OCN光で最大124,800円おトク!

映画の台本を見ていて

『壁の陰から狙っているローチ捜査官にダニーが気づいて、発砲する。弾は彼のすぐそばの壁に当たる。』

というシーン後

ダニーのせりふで

That wasn't accident, and neither will the next one that goes in your head! Now get down here now! Come on!

「ミスったわけじゃないぞ。次は確実に頭の中にたたき込む。ここに降りて来い。早くしろ」

とういうのがあるのですが、ここでの neither の使い方が、よくわかりません。わかる方がいれば教えてください。

A 回答 (2件)

映画は字数制限がありますし、直訳するより意訳する方がわかりやすいと判断することも多々あると思うので、そのせいで「Neither」も部分が和訳では消えてますね。


直訳すると、

今のは偶然じゃないからな(外したわけじゃないからな)。次、お前の頭にぶちこむのだって偶然じゃないぞ。さぁ、とっととこっちへ降りて来い!早くしろ!」

という感じになると思います。

Neitherは、前文に否定文があり、それに続けて次の文も否定するときに使います。
例えば、「She doesn't like carrots. Neither do I.」(彼女はにんじんが嫌いです。わたしも嫌いです。)というように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、理解できました。neither が否定なのはわかっていたのですが、「頭にぶち込むぞ」と肯定に考えていたのでよくわからなくなってました。

お礼日時:2007/07/08 12:10

That wasn't accident, and neither will not be accident the next one that goes in your head!


neither はneither will not be accident ですね。
直訳すると、
今のはミスったわけじゃないぞ。今度お前のどたまにお見舞いする
やつもミスしないからな。
----
ミスったわけじゃないぞ、はなかなかよい訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。訳は自分で考えたのではなく、映画のセリフの対訳本からです。それを見て理解できないところがあったので、質問しました。

お礼日時:2007/07/08 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング