人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

レンタカー付きのツアーを旅行会社に申し込んだところ、レンタカーの免責補償料金を支払うように言われました。強制ではないと書いてあり、あまり乗らないので事故を起こすことも考えにくいと考え、申し込まなかったので、その旨を伝えたのですが、”強くお勧めしております。お支払いいただけますか?”としか答えてもらえず、面倒なので1500円/1日を支払いました。安く旅行できると思ったのに、結局ほかの会社とそんなに変わらない旅費になってしまいました。免責は旅行会社ではお金を稼ぐ方法になっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

特に沖縄に限った話ではなく、全国的なもののようです。



http://rent.toyota.co.jp/rental/main51.asp
http://nissan-rentacar.com/notes/insurance.html

料金は、1日あたり、1000円から1500円というところでしょう。
免責補償料金とノンオペレーションチャージは別物です。

免責補償は、対物と車両の損害に関して保険で処理されますが、保険の免責分の5万円をユーザーが負担するべきものを、負担しなくて良い、というものです。
ノンオペレーションチャージは、車が事故を起こしてその車を貸せなくなったときに、その分をユーザーに負担させようというものです。大体、自走できる場合が2万円、出来ない場合が5万円です。
こちらに関しては、レンタカー会社によって、安心プラン、などというものを出しており、1日あたり、300円くらいで、それを払うとノンオペレーションチャージを払わなくて済みます。
混同しているような回答がありましたが、上記のように別物です。

免責補償は、若干の利益確保と、損失回避のためだと思われます。
利益確保は、免責を設定することにより、保険料が安くなります。また、免責補償を取ることにより、収入になります。

損失回避は、事故が発生した場合、免責分をユーザーに負担してもらうことになりますが、修理費が確定するのが遅くなるため、ユーザーがなかなか払ってくれない、ということを回避したいのだと思います。
ノンオペレーションチャージの方は、すぐに分かりますので、その場で請求できます。

1500円/1日というのは、沖縄の場合、普通だと思います。それを頭に入れて計算する必要があります。
    • good
    • 0

 あれは沖縄独特の商法なんですかね。

でも、ちょっとした物損事故
でもノンオペレーションチャージを2万円取られることを考えると、
それを免責する制度はオトクだと思うので、私は毎回入っています。

 あのお金は旅行代理店にではなく、レンタカー会社に直接入ります。
実際、沖縄のレンタカー会社ではどこでも、カウンターで免責制度への
加入を勧めていますよ。レンタカー付きツアーはもちろん、ネットで
普通にレンタカーを予約したときもそうです。

 じゃあレンタカー会社にとって儲けになっているかというと、
赤字にはならないだろうけど微妙なところでしょうね。なにせ
沖縄でレンタカーを借りる人は圧倒的に観光客が多く、なかには
ペーパードライバーも多いでしょうから、事故率は他の都道府県
よりも高いものと思われます。

 なお、質問者さんは 1500円/1日 を支払ったとのことですが、
この値段設定は相場よりかなり高いと思われます。私の経験では
レンタル日数に関係なく1500 円均一なんてところも多いですし、
いまネットで見ても、300~500円/1日の例が多いですね。

 この免責制度は、カウンター窓口で初めて聞くという人も多い
みたいですし、もしかしたら旅行代理店経由だと高いのかもしれ
ません。そうだったとしたら、代理店が利ざやを抜いた可能性も
あるかもしれませんね。
    • good
    • 0

事故証明は、相手が不明でも警察に届ければ出ますよ。

    • good
    • 0

レンタカー会社から強く言われいるのではないでしょうか?



旅行会社というよりもレンタカー会社が稼ぐ手段にしているように思います。

ただ、あまり車に乗らないとしても、たとえば当て逃げなどでも、免責保障に入ってないと、免責料までは取られると思いますから入ったほうがいいと思いますよ。例えば、駐車場に停めてあっても当て逃げで犯人が判らなければ、借主が休車保障とか負うようになっていたように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レンタカー会社なんですね~。
事故があった場合のことを考えるといい制度なんですよね。
ただ、事故証明がないと適用されないと書いてあったので、
当て逃げは無理かもしれません。
とにかく回答いただいて、なんとなくすっきりしました。
回答ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2007/07/08 01:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレンタカーの免責補償料(CDW)は加入しますか

沖縄旅行する際、レンタカー借りるのですが、免責補償料(CDW)が1日1500円別途かかるといわれました。免責費用が無料になるという保険のようですが、ほとんどの方がこの免責補償料をつけるものなのでしょうか。皆さんだったらこの項目を追加されますか。

Aベストアンサー

10年くらい前にレンタカー屋でアルバイトしていました。
そのときは個人で借りる人のほとんど(9割以上)が免責補償料を掛けていました。

免責補償料は最大で10万円(マイクロバスやでかいトラックは20万円)の保険の免責額が無料になるもので、10万円の保険に1000円~1500円の掛け金と考えると非常に割高で、アルバイトをしていながらも、掛けるのは無駄じゃないかと思っていたほどです。
しかし、その割高な掛け金はレンタカーでの事故が多いことの証明です。
ちなみに、私が借りるときは、免責補償料は掛けていますし、なるべく免責補償料込みの安いプランで借りるようにしています。
かつては、業者によって、数百円で保険の補償金額をアップするとか、NOCをカバーするものとか用意しているところがありましたが、今はどうなのかわかりません。

話はそれますが、パンフレットで安めのレンタカー料金を提示して、現地で免責補償料をとる(たまに、通常料金で借りる人より高く吹っかける業者もある)のは、一昔前に流行った割安感を演出する、少し悪質な手段だと思います。
今から、他社に変更できるのであればトータルコストで比較した方がいいと思います。
沖縄の場合、観光客はガソリン代をぼられる(レンタカーとわかると、表示価格より高い価格で給油することになる)ので、ガソリン満タン返し不要とかいろんな特典のあるプランがあると思いますよ!
あと、気をつけたいのは沖縄では中小のレンタカー屋がいっぱいあって、中にはNOC(ノンオペレーションチャージ)制度が無いところがあって、修理にかかった分の日数だけレンタカー料金を請求されるところがあります。

他に、沖縄や北海道で聞く話が、繁忙期になると、送迎や手続きが追いつかず、空港に到着してからレンタカーを借りるまで数時間かかったとかいう話も聞いたことあります。

10年くらい前にレンタカー屋でアルバイトしていました。
そのときは個人で借りる人のほとんど(9割以上)が免責補償料を掛けていました。

免責補償料は最大で10万円(マイクロバスやでかいトラックは20万円)の保険の免責額が無料になるもので、10万円の保険に1000円~1500円の掛け金と考えると非常に割高で、アルバイトをしていながらも、掛けるのは無駄じゃないかと思っていたほどです。
しかし、その割高な掛け金はレンタカーでの事故が多いことの証明です。
ちなみに、私が借りるとき...続きを読む


人気Q&Aランキング