ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

『道徳形而上学の基礎付け』、『プロレゴ-メナ』を読み、
現在、『純粋理性批判』を読んでいます。
論理構成が非常に綺麗で、理路整然として非常に読みやすく面白いのですが、

読めば読むほど、
「認識を超えて、他者を感じたい」
という欲求に駆られます。

しかし、いく考えてみても、その方法を思いつきません。
哲学の入門書を二年前に読み、
その問題はずっと考えているのですが、
未だに答えが見つかりません。

もちろん、答えはないのでしょうが、
方法論や、こう思う、という様な考えでも、
もちろん非常に嬉しいので皆さんの意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

他者問題というのは、心身二言論とならんで、いわゆる認識論のアポリアというやつです。


主体の意識の明証性を拠りどころに始まった認識論は、自我があるように他我があるはずだ、ぐらいしかいうことができない。「独我論」の問題はつねについてまわります(ここらへんは中島義道の『哲学の教科書』にわかりやすく書いてあったと思います)。

それでも人間は「意識」としてあるだけではない。
身体としてあるわけです。ここらへんから「他者問題」に切り込んでいったのがメルロ=ポンティです。
-----
わたしがある風景を眺めながら、風景についてだれかと言葉を交わすだけで、他者の経験しているものを、たんなる観念やイメージや表象としてでなく、自分の差し迫った経験として所有することができるのである。そうすれば、他者の身体とわたしの身体の間の一致した働きによって、わたしが見ているものが相手に移行する。わたしのまなざしのもとにある草原のわたしだけの緑が、わたしの視覚のもとにありながら、相手の視覚に入りこむ。わたしはわたしの見る緑に、相手の見る緑を再認する――税関吏が、はっとした瞬間に、前を通る人物のうちに指名手配の人を見いだすように。ここには他我(alter ego)問題は存在しない。見ているのはわたしでも、彼でもないからであり、わたしと彼に、ある匿名の可視性、視覚一般とでもいうものが住みついているからである。この一般的な視覚という原初的な特製は、〈肉〉に属するものであり、今ここにあるものでありながら、いたるところで永遠に光を放ち、個別的なものであると同時に、次元そのものであり、普遍でもある。
(「絡み合い―キアスム」『見えるものと見えないもの』所収、引用は『メルロ=ポンティ・コレクション』)
----

このメルロ=ポンティが考える、「自」と「他」が融合した〈肉〉(キアスム)の領域、これと微妙に似ていながら異なるのが、レヴィナスの〈イリヤ〉です。

レヴィナスは他者ということを「他者の顔」としてとらえる。
ただしレヴィナスにとって他者とは「絶対的に他なるもの」、「認識の外にあるもの」なのですが。
レヴィナスに関しては
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2942833.html
で回答していますので、もしかしたら参考になるかもしれません。

もうひとり、バタイユを。
バタイユの「他者」は「他者」一般ではありません。〈愛する存在〉です。
引用は湯浅博雄『バタイユ 消尽』から。

---
だが、〈愛の関係〉は独特の他者経験である。〈愛への愛〉という経験は、私が生きる経験として完了するということのありえない経験なのだ。〈愛の関係〉における主体はもう判明に対象を区切る意識のままではない。いわばパッションであり、揺動であり、外へと出る運動だ。イニシアティブを発揮する能力とその活動ではない。むしろつねに未知へと導かれ、一種の秘密伝授的な試練(イニシエーション)を受けるような受動性となっている。強力な内奥的生の動きに運ばれつつ、自己を消尽しようと欲望している。留保なくエネルギーを消尽するために、他者のうちにも消尽の欲望を目覚めさせたいと願っている。

 もし双方の側からこういう欲望が高まると、「主体(ひと)は即座に宇宙のなかにいるようになる」とバタイユは書く。さらに「〈愛する存在〉は、それを深く愛す主体にとって、主体自身の留保のない消尽へとさし出された宇宙のイメージである」、「〈愛する存在〉は、それを愛し、欲望する主体を宇宙へと開くのであり、主体がいわば在るものの総体――宇宙的な無窮性――によって呑み込まれるような感覚で満たす」と語る。こうした無辺際な連続性に近づく瞬間は、原初の時代以来〈宗教性〉が願望してきた――そして宗教の作用と効力を継承する文学・芸術が探求してきた――聖なるものの顕現に重なる」
----

「他者問題」はこうした思想家が参考になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験の中に顕れる、超自然的な現象、感覚、
または、自己の外ではなく、内在に目をむけよ、
ということでしょうか。

確かにそういう方法もありですね。

お礼日時:2007/07/22 16:19

認識を超えたところに、自他の区別があるとは思えません。



むしろ他者を感じるため(だけではないでしょうが)に、現象界が用意されているのではないでしょうか。

逆に言えば、現象界で関わりがなくても、認識を超えたところでは自他の区別がないのですから、関わっているといえなくもありません。

そのことを完全に信じれば、認識を超えてすべての人を了承することに…なりませんかねえ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

認識を超えたところに、自他の区別はない、その通りですね。
故に「認識を超えて他者を感じる」ということは成立し得ない。
確かにそうですね。

>>逆に言えば、現象界で関わりがなくても、認識を超えたところでは自他の区別がないのですから、関わっているといえなくもありません。

人間のコードでは判別できない世界ですから、
何とも言えないわけですね。

・・・・・
素直に、現象学のように、
認識できるもののなかから、他者の実在を確信する手立てをさがすしかないのかもしれませんね。

お礼日時:2007/07/23 23:00

お釈迦様の掌の上のキント雲に乗った孫悟空と言うところでしょうか。


孫悟空がいくら我が物顔で飛び回ったところで所詮お釈迦様の掌の上だったという。
今の世の人類という種が孫悟空的であるという象徴性がある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね。
私が、どうあかこうが、どうしようもないことかもしれません。
それでも、なお…


といったところです。

お礼日時:2007/07/22 16:26

この答えは簡単です


質問者さんはもう質問の内容を認識している状態ですね。
その認識は正しいかと言われればNOです
かと言って間違っているかといわれればそれもまたNOです。
あれが正しいとかこれが正しいとか神様でもないので下すことは
不可能です。(養老猛司引用)
ならばもはや認識を超えている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
沈黙して、
自分のできること、自然科学や、
倫理学の問題に目を向けるべきかもしれませんね。

お礼日時:2007/07/22 16:25

他者の発見は 人間の発見の中に含まれる こう捉えるようになりました。

含むというのは 《認識を超えて感じる》すべての場合をというまでには至らないのですが。

とはいうものの 人間を発見したというときには その他者が 感性において能力において人へのこまやかな思いにおいて等々 見出されたと言えると思われます。言いかえると おそらく部分的な他者の発見です。

しかもこれらを人間の発見というのは 実は そして 実に これらの発見したことがらは 自分の中にもあったと知るからです。(逆に つねに 発見は自己の発見であって ついに他者の発見は為し得ないとも言われるのだと思いますが)。

いやな事例を挙げてみます。公共の場でのことですが 少し席をはずして戻ってみたら 人が坐っています。わたしの品物も置いてあるのですが そう言っても その人は聞きません。話もしません。しばらく経っても 一向に事態は変わりません。こんなとき 他者を感じます。

この例は 要するに 答責性を持たない人としての他者です。

思想の問題で わたしが他者を感じるのは 梅原猛 河合隼雄 山折哲雄 そして 吉本隆明です。

前の三人は つかみ所がありません。怨霊 悪 無常をそれぞれ主題として 論陣を張るほどの言論活動をして来られていますが いったい何を言おうとしているのか。けっきょくは 世の中 なるようになると言っているようにしか分かりません。もう少し色をつければ世の中 現状でよいという主張なのかも分かりません。

ぬえのようなと言っても ぴんと来ませんので たとえば 山の中腹に霞がたなびいているといった感じで 他者を感じます。

吉本隆明については およそあらゆる主題で議論を示していると思われます。賛否を別にして それに対して議論を交わすにも 骨の折れるような濃い内容です。しかも非常に煮つめた話になりますが 何を言おうとしているのか これは分かりません。

しゃれた議論を提供することが 目的なのか。あるいは それは 飯の食いはぐれのないようにというそのために行なっているのか。また そのしゃれた議論の使い道が なかなか見つからない。

《共同幻想》といえば わかったようになりますが そのあとは――るる説いてもいるようですが―― だからどうなのかというとき 分かるものではないと思われてなりません。

《関係の絶対性》――これは 重要であり 大きな貢献だと思っていますが それにもかかわらず 全体として捉えようとすると はっきりしません。他者を感じます。霞が 降りてきて 足で立ち 大股で歩いているのですが すぐにも霞に立ち戻るかのように 煮つめていくと感じるといった情況です。 

ですから まとめとして 
(1)他者は部分から感じるし ある程度は言葉にして表現し 認識の対象として知ることもできる。
(2)それは おそらく 存在の全体という意味での人間の発見に基づく。
(3)ただし そのとき その他者の発見は 単なる自己の発見にすぎないかも知れないというおそれはある。
(4)なお些細なこととしては 右利きか左利きか 右側通行か左側か 食べるのは箸でかフォークでか手でか 好きなのは野球かサッカーか 球技ではなく格闘技か囲碁将棋か・・・これらに類いする雑多な事例でも 認識を超えて他者を感じる場合が 意外と あるかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

結局、
「こうかもしれない。」
という仮説を立ててそれを、説得力のあるものにするしかないんでしょうかね。

お礼日時:2007/07/22 16:24

「認識を超えて、他者を感じたい」



私も同じ悩みを抱えています。その理由を書く事によってお答えになればと思います。

イマヌエル・カントはアリストテレス以来の“論理学”を科学とする伝統に従っています。典型的なアリストテレスの三段論法「人間とは二本足で歩く動物である。」と言う言説には大前提の存在無しには成り立ちません。即ち「2」とは何か?などと聞いてはいけない事になっています。大前提だからです。還元すれば、相手に「名前を付ければ相手の本質を言い表している。」と考えている事になります。
例えば、Π中間子と名前を付ければ安心している。しかし、次にはクオークと言う或る一定時間に或る一定の確率で或る場所に存在するものも出てきます。其のたびに「名前」を付けますが、それでもなお「原子」の本質を理解した事にはなっていません。
童話やファンタジーの世界で、お姫様に掛かった呪いを解くためには呪いをかけた悪魔の名前を唱える事、白の魔法使いと黒の魔法使いの戦いで勝つのは相手の「本当の名前」を言う事となっています。
この論理学の世界にどっぷりと浸かっている我々にとって、「名前」が其の相手の本質を意味しているのか?と考えたときに困惑を覚えてしまうようになります。
そのような訓練を受けていなかったと言う事でしょうか・・・
藤原正彦のような数学者ですら論理を超えて自分の感性ではるか彼方を見つめたときに其の問題の本質が見えて、道筋は沢山あるが、いかにそこに到達するかが論理であると言うような発言をされています。
論理学を遠く離れて問題を見つめなおすと言うのも一つの“手”かも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日々、顕れる自称を大切に、ということですね。
孔子にも通じるものがありますね。

お礼日時:2007/07/22 16:23

「認識を超えて、他者を感じたい」という欲求に駆られます。


方法は簡単ですが、実際にできるかどうかはあなた次第ということですね。
人間を含めて全ての生き物(鉱物も地球、銀河、大宇宙さえも含む)の本質は同じ生命の木の一部です。だから自身の心の奥の奥をのぞいてみればみんなつながっていますから、心の奥の奥を見るとあたかも望遠鏡で見るがごとく他の生き物の心が見えます。心の宇宙ですね。この宇宙を見るために座禅などの修行方法があったのですね。人の心も植物の心も動物の心も地球や銀河の心もわかるそうです。努力してみる価値はありますよ。で、実際にできるかどうかはあなた次第ということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

梵我一如、あるいはスピノザのような世界観でしょうか。
確かに、それは気持ちのいいものですが、
独断論の可能性も否定できませんよね。

お礼日時:2007/07/22 16:22

こんばんは、rai317さん。





巧言令色鮮し仁 森有正



このキーワードで検索かけると、だぁーと、あがってきますから。何かの参考になれば…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

調べてみましたが、よくわかりませんでした。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/22 16:21

2年間彷徨った。


たったの2年間でしかないのだけれども。。。
他者をどこまで拡大できるかによって方法も行き着く先も違うのである。
それは自分の成長の過程において育まれた現在進行形の感性によって定まる。
試聴覚を失ったベートーベンが第九で無音から調律に始まり幾多に存在する音、旋律の中にあってこんなものではないと彷徨い、人の声による大合唱に収束するものを自らの心の内に見出したように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音楽は確かに、美しさがある。
美とは、感覚の中に顕れ、
経験を超越したものである、
ということですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/07/22 16:20

>『道徳形而上学の基礎付け』、『プロレゴ-メナ』を読み、


現在、『純粋理性批判』を読んでいます。
まず、これにていては、まったくしらないのですが(__)、と前置きさせてください。

で、題名そのまんまと受け取り??、回答してみると
いわゆる"クンダリーニ"と呼ばれる神秘的なエネルギーを覚醒させることで、ある程度可能というか、それが、第一の条件となるものと。
これが、覚醒させ、上位のチャクラ(霊的センサー)を貫き、活性化、性格にはを開くことで異次元とのパイプは、開く可能性はあります。
私の場合、クンダリーニの覚醒はヨーガ的な方法で覚醒しましたが。
以上、簡単ですが、参考にしてね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

修身、修行により、悟りを開く、ということでしょうか。
確かに、心と体は密接なものですから、
頭の中だけでいくら考えてもダメですね。

お礼日時:2007/07/22 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング