マンガでよめる痔のこと・薬のこと

支給額をそのままにして、不足分は払う金を値上げせずに、税金でまかなう。

↑この理由を教えてください(><
学校のレポートで出たんですが、よく分からなくて…(><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

要するに、年金制度っていうのは、今、年金の保険料を払っている人のお金が、退職した高齢者の年金に使われます、そういう制度なのです。

だから今払っている人が年金を受け取るとき、その受け取る年金はその時働いている人がまかなうのです。だから、基本的には年金保険料を払う人と年金を受け取る人の割合が1対1にならないといけないのです。

ところが現状の少子高齢化では、今働いている人(保険料を納める人)より年金を受け取る人(高齢者)のほうが多くなっています。そうすると、支払わなければならない年金が不足するので、今働いている人(保険料を納めている人)の保険料を値上げするか、受け取っている高齢者の年金額を減らすか、どちらか一方を選択せざるを得ないのです。

そのどちらも選択しないとなれば、結局は保険料じゃなくて、それ以外の財源を引き当てるしか方法がありません。

したがってその不足分を税金で収める、そういうことになります。

長文ですみませんが、分かっていただけたでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング