1年半前に事故にあいました。
当方自転車で停止して相手乗用車の左折を待っていたところ、
乗用車の急な鋭角の左折により巻き込まれたかたちです。

現在は13ヶ月にわたる治療後病状固定し(後遺障害認定なし)、
自賠責への被害者請求で限度額を超えたために
物損含めて相手方任意保険会社へ超過分の請求をしております。
物損は事故の衝撃で切れてなくなってしまったブレスレット、
壊れた時計の修理やバッグなどです。

相手の要求通り物損についての写真や購入時期等詳細含め、物損見積もりを送付してから5ヶ月が経過しておりますが、未だ慰謝料含めた補償見積もりを提示してもらえずにいます。

毎回、次はこの写真が欲しい、これについて説明しろ、と前回取りこぼした分を聞いてくる感じで遅々として示談が出来ずにいます。

こちらは自転車で保険に加入していないために、事故当初から相手方には散々振り回されてきました。
現在は相手方は弁護士対応となっております。こちらは紛争センターに相談に行きましたが、まずは示談の提示があってから話を進めましょう、という事で相手からの補償見積もりを待っている状態です。

(1)早く補償見積もりを提示してもらう、何か良い方法はないでしょうか?
(2)物損について、バッグは購入後13ヶ月のものでしたが1割での見積もりを出してきています。これは妥当ですか?
こちらが提示した定額法での価格の約1/10になってしまうのですが・・。

長文で読みづらいと思いますが、どうか助けて下さい。
不明点があれば聞いてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

相手が外資系の通販ですとあり得る事ですね。


その通販会社にはお客様相談センターのようなものはありませんか?
あれば、そこへ話して見て下さい。

紛センは現在裁判以外で解決するための最も有効な機関ですので、
利用されるのは良いことですが、大変込み合っていて時間がかかるのが
難点です。

なお、紛センは損保寄りと勘違いしている人もいますが、そこで対応する
弁護士は損保の顧問弁護士は担当出来ませんし、かって損保の顧問弁護士
をやっていた人さえ排除している中立的な機関ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
見積もりを出してこない、相手方の意図するところが分からないんですよね。
小出しに言われるがまま、こちらからの情報を提出しているばかりで。

相談センターに電話、してみたいと思います。
その場合、「こちらから請求明細書を提出しているにも関わらず、補償見積もりを提出して貰えない」という感じで良いのでしょうか?

お礼日時:2007/07/05 11:17

紛争処理センターで相談するために相手の見積りが必要というのであれば、細かい項目の請求は除外してとにかく相手に見積りを出させればよいと思います。

それに対して貴方が請求する額がとらわれるということは全くありませんので、先に除外した分も紛争処理センターにて適正に請求できます。
相談のためにどうしても相手の見積りが必要なら以上のようにしてみてはどうでしょうか?

個人的には自分で見積もれば良いと思います。図書館に行って青い本でも借りればできると思います。自分で見積りができてない状態は相手に対して決定的に不利な状況です。おそらくそのために相手に無視されているのでしょう。

この回答への補足

こちらからの慰謝料含めた詳細な損害見積もりは既に提出しています。
加害者宛に内容証明で通達しており、それをもって弁護士対応
となりました。
念のため、その担当弁護士宛にも再度見積もりを通達しています。

再三の見積もり提出要求にも応えてくれないのが現状で、
どのようにしたらよいのか・・・

補足日時:2007/07/04 14:02
    • good
    • 0

しかし保険会社によって対応が違いますね。



俺も被害者ですが、相手方の任意保険会社は
俺がまだ完治していないのに「事故後1年経
つのでそろそろ示談を・・・」なんて言って
きます。

物損についても、人身担当者、物損担当者が
それぞれ別人で物損の補償は過失割合が決ま
ったら、あっという間に補償してくれました。

用紙に、何をいつ頃いくらで購入したのか書
かされました。写真など撮りません。

その用紙を保険会社は全面的に信用してくれ
て、購入時期と購入価格で原価償却されまし
た。なので、最近購入したものは補償額が高
いです。

(1)相手の保険屋に電話するしかないと思
   います。上司にかわってもらうとか。
   たいてい保険屋は示談はすぎに応じて
   くれるのかと思っていました。
   で、いつまでに何をしてくれるのか
   期日をはっきり決めた方がいいですよ。
   今できないなら、いつなら出来るのか?
   とか。

(2)1年ならいいとこ半額だと思います。
   バッグの耐用年数が解りませんから
   正確には金額出ませんが、まさか1年
   使って9割の減価償却額は考えられませ
   ん。

俺も無料弁護士相談に行ってきましたが、示談の
提示があってから話を進めましょう!と同じ事を
言われました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事故に遭われたとの事、大変でしたね。
治療に専念したいのに、散々ですよね。

私の場合は当初加害者側から物損保険は使用したくないと言われ、(加入しているにも関わらず、です)
物損補償請求の内容証明文を加害者本人宛に送付したところ、突然弁護士対応となり
人損・物損併せての対応となりました。

写真については事故直後・修理後の両方を請求されました。
破損部分についても、拡大写真とともに詳細な説明を要求されました。

バッグについて、1年で9割の減価償却、理由は「物の性質上誰かが所有することによって
価値がなくなるに等しい」からとの事でした。一般的ではない考え方のような気がするのですが
どう論破してよいのか、分からずにいます。

通販系外資系保険会社は厳しいと聞いてはいましたが、まさかここまでとは正直思いませんでした。
被害者に立証責任があるとしても、どこまで相手側の要求に応え続ければよいのか、
このまま言いなりでいいのか・・・

お礼日時:2007/07/03 17:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q12年乗り続けた原動付きバイク50ccを車につ込まれたが、物損で1万の提示って、しょうがないでしょう

12年乗り続けた原動付きバイク50ccを車につ込まれたが、物損で1万の提示って、しょうがないでしょうか?

Aベストアンサー

私は納得できません。
保険屋に1万の理由と納得のいく説明を求めましょう。
だめならあきらめましょう。
保険屋と争ってもイライラするだけ損なので・・

Q物損と人身の示談書(物損でした後の後遺症はどうなるの?)

初めて投稿いたします。専業主婦です。
3週間前に追突されまして、相手10私0の割合でした。そのとき相手に物損にしてくれと頼み込まれ、そうしたのですが、首や腰が痛くなり頚椎捻挫で病院に通うこととなりました。入院ほどではないのですが、週2~3回通院で、家にいるときは痛くて食事を作ることも掃除もできない状況です。私が人身に切り替えると言うと、相手はそれは困るので相応のお金を払うので物損で示談してくれと言ってきました。
私としては、相手の頼みに応えてもいいと思ってはいますが、もしこのまま後遺症が残ったりした場合のことを考えると、迷ってしまいます。
そこで、物損扱いのままで、私と相手の示談書を作成して、「今後後遺症がでたときは一切の損害を相手が支払う」といった示談書は有効でしょうか?
それとも、物損なので人身にしていないからその文は無効になってしまうのでしょうか?
もし有効なら、相手にもいいし、私も別に不利なことはないと思ってそうしようと思っているのですが。。。
みなさま、お知恵をお貸しください。お願い申し上げます。

Aベストアンサー

#1です。

>4200円×16日×2=134400円、4200円×60日=252000円で低いほうで134400円になり、5700円×16日=91200円を足して225600円となるのでしょうか。休業損害は通院と同じ日数でしょうか。家で動けず横になっている日を考えると毎日ぐらいになるのですが・・・。本当なの?って言われたらそれまでですもんね。。

休業損害の対象になる日数は実休業日数ですから、
家事に従事できなかった期間となります。
しかし、主婦や自営業者では実休業日数を証明することが難しく、通院日数=実休業日数と捉えることがあります。
ですから、ご自身の考え方・計算でも良いと思います。

>そうすると、相手方は70万円で示談を私に望んでいますが、これは充分納得できる金額と考えてよろしいのでしょうか?

即金であれば良いと思います。
また、後遺障害については補償されないと考えた方がよいでしょう。

Q物損相手が修理見積もりをとらないので困っている

2月中旬に人身事故にあいました。
相手はバイクこちらは自転車、相手は物損こちらは物損と怪我をしました。

怪我は治療し完治しまして相手の保険会社が自賠責で支払いしてくれました。

ですが、物損の方がすすみません。
相手が修理見積もりをまだとってないらしいのです。
事故後2ヶ月になろうとしていますが、わずかの傷だったので放置しているようです。

こちらは自転車の修理をして領収書も提出済みです。

教えてほしいのは、このあとの対応方法です。
このまま待っているしか自分にすることはないのでしょうか?

相手は他の修理も含めて高額の請求をするかもしれません。とても心配です。
保険会社も放置気味です。

どこかに相談して動いてもらえないのでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

物損と人身の支払いは別になるのが普通です。
自動車事故の場合、任意保険の調査員(アジャスター)が相手の車を見に行って評価額を決定しますので、相手が見積もりを取ろうが取るまいが関係ないわけですが、今回の場合あなた自身で相手の損害を見積もらないといけないことになってしまっています。
したがって、相手が見積もりを取らない限り損害は確定しませんから、ご心配のとおり法外な請求を後日される恐れはあります。

先手を打つために、内容証明で「事故からかなり日数が経ちますが、車の修理費見積もりをいただけておけません。○月○日までに見積もりをお取りいただき、請求いただけなかった場合、事故と修理見積もりとの相関関係の証明が極めて困難となりますので、修理費の請求には応じられません。あしからずご了承ください。なお、本書面に対するご回答につきましては、内容証明でのご送付をお願いします」と送っておいたらどうでしょうか?
また、自転車の修理費について相手から支払ってもらっていないようですから、「自損自弁」(お互い自分の修理費を自己負担し、お互いに請求しないこと)を主張して、物損に関する支払いをなしとしてしまうことも考えられます。
弁護士に相談するほどの事例でもなさそうですが、心配であれば行政書士に、内容証明の書き方を指南してもらってもいいと思います。

ちなみに、自賠責保険はあくまで人身に対する分しか保障されませんから、#1さんのおっしゃるように「自転車の修理費が含まれていた」ということはありえません。自転車の修理費は、あくまでバイクの運転手自身の負担となります。
また、バイクが任意保険に入っていなければ、あなたの自転車の修理費に対する支払いはありませんから、保険屋さんに言っても取り合ってもらえないでしょう(過失割合が取りざたされていないところを見ると、相手は任意保険未加入のように思えます)。

物損と人身の支払いは別になるのが普通です。
自動車事故の場合、任意保険の調査員(アジャスター)が相手の車を見に行って評価額を決定しますので、相手が見積もりを取ろうが取るまいが関係ないわけですが、今回の場合あなた自身で相手の損害を見積もらないといけないことになってしまっています。
したがって、相手が見積もりを取らない限り損害は確定しませんから、ご心配のとおり法外な請求を後日される恐れはあります。

先手を打つために、内容証明で「事故からかなり日数が経ちますが、車の修理費見積...続きを読む

Q0:100の物損事故でこちら側の修理は可能?

昨日、駐車場内で
バックで駐車しようとしたところ、
出ようとしていた車に衝突しました。

お互い怪我もなく、向こうも生物を購入していて急いでいるということで、
警察は呼ばずに、保険で処理することになりました。

向こうは停まっていたと主張していて、私にはそれが本当かどうかは
まったく判断がつかないので、
恐らく0:100でこちらが悪いことになりそうです。

向こうの修理の手続きは週明けに進みそうですが、
ふと私側の話が保険屋さんから出てこなかったので不安に思ってます。

こちらがすべて悪くても、保険で私の車も修理できますでしょうか?

おわかり方いらっしゃいましたら、お願いします。

Aベストアンサー

自分の車体の保険に入っていれば、

保険書をを見てください、契約書に書いてあるはずです。

Q物損事故の質問なんですが。 先日飲食店駐車場で停車した瞬間に隣の車が確認せずにドアをあけて、こちらの

物損事故の質問なんですが。
先日飲食店駐車場で停車した瞬間に隣の車が確認せずにドアをあけて、こちらの車のドアを凹まされました。
その際、こちらが警察を呼び事故証明をとってもらい『あとは本人同士で示談してください。』と言い帰られました。
そのあと、相手からは丁寧に謝罪され、こちらもディーラー見積りを画像で送るのでその金額を見て保険を使うか個人で賠償するか決めてもらう。
と言うことでその場は終わりました。

その足でディーラーに出向き80000万円ほどの修理代の見積りを相手に送ると、
『こちらのお見積もりの方で問題ありません。
保険を通さずお支払いするつもりでいますがもし保険を通して欲しいという事があれば保険の方を通させて頂きますのでご連絡ください。』
『今回の件は誠に申し訳ありませんでした。』
とLINE上でのやりとり。

こちらは買って1ヶ月の新車、相手の過失が100こちら0との認識でしたので修理期間のレンタカーをお願いしようと思い連絡したところ。
『レンタカーをご使用される事になるのであればお支払い額が10万円以上になると思われます。10万円以上になるのであれば保険を通した方が良さそうなので一度保険の方に相談してみます。』
その後連絡なく。
後日保険屋から連絡がきました。
『今回の事故では過失割合が100対0にはなりません。相手がこちらの車が動いていたと言っています。』
しかし止まっていたのはキズを見たら明らかです。
こちらが保険屋に
『過失の割合は任意段階では当事者の同意ですよね?LINEでの修理金額と支払いの確認はとってある。』
と言うと保険屋は
『相手はその時はテンパっていてそういうものかと思った。あとで考えるとこちらも動いていた以上100対0じゃないと言ってます』
との事。
しかも
『最終的に50対50が相手の意向です。』

ありえない。と思いました。
誠実な対応だと思っていたので怒りを押さえ淡々と事故後ディーラーに連絡。出向き見積りなど対応してもらい相手に連絡したのに。
最初にしたLINE上でのやりとりで過失割合はあきらかですし、文面も残しています。
それを反故にしてしまうことってできるんですか?
口約束でも契約になると聞きます。
しかし立証できないからわざわざ文面にしようと思いLINEでのやりとりにしたんですが。
詳しい方おられれば意見お聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

物損事故の質問なんですが。
先日飲食店駐車場で停車した瞬間に隣の車が確認せずにドアをあけて、こちらの車のドアを凹まされました。
その際、こちらが警察を呼び事故証明をとってもらい『あとは本人同士で示談してください。』と言い帰られました。
そのあと、相手からは丁寧に謝罪され、こちらもディーラー見積りを画像で送るのでその金額を見て保険を使うか個人で賠償するか決めてもらう。
と言うことでその場は終わりました。

その足でディーラーに出向き80000万円ほどの修理代の見積りを相手に送ると、
『...続きを読む

Aベストアンサー

保険屋は、双方の言い分だけを聞き「机上」で過失割合を判断します。

保険屋は、保険の知識はあるが、判例や実況見分もせずに交渉能力のない担当者がたくさんいます。
ぶつかる際に「クラクションを鳴らしたか」とか「本当に停止してたか」等の言い掛かりを言ってくるでしょうね。
保険屋は、たくさんの事故案件があるので、時間だけを費やしてなかなか解決しない事がよくあります。
最初は、新米の無能担当者が対応するケースが多いので注意して下さい。

車の物損事故は、法律問題ではなく、事実認定が重要です!

まずは、破損部分の写真と事故の経緯を判断する為に、保険屋同伴で再度現場検証をしましょう。
事故近辺に防犯カメラがないか確かめる必要もあります。

あなた自身も全て保険屋に任せるのではなく勉強しましょう!
市役所の市民相談室では、行政の立場で親身になって相談に乗ってくれます。
色んな知識を教えてくれますし、意外と空いてて堅苦しい所ではありません。
私も今年、駐車場で「もらい事故」を経験し相談しました。

保険屋に対する苦情や紛争解決なら、そんぽADRセンターに相談しましょう!

今回の事故は、あなた0対相手10で勝てる案件です。
新車1ヶ月後との事ですからポリマー加工もしてもらいましょう。

絶対に主張を曲げてはいけません。
家庭裁判所で民事調停(交通調停)覚悟で戦う姿勢を見せましょう!

私の場合も当初3対7でしたが強気で戦い…相手側保険屋が上司に変更…結局0対10で完全勝利しました。

無能保険屋に負けずに頑張って下さい!

保険屋は、双方の言い分だけを聞き「机上」で過失割合を判断します。

保険屋は、保険の知識はあるが、判例や実況見分もせずに交渉能力のない担当者がたくさんいます。
ぶつかる際に「クラクションを鳴らしたか」とか「本当に停止してたか」等の言い掛かりを言ってくるでしょうね。
保険屋は、たくさんの事故案件があるので、時間だけを費やしてなかなか解決しない事がよくあります。
最初は、新米の無能担当者が対応するケースが多いので注意して下さい。

車の物損事故は、法律問題ではなく、事実認定が重要です...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報