痔になりやすい生活習慣とは?

総務省の下記のサイトをご覧ください
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digi …
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/whatsnew/digi …
「2011年7月24日までにアナログテレビ放送は終了し、デジタルテレビ放送に移行します」と記載されています

ということは2011年7月24日以前に各局の電波が順次停波していくと考えてよいのでしょうか

たとえばNHKやTBSは2009年に停波、NTVは最後まで粘って2011年7月24日ぎりぎりまで放送を続けるとか

関東地方のアナログテレビ放送の停波スケジュールはどうなっているのでしょうか ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

民間放送局は広告収入を基に経営しています。



現在はデジタル放送とアナログ放送の両方を行って視聴者を確保しているわけです。

片方の放送を止めるという事は、視聴者を離す危険性もあり、それは広告収入の減少まで引き起こしかねなくなります。
まず、ぎりぎりまで放送はすると思いますよ。

それ以上に、もしかすると、時限立法化されてアナログ放送の停止が延長される可能性も無い訳ではありません。
現に、地上デジタル放送のうちアナログ放送局はデジタルに移行する為に設立された団体が総務省と対立して解散してしまっている位です。

もともと、地上デジタル放送自体、家電メーカーの売り上げ増の考えと、総務省のエゴ(日本の規格をとにかく標準として世界に出したい)なだけで、デジタル放送をさらに高画質化しようとしたりすれば、機器を買い換えろとなる様な物ですからね。

現在放送されているアナログ放送は、アナログであった為に、白黒+音声だけだった物に、カラー信号を載せたり、二ヶ国語に出来、さらはクリアヴィジョンから、コピーガードまで発展させる事が出来たのですが、デジタル放送はそういう発展させる事が出来ないシステムです。
新しい技術を取り入れたら、「TVを買い換えろ」となる仕組みなんで、家電メーカー寄りの物なんですよ。

基本的にあわてず、のんびりと、ギリギリまで待ったほうが、より性能の上がったTVが安く買えると思いますよ。
現在言われている停止より早く放送が止まる事はまず考えられませんが、先に伸びる可能性はまだ残っていますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

折角ある放送設備を使用せず広告収入を減らすことは考えられませんね

お礼日時:2007/07/07 22:06

法律により、2011年7月24日の放送終了に伴い、民放とNHKが一斉に停波されるとお考えください。

翌日からはアナログテレビはどのチャンネルも砂嵐です。ただし、この法律はまだ変わる可能性があり、放送終了日がかなり延長されるかも知れません。生活保護家庭や年金生活者等、収入の極めて少ない方をどうするかの方針が出ていなく、総務省の独り芝居の感がありありと見えます。ですので、現状は静観を貫かれてもよいかと思います。が、現在、各局ともハイビジョン制作の番組がほとんど。ですので、16:9のワイド画面テレビをお持ちでないなら、機会を見て高画質テレビへの買い換えの方針であってもよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2011/10/19 00:29

各局が順次停波していくわけではなく、アナログ放送終了日にいっせいに停波すると思います。


2011年7月24日までにと書かれてるのは、平成13年の改正電波法で、アナログ放送は10年以内に停波するよう定められてるからで、その10年目が2011年7月24日になります。
もし、順次停波するなら各局からアナウンスがある筈ですが、今のところ聴いたことはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ということは現在のアナログテレビ放送は2011年7月24日までは見ることができるということですね。BS-hiが今年停波しますが元々見られませんので関係ありません。

うちのテレビは1992年に購入していますがまだまだ調子が良くて画質も良好です。ぎりぎりまで待ってみようと思います。

お礼日時:2007/07/07 22:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング