今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

今度ミュージカルを見に行く事になったのですが、私の席は運の悪いことに3階の端っこになってしまいました。
会場は2000人くらい収容できるホールで、3階席からとなると役者さんの区別もつかないと思い、この機会に双眼鏡を購入しようと決めました。

あちこちで調べてはみましたが、用途によって異なるし種類もありすぎてどれを選んでいいのかわかりません。

舞台から遠いといって倍率の高いものにしようかと思えば、高倍率になればなるほどピントが合わせずらく見えにくいなどと書いてあったり・・・。


・価格は1万円前後
・双眼鏡を持つのは始めてなので初心者に扱える簡単なもの
・持ち運びに便利なコンパクトタイプ


上の3つの条件+今回の私の場合で、オススメな双眼鏡があったら教えてください。
よろしくお願いします。l

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

他でも書きましたが、1万円以下で携帯性重視ですと


http://www.rakuten.co.jp/shasinyasan/444636/4582 …
(要納期確認)
https://www2.vixen-m.jp/marketingshop//webshop/o …
が定評があり、光学性能のコストパフォーマンスが優れていると私は思います。造りもしっかりしていて、長期の使用に耐えるでしょう。
眼鏡常用でしたら、アイレリーフ(意味は検索で)の長いアスコットが見やすいでしょう。
店で直接買う場合は、くれぐれも8倍までで、カメラメーカーブランドのものを。
もし、予算が許すなら(17000円)
http://www.tantan.co.jp/detail/NEWAPEX-HR8X24
がお奨めです。

>双眼鏡を持つのは始めてなので
余分な話しですが、たいていの双眼鏡には「視度補正」機能がついてます。
これを調整しないと、どんな高級機もだいなしです。
必ず取扱説明書で確認してください。
参考web
http://nikon.topica.ne.jp/bi_j/how_to/1/pop6.htm
また、落下が一番禁物ですので、必ず首ひも(ストラップ)をかけるくせをつけるといいですよ。
それと保管は風通しのよいところで、通気性のよい布(綿)袋に入れてかけておく。付属のケースは携帯用と考え、入れっぱなしは厳禁。(カビがレンズに生えたりします)
レンズは極たまには掃除する。
http://www.scopetown.jp/col06.html

そうすれば、長期にわたって気持ちよく使用できます。
私の場合、3台ほど十数年使用中の双眼鏡があります。
    • good
    • 0

ミュージカルはダンスがあり動きが早いです。

双眼鏡でずっと見てるわけに行かないので、そんなに高価なものではなくても良いと思います。
8倍程度までが順当かなと思います。(倍率が高すぎるとピントが合わせずらいし 双眼鏡からキャストが外れる事も出てきます。)
 8倍程度のものでも 明るいうちに最前列の人とか 緞帳の柄の部分でピントをいつも大体合わせておきます。でないと 途中ではピントあわせなどのうちに 舞台が進行してしまいます。
    • good
    • 0

 同様な質問はこれまでにもたくさん出ています。


 新しいところではこれなどはいかがでしょう。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3123661.html
    • good
    • 0

選び方


http://www.vixen.co.jp/bandfs/bandfs-select.htm
3階席であれば10倍が欲しいところですが
手持ちで見ていると、ぶれて見難く、ブレ防止で手に力を入れると
それはそれで疲れてしまいます。
今後のことも考えて8倍前後を買っておくのが無難だと思いますよ

じゃあズーム付が良いだろと思われそうですが
総じてレンズが暗くなり、照明の暗いシーンがあったりする
舞台劇にはいまいちだと思います

お勧めは個人的に私が愛用している ジョイフル M8×21
もしも、多少重くても全く問題なしなのであれば
アリーナ M8×25がお勧めです
たった140gの違いですが、160gと300gは体感的に相当違いますよ
http://www.vixen.co.jp/bandfs/compact.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観劇用双眼鏡について

2000人クラスのホールの後方や2階席などで
使用する双眼鏡を購入しようか迷っています

過去の質問や、自分で調べてある程度
選んだのですがどれがいいのか迷っています

候補は
Vixen アリーナH6×21 WP
Vixen アリーナ M8x21
Vixen ジョイフルM6x18
ヒノデ 6x21-N1

今まで全く双眼鏡を使用したことがない為
購入後に使わなくなって無駄にしてしまうのではないか
という不安もあり、高価な物はイマイチ踏み切れません
軽くて疲れにくい・邪魔にならないのが最低条件です

他にオススメなどがありましたら教えて頂けると助かります
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

候補のうち、上から3つまでは私も持っています。屋内での使用ということであれば防水は必須ではありませんので、アリーナH6x21WPは不要かな?と思います。これと兄弟機と思しきオリンパスの8x21 RC II WPなども同様なのですが、防水性を保たせるのOリングが抵抗となるため、どうもピントリングの操作感が悪くなりがちなのです。

私の所有している個体はたまたま大当たりだったようで、少々、ピントリングの動きがぎこちないかな?程度だと思っていたのですが、先日、店頭で展示されたアリーナHシリーズを試してみると、ピント関連の操作感や精度など、色々と不満があるものでした(オリンパスのRC II WPも同様の不満あり)。ということで、防水性が不要であれば、少々、お勧めし難いように感じています(逆に要防水&小型軽量&安価という前提なら、お勧め候補の上位に上がってきます)。

ただしアリーナH6x21WPについては、先日、販売終了のアナウンスがありましたので、このタイプでイエローやブルーのものが欲しい場合は、これが最後のチャンスになります(後述しますが、アリーナHシリーズの6倍モデルは、コールマンブランドで展開されることになったようです)。
http://www.vixen.co.jp/info.htm#130702a

アリーナM8x21は私も気に入っていて愛用しています。アリーナM8x25(持ってます)ほどではありませんが、クリアーにハッキリ見えますし軽い。これくらいのサイズ&重さだと、他の荷物と一緒に色んなところに持っていく気になれます。ただ、ひとみ経2.6mmは基本、明るい場所向けの仕様なので、明るく照らされたシーンならともかく、照明控えめなシーンでは暗く見えづらさを感じやすくなります。あと会場の規模が小さい場合、8倍というのは倍率が高すぎるかも?(この辺はどういう風に見たいのか?にも拠ります。特定の演者のみを細かく見たいのであれば、あえて8倍というのもあり?)。

ジョイフルM6x18についてですが、既に販売終了となった旧タイプと現行タイプとが、市場で売られているのですが(両方持ってます)、現時点でのお勧めは新タイプ。以前、旧タイプがかなり安く売られていたのでお勧めだったのですが、旧タイプは市場在庫もわずか、既に処分特価の時期を終えているようですから、無理に選ぶ理由はありません(見え方自体は新タイプの方が上なので)。

現行のジョイフルM6x18は、価格の割りには良い品だと思います。価格が安いのも魅力ですし、最短合焦距離が1mと短いのも魅力。光学系の性能は価格なりといえば価格なりですが、倍率を6倍と抑えているため、粗が目立ちません。また6倍は実視界がやや広いこと、手ブレが目立たないのが大きな強み。とにかく予算が少ないということであれば、これがイチオシ。同じ現行のジョイフルの6x18でも、ダハであるジョイフルH6x18は、見え方がM6x18よりも劣りますのでお勧めしません(持ってます)。

ヒノデ6x21-N1は見たことがありませんので想像になりますが、予算さえあるのなら、これが一番良いとは思います。アリーナH6x21WPと同じく対物21mmの双眼鏡ですが、同価格帯のものであれば、コストパフォーマンスに優れるポロが、性能面でダハに負けることはありませんし、Webでヒノデ6x21-N1のレビューを漁ってみても、概ね好評のようですから(双眼鏡の購入者レビューは、双眼鏡は初めてという方のものが多く、正直、あまり当てにならないことが多いのですが、ヒノデの場合、マニアックなメーカーの立ち位置からか、マニアによる信頼に足ると思われるレビューも多くあるように見え受けられます)。

最後にコールマンH6×21。アリーナH6x21WP販売終了後、アリーナHシリーズの6倍モデルはこちらに引き継がれることになったようです。ただし、防水仕様なのは1色のみで、残りのカラーバリエーションは非防水モデルとなりました。この非防水タイプであれば、これまでウィークポイントだったピントリング関連の不具合が解消されると予想されるので、候補の1つとしてあげても良いのでは?と思います。
http://www.vixen.co.jp/info_new.htm#145515

問題は価格ですね。Webで価格を探してみたところ現行のアリーナH6x21WPと比較すると、非防水の分、多少、価格は下がるようですが、うーん、機能が下がっているのだから、価格の方ももうちょっと下がって欲しいような気が(ヨドバシ.comでは、アリーナH6x21WPが5,470円、コールマンH6x21WPが5,980円、コールマンH6x21が4,980円)。

もしヨドバシなど展示機に触れるお店が近くにあれば、実物を見て納得してから決められるのが良いと思います(ヒノデは置いてないと思いますが)。ただ、地方在住の方の場合、双眼鏡を展示してあるお店って少ないですし、更にマイナーな低倍率機となると超望み薄。

私が同じ立場ならどうでしょう。双眼鏡あったら便利だろうな~という気持ちが強ければ、ヒノデ6x21-N1を第一候補にするかも。ヒノデは「出荷日から一ヶ月間、無条件で返品を受け付けます」とのことなので、気に入らなければ返品可能というのは、地方ユーザー的にポイント高いです。
http://bino.hinode-opt.jp/after/

まずは安いので試してみてという気持ちが強ければ、ジョイフルM6x18でしょうか。頻繁に使うようなら、使っていくうちに不満な点が見えてくるはずですから、もう少し予算を増額した上で、改めて欠点を補うような機種を買い足す方向で考えます。

そしてアップで見たい気持ちが強いようならアリーナM8x21、ジョイフルM6x18では心許ないようならコールマンH6x21、観劇だけではなく外で使う機会も多いようならアリーナH6x21WP、みたいな感じで検討すると思います。

候補のうち、上から3つまでは私も持っています。屋内での使用ということであれば防水は必須ではありませんので、アリーナH6x21WPは不要かな?と思います。これと兄弟機と思しきオリンパスの8x21 RC II WPなども同様なのですが、防水性を保たせるのOリングが抵抗となるため、どうもピントリングの操作感が悪くなりがちなのです。

私の所有している個体はたまたま大当たりだったようで、少々、ピントリングの動きがぎこちないかな?程度だと思っていたのですが、先日、店頭で展示されたアリーナHシリーズを試してみ...続きを読む

Qよいオペラグラスの入手

オペラを鑑賞するため、よいオペラグラスを必要としております。
手持ちのものは、劇場入口付近の売店で購入した3000円程度の物です。もっとよいものを探しています。倍率の大きい物、視野の広い物、ピントのシャープな物です。軽ければなお有り難いと思います。カメラの量販店にも良いものはないように感じました。
数十万円出すことは出来ませんが、1万円を超えてもよいと思っております。

日本のカメラは有名ですが、オペラグラスも和製がよいのでしょうか。例えばドイツ製がよいのでしょうか。

どこで入手できますか。よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

 一般にオペラグラスと呼ばれるものは、双眼鏡のうち接眼レンズに凹
レンズを使ったガリレオ式という簡単な望遠鏡を使ったものです。
 構造が簡単で作りやすいので、安価な物がいろいろ出回っています。
このガリレオ式を使ったオペラグラスの欠点は、見かけの視野が狭く、
しかも倍率を上げるほど視野が狭まることです。
 ですから倍率はせいぜい3倍どまりなので、まあ目で見るよりはましといった程度です。
 ここで視野のことを申し上げますと、双眼鏡の視野には二通りあります。
 ひとつは見かけの視野といって、覗いたときに丸く見える部分です。
これが狭いと、節穴から覗いているようで、使い心地が良くありません。カタログには見掛視界何度と角度で表示されています(書かれてい
ないことも多いです)。一般にこれが広いほうが高価でしょう。
 もうひとつは実視野(実視界)で、これは角度で表すか1000メートル
先を見たときに何メートルの範囲が見えるかで表示されています。これは倍率が大きいほど狭くなります。見かけの視野の大きさとは直接の関
係はありません。
 さて、オペラグラスではない普通の双眼鏡は接眼レンズに凸レンズを
使ったケプラー式という望遠鏡を使っています。この方式はガリレオ式
より優れているのですが、ガリレオ式とは違って景色などが逆さまに見
える(倒立像)という欠点があります。天体観測には逆さまでも一向に
構わないのですが、双眼鏡では困るので、プリズムを使って正立像にし
ています。つまりその分だけ構造が複雑になり高価になります。
 双眼鏡のメーカーはたくさんありますが、ニコン、キャノン、ペンタ
ックス、フジノンといったカメラメーカーの製品ならどれを選んでも良
いでしょう。
 外国のメーカーでは、ドイツのカールツァイス、オーストリアのスワ
ロフスキーなどの製品は定評がありますが、とても高価です。
 明るさは対物レンズの直径(有効径)と倍率とで決まります。直径は
大きいほど明るく、同じ直径な倍率が低いほうが明るくなります。いず
れもカタログに記載されています。有効径50ミリ倍率7倍という双眼鏡
が明るい双眼鏡の定番で天体観測や夜間の航行などに使われますが、公
園などの暗闇に潜む黒装束の人たちの必携品でもあるとか・・・
 購入にあたっては、カメラの量販店などの店頭で、実際に覗いてみる
ことをお勧めします。ホームセンターなどで安売りされているものは避
けたほうが無難です。 
 
 
 

 一般にオペラグラスと呼ばれるものは、双眼鏡のうち接眼レンズに凹
レンズを使ったガリレオ式という簡単な望遠鏡を使ったものです。
 構造が簡単で作りやすいので、安価な物がいろいろ出回っています。
このガリレオ式を使ったオペラグラスの欠点は、見かけの視野が狭く、
しかも倍率を上げるほど視野が狭まることです。
 ですから倍率はせいぜい3倍どまりなので、まあ目で見るよりはましといった程度です。
 ここで視野のことを申し上げますと、双眼鏡の視野には二通りあります。
 ひとつは見かけ...続きを読む


人気Q&Aランキング