年末かお正月かのたけしの万物創世記で石油が地下のマントルの熱と高圧力で出来るという新しい説が紹介されていました。従来は動物の死骸から出来ると習ったんですが・・・。新説の詳細を知りたいのですが教えていただけませんか?
 石油が枯渇するかしないかは関係なく、使用量を減らしていかなければならないんでしょうが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

直接的な回答ではありませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://www.japt.org/abc/
(石油の採れるまで)
有機物由来での簡単なアニメですが・・・?
2.http://wwwsoc.nacsis.ac.jp/isrmjp/journal/053/00 …
(石油の生成機構は?)
3.http://www.aist.go.jp/NIRE/publica/sgkkyo_j/sgkk …
(メタンガスハイドレートの生成)
4.http://www.nhk.or.jp/eye/lab/theme/biotech.html
(発見!石油を作る微生物)
5.http://www.jtnet.ad.jp/WWW/JT/Culture/BRH/s_libr …
(今中忠行)

ご参考まで。
    • good
    • 0

直接の回答ではありませんが...



「無機説」は一時話題になったけどトンでもということで決着したのかと思ってました。10年以上前のことですねえ。

石油の枯渇に関しては、現在の価格に見合うコストで汲める分は確実に減ってますが、たとえば100倍コストを掛けて良いとなれば、油田にはまだまだいっぱい石油がありますし、見つかっていても開発されてない油田もあります。安く汲める分が枯渇して、単に燃料にしちゃうようなもったいない使い方が出来ない値段になってくれば、案外長くもつんじゃないかと思いますよ。
    • good
    • 0

 同じような話を、「特命リサーチ200x」でもやっていました。

同じかどうかはわかりませんが、FERCのホームページ内の、リサーチデータの中の2000/11/26分を参照してみてください。簡単に書いています。テレビを見た記憶では、「無機説」とも微妙に違う印象でしたが、、

参考URL:http://www.ntv.co.jp/FERC/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。特命リサーチのHP参考になりました。
しかし、石油が枯渇しようがしまいが使用量を減らさなければならないという点は疑いのないことなんでしょうね。

お礼日時:2001/02/07 17:28

その番組を見ていないので、半ば当てずっぽうで書きますが、一般に石油の生成には「無機説」「有機説」の2つがあります。



「無機説」では、二酸化炭素、水およびアルカリ金属が高温、高圧下で作用したり、炭化金属と水が作用して生成されるメタン、アセチレンなどが重合して炭化水素油になったり、無機酸と炭化金属の作用によって、あるいは地球が形成されるときに火山ガスよ石灰岩の作用により生じた炭素水素が地カク中に包蔵され、やがて地表近く浸出したものと説明されています。

これに対し、「有機説」では、古代(1千万年ないし4億年ぐらい前)に繁殖した動植物が残した有機物が腐敗、分解を受けて脂肪、脂肪酸、ロウなどを主とするものに変質し、これが地層中で地圧、地熱、殺菌、触媒(酸性ケイ酸塩など)などの作用を受けつつ長年月の間に炭化水素油に変わったものと説明されています。

両説とも多量の石油がいかにして地層中を移動し、集積されて、今日見られるような油田を形成し得たかを、十分説明することはできないのですが、有機説の方がいっそう根拠があり、有力視され、いわば定説となってきました。

しかし参考URLに出ているのは、1980年代初めに、米カリフォルニア湾の深海底ガイマス盆地の熱水鉱床から噴出する熱水や硫化物とともにタール状の石油が浮かび上がっているのが見つかった、というものです。ガイマス盆地の石油原料は数千年と若く浅い堆積物から発しており、しかもマグマ熱で急速に熱することでも石油ができることを実証しています。つまり、「無機説」でもなく、これまでの「有機説」とも違う、石油になる有機体の分子構造や堆積のようす、地中での加熱の条件や圧力、それらのタイミングが合えば石油が生成されるのでは?というものだったんじゃないでしょうか。 

参考URL:http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9609/paper …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ってちっとも枯渇しないじゃん

昔のSF映画なんか見てると近未来には石油が枯渇してそれを奪い合うためにあちこちで
紛争戦争が起こり世の中は殺伐荒涼と化し強い権力だけが生き残るなどと
最近の世の中はそのようになってると暗示してますが
実際に石油は枯渇しないで多くダブつき出回り過ぎて儲からないから減産状態になりました。
今後もアメリカのシェールオイルやロシアの天然ガスが相当の埋蔵量が有るから枯渇なんて
無いんじゃないのですか。

今、無理して電気自動車なんか乗っても意味無いのでは。
スーパーチャージャー付きのV8インターセプターでも乗ってたほうが
楽しくていいんじゃないの。
https://www.youtube.com/watch?v=-OO8mvunPps

Aベストアンサー

https://matome.naver.jp/odai/2138932261784668901

仰る通りです。
添付したサイトによると現在はサウジアラビアよりもアメリカが世界で最も石油の
埋蔵量が多いのだそうです。
1970年代頃は「後30年くらいで石油が枯渇する、、、」と云われていましたが、
最近は後100年~150年くらいは大丈夫と云われているみたいですね。

ただし、石油産油国は今後も採掘を調整して価格を値崩れしないように小出しに
するみたいですから、石油の値段がどうなるのかは不透明ということみたいです。

私は50代のオッサンですから私の生きている間は石油が無くなってマッドマックスの
世界を見る事はないようです、よかったです。

Qロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油

ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか?
共産主義の赤?
あと日本の石油元売りが赤い石油を嫌がるのはなんでですか?

どなたか教えていただきたいです

Aベストアンサー

「赤い原油」の赤は共産主義の赤です。ロシアはもう共産主義国ではありませんが、今でも旧ソ連のイメージがあるので赤い原油と呼ぶのでしょう。
日本の石油元売りがロシア産の原油を嫌がっているということはありませんし、実際かなり大量のロシア原油を輸入しています。ただ、ロシアはクリミア併合問題で欧米の制裁を受けていることから、あまり大々的には宣伝していません。アメリカあたりから変な干渉がかかると面白くないと思っているのでしょう

Qエネルギーの枯渇

ある本に,「エネルギー保存則が成立していて消滅するはずのないエネルギーが枯渇の危機にある」とあったのですが,これはどうゆう意味ですか.

Aベストアンサー

 出典の論旨は良く分かりませんが、エネルギーの枯渇は不可避ですが、世間で言われているよりも先の話でしょう。
 最近、石油価格が上がったので、これまでは採算が取れなかった油田もペイできる様になって、新田開発が盛んになっています。
 また、膨大な埋蔵量の「オイルサンド」と言うのが有るのですが、これも採算ポイントが高いので今は利用されていませんが、将来的には利用されるでしょうね(コスト高のエネルギーにはなりますが)。
 更に、一説によるとマグマの中で原油は次々に合成されていると言う説も有り、これが本当なら石油は、ほぼ無尽蔵のなりますね。

 とすると、問題はむしろ「地球温暖化」でしょう。

Q石油の枯渇

環境影響を評価する際、化石燃料の使用はCO2排出量が増え地球の温暖化に繋がる。更に天然資源の枯渇に繋がり環境影響が大きいと評価されているケースを多く見聞きしますが、どうも違和感を覚えます。石油の埋蔵量が少なくなりこのペースで使い続けると何れ枯渇することは理解できますが、環境問題とどう結びつけて理解すればよいのでしょうか?代替資材がないままに石油がなくなることは現状の生活を維持できなくなることを意味し不便な時代になることは明らかですが、環境への影響がよく解りません。どなたかこの疑問に応えていただけませんか?

Aベストアンサー

論点が良くわかりませんが,
「2.小生の疑問点は、石油が枯渇すること自体は地球環境への直接的影響はないのではないのか?」
これを悪化させる方向への直接的影響と理解しても良いのなら,あなたのお考えの通りと思います。

温暖化の原因は,現在生成されている薪などの燃料でなく,過去に生成された燃料を燃焼させることですので,石油が無くなれば原因が取り除かれ,地球温暖化の環境悪化は進まなくなります。また,酸性雨や光化学スモッグ等の環境悪化も改善されます。

化石燃料は次々に発見され,また,コストを考えなければオイルサンド(オイルを含んだ砂で,くみ上げることは出来ませんが採掘して搾れば石油がとれます)やメタンハイドレート(海底にあって,メタンが固体状になったもの)等の利用もありますので,枯渇の心配はほとんどありません。

現在火急の問題点は,それらを使い続けることによる,地球温暖化を始めとした環境悪化が問題となっているわけです。そういった意味で,化石燃料はあっても使うべきではないのです。

これは日常生活に極めて大きな変革を要求するものです。ですから,アメリカ等はCO2削減のための京都議定書を批准しないわけです。100年後には本当にどうなっているのでしょう。

論点が良くわかりませんが,
「2.小生の疑問点は、石油が枯渇すること自体は地球環境への直接的影響はないのではないのか?」
これを悪化させる方向への直接的影響と理解しても良いのなら,あなたのお考えの通りと思います。

温暖化の原因は,現在生成されている薪などの燃料でなく,過去に生成された燃料を燃焼させることですので,石油が無くなれば原因が取り除かれ,地球温暖化の環境悪化は進まなくなります。また,酸性雨や光化学スモッグ等の環境悪化も改善されます。

化石燃料は次々に発見され,...続きを読む

Q石油が枯渇すれば中東紛争なんて無くなるんじゃないの?

またパリでテロですか。

もういいかげん嫌になりますが、なんだかんだ宗教のせいにしたり
いろいろ言うけど結局石油が欲しくて群がってるだけですよね?
枯渇して無くなれば中東紛争も無くなるんだと思いますがみなさん
はどう思いますか?
聖地がかぶってるとかどーでもよくて、単に金にしか興味ない筈。

ただ石油枯渇して中東があまりにも貧困になったらそれはそれ
でテロの原因にはなると思うけどその頃には誰も中東には居ないし。
居る意味もないし。

なので太陽光発電や原子力発電なんかにもっと注力すべきでは?

Aベストアンサー

"なんだかんだ宗教のせいにしたり
いろいろ言うけど結局石油が欲しくて群がってるだけですよね?"
     ↑
ハイ、その通りです。
紛争てのは、歴史からみれば、資源と領土の取り合いです。

イラク戦争も石油でしたし、EUなどは石炭と鉄鋼を巡る
紛争を防止するための組織が基です。

パレスチナ紛争だって、宗教争いのように見えますが、
結局は領土争いです。



”枯渇して無くなれば中東紛争も無くなるんだと思いますが
みなさん はどう思いますか?”
    ↑
無くなるかは疑問ですが、激減することは
確かです。



”聖地がかぶってるとかどーでもよくて、単に金にしか興味ない筈。”
     ↑
はい、これもその通りで、聖地云々は口実です。
かつて、徳川家康は鐘に刻まれた文字を口実に
豊臣家を攻撃しましたが、聖地や宗教なんてのは
その文字と同じです。



”ただ石油枯渇して中東があまりにも貧困になったらそれはそれ
でテロの原因にはなると思うけどその頃には誰も中東には居ないし。
居る意味もないし。”
   ↑
米欧ロシアなどは興味を持たなくなるでしょうから、
代理戦争も無くなります。


”太陽光発電や原子力発電なんかにもっと注力すべきでは?”
     ↑
それもありだと思いますが、もっと現実的なモノが既に
始まっています。
米国のシェールオイル開発です。
これがもっと盛んになり、値段が安くなれば、中東など
誰も見向きをしなくなります。

米国が消極的なのは、これが一因です。

"なんだかんだ宗教のせいにしたり
いろいろ言うけど結局石油が欲しくて群がってるだけですよね?"
     ↑
ハイ、その通りです。
紛争てのは、歴史からみれば、資源と領土の取り合いです。

イラク戦争も石油でしたし、EUなどは石炭と鉄鋼を巡る
紛争を防止するための組織が基です。

パレスチナ紛争だって、宗教争いのように見えますが、
結局は領土争いです。



”枯渇して無くなれば中東紛争も無くなるんだと思いますが
みなさん はどう思いますか?”
    ↑
無くなるかは疑問ですが、激減することは...続きを読む

Q石油・石炭・天然ガスはすぐ枯渇する?

原子力こそもっとも安定的なエネルギー源である!
そのようにおっしゃる方々は、石油や石炭、LNG
などの天然ガスなんて世界中が使い始めたら
すぐ枯渇すると主張されていますがほんとうに
そうなんでしょうか?疑問です。

Aベストアンサー

私が経済紙を読み出した頃(1970頃)、「石油の寿命は後5~60年と、2~30年前から言われ続いている」というような記事を読んだ記憶があります。最初の採掘寿命であれば、もうとっくになくなっているはずです。未だに後5~60年有ると言われ続いています。

最近天然ガスの採掘ではシェールガス革命というのが起きて、採掘寿命は現時点で100年以上に延びました。

その他、海底にあるメタンハイドレードも有望なエネルギー源で、日本はその開発では先頭を走っています。

石炭も現時点で200年分程度の埋蔵量があるそうです。

これらは全て、これからの技術開発や新発見でもっと採掘寿命が延びます。
少なくとも後2~3百年は化石燃料でまかなえそうです。

Q「~ていまい」と「~てしまい」は同じ意味ですか

「~ていまい」と「~てしまい」は同じ意味ですか

こんにちは。日本語を勉強している台湾人です。昨日このような文章を読んだ。

「あっというまに枯渇していまいかねない」。

「~ていまい」と「~てしまい」は同じ意味ですか。そうらしいけど、もし違いましたらよくない。ですから、質問を出してみたい。よろしければ、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「あっというまに枯渇していまいかねない。」は、書き間違いです。

「あっというまに枯渇してしまいかねない。」が正しい表現です。


しかし、「~ていまい」という言い方は、別にあります。

文の最後につく「~まい。」には、1否定推量と2つよい否定(の決意)の意味があります。


1「~(して)いまい。」「~(し・す・する)まい。」
 意味:「~(して)いないだろう。」「~(し)ないだろう。」(否定推量)
 例文:「あの人は来ていまい。」=「あの人は来ていないだろう。」
    「朝日はのぼるまい。」=「朝日はのぼらないだろう。」
2「~(する)まい。」
 意味:「~しない。」(強い否定)
 例文:「今後、遅刻はするまいと誓った。」=「今後、遅刻は(絶対)しないと誓った。」
    「二度と彼に電話するまい。」=「二度と彼に電話しない。」
 過去には~したけれど、もうしない、という強い決意がこもっています。


「~まい。」最近の会話にはあまり出てきません。少しだけ古い言い方ですが、そのぶん聞き手・読み手に強い印象を与えます。

Q石油は、本当に枯渇するのか?

石油埋蔵量は、枯渇するのか?


アメリカとサウジアラビアの刷り込みではないでしょうか?

資源はなくなるということは、常識のようですが、本当の本当は、どうなのでしょうか?


長く石油を取り続けているのになくならないではないか。

じつは、石油が貴重なのだということにすれば、値段を永続的に設定できます。

アメリカは、サウジアラビアと日本国の面積ほどの石油関連施設を共同で持っています。

莫大な広さなわけですが、この規模で石油採掘しているのに、なくならないとはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

以前読んだ記事によると、いくつか説があるようですが採掘技術や探索技術の向上によって昔は採掘不能と考えていた所から採掘が出来るようになったので推定している埋蔵量が増えているという話と、実は今でも新たに石油が作られていて補充されているから枯渇にいたっていないという学説を唱える研究者がいるという事でしたよ。

Q石油 生産可能量と枯渇年数

http://www.excite.co.jp/News/economy/20071129195900/20071130M20.061.html
上記掲載ニュースより引用。
「石油鉱業連盟は29日、技術的・経済的に生産可能な世界の石油埋蔵量が05年末時点で1兆1138億バレルと、現在の生産量ベースで37.6年分に相当するとの試算をまとめた。5年前の同じ試算に比べ約5年分増えたが、未発見分も加えたうえで石油資源を採取しきってしまうまでの期間を示す「枯渇年数」は68年で11年短くなった。」
とあります。

今のペースで採取し続ければ37.6年でなくなりますよって事ですよね?
では枯渇年数も37.6年ではないのですか?

37.6年分が眠っているが、枯渇は68年後という意味が分かりません。

ご教示お願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

他の方の仰る様に、埋蔵量の定義が色々あります。
現在最も良く使用される「埋蔵量」は「可採埋蔵量」で、原油価格によって採算に乗る原油分を示しています。
具体的な話としては、2003年に発生した原油の高騰により、カナダにあるオイルサンドと言う状態の原油の採取が採算に乗り、北米の埋蔵量が一気に伸びて同地区の寿命が9倍近く伸びたと言うのが顕著な例です。
オイルサンドやオリノコ原油と言った、原油価格価格次第で「可採」入りする原油以外にも、オイルシェールと言う原油には当たらないが、加工すれば原油に近い性状になるものや、人造石油の原料には膨大な埋蔵量の石炭・天然ガスがありますので、「金さえあれば燃料は買える」と言う事があと100年は続くでしょう(温暖化の問題は別にして・・)。

Q石油枯渇後の航空燃料

石油はあと40年ぐらいで使い切るとも言われていますが、石油に替わる航空燃料は開発が進んでいるのでしょうか?

自動車なら水素でも天然ガスでも実用化はされていますが。

Aベストアンサー

すでに回答者から指摘があるように、「石油限界説」の埋蔵量については異論があり、また自動車における他燃料の「実用化」についても異論があります。

航空機燃料については、現在のジェット機燃料は特殊な灯油である事から、現在開発中の天然ガスからのGTL製造物で十分対応できる筈です。
ともかく数量的には自動車用に比べ少なく、燃料価格の航空料金への反映もそれ程大きな比率とならないので、それほど切迫感がないのでは無いでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報