q自己顕示欲の塊の人が出てくる小説教えてください。

宜しくお願いします。
タイトルの通りです。
ジャンル問わず、新旧問わず、漫画もおすすめあれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

一歩引いたり、半歩前に出たりしながらの主人公に見えますが、
「女性」・「仕事」に激しくくらいつき、自分の欲望を満たしていく・・・・

そのために、「したたかな自己顕示欲」が感じられるのは「島耕作」です。

おススメは、『島耕作』シリーズになります。

(私が思うのは、あくまで「したたかな自己顕示欲」です。)

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報