題のとおりなのですが、主人公がピアノをピアニストまたはピアノを弾くとかピアノがなんらかの形で物語で意味を持っているなど、ピアノが出てくる小説(文庫)を捜しています。

もし知っているのがあれば教えてください。

A 回答 (6件)

私自身ピアノを弾くので、ピアノが出てくる小説を探していました。



今まで読んだ中では、
松本清張「砂の器」
浅倉卓弥「四日間の奇蹟」
平田俊子「ピアノ・サンド」
森 絵都「アーモンド入りチョコレートのワルツ」
ジェーン カンピオン「ピアノ・レッスン」
エルフリーデ イェリネク「ピアニスト」
クリストファー ミラー「ピアニストは二度死ぬ」
フランク コンロイ「マンハッタン物語」
宇神 幸男「神宿る手」
宇神幸男「水のゆくえ」
永井するみ「大いなる聴衆」
水城嶺子「銀笛の夜」
赤川次郎「インペリアル」
赤川次郎「昼と夜の殺意」
ダニエル・メイスン「調律師の恋」
林巧「ピアノ・レッスン。」
雁屋哲「黒鍵」
N・バルベーロワ「伴奏者」
森ミドリ「からとのピアノ」
毛利恒之「月光の夏」
S・ヒックス「シャイン」
五木寛之「ステッセルのピアノ」
入間眞「ピアノを弾く大統領」

うーん他にもあったような気がするけれど、とりあえずこれだけ挙げてみました。結構映画化されているものも多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなにたくさんあるんですね、驚きです!!おもしろそうな題がたくさんあるのでいろいろ捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:41

吉岡平「e・tude(エチュード)―由梨香・思春譜」富士見書房 絶版


くりいむレモンの原作ですが、内容は18禁ではないです。

藤本ひとみ「星苑学園恋愛レポート/ショパンの位置から」コバルト文庫

今野敏「ジャズ水滸伝-超能力セッション走る ハイパー・サイキック・カルテット」講談社文庫
メンバーの一人が熊のようなピアニスト
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ショパンが出てくるのですか。是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/07 12:49

「鳥類学者のファンタジア」(奥泉光・集英社文庫)


日本人女性のジャズピアニストが、ナチスドイツの時代に入り込んでしまう話です。ピアノというか音楽が物語の中心にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ナチスの話にも結構興味があるので、捜してみます!!

お礼日時:2007/07/07 12:47

T.E.カーハート著 村松 潔訳 の 「パリ左岸のピアノ工房」をお勧めしたいのですが、文庫では出ていないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文庫だったら電車の中で読もうと思っていたのですが、今度図書館で捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:45

凄い!いっぱいあるのですね。


まだ出てきてないもので私が知っているのは、この作品です。

高村薫 『リヴィエラを撃て』

スパイ小説で、ノーマン・シンクレアというロシア人ピアニストが出てきます。
特に、終盤にあるブラームスピアノ協奏曲の演奏シーンがすばらしいです。
押し殺したものの中から浮かび上がる音楽の描写は、神々しいほどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ブラームスですか、いいですね。神々しいというのがとっても気になるので今度読んでみます。

お礼日時:2007/07/07 12:44

東野圭吾 『毒笑小説』(集英社)の「つぐない」という短編はピアノに物語上の意味がある作品です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
『毒笑小説』、なんかタイトルが不気味な感じですが、今度捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で、ピアノの発表会って・・・

今度 娘のピアノの発表会があるのですが
英語で 「ピアノの発表会」 って
どのように書きますか?

Aベストアンサー

ピアノの発表会のような「演奏会」の場合は
a piano recital

何かの展示発表会のような「展示会」では
an exhibition

となります。
an exhibition of pianoではピアノを展示している会になりますね。

a piano concert
でもいいですね。

Q王が主人公の小説もしくは漫画

を探しています。
時代物というよりはファンタジー要素が強いほうがいいです。
いままでによんだことがある本は

十二国記 小野不由美
遠征王シリーズ 高殿円
パルメニアシリーズ 高殿円
マ王シリーズ 喬林知

です、なにかお勧めがあったらぜひ教えてください!

Aベストアンサー

「グインサーガ・シリーズ」 栗本薫

 はじめは「異形の者」として現れますが、王としての風格を持っているし、やがて一国の王となります。
 ギネス級の長さで、未だに完結していませんが・・・

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AC&y=024A21FCC9020E9F&i=465&c=

Q娘のことです。 ピアノを習い始めて2年。 2回目の発表会がもうすぐあります。 「ピアノの発表会に出

娘のことです。
ピアノを習い始めて2年。
2回目の発表会がもうすぐあります。

「ピアノの発表会に出たくない。ピアノをやめる。」と言い、私が「発表会が終わった頃にまた習いたいって言うんじゃないの?」と聞くと図星のようです(*_*)

この場合みなさんならどうしますか?
辞めさせるべきなのか無理矢理にでも発表会に出させるべきなのか。

私としては発表会だけを出ないとかはしたくありません。
最近ものすごくわがままな小1の娘のことです。

お願いします。 。

Aベストアンサー

私も発表会前は凄くプレッシャーに押しつぶされそうで嫌でした。

ですが、そこで逃げたら逃げ癖がついてしまいますよね。
私も母に「ここで逃げたら嫌なことからは一生逃げるようになるよ!」と言われ頑張りました。
結局、仕事でもバイトでもなんでもかんでもすぐ辞めたり
する人が多くなったのは親が子供の好きなようにすればいいと甘やかすからだと思うのです。そういうところから自分に甘い、弱い人間を作るのだと思います。

私なら出たくない理由が練習が嫌とか、先生が発表会前だからこわいとか、プレッシャーとかという理由ならば無理やりでもださせます。

メンタルの強い子供に育って欲しいので。

Q両性の主人公 漫画&小説

両性具有の主人公が出てくる小説や漫画を探しています。

見た目は男の子、青年の方がいいです。

平井摩利さんの「火宵の月」で少しはまってしまいました(*^^*)

Aベストアンサー

こんばんは! 私のおススメ漫画はコレです☆

・清水玲子のジャック&エレナシリーズ
「ミルキーウェイ」白泉社文庫(全1)
「竜の眠る星」 〃 (全2)
「天使たちの進化論」 〃 (全1)

とても精巧なロボットの、ジャックとエレナが主人公。エレナは見た目は十代後半の男の子で男言葉を使いますが、体は無性です。(ジャックは20代の青年で、体は男性。)両性具有ではないですが、雰囲気的にはそんな感じ。よかったら試してみて下さい♪

・杉本亜美「ANIMAL X」徳間書店Charaコミックス
「ANIMAL X 荒神の一族」(全4)
「ANIMAL X 大地の掟」(全2)
「ANIMAL X 原始再来」(全10)

ちょっと多めですね(^^;)でも、ハマれば本当に夢中になれます!
主人公の気弱な青年・祐司は、知らぬ間に謎の薬を投与され、両性具有になってしまう。その背景には、「血族」と呼ばれる謎の少数民族が関係しているらしいが・・・?
しだいに祐司は「血族」の少年・湊と深い愛情を育むようになり、共に様々な苦難を乗り越えてゆく。

何度か雑誌をお引越しした作品なので、角川書店と白泉社からも出ていますが、徳間書店で完結しました。
ホントにこれは面白いです♪BLに分類されることもあるようですが、BL嫌いの人でも楽しめるんじゃないかと思います♪♪

・萩尾望都「11人いる!」小学館文庫(全1)

SFです。宇宙系大学の入試の為、一つの宇宙船に乗り込んだ受験生たち。全部で10人の筈なのに、なぜか11人いる! 余計な一人は誰で、何者なのか?

フロルというキャラクターがそれっぽい系です。
見た目は女の子っぽい美少年、言葉遣いはとても乱暴で、卑怯なことやコソコソすることが大嫌い。
フロルの正体については、ネタバレになるので書けませんが・・・(>_<)
キャラも魅力的だし、ストーリーも面白いです。ぜひおススメ♪


最後に、おまけで☆

・大和和紀「薔薇子爵」講談社KCフレンドコミックス(全1)

絶版なので、古本屋で見かけたら…(^^;)という感じ。私はBOOK OFFで買いました。
美少年風の子爵が主人公。彼(?)に会うと、男も女も魅了されてしまう。男として女として様々な人とかかわってゆく彼は、果たして何者なのだろうか?

「あさきゆめみし」「はいからさんが通る」などの作者によるシリアス・ストーリーです♪

他にも
・竹宮恵子「イズァローン伝説」中公文庫(全8)
なんかもおススメです☆

長くなってしまいました(^^;)参考になったら幸いです、失礼いたしました☆★

こんばんは! 私のおススメ漫画はコレです☆

・清水玲子のジャック&エレナシリーズ
「ミルキーウェイ」白泉社文庫(全1)
「竜の眠る星」 〃 (全2)
「天使たちの進化論」 〃 (全1)

とても精巧なロボットの、ジャックとエレナが主人公。エレナは見た目は十代後半の男の子で男言葉を使いますが、体は無性です。(ジャックは20代の青年で、体は男性。)両性具有ではないですが、雰囲気的にはそんな感じ。よかったら試してみて下さい♪

・杉本亜美「ANIMAL X」徳間書店Charaコミックス
「ANIM...続きを読む

Qピアノ発表会について

私は昔10年くらいピアノを習っていたのですが、色々と事情があり、現在はピアノ教師の指導を受けられない状況です。そこで質問ですが、

ピアノの発表会は、ピアノ教師の指導についておらず、趣味でピアノをやっている者でも参加することができるのでしょうか?

もし参加できる発表会が限られてくるとしたら、どのような発表会なら参加できますか?教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

そのような情報はたまにMixiに出ます。独学、長いブランク、教室に属していない、趣味にとどまる、という大人が数人集まったり募集して、お金を出し合って会場を借りて演奏会、発表会、勉強会、のようなことが行われているようです。
Mixiのメンバーになり、「ピアノ 発表会」等のキーワードでコミュニティーの検索ができると思います。
http://mixi.jp/

Q推理小説で、主人公が男

主人公が男といっても、
少年~青年(10歳~24歳ぐらいまで)でお願いします。
私の場合、男じゃないと感情移入が出来ないので(当人女です)

今まで私が読んだことのある推理小説は、
今夜は眠れない・夢に思わない・ステップファザーステップ・魔術はささやく(これすべてが推理小説なのかは分からないのですが(汗))
ぐらいだと思います。全て宮部みゆきさん作品ですが。

あとシリーズものは少し苦手です。
何巻もあると、読むのに挫折してしまいそうなので。
以上の条件にあてはまる推理小説をご存知の方、
教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

・米澤穂信さんの「古典部シリーズ」「小市民シリーズ」『さよなら妖精』は主人公が男子高校生です(友人に女子もいますが)。シリーズといっても、現在「古典部」が3巻、「小市民」が2巻までしか出てません。
・古処誠二さんの『フラグメント』も高校生たちの物語です。
・伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、もしかしたら条件の年齢層からは外れるかも知れませんが、主人公兄弟の少年時代のエピソードも結構入ってると思います。
・はやみねかおるさんの「虹北恭助シリーズ」の主人公・恭助君は最初は小学六年生、後に高校生(ただし、学校には行っていない)になります。シリーズは4冊出てます。

Q9月22日大田区で開かれるピアノ教室発表会について

娘をピアノ教室に通わせたいと考えています。実際にピアノ教室発表会を見てから決めたいと思います。9月22日大田区で開かれるピアノ教室発表会を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昨年までピアノを習っていた学生です。
回答になってはいないのですが、もしよろしければ読んでください

まず、発表会を見て決めると言うのは少し難しいかもしれません。
もちろん発表会も重要だと思いますが
ピアノは、芸術分野だけに先生と生徒の相性がとても重要だと思います。
ですから体験授業や授業見学で、娘さんにあっているかというところも見た方がいいと思います。

また、発表会は全員が出るわけではないというところもあります。
私は一度、自分にあわず教室を辞め探し直したことがありますが、最初に通っていた教室は、下手な子は発表会に出してもらえませんでした。教室の評判が下がるからです。

また、ピアノを習わせる目的にもよって、選び方が変わります。
音大を受験させる目的の教室はテクニックだけでなく合格するための勉強もしてくれるところがあります。
趣味でピアノをやるなら楽譜の読み方しか教えてくれないところだってあります


文章書くの苦手なので言ってることが意味わかんなくなっちゃってますが、
つまり、
ピアノ教室には特徴や目的の差が激しく発表会だけでは全然参考にならないということです‼


また、娘さんが『授けたい』と思う授業でないと絶対に長続きしません。
サボったり仮病使ったりする子も居ます。
私の妹もそうでした。
できるだけたくさんの教室を見て娘さんにあった教室を探してあげてくださいね‼

最後まで読んでくださってありがとうございました。

昨年までピアノを習っていた学生です。
回答になってはいないのですが、もしよろしければ読んでください

まず、発表会を見て決めると言うのは少し難しいかもしれません。
もちろん発表会も重要だと思いますが
ピアノは、芸術分野だけに先生と生徒の相性がとても重要だと思います。
ですから体験授業や授業見学で、娘さんにあっているかというところも見た方がいいと思います。

また、発表会は全員が出るわけではないというところもあります。
私は一度、自分にあわず教室を辞め探し直したことがありますが、最初...続きを読む

Q主人公が我慢に我慢を重ねて頑張る小説

 最近つくづく仕事や人間関係等で我慢ばかりしていて、鬱に陥りがちなので、主人公が同じように我慢に我慢を重ねても頑張っている小説を読みたくなりました。
 イメージ的には、山崎豊子の『大地の子』や三浦綾子の『氷点』のようなものが読みたいです。スケールがやや大きくて、主人公が素敵な感じの人といったものです。
 できれば文庫本になっているものがいいですが、そうなっていなくても情報お待ちしております。

Aベストアンサー

 私も日々、仕事に追われる毎日のサラリーマンです。以前に読んでよかった本を2篇・・・。

○『蒼穹の昴』(浅田次郎著、講談社文庫)
 清朝末期、宦官になるしか生きる道のなかった少年の波乱万丈の物語です。涙無くしては読めない浅田節、感動!!

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062748916/ref=pd_ecc_rvi_8/250-0399494-5146602?ie=UTF8



○『イワン・デニーソヴィチの一日』(ソルジェニーツイン著、木村浩訳、新潮文庫)
 ソ連時代、過酷な強制収容所でも生きる希望を失わない主人公シューホフの一日のできごと。厳しい労働、乏しい食料、氷点下の寒さ・・極限の状況にもかかわらずこの小説はユーモアにあふれ、物語のラストはせつないまでも勇気と感動を与えてくれる。
 豊かな日本でシューホフのように生きることがなぜ難しいのだろうか・・・。

 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4102132015/sr=1-1/qid=1159377297/ref=sr_1_1/250-0399494-5146602?ie=UTF8&s=books

 私も日々、仕事に追われる毎日のサラリーマンです。以前に読んでよかった本を2篇・・・。

○『蒼穹の昴』(浅田次郎著、講談社文庫)
 清朝末期、宦官になるしか生きる道のなかった少年の波乱万丈の物語です。涙無くしては読めない浅田節、感動!!

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062748916/ref=pd_ecc_rvi_8/250-0399494-5146602?ie=UTF8



○『イワン・デニーソヴィチの一日』(ソルジェニーツイン著、木村浩訳、新潮文庫)
 ソ連時代、過酷な強制収容所でも生きる希望を失わない主人公シ...続きを読む

Q発表会のないピアノの先生

娘のエレクトーン(ピアノ)レッスンのことについて質問します。

今日がその発表会でした。
が、、前日、その発表会について
「発表会なんてものは大人がよろこんで、主催者側が金儲けのためにするものだ、本人が学ぶために使われるお金でない。そんなものやるな。発表会の前になんでそこをやめないんだ。」とどなられました。
取りえず逆らわないのが賢いと思ったので、うなづいておきました。

夫のこんな意見ってありでしょうか?
私は、大勢の前で演奏する楽しみを学ぶことができ、全く無駄ではないと思います。それが実生活に全て役立つとは思いませんが。

とりあえず、逆らうと異常にキレるので、、
発表会のない先生っていますか?さがせますか?
また、こんな夫をどう納得させたらよいでしょう?

ちなみに大手ピアノメーカーのグループレッスンに通わせています。
娘は毎日30分(ピアノ)の練習を欠かさず、さぼっていません。
あと、1~2年基礎が出来るまで習わせたいです。

私も小さい頃ピアノを習っていて今でも楽しんで弾いています。
習っていない夫にはわかってもらえないようです。
夫の少し変わった性格をふまえ、良きアドバイスをお願いいたします。

娘のエレクトーン(ピアノ)レッスンのことについて質問します。

今日がその発表会でした。
が、、前日、その発表会について
「発表会なんてものは大人がよろこんで、主催者側が金儲けのためにするものだ、本人が学ぶために使われるお金でない。そんなものやるな。発表会の前になんでそこをやめないんだ。」とどなられました。
取りえず逆らわないのが賢いと思ったので、うなづいておきました。

夫のこんな意見ってありでしょうか?
私は、大勢の前で演奏する楽しみを学ぶことができ、全く無駄ではない...続きを読む

Aベストアンサー

私が新米先生の頃は、「発表会なんて、出ても出なくても一緒でしょう、無理に出費することはないわ。」なんて、思っていました。
しかし、初めての生徒さんの発表会を経験した後にはすっかり考えが変わっていました。
出演した子だけが、ダントツに上達していたのです。
目標を持って、練習する事の大切さを、生徒を通して思い知らされました。
生徒にも教師にも親御さんにも普段にない熱心さで、発表会に向けての練習が積み重ねられるようです。いつもそんな風に熱心に練習すればいいのに、そうもいきません。1年にもしくは2年に1回だけだからこそ、頑張れるのでしょう。とにかく、発表会は舞台経験、というよりもそういう普段の練習からして違ってくる所で上達が見られるようです。

先生の儲けなどありませんよ。赤字覚悟の先生も多いです。

また、発表会のない先生というのは、あまり熱心でない場合が多いと思います。一概には言えませんが。
入会問い合わせをされる時に「発表会には出たくないのですが、よろしいですか?」とお尋ねになってください。大概の先生はOKしてくださるでしょう。先月、うちに入会された生徒さんもそういう条件の生徒さんでしたよ。

私が新米先生の頃は、「発表会なんて、出ても出なくても一緒でしょう、無理に出費することはないわ。」なんて、思っていました。
しかし、初めての生徒さんの発表会を経験した後にはすっかり考えが変わっていました。
出演した子だけが、ダントツに上達していたのです。
目標を持って、練習する事の大切さを、生徒を通して思い知らされました。
生徒にも教師にも親御さんにも普段にない熱心さで、発表会に向けての練習が積み重ねられるようです。いつもそんな風に熱心に練習すればいいのに、そうもいきません...続きを読む

Q学生が主人公の恋愛物語や学園物の小説

回答よろしくお願いします。

大学1年生(男)なのですが、最近読書にハマってきました。
特に恋愛小説が、読んでて楽しい!というか、こう切ない感じになって凄く好きです。

大学生(高校生でもいいですが)が主人公、
もしくわ、学校を舞台にした小説はないでしょうか?

お金があまりないので、大きくて値段が高い本ではなく、
文庫?というんでしょうか。
小さいサイズになっているもので、何か知っていましたら教えてください。

あっ、文庫でない、大きいサイズの方でもオススメがあったらお願いします。

高校時代~今までで読んだ、そういう系統の本はこんな感じです。

『GO』
『インストール』
『蹴りたい背中』
『蛇にピアス』
『娼年』
『十八の夏』
『スローグッドバイ』

なんか思いっきりベタですね。。。
他にも色々読んだんですが。。。
思い出せないです(笑)

なかでも、石田衣良の『スローグッドバイ』は短編小説になってて、ほんとよかったです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定番として
村上春樹「ノルウェイの森」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061848925/249-5904840-2406704
講談社文庫で出てます(上下巻)。
大学生が主人公です。

短編では
山田詠美「ぼくは勉強ができない」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101036160/qid=1123658380/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5904840-2406704
こちらは新潮文庫。
作者は女性ですが、男子高校生が主人公です。


人気Q&Aランキング