AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ハードディスクの増設をしようと思います。マザーボードはGIGABYTEのGA-81915P PROです。既に取り付けられているハードディスクは、MAXTORのN256 300Gです。これがシリアルATAなのかウルトラATAなのかが確認できません。シリアルとウルトラはなるべく混在しない方がいいんですよね。それからシリアルATAは1コネクタに対して1デバイスしかつなげることができないと聞きました。僕のマザーボードには4つのコネクタがあるので、シリアルであれば、最大4台、ウルトラの場合8台まで接続可能という解釈でよろしいのでしょうか。以上の点についてご回答願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、言葉の問題からです。



ウルトラATAという分類はこの場合には行いません。
ATA あるいは パラレルATA あるいは IDE と言うべきです。
ATAで転送速度が66MB/Sの時にウルトラIDEと言われたと思います。
現在は ATA は 100MB/S か 133MB/S なので、ウルトラという言葉
は死語でしょう。

ここでは分かり易く、IDE と S-ATA(シリアルATA)と書きます。

IDE と S-ATA はマザーボードのコネクタが異なります。従って、
S-ATAのコネクタが4つということは S-ATA が4台接続可能という
だけであり、IDEについては何も言えません。

IDEはIDEのコネクタの数を調べる必要があります。1つか2つで
しょう。従って、2台か4台まで接続可能と思えます。

シリアルとウルトラの混在については、何のことか分かりません。
意味不明ですね。1つのIDEコネクタには2台まで装置が付けられます
が、その時には、同じ速度の物を接続する方が有利でしょう。

GIGABYTEのGA-81915P PROはIDEだと思います。
光学ドライブのことが書いていませんが、IDEでDVDが接続されて
いたとしたら、IDEはあと2台、S-ATAは4台、計6台増設可能でしょう。
USBを利用したら、更に何台まで増設可能かちょっと計算できません。

ただ、増設はマザーボードの問題だけではありません。
ケースに増設用のベイが何台分空いているか、電源の容量は間に合
うか、フル稼働した時に、排熱は大丈夫か、何分くらいフル稼働可能
か、などの問題が生じてきます。特に、S-ATAは熱量が高いので、
今までにS-ATAを使っていないシステムに安易にS-ATAを接続すると、
オーバーヒートでHDDが飛ぶ、ということも十分あります。
    • good
    • 0

 M/Bはこれでしょうか?



http://www.cluboc.net/reviews/motherboards/gigab …

 シリアルATAポートは4つですから、SATA用の機器は最大4台までです。パラレルATA(IDE)ポートはUltra-ATA100/66が1つ、Ultra-ATA133が2つあるので、これらがすべて使えるならば1つのIDEポートに対してMASTERとSLAVEにそれぞれ接続できるので、最大で6台までとなります。
 もちろん、これらは変換アダプタを使わない場合の話です。

>これがシリアルATAなのかウルトラATAなのかが確認できません。

 シリアル用のケーブルで接続されていればSATA、IDE用のケーブルで接続されていればPATAです。

http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=T …
http://www.sanwa.co.jp/product/dosvparts/cable.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりケーブルを確認したら、シリアル用のケーブルでした。よって500GのシリアルATAを増設しようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/08 16:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング