今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

第一次エジプト=トルコ戦争(1831-33)では、
対立構造:[エジプト・英・仏・墺] vs [土・露]
となりますよね?

この対立構造は、なんとなく分かります。
南下政策のためにトルコに恩を売りたいロシアと、
それを阻止したい残り3国。

しかし、第二次エジプト=トルコ戦争(1839-40)では、
対立構造:[エジプト・仏] vs [英・露・墺・普]
となっています。

各国の思惑がよく分かりません。
孤立してまでフランスがエジプトを支援したのはなぜか?
宿敵である英・露・墺がなぜ手を組んでいるのか?

どなたか、ご教授よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

イギリス、ロシア、オーストリアが手を結んだのは、あまりにもエジプトの勢力が大きくなり、これ以上の拡大を阻止したいという思惑が一致したからです。



当時のエジプトはムハマンド・アリーが統治していましたが、彼は税制改革と工業・農業の振興を行い、貿易を拡大して豊かな国を作り上げていました。さらにフランスなどから技術者や軍人を顧問として招き、ヨーロッパ式の軍隊を作り、工場を建設し国内を整備し、優秀な若者をパリへ留学させていました。簡単に言えば富国強兵です。

そして、その軍隊を使いスーダンを攻め支配したり、トルコとの戦争ではシリアを奪い、アラビア半島の方まで勢力を伸ばしました。
その急速な勢力の拡大に列強は危機感を抱いたのです。これ以上、エジプトが大きくなっては、自国の勢力圏、権益まで侵されかねないと恐れ、各国は手を結び対抗したのです。

フランスがエジプトに味方したのは、1930年にアルジェリアを攻め植民地下した事が一つの要因です。
そのアルジェリアの維持と安定の為に、隣国とも言うべきエジプトとは友好関係を保ちたかったのです。その頃は、まだアルジェリア内にはフランスへの抵抗勢力が根強くあり、エジプトが介入したり、抵抗勢力と結びつかれるような事は避けたかったのです。
また、エジプトを通して、シリア方面への貿易・経済進出を図りたかったとも言われています。
こうした事から、フランスはエジプトとは敵対したくなかったのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すっきりしました。
確かにムハンマド=アリーは近代化政策をすすめてますね。
また、フランス=エジプトの関係もわかりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 23:11

エジプトートルコ戦争では、英国が主導権を握っていました。


「英」はオスマントルコに対し、自由貿易を要求していましたが、保守的なトルコ政府は関税障壁を設け応じませんでした。
当時エジプト太守のメフメット・アリーはトルコ内部の反乱鎮圧など、色々尽くしたのに報われず、不満を持ち主導権を得るべく、トルコに侵入し政府軍を破りシリアを占領しました。   トルコは西欧諸国に援助を求めましたが、「英」はトルコを困らすべく諸国に働きかけ、断りました。
トルコ政府は止むを得ず宿敵の露国に頼みエジプトとの講和に成功しました。
「英」はトルコに対し「露」の影響力増大を恐れ、「普・墺・露」と組んで援助しトルコの近代化に協力しました。    「仏」は加わりませんでした。   理由は先賢の書かれている通りです。
第二次戦争では「英」はトルコを支持し、破れたエジプトはシリアから撤退しアリーは元のエジプト太守に戻りました。
その後オスマントルコに対する影響力で「英」「露」が対立し、クリミア戦争になり、「英」が中東地域に対し最大の影響力を持つ国になったわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イギリスがロシアと組んだのは、逆にロシアの暴走を止めるためだったのですね。
ご教授、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 23:13

誤字があったので



強調→協調で、
1905年 日露戦争が終わった後、1908年には日露協商が結ばれて、「おいしく中国を食べるためにどうしましょうか?」と協調しております。

となります。

中国をおいしく食べるために、直接ぶつかるより、協調した方がよいと考えれば、日露は簡単に日露協商を結び、友好関係になる。
と、同様に
オスマントルコを、おいしく食べるためにどうしたらいいか?それによって集合離散しているのが、列強諸国となります。
    • good
    • 0

宿敵とか考えると、よくわからなくなります。


1905年 日露戦争が終わった後、1908年には日露協商が結ばれて、「おいしく中国を食べるためにどうしましょうか?」と強調しております。

エジプトートルコ戦争の基本構造は、ギリシャからやってきたアルメニア人のムハンマドアリーが、エジプトを根拠地としてどこまで勢力を拡大できるか、列強はどこまで許すか、というもの。
ムハンマドアリー視点で考えると
最大値は、オスマン家に代わってイスラムの盟主になる。最小値は自身の滅亡です。
この最大値=最小値の間で、オスマントルコから、いかに多くの利権を獲得できるか?という課題を各列強が判断して、オスマン家側に付いたり、ムハンマドアリーに付いたりしています。

ロシアは、直接何度も戦いながらも、あまり交渉したこともないエジプトを根拠地にしたムハンマドアリよりも、オスマン家側につきました。
※ 仮説として、アリーが「アナトリア、ロシアにあげるよ」とか密約を作ることができたら、ロシアは無論、アリー側に付いたでしょう。

他の国は、第一次では、オスマン家弱体化を基本としたのでアリー側につきました。
第一次でも第二次でもアリー側が圧勝ですので(実戦では)「勝ち過ぎちゃうか?」と判断した、イギリスなどは、オスマン家支援に移ります。フランスは、まだまだオスマン家を弱体化する必要があると判断した。
それだけの話です。

このときのムハンマドアリー朝とフランスとの友好関係が、後にスエズ運河掘削権利に結びついたのかもしれません。
この戦争の当時、エジプトに派遣されていたフランスの外交官が、レセップスとなっております。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかに、スエズ運河を開通させたのは仏人ですよね。
なるほどと思いました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/11 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q世界史B 武装中立同盟について

武装中立同盟について簡単にわかりやすく教えてください。

イギリスを孤立化させようとして、ロシアのエカチェリーナ2世が提唱したのは分かるのですが、
同盟の内容がいまいちわかりません…

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

武装中立同盟は、二回(1780~1783、1800~1802)ありましたが、
この同盟の意義は、イギリスによって行われていた中立国の船舶に対する、
乱暴な海上臨検や船体と積荷の差し押さえ、通商の妨害に対抗するものです。

本質的には、イギリスを孤立させる目的ではないです。
逆に、イギリスが一回目のアメリカや二回目のフランスを、
孤立させる海上封鎖政策をしていたのです。
これらの国とも貿易していたヨーロッパの中立国にしてみれば、横暴きわまったわけで、
そういった経済的損失を被らないように、中立国が団結して、
外交的圧力をイギリスにかけて思いとどまらせるのが目的です。
それが結果的に、イギリスの外交上の孤立化ということになっただけ。

だから武装中立。動機は、同盟諸国の国益の保護で、イギリスと直接対決するわけでもない、間接的なものです。
(ただし1800年の場合はイギリスはデンマークのコペンハーゲンを強襲し、
ハンブルクとデンマークに武装中立同盟からの離脱を強要した)

当時、国際紛争を解決するような機構が存在せず、
国家間紛争が二国間協議に依存していたため、
中小国は不利益を被っていました。

武装中立同盟は、二回(1780~1783、1800~1802)ありましたが、
この同盟の意義は、イギリスによって行われていた中立国の船舶に対する、
乱暴な海上臨検や船体と積荷の差し押さえ、通商の妨害に対抗するものです。

本質的には、イギリスを孤立させる目的ではないです。
逆に、イギリスが一回目のアメリカや二回目のフランスを、
孤立させる海上封鎖政策をしていたのです。
これらの国とも貿易していたヨーロッパの中立国にしてみれば、横暴きわまったわけで、
そういった経済的損失を被らないように、中立国が...続きを読む

Q国会と内閣の違いを簡単に教えてください!!

国会・内閣・裁判所って三権分立であるじゃないですか?それで、裁判所と国会は建物もあるし、なんとなくは分かるんですけど、内閣って一体なんなんですか??内閣には国会議事堂や裁判所のような建物とかって無いですよね??(間違ってたら指摘お願いします!)
じゃあ内閣って一体どこにあるんですか?内閣で一番偉い人は首相。つまり今は小泉総理ですよね?じゃあ国会で一番えらい人って誰なんですか?今の僕の意識では国会の中に内閣がある。っていう感じなんですけど、コレって間違ってますか??教えてください!

Aベストアンサー

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指摘する(こちらは決算)ことができます。
このように、お互い独立して仕事をしていますが
自分の担当だからといって自分勝手な行動をとらないようにチェックしあっているのです。
ですから、どこが偉いということはありません。
3つとも同じ地位にあります。
総理大臣は必ず国会議員ですから
「国会の中に内閣がある」というような気もしますが
そうすると、国会議員の中でも偉い人が総理大臣、
つまり国会より内閣の方が偉い!ということになってしまいますから
その認識は正確ではありませんね。

 内閣はどこにあるか?ですが
内閣には総理大臣のもとにたくさんの省庁がありますね。
外務省とか財務省とか、防衛庁もそうです。
その建物の一つ一つが内閣をつくっています。
仕事が膨大で職員の規模も大きいので、
まとめてどこかに置くというわけにはいかないのです。
内閣のまとめ役の総理大臣の城である首相官邸が一番小さかったりします。
紛らわしいですが、内閣府は内閣の一つの機関にすぎませんのでお間違えなく。

 最後に、国会で一番偉い人ですが
やはり衆議院、参議院の議長でしょうね。
議長は野党でも与党でもなく、中立の立場にいます。
議長、副議長になると、党を離れて無所属になるんですよ。
ですから、与党からも野党からも敬われる存在です。
とはいえ、話し合いを重んじるのが議会ですから
偉いからといって何でもできるわけではないですけど。

 簡単にいいますと、国会は法律を作り、内閣は実務(実際の行政)を担当し、裁判所は法の執行を行う
これが三権分立ですね。
どこが違うか?って全然仕事が違います。

 しかし、内閣は「こういう法律を作ってください」と言うことはできます。
法律案のほとんどは内閣提出です。
でも、それを認めるかどうかを決めるのは国会です。
今年度の予算をどういうふうに使うかを決めるのは、実際に仕事をする内閣ですが
国会はそれを事前にチェックしたり(予算審議)、
実際の使い方をチェックし、ミスを指...続きを読む

Q「世界史A」と「世界史B」の違い

最近ニュースで騒がれていますがこの「世界史A」と「世界史B」
の違いが解りません。何が違うのですか??
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

A・Bの違いで よく言われるのは
Aは 近代が詳しく、Bは 古代から詳しく記載されている
つまり、Bのほうが細やかな歴史までが取り上げられているということです

単に扱っている歴史事項の数が違うだけでなく、教育の目的などにもずれがあります。前近代ではBは各地域のタテの歴史を古代・中世と見ていくのに対して、Aは世界全体として、各地域が他の地域に及ぼした影響、交流の歴史などヨコの歴史に重点が置かれていて、近現代でもBにくらべてAは政治史がやや浅い分、社会・経済や後の時代にどのような影響があったかなどが詳しく書かれています。

Q大陸封鎖令とその影響

ナポレオンが大陸封鎖令を出しましたが、この後にイギリスが逆封鎖(?)したり、さらにフランスが勅令を出したりと、フランスとイギリスの攻防がよく分かりません。
何故封鎖しあったのでしょうか?

また、何でイギリスとアメリカが1812年に戦争を起こすようになったのでしょうか?
大陸封鎖令と関係があるらしいのですが、どう影響したのかが分かりません。
長くてすみませんがお願いします。

Aベストアンサー

フランスの行った大陸封鎖令には、2つの目論見がありました。
1.大陸からイギリス商品を締め出し、またイギリスへの輸出を停止させる事で、イギリスに経済的打撃を与える事。
2.大陸市場における貿易の拡大。特にフランス工業製品の市場拡大と販路の確保。
つまるところフランスは、大陸からイギリスを締め出し、自国の産業と貿易を保護育成しようとしたのです。

イギリスの行ったのはフランスを海上封鎖し、その海外貿易を阻止して、経済的に打撃を与えようというものでした。これにより、フランスは植民地や外国との輸出入を妨害されます。

1812年の米英戦争は、イギリスとアメリカの利害の対立から起こりました。
当時、イギリスとフランスの戦争に参加していない国で、フランスの最大の海上貿易の相手国はアメリカでした。
イギリスの海上封鎖により、アメリカはフランスとの貿易を阻害され、経済的に打撃を被ります。
これに怒ったアメリカが、イギリスからカナダを奪いとろうしたのが、米英戦争の始まりです。
アメリカは、イギリスはフランスと戦争をしている最中で、カナダを守る余裕はないだろうと判断し戦争を仕掛けたのです。

フランスの行った大陸封鎖令には、2つの目論見がありました。
1.大陸からイギリス商品を締め出し、またイギリスへの輸出を停止させる事で、イギリスに経済的打撃を与える事。
2.大陸市場における貿易の拡大。特にフランス工業製品の市場拡大と販路の確保。
つまるところフランスは、大陸からイギリスを締め出し、自国の産業と貿易を保護育成しようとしたのです。

イギリスの行ったのはフランスを海上封鎖し、その海外貿易を阻止して、経済的に打撃を与えようというものでした。これにより、フランスは植民地...続きを読む

Qドイツの鉄と穀物の同盟について

ドイツの鉄と穀物の同盟について疑問があります。保護貿易を望むユンカーと自由貿易を望む産業資本家がてを結んだのはわかります。しかし穀物に関税をかけた以外の具体的政策は何かしたのですか。そもそもどういう理由で手を組んだのかわからないです。イギリスに対して何かしたようですが何をしたかよく分かりません。

Aベストアンサー

http://www.h2.dion.ne.jp/~mogiseka/lecture/bismark_age.htm

理解の前提が違います。19世紀後半は最大の経済大国イギリスを軸に考えると
イギリスは自由貿易
鉄鋼に代表される工業製品を輸出し、穀物に代表される農産物を輸入する、その両者をスムーズに行わせるのが自由貿易。
アメリカ
北部:幼い工業をイギリスから保護するために保護貿易主義
南部:綿花に代表される農産物をイギリスに輸出するために自由貿易主義
ドイツ
東部:穀物に代表される農産物をイギリスに輸出するために自由貿易主義
西部:幼い工業をイギリスから保護するために保護貿易主義
アメリカでは、北部南部の利害がまとまらずに南北戦争勃発。どうようにドイツも東西の利害が不一致だった。
ロシアが産業化に向けて穀物を大量に輸出しだした(ドイツより安くイギリスに対して)そのために、ドイツの地主=穀物生産者も、逆にドイツの穀物市場をロシアから守るために保護貿易主義に同意した。
これが鉄と穀物の同盟です


人気Q&Aランキング