怖い小説・まんがを教えて下さい。
小説は・・・リング・着信あり・黒い家・クーンツ
まんがは・・・・永久保貴一・山岸涼子
のファンです.スプラッタなものより、えたいのしれない恐怖が好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

小林泰三さんの作品(短編が中心です)はどれも怖いです。

「玩具修理者」「人獣細工」「肉食屋敷」「家に棲むもの」等を読みましたが、ミステリー的な要素もあり、ゾクゾクします。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/250-796325 …
小林泰三さんの作品が1本入ったアンソロジー「青に捧げる悪夢」(上記リンクの一覧に入ってます)も、第一線の作家が腕を競っていて、いろんなジャンルのホラーが読めるので、気に入った作家を探すのにいいかもしれません。
朱川湊人さんの作品もオススメです。朱川さんの作品は、ホラー色の強いものと、あまりキツくないもの(ノスタルジックな昭和の街等を舞台にした比較的後味の良い作品)とがあります。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b/249-849740 …
「花まんま」「都市伝説セピア」は短編ごとに雰囲気の違う作品が入り混じっています。「かたみ歌」「わくらば日記」などは、優しい系です。「白い部屋で月の歌を」は不気味な怖さ系です。「水銀虫」未読ですがレビューを見るとかなり怖いみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
全く存じ上げない作家の方で、教えていただきありがたいです。
題名も、ミステリー要素と、なんだか いいですねえ。探してみます。

お礼日時:2007/07/05 19:28

スティーブン・キングの“第四解剖室”

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
スティーブン・キングはたくさんあって、長編も多く、どれを読んでいいか迷っていたので嬉しいです。

お礼日時:2007/07/16 09:18

「黒い家」は怖いですよね~。


その作者である貴志祐介さんの他の小説でしたら、
「天使の囀り」も怖いと感じました。
現実味があって、本当に起こっても不思議ではないようなホラーです。
他には
五十嵐貴久さんの「リカ」
小池真理子さんの「墓地を見下ろす家」
吉村達也さんの「初恋」
大石圭さんの「殺人勤務医」
行川渉さんの「コワイ女」
がおすすめです☆
角川ホラー文庫は怖い作品が多いと思いますよ~。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
沢山あって嬉しいです。「黒い家」は現実的で後に残る怖さでした。たしか「isora」を読みましたが、是非読んでみます。

お礼日時:2007/07/16 09:16

夢野 久作のドグラ・マグラはどうでしょうか?


あのサイコなノリが結構怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
有名な作品ですが、食わず嫌いでした。紹介ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/12 19:46

怪談集なのですが、小説的な要素もある作品ということで、


角川から単行本と文庫本の両方で出ている『新耳袋』をお勧めします。

>スプラッタなものより、えたいのしれない恐怖が好きです
との言葉にぴったりです。
一つ一つの話は怖くないんだけれど…それを何十個も読んでいいるうちに背筋が寒くなってきますし、妙に背後に誰もいないかが気になってくる作品です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
耳袋というのは、怪談のことですね。わかりました。短編集は好きなので嬉しいです。

お礼日時:2007/07/12 19:44

海外の小説家なんですけど、スティーブン・キングなどはいかがでしょうか?


作品は映画になったものも多いので、もしかしたら、知ってるかもしれませんが、
映画で観るより、小説で読んだ方が恐い作品としても有名です。
淡々とした恐さが私は好きです。

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%B9%A5%C6%A5%A3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
スティーブンキングは、食わず嫌いでした。小説だと、また感じが違うでしょうね。探してみます。

お礼日時:2007/07/05 19:24

小松左京氏の短編「くだんのはは」です。

これ、中学生の時読んで、ぞっとしました。
バッと怖がらせるのではなく、静かに静かに背後から恐怖が忍び寄ってくるような感じは、山岸涼子さんのセンスに近いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
SFの大家が恐怖小説を書いていたんですね。探してみます。

お礼日時:2007/07/04 23:39

海外ものですが、最近のものではなく昔の、短編も含めたスティーブンキングをよんでいてあまりのこわさに指に汗をかいて本がしめった覚えがあります。

「霧」とか、「シャイニング」とか、...。クーンツとも共作してますね。あとは、まんがだと山岸涼子さんの「私の人形はよい人形」などのホラー。とか、うめずかずおさんの「洗礼」など。いろいろありますがとりあえずこのあたりはいかがでしょうか。もうお読みになっているかもしれないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
スティーブンキングはクーンツと競作してたんですか!!えー、凄い
組み合わせですね。クーンツは、探してたので嬉しいです。!
わたしの人形はよい人形は、ベストですねえ。(私のおすすめは、汐の声です!!)うめずかずおさんを読んでいないので、読んでみます。

お礼日時:2007/07/03 17:15

景山民夫の「ボルネオホテル」です。


ムシムシ・ジメジメする ちょうど今頃の季節に
読むことをおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
景山民夫さんはホラーも書いていたとは知りませんでした。探してみます。

お礼日時:2007/07/03 11:00

小説です。


三津田信三さんの『ホラー作家の棲む家』『作者不詳』
はいかがでしょう。
私は三津田さんの文章は後ろを付いて来る足音さえ怖いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
この方のお名前を聞いたことがなかったので、教えて頂き嬉しいです。
怖そうなコメントですね。探してみます。

お礼日時:2007/07/03 09:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Qホラー小説ではないのにすごく怖い小説があったら……。

ホラー小説で書かれたものではないのに、すごく怖い小説があったら教えてください。(例:小林多喜二「蟹工船」などはすごく怖かったです。)

Aベストアンサー

参加させてください。
本邦の短編小説の中から、思い出したものをいくつか。
古めかしいものばかりだし、既読の可能性大だし、参考になりますかどうか。

・武田泰淳「ひかりごけ」
いわゆる人肉食を扱った小説の中で、もっとも有名なものの一つでしょう。みずからの罪を忘れかけている現代への警告とも取れそうです。

・坂口安吾「桜の森の満開の下」
満開の桜(山桜でしょう)の下には狂気が宿る、桜鬼がいる、といった民俗信仰を題材にした一種凄絶な物語です。

・夢野久作「瓶詰地獄」「死後の恋」
この二編、怖いというよりはまがまがしい、と言ったほうがいいのかもしれません。

「瓶詰地獄」は三つの手紙から構成された作品。最後の(実は最初の)手紙が実に効果的。

「死後の恋」はアナスタシア内親王伝説を扱った、映画的な手法が印象的な、奇妙でグロテスクなお話。
ご存知と思いますが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世の一家はロシア革命で惨殺されましたが、この皇女の遺体だけ出てこなかったので、のちにさまざまな憶測が生まれました。これは、その一つ。

Q『小説の書き方を教えて下さい』という質問について。

このサイトのような質問サイトや2chなどの電子掲示板において、
『小説の書き方が分からない』『小説の書き方を教えて下さい』
という質問がたびたび単発でなされますが、
実際の作家に「小説の書き方はインターネットで質問して知った」と公言している人はいるのでしょうか。
つまり、ネットで小説の書き方を質問した人が小説家になれた例はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとしなければ、無制限に自作を世界中に公表できます。
 ふつうの仕事をしないで文学だけに取りくむ作家よりも、現実生活の
あいまに書きつづける、アマチュア作家が主流となるでしょう。
 
 むかし書いて売れた人や、これから小説を書きたい人、いま書いても
出版できない人などが、小説家を名乗っても、なんら差支えありません。
 名刺に「writer」の肩書を付けても、どこからも非難されません。
 
 タウンページの「著述業」に載せることも可能です。
http://members.at.infoseek.co.jp/nk5wada/chiteki20000421/00675_00000/00211_00000.html
 職業分類体系 19991210 知的財産権判決速報
 
 よく当る宝くじ売り場について質問した人が高額当選する可能性は、
ゼロではないにしても、聞かなかった人より多くはならないでしょう。
 ただし、パソコンの情報なしに生きる現代人は、絶滅するはずです。
 

 
 幻の生業 ~ 小説家という職業は実在しない ~
 
 樋口一葉は、原稿料が欲しくて(半井桃水に)小説を学びました。
 島崎藤村は、妻の実家に無心して、処女詩集を自費出版しています。
 松本清張は、誰にも教わらず、いきなり懸賞目当てに応募したのです。
 
 たぶん、十年後には、新聞小説や文芸雑誌は姿を消すでしょう。
 文学は不滅だと主張する人たちは“演歌”の凋落を思いだしましょう。
 古い演歌は歌いつがれましたが、新しい演歌が書かれなかったのです。
 
 お金を得ようとし...続きを読む

Qおすすめのバイク・ロードムービー(或いは小説・マンガ)を教えてください。 

先日、人から進められて「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観て、感涙しました。
そこで、皆さんがおすすめのバイク(オードバイ)のロードムービー(或いは小説・マンガ)を教えてくださいませんか?
ちなみに「イージーライダー」は観たことがあります。
とくに小説でバイクの旅モノって知らないので、博学な方ぜひ!

Aベストアンサー

はーい。チェ・ゲバラ若かりしころ、アルゼンチンのブエノスアイレスから、南米を兄貴分とバイク二人乗りして書いた旅行記、モーター・サイクル・ダイアリーズは、本も、同じタイトルの映画も、大変によかったです。ここ数年、これよりよかった封切り映画はまだみていないとおもいます。ぜひどうぞ。角川文庫です。

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Qエッセイや人生論・恋愛論・語学書・哲学書などが小説より好きなのですが…

そんな僕はちょっとおかしいでしょうか?
巷では、本≒小説、みたいな風潮が強いと思いますが、本にはそれ以外にも多くジャンルが有りますよね。
僕はどちらかというと小説の方が苦手です。
特に、ファンタジー・SF系やミステリー系は全然関心を持てず、むしろ嫌悪に近い感覚が有ります。

小説はあまり好きじゃない、とみんなの前でもし言ったら、なにか偏った人とか変な人とか思われるでしょうか?

Aベストアンサー

全然変な人とは思われないですよ。好みは人それぞれですし。もちろん小説好きの人の前で、小説はツマラナイ、くだらない、読むのは時間の無駄だ、書店の陳列スペースの無駄だ、紙の無駄だとか言ったらケンカになりますけども。
エッセイや○○論を読んでいると、ものによっては知的な人だと敬意を払われるかも。あまり安っぽいのはダメですけど。
エッセイや論は、事実に即した重みとか価値があります。
それに対して小説は所詮、絵空事、嘘っぱち、空想の産物です。もちろん作者は、その点を補強して「リアリティ」を持たせる工夫をしているワケですが。

小説の悪口を書くのが本意ではありませんが、読書≒小説、とは小中学校の読書習慣(週間だったりもする)の名残というか悪弊ですね。堂々と小説以外を愛読しましょう。
とは言い条、たまには面白い小説もありますよ♪

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q怖い短編小説を探しています。

怖い短編小説でお薦めのものがあったら教えて下さい。
怖いと言っても、ホラー的なものに限らず、心理的な怖さを感じるものなども含めて探しています。

Aベストアンサー

http://www.chikushi-navi.com/iimono/iimono04.html
今更ですかね。
「葛橋」直感で浮かんだので。

ホラー的な怖さよりも、心理というか、それもドロドロとか
ものすごくぞっとするような怖さじゃなくて
誰の心にもあるような些細な利己、みたいなのが怖かったです。
日常が些細なことで転落する怖さというか…。

めちゃくちゃ怖いものじゃないんですが
「何か怖い短編ないかな~」と言う人にはお勧めします
http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/30904369
『七つの怖い扉』
七人の作家さんが書いた短編アンソロジーです。
読み比べたり、いろんなタイプの怖さがあって面白いです

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Qページをめくれないぐらい怖い小説を探しています

最近、ホラー小説に興味がありましてちょっと読んでみたのですが、まだ怖いと感じる作品に出会えません。
夜トイレにいけなくなるような、とびきり怖い小説が読みたくて探しています。
バイオレンス、グロテスク、"ある意味怖い"などは平気ですので、心霊系・不思議系等で単純に恐怖できる作品を教えてくださると幸いです。

※ ちなみに「墓地を見下ろす家」は、登場人物にとって怖い話だとは思いますが、読み手の私は恐怖できませんでした。

Aベストアンサー

おいらもホラー小説が好きですが、主に海外の作家の作品を読んでいますので、感性の違いからか、「夜トイレにいけなくなるような、とびきり怖い」思いをした事は無いかなぁ。

小説でなくて申し訳ないのですが、こちらのサイトを紹介しておきます。

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
http://syarecowa.moo.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報