電子メールで受信した時に添付されているファイル(ワード、エクセル、一太郎、ロータス等)に追加記入し、そのまま上書きして別の所へ転送したところ、追加したはずの項目が消えてしまいます。どうしてでしょうか?
やり方がいけないのでしょうか?教えて下さい。
Internet Explorer 5.1 のOutlook Expressを使用しています。

A 回答 (2件)

やり方が間違っています。



転送とは、受信したメールをそのままの文章で別のアドレスに送信することを言います。(まれに、引用符[>> ]をつけるメーラーもありますが) 添付されてきたファイルを編集すると、その結果は(一般に)ハードディスクに保存されます。受信したメールの内容を変更するわけではないのです。
つまり、転送する場合の添付書類は、新しく保存されたファイルを参照するのではなく、元々受信したメールの方を見てその内容になってしまうわけです。(メールの受信データだけを参照している。)

従って、もし変更したファイルを送りたい場合は、転送メールに改めて添付しなおす必要があります。

以上。
    • good
    • 0

カテゴリーが違う様な気がしますが...



OSは? メールソフトのバージョンは? 
 やり方が違います。

 添付書類を開いて、修正した場合には、名前をつけて保存を選んで、自分で任意の場所に保存する必要が有ります。
 また、メールソフトによっては、添付ファイルをファイル形式のまま保存しないで、メールを開く時に、ファイル形式に変換している物が多いので、保存したとしても次に開く時には、変更した内容が有効になりません。
 その為に、名前をつけて保存で保存する必要があります。

 
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング