アイワのMDコンポを使用してます。

スピーカー端子は6Ωのコンポです。
それに今6Ωのスピーカーを2組(4つ)繋いでいます。

並列なのでシステム全体の抵抗は3Ωだと思うんですが、
今のまま使用していたら時間の問題で故障してしまいますか?

直列だと音の質(音量)があまり良くないので..

現在のセット状態で音質を下げず
スピーカーを増やしていく方法はありますか?

アンプを買ってMDコンポに繋げる事は可能なんでしょうか?

初心者なので詳しく教えて頂けると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> あの今システム全体が3Ωで負担がかかってる状態ですが


> アンプを買えば問題ないんでしょうか? //

アンプを追加して、そこから増やした分のスピーカーに接続すれば問題ありません。もちろん、そのアンプとスピーカーの関係でも、定格は守る必要があります。

> その際にどんなのを買えばいいですか? //

何度お聞きしても具体的な構想が見えてこないので、理想通りのシステムに組み上がるかは保証の限りでありませんが、とりあえず「プリメインアンプ」というものを買っておけば、スピーカーと音源を繋ぐ分には問題ありません。
    • good
    • 0

No.1 です。

補足ありがとうございます。

しかし、

>> 自作サウンドシステム //

これが、つまりどういう状態なのか、それこそが回答者側の知りたい情報です。「レゲエ用の自作サウンドシステム」というのが、多くの人にとって「ああ、こういうモノね」と理解できるならともかく、それはないでしょうから。

私なりの偏見に基づいて想像を巡らせると、ダンスホールのような、音質追求よりノリ重視、雰囲気重視で鳴らす、という感じで良いのでしょうか?(いわゆるピュアオーディオ、ハイファイ再生ではなく、PAやDJスタイルの楽しみ方、ということ) 仮にそういう方向であれば、あまり私がお役に立てることはないかも知れませんが...

>> XR-W88MD //

調べましたが、外部音声出力があるようですから、アンプを増設して繋ぐこともできそうです。ただし、ボリュームは連動しないかも知れませんので、その辺は面倒になるかもしれません。

この回答への補足

有難うございます。
増設についてはもう少し自分でも勉強してみます。

あの今システム全体が3Ωで負担がかかってる状態ですが
アンプを買えば問題ないんでしょうか?

その際にどんなのを買えばいいですか?

補足日時:2007/07/07 23:01
    • good
    • 0

前回のあなたのご質問(

http://okwave.jp/qa3142768.html)に回答した通りです。

並列接続は、アンプにとって負担をかける原因になります。ふつう、市販のアンプであれば保護回路が組み込まれており、火災などのリスクは小さいと言えますが、絶対安全に使えるという意味での保証はありません。

また、同じ部屋で、同じ音を出すスピーカーがある限り、音質は絶対に低下します。何10平方mもあるような広い部屋や、店舗など調度品で音が遮られる環境であれば別ですが、普通の家庭でスピーカーの数を増やすメリットはほとんどありません。

それゆえ、何の目的で、あるいはどのような形態で、スピーカーを増やすのか、前回もお聞きしました。それ次第によっては、より適切なシステムの組み方もあり得るからです。

>> アンプを買ってMDコンポに繋げる事は可能なんでしょうか? //

機種によります。型番を補足して下さい。

この回答への補足

有難うございます。

絶対安全とは保証出来ないんですね。

自分はREGGAEが好きで自作サウンドシステムを
今後作成したいので数の増やし方を聞きたいと思いました。

コンポの型番はAIWAのXR-W88MDです。

補足日時:2007/07/07 17:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインピーダンスの違うスピーカーは使用可能ですか? 元々4Ω→8Ωスピーカーに交換 詳しい方教えて下さ

インピーダンスの違うスピーカーは使用可能ですか?
元々4Ω→8Ωスピーカーに交換
詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

アンプが4Ωでスピーカーが8Ωならさほど本題はありませんが…逆の場合は電気が流れすぎてアンプが熱を持つ場合があります

通常の音量でしたら何を繋いでもそんなに気にしする必要はありません

車用みたいに爆音は発火の可能性もあり!
その前に安全装置で止まるかと思いますけど一応念のためにアンプより低いΩは避けた方が良いです

Q2way6Ωのスピーカーに8Ωのウーファを移殖する場合

ウーファの幕?の部分が破れてしまったため、同じ大きさのものを移殖して修理しようと思ってます。
スピーカーには6Ωという表示があるのですが、移殖するウーファーは8Ωのものしか手に入りそうにないのです。これは問題ありますか?
アンプのように、音量は小さくなったりするのでしょうか?ツイーターは6Ωのままですが、問題ありますか?
電気など、しろうとなので恥ずかしながらご意見をお聞かせください・・。

Aベストアンサー

>ツイーターとウーファー、セットで入れ替えれば問題ないのでしょうか?それならスピーカーをかえたほうが良いでしょうが(笑)

元のスピーカの箱(エンクロージャ)が、そこそこ内容積がある奴でしたら、そういう「総替え」も悪くはないでしょう。っていうか、私もそれはやった事ある。
ウーファーは、ユニットによって「箱の必要内容積」が決まり、これはユニットサイズと必ずしも比例はしないとこがあります。
まぁ「ユニットによって必要内容積が決まる」とはいうものの、必要内容積が足りなかったらどうする?っていう『楽しみ方』もあるんですが、素人挑戦ではある程度は内容積がある方が「自由度が上がる=失敗しても調整代が大きく再挑戦の余地が大きい」点で有利です。

その意味では、最近の小型スピーカでは、ユニット自体も特殊設計で「専用設計のユニットでないと話にならない」(私とこの2オームウーファなど、その典型)場合が多いので、素人ができる余地はほとんど無いですけども。

ネットワークは、別ユニットに交換なら当然「一から作り直し」になります。ネットワークとアッテネータでどうとでもなる…的な話は素人我田引水理論で、まずはウーファが十分鳴らせる箱設計か、既存箱の容積で十分鳴らせるウーファの選択か…があって、それからの話です。
真面目にやろうとすると、スピーカユニットの特性からごちゃごちゃと計算式で煮詰め、でもやっぱ計算式は机上のものなので、実際の音で微調整…は必要です。が、計算式も破綻(もしくは素人考えで机上の空論扱いして無視)するようなやり方だと、何をどう調整して良いのかわからない「ギャンブル」になってしまいます。

なので、メーカーがユニットの特性データとかをきちんと公開している物を使って、計算式が破綻しないかくらいは確認してからの交換がお勧めなんですけどね。でも、真面目に取り組んだら結構時間とお金はかかりますよ。

入門向けには、ここのメーカーが自作向けのデータ公開してて楽ですけどね。
http://www.fostex.jp/user_file/fostex-sh/etc/200902SpeakerComponent.pdf

>ツイーターとウーファー、セットで入れ替えれば問題ないのでしょうか?それならスピーカーをかえたほうが良いでしょうが(笑)

元のスピーカの箱(エンクロージャ)が、そこそこ内容積がある奴でしたら、そういう「総替え」も悪くはないでしょう。っていうか、私もそれはやった事ある。
ウーファーは、ユニットによって「箱の必要内容積」が決まり、これはユニットサイズと必ずしも比例はしないとこがあります。
まぁ「ユニットによって必要内容積が決まる」とはいうものの、必要内容積が足りなかったらどう...続きを読む

Q8Ωのアンプに6Ωのスピーカー

今、SONYのTA-F50という、
古いアンプにONKYOのスピーカーをつないでいるのですが、
アンプ側のΩ数が8-16Ωで、スピーカー側が6Ωなんです。
これってまずいでしょうか?

Aベストアンサー

スピーカの定格インピーダンスなんてまるであてにならないので,アンプ側は余裕はかなり見て作ってあります.70年代末のアンプは,ある意味まだまじめに設計されて,まじめに作られていた時代といえるでしょうから,常識的なマージンを見込んで作ってあるとみていいと思います.なので,フルボリュームで連続音を出し続けるという,異常な状況ではわかりませんが,音楽を聴くような状態でアンプが壊れたりする可能性は,まあ,無視できるでしょう.
いま普通に使えているなら,気にする必要はありません.

Qスピーカーの直列接続と並列接続

スピーカーの直列接続と並列接続はどのように接続することなのでしょう?
(なぜ、そのように接続したいとか、アンプやスピーカーへの悪影響の話は置いといてください。)

たとえばセンターchに2台のスピーカー(同製品)をつなぐ場合、アンプからの+をスピーカーAの+へ、そのラインから分岐してスピーカーBの+に(-も同様に)接続するのが並列接続だと思っています(違っていたら指摘してください)。

対して、よく判らないのは、直列接続です。直列と言うことはアンプからの+をスピーカーAの+へ、次にスピーカーAの-からスピーカーBの+に、そして最後にスピーカーBの-からアンプの-に接続するということでしょうか?

つまらない質問で申し訳ありませんが、単純に気になったのでどなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

中学校の理科で習ったとおりです。質問文にある接続で間違いはありません。スピーカーをただの抵抗とすればの話です。
よって、アンプのプラスからも、マイナスからも二本ずつ線が延びてそれぞれのスピーカーに行けば、電流が折半になります。
また、スピーカー1のプラス→1のマイナス→2のプラス→2のマイナス→アンプの場合は電圧が折半になります。
しかし、アンプが取り扱う電力だけはどちらでも変化がありません。

悪影響も何も、うちでは、右側に線が3本のびて、左にも3本のびており、キャビネット単位で三つ、スピーカーの総数は両方あわせて14にもなります。
スピーカーが一つでがんばって爆音を出すのではなく、多くのスピーカーがちょっとずつ協力して爆音を作るので、負担が軽く、なおかつ音もとてもいいです。
まぁ音響マニア的には言語道断な話ではあるのですが・・・。

Qスピーカーの並列・直列接続とマトリックス接続について

スピーカーの並列と直列接続時の許容入力は
単純に各ユニットのW数の合計で良いのでしょうか?

また、3つのユニットをマトリックス接続した場合
許容入力とインピーダンスはどういう計算をしたら良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

並列時は、合計でokですが、合成インピーダンスが半分になりますので、アンプがつらいかもしれません。

直列時は、許容入力のワット数に変化はありません。合成インピーダンスは倍になります。

>3つのユニットをマトリックス接続した場合

具体的にどんな結線になりますか?
基本は、直列なら合成抵抗はR=R1+R2
 並列なら1/R=1/R1+1/R2です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報