題のとおりなのですが、主人公がピアノをピアニストまたはピアノを弾くとかピアノがなんらかの形で物語で意味を持っているなど、ピアノが出てくる小説(文庫)を捜しています。

もし知っているのがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私自身ピアノを弾くので、ピアノが出てくる小説を探していました。



今まで読んだ中では、
松本清張「砂の器」
浅倉卓弥「四日間の奇蹟」
平田俊子「ピアノ・サンド」
森 絵都「アーモンド入りチョコレートのワルツ」
ジェーン カンピオン「ピアノ・レッスン」
エルフリーデ イェリネク「ピアニスト」
クリストファー ミラー「ピアニストは二度死ぬ」
フランク コンロイ「マンハッタン物語」
宇神 幸男「神宿る手」
宇神幸男「水のゆくえ」
永井するみ「大いなる聴衆」
水城嶺子「銀笛の夜」
赤川次郎「インペリアル」
赤川次郎「昼と夜の殺意」
ダニエル・メイスン「調律師の恋」
林巧「ピアノ・レッスン。」
雁屋哲「黒鍵」
N・バルベーロワ「伴奏者」
森ミドリ「からとのピアノ」
毛利恒之「月光の夏」
S・ヒックス「シャイン」
五木寛之「ステッセルのピアノ」
入間眞「ピアノを弾く大統領」

うーん他にもあったような気がするけれど、とりあえずこれだけ挙げてみました。結構映画化されているものも多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなにたくさんあるんですね、驚きです!!おもしろそうな題がたくさんあるのでいろいろ捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:41

吉岡平「e・tude(エチュード)―由梨香・思春譜」富士見書房 絶版


くりいむレモンの原作ですが、内容は18禁ではないです。

藤本ひとみ「星苑学園恋愛レポート/ショパンの位置から」コバルト文庫

今野敏「ジャズ水滸伝-超能力セッション走る ハイパー・サイキック・カルテット」講談社文庫
メンバーの一人が熊のようなピアニスト
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ショパンが出てくるのですか。是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/07/07 12:49

「鳥類学者のファンタジア」(奥泉光・集英社文庫)


日本人女性のジャズピアニストが、ナチスドイツの時代に入り込んでしまう話です。ピアノというか音楽が物語の中心にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ナチスの話にも結構興味があるので、捜してみます!!

お礼日時:2007/07/07 12:47

T.E.カーハート著 村松 潔訳 の 「パリ左岸のピアノ工房」をお勧めしたいのですが、文庫では出ていないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文庫だったら電車の中で読もうと思っていたのですが、今度図書館で捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:45

凄い!いっぱいあるのですね。


まだ出てきてないもので私が知っているのは、この作品です。

高村薫 『リヴィエラを撃て』

スパイ小説で、ノーマン・シンクレアというロシア人ピアニストが出てきます。
特に、終盤にあるブラームスピアノ協奏曲の演奏シーンがすばらしいです。
押し殺したものの中から浮かび上がる音楽の描写は、神々しいほどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ブラームスですか、いいですね。神々しいというのがとっても気になるので今度読んでみます。

お礼日時:2007/07/07 12:44

東野圭吾 『毒笑小説』(集英社)の「つぐない」という短編はピアノに物語上の意味がある作品です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
『毒笑小説』、なんかタイトルが不気味な感じですが、今度捜してみます。

お礼日時:2007/07/07 12:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

宇治拾遺物語の岩波文庫と角川文庫の収録数の違い

当方古典文学を読むのが好きな主婦です。買うのは電車の中でも読める文庫文が中心です。

宇治拾遺物語の角川ソフィア文庫版を所有しており何度か読み直しています。
同じ宇治拾遺物語の岩波文庫版に興味があるのですが、絶版のため買うとすればインターネットを利用することになります。

手にとって見られないので、岩波版と角川版、両方の内容をご存知の方に伺いたいです。

角川版は1冊で196話収録されていますが、岩波版は上下巻2冊ありますが収録数はもっと多いのでしょうか?

Aベストアンサー

「お礼」、ありがとうございました。

「岩波文庫 下巻」を見付けました。私の予想に反して、説話の数が異なっていました。全部で197話です。角川文庫本の巻第11の3の「晴明ヲ心見ル僧ノ事、付晴明殺蛙事」(レ点省略)の付話が、「晴明かへるを殺事」として岩波文庫本では独立した一話となっています。そのため説話の数が一つ増えて197話になっています。ですから内容の点からすれば、両者は同じと言ってもよいと思います(細かな字句に相違は、底本が違うので、ありますが)。

(今まで、『宇治拾遺物語』を何度か読み直している、という方に会ったことがありません。私も何度か読み返しています。いわゆる説話物語の中で、最も文章が優れていると思っています。「同好の仲間」に出会ったような気がして、余計なことも書いてしまいました。)

Q指輪物語の文庫の新版と旧版の違いについて

指輪物語を買おうと思っているんですが、オークションなどでは文庫の旧版(全6巻)と新版(全9巻)が出ています。旧版はもう絶版なんですよね。これは新版が出たから、というだけの理由で、内容はあまり変わらないんでしょうか。それとも何か変わった部分があるんでしょうか…??訳の人が変わったとか…。
どっちを買うべきかまよっています。できればお早めに教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

新版は、訳者が瀬田貞二さんのほかに田中明子さんの2人態勢になっていると思います。旧版を訳した瀬田さんが1979年に亡くなった後を受けた田中明子さんが、訳語や訳文をさらに推敲しての新版だと聞いた覚えがあります。

内容は、だから変わっていないのではないでしょうか。両方を読みましたが、特に気づきませんでした。まあ、並べて比較しながら読んだワケではないので…。旧版には訳語が不統一なところや、古くさいところがあるかも知れません。

文庫をお買いになるのでしたら、新版・旧版にこだわらないなら、1冊1冊が薄いほう(つまり9巻セットの新版)が読みやすいと思います。何しろあの大作ですから。わたしは新版が出たとき、初めから文庫はあきらめて、評論社の単行本7巻セットを買いました。あまりにも字がぎっしり詰まっているように見えて、怖じ気づいてしまって。

Q学生が主人公の恋愛物語や学園物の小説

回答よろしくお願いします。

大学1年生(男)なのですが、最近読書にハマってきました。
特に恋愛小説が、読んでて楽しい!というか、こう切ない感じになって凄く好きです。

大学生(高校生でもいいですが)が主人公、
もしくわ、学校を舞台にした小説はないでしょうか?

お金があまりないので、大きくて値段が高い本ではなく、
文庫?というんでしょうか。
小さいサイズになっているもので、何か知っていましたら教えてください。

あっ、文庫でない、大きいサイズの方でもオススメがあったらお願いします。

高校時代~今までで読んだ、そういう系統の本はこんな感じです。

『GO』
『インストール』
『蹴りたい背中』
『蛇にピアス』
『娼年』
『十八の夏』
『スローグッドバイ』

なんか思いっきりベタですね。。。
他にも色々読んだんですが。。。
思い出せないです(笑)

なかでも、石田衣良の『スローグッドバイ』は短編小説になってて、ほんとよかったです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

定番として
村上春樹「ノルウェイの森」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061848925/249-5904840-2406704
講談社文庫で出てます(上下巻)。
大学生が主人公です。

短編では
山田詠美「ぼくは勉強ができない」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101036160/qid=1123658380/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5904840-2406704
こちらは新潮文庫。
作者は女性ですが、男子高校生が主人公です。

Q発明家になった主人公が感電死する物語

10年以上前に読んだ本のタイトルを知りたいです。
カタカナの名前の小太りの男が、色々な仕事に就きます。
最後には発明家になったのですが、便利なスイッチを踏んで感電死するという内容だったと思います。
当時小学生だったのですが、思いがけない結末にショックを受けました。

社会人になり職を転々としているうちに、ふとこの本のことを思い出しました。

どなたかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

ライナー・チムニク作「レクトロ物語」(筑摩書房)ではないでしょうか。
現在は福音館文庫のものが入手できるようです。

Q主人公が家出する物語探してます

タイトルの通り、主人公が家出をする物語を
探しています。

具体的に例を挙げると、
「クローディアの秘密」
「のこされた日記」
等の様なものがいいのですが、何かありますか?

また同様に家出をする映画も探しています。

おもしろかった、オススメな本または映画があれば
お教え下さい。

Aベストアンサー

乙一さんの「失踪ホリデー」は、軽くてお勧めです!
映画なら、イタリア映画で「点子ちゃんとアントン」など
いかがでしょう?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報