ネットが遅くてイライラしてない!?

山での食事方法で、レトルト食品を温めた残り湯でスープやお茶を作る、と言う方法をよく耳にします。
でも、レトルトパックの外装って印刷されてますよね!
出発前に洗っておけば汚れは落とせるでしょうが、湯で煮ることによって、インクや有害な物質が溶け出したりしないのでしょうか?
水が貴重なのはわかっていますが、残り湯を飲んでも問題はないのでしょうか?

A 回答 (6件)

 私はまったく気にせずやっています。


 某国産ならともかく、国産のレトルト食品では中袋の印刷に有害なインクを使うようなことはないでしょうし、仮に毒性があるとしても非常に微量なので、毎日延々と摂取し続けて何年で影響が出るのかでないのか、という程度のことでしょう。

 レトルトの残り湯を調理に使うのは、水もさることながら燃料の節約という意味合いが大きいです。沸かし直せばそれだけ燃料が必要になりますから。
 なので私は水に不自由しない状況でもやってますね。

 山ではもっと過激なことがたくさんあります。

 天水に頼っている山小屋では、天水を溜めるタンクのサビで水が茶色になっているので、水を水として出すわけにいかず「お茶」しか置いていないとか、湿原で幕営したときに池の水しか手に入らず、コーヒーフィルターでボウフラを濾して飲んだとか(そもそもその水で飯を炊いたらボウフラの炊き込みご飯ができてしまいましたが)、この近辺では唯一の水場の中にカモシカの腐ってウジだらけになった死体がどっぷり浸かっていたとか。

 カモシカの死体漬けの水も、かなり強烈な香りがしましたがそこしか水場がないので飲みました。もちろん湧かしましたが。
 ボウフラの炊き込みご飯はさすがにそのまま食べる気がしなかったので炒めてチャーハンにしたら意外に美味かったです。

 まあ、ボウフラやウジとインクは多少事情が異なりますが、重金属でも含まれていない限り、さして影響はないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
牛肉に豚や内臓を混ぜている程度ならともかく、キクラゲを工業インク色付けしたり、野菜に基準値大きく超える有害物質が混入していたりすると、アジア系食品に対する安全信頼性が低下してしまいます。
国内メーカーのレトルト食品も、製造は国外というパターンがありますので、内容物はともかく、外装などに気を使っているのかは甚だ疑問です。
ただ、家庭基準をそのまま山に持ち込むわけにはいかないので、多少のこと(小動物や虫などの自然系)は仕方がないと思いますが、人工物(有害化学物質)については正直気になってしまいます。
まあ、連続摂取しなければという考え方もあるので、臨機応変にやっていきたいと思います。

お礼日時:2007/07/06 04:38

#4です。



お礼をありがとう御座います。

>パックご飯が横に入るこっへるを入手する必要が・・・。

まさか・・・「ご飯をほぐしてからコッヘルに入れる」位はしてください。(あまり水を入れて温めると御粥になるので注意。)

山では食事も楽しみの一つ。色々と工夫して「少ない荷物でゴミを出さず、美味しく(豪華に?)食事が出来るといいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あっ、そういう事でしたか・・・。
それだと水が少ないと焦げ、多いとどろどろになりそうですので、水加減が難しそうですね!
苦行が目的ではないので、これからも工夫(?)をして食事を楽しみたいと思います。
再びの回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 05:44

なるほど言われてみれば、その様な事を気にする人もいるのか、と思ってしまいますが、食の安全意識が高まってきた時勢では、そう考えるのもヤムナシなのでしょう。



レトルトのパックの外装全てに印刷しているわけでは無さそうなので、なるべく無印刷の物を持参する。

あるいはレトルトの内容物をパックご飯の上に乗せて、その状態でパックご飯を温める。(容器に少々水を入れ、ご飯を入れて火を点ければパック全体を温める必要は無い)

この様にご飯とレトルト内容物を温めれば、水は殆ど使用しないので心配している状態になった事は無い。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
最近、中国食品問題(工業用インクで色付けしたキクラゲや人毛醤油には驚きました)もありましたし、正直気になってしまいますね。
パックご飯に乗せて温める、いいアイデアですが、パックご飯が横に入るこっへるを入手する必要が・・・。
色々と工夫してみます。

お礼日時:2007/07/06 04:26

南アルプスなどの水の入手が困難な山稜では仕方がないですが、外装については安全基準がないので避けた方がよいでしょう。

まあ、日本製のものなら、外装とはいえ有毒なインクは使わないでしょうが
もっとも、わたしも平気でやっていますが、気になるくらいならやめた方が良いのでは。

というか、レトルトはゴミが増えるので、そのような山行ではそもそも持って行かない方がよいと思いますよ。
水が容易に手に入る山行と分けた方が良いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
国産メーカーが販売していても、製造はアジア系工場というパターンもあるようなので、正直気になってしまいます。
最近は中国産食品の不祥事が続いていますし・・・。
ゴミも無視できないですが、せいぜい1泊程度なので乾燥食品よりはレトルトの方を選んでしまいます・・・(相対的に美味しいので)。

お礼日時:2007/07/06 04:23

365日の朝昼晩の食事が全てレトルトで無い限りは大丈夫です。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
たまにならOK、ということですね!

お礼日時:2007/07/06 04:19

仮に極微量な有害物質が解け出たとしても


恒常的にそれを接取しない限り人体への影響は無いに等しいでしょう
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
連続摂取しなければ、という発想もありですね。

お礼日時:2007/07/06 04:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレトルトごはんの簡単調理法

梅雨明けに飯豊山の小屋で自炊します。

レトルト「ごはん」200gパックを加熱する方法として
(1)電子レンジで3分
(2)熱湯で15分   と表示してあります。

山小屋には勿論、レンジはありません。
山用ガスコンロとコッフェルを使い、短時間で加熱する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

 自炊ツーリングが好きな現役整備士です。レトルト米は冷えたままですとパサパサな為(でん粉がβ化している)、温めて柔らかく(α化)させてやる必要がある訳ですが、一度温めた物がβ化するにはある程度時間が掛かります。ですので、一度温めてしまえば冷えても3日位は「普通の冷や飯」として、温めずに食べる事が出来ます。出かける直前に自宅で湯煎して温めていけば(電子レンジでは一部開封しなければならないので)、現場でちょっと温めるだけでおいしく頂けます。自衛隊の戦闘糧食(いわゆる「ミリ飯」)もその様な形で支給されます。出掛ける前に一度お試し下さい。

Qレトルト温めたお湯で味噌汁?

こんにちは。
いまひとり暮らしの大学生で、家のコンロはひとつです。

ある日、カレーのレトルトを温めていたお湯でコーンスープをとかして
のみました。

これは健康に問題あるのでしょうか。
どなたかご存知の方いればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も学生時代に、レトルトカレーを温めたお湯をそのままカップヌードルに入れて良く利用していました。
それから数十年経ちますが、これと言って健康に害はありませんよ。

レトルトのパウチパックの袋から有害物質が溶け出す事も無いです。
ただし、レトルトの袋の周りに付着していた汚れやばい菌があるとすれば、それはお湯に溶け出しているのですが、その程度で健康を損なう事は無いでしょう。

できれば、次回から残り湯を使用するのなら、レトルトの袋をきれいに洗浄してから温めるようにしましょうね。

Qレトルトパック ご飯の戻し方

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした。
→家のガスでこれだと山では気圧(標高1500-3000m)もあってやはり無理?

ただ、レンジに入れて2分チンすると中まできれいに出来ています。(結構おいしい)

そこで、質問です。
  Q1)湯煎でうまく戻す方法(山での話です)はありますでしょうか?(圧力鍋などありません)
  Q2)日帰りの場合、前日夜にレンジで戻して持って行き、山で軽く湯煎(暖める)ではどうでしょうか?
  Q3) Q2)で一度家で戻して、行かなかった場合、また元の保管に戻してOKでしょうか?
     →当日 行かないこともソコソコあるので、、、  スグ腐ってしまう? 時期は真夏以外です。」
経験のある方お願いします。

なお、レトルトご飯の調理に関する回答のみでお願いします。

時々レトルトパックのご飯を山に持って行きます。
 →よくある パックケースのままレンジなどに入れてチンするとご飯が戻るヤツです。

山でボイルして戻すのですが、うまく戻りません。
時間を長くしても回り(ケースに近いところ)はチャント戻るのですが、真ん中のあたり(全体の半分以上)は結構硬いままです。

カレーなどをかけて混ぜて食べるので何とか食べれますが、あまり おいしい、という状況ではないです。

そこで、自宅でやってみたのですが、5分ほど強い火でやってもやはり、ほぼ同じ状況でした...続きを読む

Aベストアンサー

山だといっそのこと全部なべにあけ、水を加えておじや風にしてみたらどうでしょう。
(水の量を加減して、あまりゆるくしないようにする。)
あるいはお湯をわかしてそのなかにごはんをいれ、すこし煮たったところでお湯を捨ててもいいかもしれないです。

やってみたことはないですがやわらかくはなると思います。

Q山での汁処理

以下の物の汁、山でどうしていますか?

(1)ラーメン、うどんの汁
(2)カップやきそば のお湯
(3)スパゲッティの茹で汁


行程は1-2泊の無雪。 
山域は1日歩いて2-3名会う程度(丹沢や富士など環境負荷オーバーしてるところではない) 

なお、机上の「すべき」という意見ではなく、「こうしている」という自身の実績でお願いします。

私は (1)は穴を掘って廃棄(ただし完全に汁のみ。クズは飲みます。
(2)、(3)はそのまま廃棄

Aベストアンサー

1 飲み干すために 薄味にして調理
2 そもそもカップめんはかさばるので持ち込まない
3 あらかじめゆでてあるものを使用(鍋で軽く炒めるだけ)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%83%BC-%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC-%E3%82%86%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3-5%E9%A3%9F%E5%85%A5/dp/B002Z14KMQ
結果としてゆでるための水の重量と調理時間を節約できます

Q登山ザックの外付け荷物について

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている方も良く見ますが、コーヒーなどを作って飲む場合でしたら、他の器具や材料をザックから出すので、マグカップだけ外にある必要はないと思いますし、水場で水を飲むためだとすると、腰ベルト辺りにあれば、すぐ手にとって飲む事が出来ますが、ほとんどの方がされているザックの後部に吊り下げている場合は、ザックを下さなければ手に取る事が出来ず、ザックの出しやすい場所に収納してるのと使い勝手は変わらず、あえて不衛生な外に吊り下げる必要が無いように思えます。
ザック後部にマグカップを吊り下げる目的を教えてください。

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている...続きを読む

Aベストアンサー

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザックは横に出っ張らないように
体の幅に合わせた縦長軽量タイプがほとんどです。
しかし、かつては横長のキスリングが主流でした。
帆布製でしっかりしていましたが、
その分重量もあって担ぐのには体力が要りました。
このキスリングは横長であるがために上部の面積が広く、
主にテントやポールなどを外付けで載せたものです。
キスリングはきれいに詰めれば上部はほぼ平らになり、
そこにテントを載せても縦方向にはさほどかさばりません。
この状態ですと雨の場合にはポンチョが被れたのです。
ポンチョは自分+背荷物をカバーできるので重宝します。

ところが、今の縦長ザックでは上部が高くなってしまうので
この便利な雨具であるポンチョが使えません。
被ったところで襟足から一旦生地が上方に上がり、
ザックを超えるようにして下方に垂れ下がります。
つまり、ザックが上に飛び出ている分ポンチョの後方は短くなり、
下半身の後ろが雨に濡れ易くなるのですね。
これを避けるにはカッパの下+ポンチョの組み合わせがいいかもしれません。

さて、マグカップやシェラカップをザックにぶら下げる。
たしかに不衛生ですし、カチャカチャと音がうるさい場合もあります。
水場で水を飲む場合はそこで休憩することが多いでしょう。
この時にザックは下に下ろすことが多いと思います。
下ろしたついでにぶら下げてあるカップをはずす。
つまり、一連の動作の中でカップを手に取れるので便利♪となるのかも
しれませんが、見た目の格好よさというのが本音であることが多いです。

因みに、私は質問者さんと同じような考え方で、
カップは手作りの袋に入れてザックの取り出しやすい場所に入れています。
キスリングを使う時はサイドの大きなポケットの一番上に入れていますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザック...続きを読む

Q山でお肉を食べたい

山でお肉を食べたい
8月単独でテント泊縦走を行ったのですが、重さや傷みで食料はマジックライスとインスタントラーメンにしました。
「肉系」を断って3泊目、テントの受付に入った小屋でたまらず牛丼食べたのですが、下界で食べた松阪牛なんかより美味しく感じてしまいました。

今度はぜひ肉を持って行きたいのですが、常温保存できるものは「魚肉ソーセージ」しか見当たりません。
レトルトのハンバーグとかは「要冷蔵」。

登山の食事で「お肉」はどうしていますか?

Aベストアンサー

#8です

 長期保存は要冷蔵だけど数日なら常温でも大丈夫です、日に晒してずっと置いておくわけじゃないですし、それに焼けば大丈夫、というのもありますから

なお焼肉は無駄に燃料を消費するのでご注意くださいね。

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Qカセットコンロ(イワタニ)の燃焼時間について

こんにちは。学生のものです。学園祭でカレーを出すのですが、保温にカセットコンロを使用しようと思っています。そこで質問なのですが、カセットコンロ一本は、どのくらいの燃焼時間なんでしょうか?ご存知の方がいましたら教えてください。
 それと、カセットコンロは長時間(4時間くらい)使用しても問題ないでしょうか。教えてグーの記事を見ると、熱くなりすぎると危険だとか書いてあったので、少し心配になってきました。経験のある方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

  こんにちは。

 カセットコンロのカセットガスは普通の大きさのもので2.9KW/hのものでしたら連続燃焼時間は焼く110分なので2時間弱です。

 危険なのは容器が加熱されるような連続した使用や、容器の上くらいにまで鍋や鉄板が乗って、ガス容器を加熱する場合です。
 
 加熱されガスボンベの圧力が高まった場合、自動的にガスが出なくなる保護構造になっていますが、長時間の使用は感心しません。

 4時間の使用でも強火だとカレーが焦げてしまうし、絶えずかき回していなければならないので、火加減や火を時々消して、食べる直前に火を付けて温める方法でもカレーでしたら大丈夫です。

 火の連続使用ではなく、点けたり消したりでガスボンベを過熱させないようにすれば可能だと思います。


 カセットコンロのボンベの仕様も紹介したサイトを貼っておきます。
 参考までにどうぞ↓

参考URL:http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/cat_162_3360482_1539488/1263246.html

Qゴアテックスのレインウエアは本当に快適なのか?

ゴアテックスのレインウエアを着用し、先日、雨の木曽駒ヶ岳周辺から濃ヶ池方面をぐるりと6時間ほど歩きました。はじめての本格的な雨に当たってしまい(風は強くなく、小雨と強い雨が交互に降った状況)、さっそく購入したばかりのゴアテックス・プロシェルのレインを着たのですが、主に袖の内側からワキにかけて、ザックを背負っている肩から背中が外側から見てもわかるくらいびっしょり濡れ、ウエア内もぺったりと気持ちが悪い状態でした。下には速乾性の山用Tシャツを着ていたにもかかわらずヒンヤリ。もし、強風だったら低体温症に・・・?と思うと、一般的に言われるゴアテックスの効果も何だか半信半疑です。汗がうまく発散されないのか、雨に濡れてしまったのか、それすらよく解らないくらい状況。ただ、レインジャケットのポケットに入れてチャックをしっかり閉めていたカメラやハンカチが濡れていたことを考えると、雨を防いでいないのか?とも思ってしまいました。ゴアテックスと言っても、メーカーによってかなり差があるのでしょうか?ちなみに、私が購入したのは、ロウアルパインのゴアテックス・プロシェルのレイン(上着だけ)で定価が2万2000円ほどのものを新宿の山用品店のバーゲンで12000円という破格で買ったものです。(下は手持ちのゴアでないものを使用)それとも、ゴアといってもだいたいこんなものなのでしょうか?ゴアテックスを着用した体験などを教えていただけると幸いです。

ゴアテックスのレインウエアを着用し、先日、雨の木曽駒ヶ岳周辺から濃ヶ池方面をぐるりと6時間ほど歩きました。はじめての本格的な雨に当たってしまい(風は強くなく、小雨と強い雨が交互に降った状況)、さっそく購入したばかりのゴアテックス・プロシェルのレインを着たのですが、主に袖の内側からワキにかけて、ザックを背負っている肩から背中が外側から見てもわかるくらいびっしょり濡れ、ウエア内もぺったりと気持ちが悪い状態でした。下には速乾性の山用Tシャツを着ていたにもかかわらずヒンヤリ。もし、...続きを読む

Aベストアンサー

 No.9のJagar39です。ちょっと補足を。

 別にロウアルパインが「ちゃんとしたメーカーではない」というわけではありません。私にとってはブランドイメージはそれほど高くはありませんが。
 他にはアゾロなんかも、登山靴専業メーカーの頃は非常にイメージは高かったのですが(学生時代、アゾロの登山靴が欲しかったけど高くて買えなかった)、アパレルに手を出して結局量販店ブランドになってしまいましたね。

 このあたりのブランドは、ゴアテックスを使っているというだけで生地や縫製などに独自の技術を持っているわけではないので、特に購入意欲をそそられるモノはないのですが、バーゲン等で安ければ買っても良いとは思います。
 (ちなみに個人的にはノースフェイスも特にブランドイメージが高いわけではありません)

 また、ゴアテックスを使っている以上は、ゴアテックス社のストームテストをパスしているわけで、「単なる上着」というモノはあり得ません。レインウエアか冬山用のシェルかはともかく、防水性を備えた「ハードシェル」として販売されている製品のはずです。
 ちなみに海外のメーカーではレインウエアと冬山用ハードシェルを特にカテゴライズせずに売っている例もあります。

 レインウエアは常時着ているウエアではないため、「軽量化」はかなり重要なファクターになります。
 冬山用ハードシェルだと常時着ているのが前提ですから、軽量化より耐摩耗性や伸縮性、ポケットやフードの使い勝手の方が重要になります。
 メーカーの方で明確にカテゴライズしていなければ雰囲気で判断して買うしかないのですが、「冬山用のハードシェル」であれば定価が2万2000円ということはあり得ません。どんなに安くても3万円台からですし、7万円を越える製品も珍しくありません。
 定価が2万2000円なら、間違いなく「レインウエア」です。

 また、最近ではレインウエアも上下別売が主流です。モンベルも上下で1万円台の安価なモデル以外はほとんどが上下別売になっていますし、海外メーカーは昔から上下別売が主流です。

 No.9の補足をもう少しまとめると、「浸水して濡れた」のか「蒸れて汗で濡れた」のかは、なかなか明確に判別できません。
 ですから、質問者さんの場合、浸水したのではなく汗で濡れていた可能性もあります。
 ポケットに関しては、ポケットの生地はメッシュ地でしょうか。それとも表と同じゴアテックス生地?
 前者であれば汗で濡れた可能性がありますし(背中はまず間違いなく汗でしょう)、後者であればウエア内部の方が湿度が高かったので「ウエア内からポケット内への透湿」が起きた可能性があります。

 No.9のJagar39です。ちょっと補足を。

 別にロウアルパインが「ちゃんとしたメーカーではない」というわけではありません。私にとってはブランドイメージはそれほど高くはありませんが。
 他にはアゾロなんかも、登山靴専業メーカーの頃は非常にイメージは高かったのですが(学生時代、アゾロの登山靴が欲しかったけど高くて買えなかった)、アパレルに手を出して結局量販店ブランドになってしまいましたね。

 このあたりのブランドは、ゴアテックスを使っているというだけで生地や縫製などに独自の技術を...続きを読む


人気Q&Aランキング