gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

さんまと紳助が、24時間tvで共演してむちゃくちゃ面白かったです。私の知る限り、二人の共演は、ほとんどありません。(あると、凄く雰囲気が悪かったです)デビューの頃が一緒で組んでいたこともあります。なぜ、共演が無くなったのでしょうか。(もし、どこかで一緒で面白かったことが、あれば教えて下さい。)

gooドクター

A 回答 (10件)

たぶん、芸のスタイルが似ていることを二人とも自覚しているからじゃないですか。


二人とも、ゲストに話を振って引き出しながら最後のオチのおいしいところを自分で持っていくという話芸ですよね。二人が共演すると二人とも「オチを持っていこう」として自分のよさを相殺してしまうからじゃないでしょうか。
また、二人ともあの80年代のマンザイブームの生き残りです。最近のお笑いブームの芸人は悪くいえば談合体質というか、お互いに持ちつ持たれつみたいな感じでやってますが、あのマンザイブームのときは芸人同士のライバル意識が凄くて、ライブなんかでも先に出た芸人がこれでもかこれでもかと笑わせて、客を笑い疲れさせて終らせるとかしたそうです。すると次の芸人が出たときは客はすっかり疲れていて大変にやりづらくなります。そんな「潰し合い」を生き残ってきたので、共演するとどこか「ライバル意識」が出てしまうんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
相手が嫌いというより良さを相殺すると共倒れだからですか。
確かにナイナイとかに見られるミョーに強い仲良し体質とは、正反対ですね。だから、若手は勝てないのかも知れません。

お礼日時:2007/07/06 13:02

すでにおっしゃってる方もいますが、「照れる!!」っていうのが一番の理由です。


 昔話として思い出すのが、さんまさんのラジオ本番中に紳助さんがやってきてスタジオの外からガラス越しに下半身を露出させ、さんまさんをあきれさせた事とか、上岡さん、紳助さん、さんまさん司会のラジオ生番組に三人ともサボって来なかった事とか、さんまさんが紳助さんからお金を借りていて、「金返せ!」と紳助さんがさんまさんの楽屋に張り紙をしたところ、さんまさんはたくさんの缶コーヒーの段ボールケースを紳助さんの楽屋にギュウ詰めに送り込んで、お返しとしたそうです。(その当時、さんまさんはとある缶コーヒーのCMをしていたので、缶コーヒーだったのでしょう)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
何か、楽しそうな関係ですねえ。じゃあ、何であんなに雰囲気が悪かったんだろうなあ。何回もモメテいたように覚えていますが。いまだに進化している二人ですね。

お礼日時:2007/07/06 09:11

大体、理由は出ている通りだと思います。



お二人以外にも。
ナイナイやロンブーなど、司会をするようになると共演する事は少なくなりますね。
やり難いと言うのもあるでしょうが、若手を呼んで顔を売った方がヨシモトも儲けるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
吉本の儲けるシステムですか。よく出来てますね。そういえばロンブーやナイナイは他の番組にはめったにでないですね。

お礼日時:2007/07/06 09:07

いつオンエアだったか詳しくは覚えてないですが


再放送で「さんま御殿」に行列の出来る~軍団(?)が
出てるのを観ました。
面白かったですが本人達は本当にやりにくそうでしたよ。

身内も同然なんで同じ番組でトークの絡みって
照れくさいし、いらんこと言われるって感じでした。

多分昨年の暮れとかのタイミングで放送された
分だと思うのですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
あー、そうですね。「身内」って言うのが近いですね。もう何でも知ってるし、相手の才能もほめづらいですかね。やりくにいんですね。

お礼日時:2007/07/05 23:23

他の方の言うようにギャラ問題もありますが、2人とも気恥ずかしくて出られない、というのが理由だそうです。

(紳助・さんま共に番組で語ったこと有り)それとお互いが目立とうと張り合って、前に出すぎてしまい、一切面白くなくなる。とも言っていました。
2人が一緒に行動していた当時の話で、営業で2人同時で出演すると、全く受けなかったことが度々あり、トラウマになっていると言う話も。その当時あまりに受けないんで、さんまが「こいつは縄抜けが出来るマジシャンです」と言って縛ったまま池に紳助を放り込み、当然そんなこと出来ない紳助が溺れているのをいつものひき笑い(ひゃっひゃっという笑い方)で大笑いしていたのを、他のスタッフに助けられた紳助が怒って「お前とは2度と仕事せぇへん」と言ったというのも聞いたことがあります。
ですが実際には仲がよく、紳助が酔ってさんまの留守電に泣きながら「ありがとう」という伝言をよく残すそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
うーん、気恥ずかしい・目立とうとする・トラウマ・・と確かに納得できるものがあります。仲が悪くはないんですね。まあ、そんな性格だから、ずっと、トップを取っているのかも。

お礼日時:2007/07/05 21:05

仲違いしているわけではありませんので、出演料の問題ではないでしょうか? 19~23時台の1時間番組に出演するとなると、1人300万円は掛かります。

2人で600万円です。

また製作側から見ると、1人で十分高視聴率が取れるタレントを2人同時に出演させるよりも、1人ずつ出演させて2番組作った方が、スポンサー料を多く取ることが出来ます。1番組で大体1000万円のスポンサー料が入ります。ざっと計算しても、2番組作った方が利益は多いです。

・同時出演の場合:1000万円-600万円(さんま+紳助)=400万円
・単体出演の場合:1000万円-300万円=700万円×2番組=1400万円
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
ギャラが高額だろうと思ってはいましたが、すごい額ですね。
いろいろな理由がありますね。

お礼日時:2007/07/05 20:57

こんばんわ。


前にどちらかの本か何かで読みましたが、お互いにお互いの才能を認めていて、心のつながりが強すぎるので、共演したら逆に番組がうまくいかなくなる、というようなことを言っていました。
要するに、2人ともキャラが確立していて、個性的過ぎるということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
何か一緒に出ると、(ずっと前)凄く悪く言い合っていて、(冗談ばかりではなかったような・・・)それなのに、紳助さんは、困ると、さんまさんの所へ電話する、とのことでした。(さんまは無言で聞いているらしい)心のつながりが強いんですね。

お礼日時:2007/07/05 20:17

同じ芸能プロなので大物になったら競演させないでしょう、仲が悪いとかじゃなくて芸能プロの都合で。


中堅の頃は競演してたでしょう、ひょうきん族などで。
さんま御殿のワイド版に紳助が出てました、お返しに紳助の番組にさんまも出てましたよ(番組名は忘れましたが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
さんま御殿のお礼に紳助さんの方にもでてましたか。見逃したーーーー
二人の共演が見事だったので、何とか、探します。

お礼日時:2007/07/05 20:14

「デビューの頃が一緒で組んでいたこともあります」というのは、


おそらく、「オレたちひょうきん族」のことですね?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC% …

お互いビッグになると、忙しいこともあり、また、番組の中での主役の位置づけも難しくなることもあり、
特番でない限り、あまり共演しなくなるのでしょう。

タモさん然り、たけし然り。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとう、ございます。
そうですね。位置づけは大変そうですね。私は、デビューの頃デパートの屋上・・・とかのことを考えていたのですが、そういえばひょうきん族がありましたか。

お礼日時:2007/07/05 20:12

すみません、100%想像でしかないので参考意見で聞いてください。



ただ、単純に高額なギャランティの問題で2人一緒に出演させるには
制作費が足りないために共演が無いのではないでしょうか。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
案外、そういう簡単なことなのかもしれませんね。何深読みしてしまったのかもしれません。

お礼日時:2007/07/05 20:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング