専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

高校の期末考査の範囲でバブル経済と崩壊が入っているのですが、答えていただければ幸いです。
(1)1985年に行われたプラザ合意では円高ドル安か円安ドル高のどちらを解消するために行われたのでしょうか。
(2)その後日銀が公定歩合を下げたらお金が土地に流れたと書いてあるのですが、何故土地に流れたのか教えて下さい。
(3)日本がバブル経済になった理由、崩壊した理由

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答致します。


(1)「ドル高解消(是正)」の為です。
ちなみに為替の最高値は1ドル=80円で現行のレートから換算して約1.5倍の価値があった事になります。
その結果、当時イケイケお姉さんが世界中を闊歩しブランド品を買い漁った(現在の比ではない)

(2)A・公定歩合=日銀が市場銀行に貸し出す利息が下がり(安くなり)有り余りすぎて貸し出し先に困った銀行が個人法人問わず「貸し出し金利が安くなったので、とりあえず土地(住宅)でも」と融資を乱発する結果となり他の市場よりも上昇が激しかった不動産市場に資金が殺到した為。
B・日本人の「土地神話」信仰。
「とりあえず土地(建物)さえあれば何とか食っていける」的な考えや「地価は永久に上昇する(右肩上がり信仰)」という思い込みから、不動産取得に走った。
C・土地担保主義にもとずく旧態依然の金融システムによる土地取得ブーム
日本の金融機関は土地を担保にして貸し出しをすると言う方法が一般的(と言うより欧米の金融機関に比べて他の方法による与信能力が低い)だった為「その当時土地が無ければ何も出来ない=土地を取得したい=そう思っている人間多数=高く買ってくれる人に売りますよー=早く買わないと=皆こぞって殺到」の繰り返しに陥った。(銀行が昔からの商慣習に固執した為=新しい金融システムを構築出来なかった=創造性の欠如)
要は「銀行の蒔いた種」

(3)A・日銀による「総量規制」
日銀が市場に流す通貨量(マネーサプライ)を絞った為、公定歩合が上昇しそれまで湯水の如くあった資金が「限り有る物」になった為、より実体経済に近いものへ資金がシフトした為。
つまり、地価や株式、会員権の様な「売り手の言い値」的要素の強い物から資金が引き上げられて、より手堅い(投機性の低い)市場に資金が移動した為。
結果銀行が貸し出し先から債務を回収し、その為不動産の投売り的処分が横行した為。
言いかえれば「銀行の保身」的自衛手段?言いかえればある種の「マッチポンプ」
B・国民の消費マインドの低下
「この先どうなるか分からない=取りあえず使わない=貯金する=お金が市場を流れない=物が売れない」の循環に陥った為(デフレ(又はデフレスパイラル)状態)

(1)に関しては「円安ドル高の是正」
(2)に関しては「公定歩合」「日本人固有の土地神話」「市場貸し出し金利の低下」
(3)に関しては「総量規制」「「資金シフト」「消費マインドの低下」
のワードの組み合わせで対応出来るでしょう。
後は出題ボリュームに合わせて適当に肉付けしてみて下さい。

健闘を祈りつつ、取り急ぎ回答まで。
    • good
    • 0

1.行き過ぎたドル高を修正するために、協調介入をはじめとする政策協調を行うことで合意しました。



2.3
1980年代後半、日本は金融緩和により、銀行はどんどん貸出をして、お金がとっても余っていた状態でした。
景気もよく、企業も利益が上がり、給料が上がり、個人も企業も金持ちでした。
そこで、個人や企業はもっとお金を増やそうと、銀行などなら借金をして、株式投資や土地投機などの財テクを始めたのです。
その結果、1億円で買った土地が、瞬く間に2億円、3億円と上昇していったので、土地を持ってるだけで億万長者です。それが、一層、土地投機を引き起こし、銀行は更に、彼らにお金を貸しました。
株もそうです、余った資金や銀行から借りた資金で株を買いあさり、株価も暴騰しました。

しかし、90年代に入り、政府が土地の暴騰をを押さえるために、金融の引き締めを始めました。
この結果、金利が上がり、銀行から借りにくくなり、土地などの買手もいなくなり、土地などの資産の価値は瞬く間に暴落し、株価も下がりました。
最盛期に 借金してまでして買った、3億円の土地が、5000万円になって、株価も半分以下になりました。
その結果、企業や投資家に残ったものは、価値の下がった土地と株、それに莫大な借金でした。

本来なら、銀行は、このような企業が困ったときに貸出しをして企業を助けるべきなのですが、企業はお金がなく貸出金の回収が難しくなり、貸し出す資金もないのです。
その結果、あっというまに不況となり、企業は財テクの失敗で借金だけが残った上に、売上が低下して儲からなくなってしまい、給料も上がらず、国民の生活も苦しくなったのです。

この、土地などが暴騰したのは、土地の価値を十歳以上に超えた実態のない価格だったことから、中身のない泡にたとえて「バブル」と呼び、90年代に入っての 大暴落を、その泡がハジケたことから「バブルがはじけた」と表現します。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~ikita/DOC/e007t001.html
    • good
    • 0

(1)ドル高


(2)公定歩合が下がる→銀行からお金を借り易くなる(預けておいても利息が大して付かなくなる)→土地を買って新事業でも始めよう(値上がりしそうな土地でも買っとくか)
(3-1)景気が過熱しているときに、クールダウンさせるどころかアクセルを踏んだ(『日本は景気循環の神話から脱した』、『この好景気は永遠に続くのだ』)
(3-2)みんなが、こんな景気はこれ以上は続かないだろうな、と思った
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング